H_001_uchikawa_12

引用元: 内川「それでいいんだ……」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/12(月)21:33:18 ID:Frw
本拠地、ヤフオクドームで迎えた横浜戦
先発東浜が緊急登板、打線も勢いを見せず連敗かと思われた
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「勝てるんだ!(*^◯^*)」という声
焦りが見え出す選手達の中、かつての横浜の首位打者内川は独りネクストバッターボックスで笑っていた
ホークスで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の横浜は得て自分たちに向かってきた
「それでいいんだ・・・」内川は嬉し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、内川ははっと我に返った
どうやら感極まって気が緩んでしまったようだ、自分の名前を呼ぶスタジアムMCが現実に引き戻した
「やれやれ、あいつらのガッツに完敗かな」内川は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ネクストから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの福岡のファンだった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにホークスの応援歌が響いていた
絶体絶命でのファンの声援に呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「セイイチ、まだあきらめないぞ、頼んだぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「く・・・工藤監督?」  「ナンダ、アゴ、イネムリデモシテタノカ?」
「サ・・・サファテ?」  「なんです内川さん、かってに明日も試合をするつもりですか?」
「吉村・・・」  内川は半分パニックになりながら自軍ベンチを見渡した
「誰も諦めてない……」
暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
山崎からのボールを振り抜き、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ビールで冷たくなっている内川が発見され、山口と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火)18:04:36 ID:2l8
グッドエンドやね

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火)18:06:11 ID:6WD
吉村生存ルート…そういうのもあるのか!

6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火)18:29:27 ID:ocg
ええやん

5: 名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火)18:07:02 ID:D2M
ビールで冷たくなってて草