item_dorakue5_1

引用元: ドラクエV主人公「どうすりゃいいんだ・・・」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:06:35 ID:ZsD
敵地、古代遺跡で迎えたゲマ戦
先発ヘンリーが大量失点、ボロンゴも勢いを見せず惨敗だった
遺跡に響く味方のため息、どこからか聞こえる「ぬわーーっっ!!」の声
無言で帰り始める魔物の中、主人公は独り神殿で泣いていた
妖精の村で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるポワン様・・・
それを今の自分で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」主人公は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、主人公ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってフローラと合体しなくちゃな」主人公は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、主人公はふと気付いた

「あれ・・・?味方の魔物がいる・・・?」
グランバニア城から飛び出した内川が目にしたのは、馬車まで埋めつくさんばかりの味方だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにドラクエのテーマソングが響いていた
どういうことか分からずに呆然とする主人公の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「そりゃっ!うりゃっ!」声の方に振り返った内川は目を疑った
「ピ・・・ピエール?」  「なんだお父さん、居眠りでもしてたのか?」
「お・・・俺の息子?」  「なんだあなた、かってに息子を作りやがって」
「フローラ・・・」  主人公は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:ピエール 2番:娘 3番:息子 4番:主人公 5番:ロビン 6番:内川 7番:ゴレムス 8番:シーザー 9番:フローラ
暫時、唖然としていた主人公だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
サンチョからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、神殿で冷たくなっているパパスが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:10:55 ID:hIP
巧妙青カス

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:11:14 ID:FV8
内川おい

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:17:36 ID:wlV
色っぽく大人になった幼なじみを淡い子供の恋心の延長のままにヤりまくっても
男を知らず育てられた箱入り娘を思うがままに調教するのも
跳ねっ返りでグレた姉に尻に敷かれながら夜の営みだけは優位に立つのも
すべてプレイヤーの自由やで、RPGとはそういうものや

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:18:46 ID:asD
ボロンゴな上にフローラとかつっかえ!

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/10(水)21:24:46 ID:mGv
ところどころ改変忘れ定期
すこ