L_055_akiyama_42

引用元: NPBでシーズン262安打が可能かどうかを検証

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:27:53 ID:d0K
NPBシーズン最多安打記録を持つ西武の秋山翔吾で検証

今シーズンが打席数、打数がキャリアハイだったのでこれを基準に考える
打席:685、打数:603
この時点で262安打打つためには262÷603=0.434

少し厳しい

2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:28:53 ID:Wg1
近藤が好調1年持てばいけるな

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:28:59 ID:Tka
少し、、、?

4: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:29:14 ID:d0K
今シーズンの秋山は1試合あたり4.7打席回ってきているので
これを1試合あたり5打席回るようにする

143×5=715打席

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:30:14 ID:8tY
262÷685なら.382とかやろ
四球拒否打法ならワンチャン

6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:30:59 ID:d0K
30打席増えた分を全て打数にカウントできるよう頑張ってもらう
603+30=633

これで262安打打つためには
262÷633=0.4139...
ちょっと希望が見えてきた

7: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:34:05 ID:IpP
本人以外も打ちまくらなあかんのがな

8: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:34:51 ID:Hxx
秋山をあと三人くらい用意できればワンチャン

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:36:17 ID:d0K
2018年シーズンの秋山の四球数は77(敬遠4含む)
敬遠は防ぎようがないのでそれ以外の73四球を1/3にする
73÷3=24

これで打席数は49増えて633+49=682打席

262÷682=0.384...

ついに3割台へ

10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:36:30 ID:I7n
試合数増やせ

11: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:37:36 ID:ZPk
パワプロとかで全能力マックスまで鍛え上げた奴を使ってペナント回せばワンチャン…

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:39:07 ID:d0K
2018年シーズンの秋山の死球数は4
これをなんとか打ってもらう

682+4=686

262÷686=0.3819...

現実的になってきた

13: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:41:19 ID:Hqs
.374(700-262)ぐらい回ってくれば…

14: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:41:59 ID:Z1s
700は見たことねーわ

15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:43:25 ID:d0K
さてここからどうしようか

秋山が216安打打った時の打率が0.359
打席数を増やして0.360くらいで262安打打てるようにしたい

16: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)12:51:42 ID:d0K
2018年西武ライオンズの引き分けは2試合
これをNPB記録の19にする

17試合増え秋山の打席数も1引き分けあたり1.5増加すると仮定
25打席増える(もちろん全て打数にカウント)ので
686+25=711

262÷711=0.3684...

かなり現実的やな

17: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)13:00:13 ID:d0K
2018年西武のホーム勝利数は45
9回裏が無かった試合数は不明だが45勝のうち半分くらい負けてもらい10打席くらい増やす

711+10=721
262÷721=0.3633...

もう一声!

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)13:03:50 ID:d0K
更に四球を10減らす

721+10=731

262÷731=0.3584...

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)13:06:48 ID:d0K
結論
①秋山翔吾が2018年シーズン以上に打席に立ち四死球拒否打法を徹底しながら2015年シーズンの打撃を思い出す
②西武打線が2018年より打ちまくりながら投壊して引き分けとホームでの敗戦を繰り返す

以上2点を実行すればNPBでも262安打打てる

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/01(木)13:06:56 ID:d0K
ありがとうございました