book_tani_1

引用元: ヤードポンド法「どうすりゃいいんだ・・・」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:35:36 ID:PdA
本拠地、アメリカで迎えた新製品の設計
輸出路線が大量赤字、技術力も勢いを見せず惨敗だった
工場に響く労働者のため息、どこからか聞こえる「今年は累積赤字だな」の声
無言で帰り始める労働者達の中、この工場の基準寸法ヤードポンド法は独りベンチで泣いていた
大英帝国で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる採用国・・・
それを今の地球で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ヤードポンド法は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ヤードポンド法ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい華氏0度の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってゼロセットをしなくちゃな」ヤードポンド法は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ヤードポンド法はふと気付いた

「あれ・・・?ヤードポンド採用国がある・・・?」
ベンチから飛び出したヤードポンド法が目にしたのは、1マイル先まで埋めつくさんばかりの注文書だった
千切れそうなほどにヤードポンド定規が振られ、地鳴りのようにマイクロメーターのクリック音が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするヤードポンド法の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「ヤーポン、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったヤードポンド法は目を疑った
「イ・・・イギリスさん?」  「なんだヤポ、居眠りでもしてたのか?」
「ニュ・・・ニュージーランド?」  「なんだヤーポン、、かってにニュージーランドを脱退させやがって」
「オーストラリアさん・・・」  ヤードポンド法は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:ニュージーランド 2番:イギリス 3番:オーストラリア 4番:アメリカ 5番:リベリア 
6番:カナダ 7番:南アフリカ 8番:ミャンマー 9番:華氏温度
暫時、唖然としていたヤードポンド法だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
ファーレンハイトから温度計を受け取り、作業場へ全力疾走するヤードポンド法、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで華氏40度になっているファーレンハイトが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

3: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:55:14 ID:792
華氏40度とかいうよく分からない温度になってるヤーポンに草

5: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:57:09 ID:PdA
>>3
4.444444℃らしいで

4: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:57:06 ID:m8r
西暦も大概よな

7: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:58:33 ID:PdA
>>4
「西洋人は聖書の世界観でいつか世界が滅ぶと思ってるからこんな暦を使う。
もし滅ばなくて1145141919年とかになったら今何年か聞かれても答えられなくなる欠陥暦」
って旧皇族芸人の人が言ってた

8: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:59:45 ID:m8r
>>7
1145141919とかいう獣の数字

6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)22:58:08 ID:mIW
残当 ついでに華氏もポイーで

9: 名無しさん@おーぷん 2018/08/04(土)23:00:18 ID:PdA
>>6
超寒い外の気温をゼロ度、自分の体温(37.8℃)を100度とする謎基準
そんなことよりその体温どうしてん病院行け