L_001_akiyama_22

引用元: 【悲報】秋山幸二、現場を離れ衰えてしまう

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)14:48:11 ID:oYl
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000107-spnannex-base
ソフトバンクは2日、ソフトバンク対DeNA戦(ヤフオクドーム)で球団創設80周年を記念した「レジェンドデー」(第3回)を開催。
試合前のセレモニアルピッチには前監督の秋山幸二氏(56)が登場し、捕手役を柳田悠岐外野手(29)が務めた。

「目指せ 四冠王」と柳田へのエールを書き込んだボールで投球。投じた一球は114キロをマークしたものの、右打者側へ大きく外れる大暴投。
泣きの一球では再び高めに浮いたものの、115キロの速球となり、ヤフオクドームは大いに沸いた。


監督時代はブルペンで130キロ投げてたのになあ…(ションボリ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)14:57:30 ID:FTp
>監督時代はブルペンで130キロ投げてた

おかしなことやっとる

3: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:00:50 ID:rsG
 ソフトバンク秋山幸二監督(51)が10日、ブルペン入りし100球以上投げ込んだ。
「オレの中では5、6分だけどね」と話ながらも130キロ以上の速球を投げ込み、野茂のトルネード投法や山田久志のサブマリン投法など物まね投球も披露。
横から見ていた本多は51歳の年齢を感じさせない投球に「すごい。体のつくりが違う」と驚くばかりだった。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131111-1216888.html

5年前だから多少はね

7: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:05:31 ID:FTp
>>3
どうしてこうホークスは監督が人外ばかりなのか

4: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:01:50 ID:sde
遠投田上より上とかおかしい

5: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:02:33 ID:P29
今年は打者やったり投手やったり大変やな

6: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:04:14 ID:sde
ロサリオより打てそう

8: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:05:48 ID:W7z
ソフトバンク握力測定ハラデイ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:08:20 ID:oYl
>>8

no title

no title

14: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:09:29 ID:O81
>>12
当時バリバリのエースだった攝津より上なの本当に草

15: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:09:41 ID:W7z
>>12
イッチ有能

16: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:11:19 ID:FTp
>>12
左の握力で秋山と並んで1位の川原って投手はさぞ名選手に育ったんやろなあ…

13: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:09:09 ID:sde
握力とか言うよく分からんデータ
栗山がカブレラより握力あったし
才能やな

17: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:12:09 ID:O81
>>13
体力測定でも中学生がこれに近い数値を出してる
握力測定なんてインチキし放題やからな

18: やまぐち 2018/06/02(土)15:15:53 ID:oYl
>>17
秋山監督が「アカン、選手に握力で負けちゃう!ちょっと数字ごまかしたろ!(mgmg」ってやってたらと考えると微笑ましいな

10: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:07:04 ID:sde
王も50の時ホームラン打ってたしな

11: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:07:48 ID:oYl
秋山監督 スゲェ~ 97メートル遠投 選手ビビッた
 宮崎秋季キャンプ第2クール2日目の1日、野手による「遠投コンテスト」が行われ、先頭を切って挑戦した秋山監督が、
いきなり97メートルのロングスロー。恐るべき「四十肩」で選手たちを仰天させたばかりか、
1度目の挑戦では「監督超え」に失敗する選手も出るほどだった。おまけに走塁練習で打者役を務めると、かるーく打って左翼席へエンタイトル二塁打。
秋山監督は「これからも自分を追い込むよ」と自身の体をいじめ抜くことを宣言。こりゃ、選手もウカウカできない。

 グラウンドにいたみんなが口をあんぐりさせ、ロングスローの行方を見つめた。
測定係の「97メートル」の声に、選手たちが顔を見合わせた。「100メートルはいけたかな」。当の秋山監督は当然と言わんばかりの表情だった。
ソフトバンク秋山監督ブルペンで実演指導。セクションを越えた指導もさることながら、この日は指揮官自らがブルペン入り。スパイクを履いて、
立ち投げで約20球を全力投球。球を受けた的山バッテリーコーチが「130キロは出ていた。すごい」とあぜんとする強肩を披露した。

9: 名無しさん@おーぷん 2018/06/02(土)15:05:51 ID:rsG