item_nobita_10

引用元: のび太「どうすりゃいいんだ・・・」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)00:27:45 ID:XKs
本拠地、空き地で迎えた隣町戦
先発剛田が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
空き地に響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年で解散」の声
無言で帰り始める選手達の中、打率.010 防御率693.0の二刀流のび太は独りベンチで泣いていた
映画で手にした栄冠、射撃、あやとり、そして何より信頼できるドラえもん・・・
それを今のジャイアンズで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」のび太は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、のび太ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい土管の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って昼寝をしなくちゃな」のび太は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、のび太はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
空き地から飛び出したのび太が目にしたのは、学校まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにジャイアンズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするのび太の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「おいのび太、この球団は3人用なんだ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「す・・・スネ夫?」  「なんだのび太、エラーでもしてたのか?ぶっ殺すから」
「ジ・・・ジャイアン?」  「いやーん、のび太さんのエッチ」
「しずかちゃん・・・」  のび太は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:ドラえもん 2番:源 3番:骨川 4番:剛田 5番:出木杉 6番:内川 7番:安夫 8番:はる夫 9番:ドラミ
暫時、唖然としていたのび太だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
ジャイアンから戦力外通告を受け取り、家へ全力疾走するのび太、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっているのび太が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)00:33:02 ID:YEV
二刀流(できるとはいってない

3: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)03:01:11 ID:Ptp
やるやん

6: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)03:35:28 ID:Rdb
おもろい

7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)17:02:46 ID:6zQ
>1番:ドラえもん 2番:源 3番:骨川 4番:剛田 5番:出木杉 6番:内川 7番:安夫 8番:はる夫 9番:ドラミ
6番内川という強力打線

8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/08(日)19:35:11 ID:rEy
内川はゲスト出演かな?