book_black_2


引用元: ワイ「どうすりゃいいんだ・・・

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)23:35:07 ID:Yka
本拠地、職場で迎えたデスマーチ
先発部下が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
職場に響く同僚のため息、どこからか聞こえる「死にたい」の声
無言で眠り始める同僚の中、ワイは独りデスクで泣いていた
少年時代に手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる友達・・・
それを今の職場で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ワイは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ワイははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいデスクの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、早く仕事をしなくちゃな」ワイは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ワイはふと気付いた

「あれ・・・?友達がいる・・・?」
デスクから起きたワイが目にしたのは、あの夏の日の懐かしい光景だった
どういうことか分からずに呆然とするワイの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「Yん家で遊ぶからコントローラー持って来い」声の方に振り返ったワイは目を疑った
「だ…団地住まいのNくん?」  「なんだワイ、居眠りでもしてたのか?」
「じ…事故で死んだAちゃん?」  「なんだワイ、かってにAちゃんを殺しやがって」
「ボンボン派のSくん…」  ワイは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:デジモン 2番:ベイブレード 3番:ビーダマン 4番:ポケモン 5番:スマブラ 6番:ヨーヨー 7番:メダロット 8番:バトエン 9番:ヨーカイザー
暫時、唖然としていたワイだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「戻れる・・・戻れるんだ!」
友達からナップサックを受け取り、団地へ全力疾走するワイ、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、職場で冷たくなっているワイが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)23:36:15 ID:8dm
ヨーカイザー先発には草

3: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)22:14:13 ID:eV1
悲しいなぁ

4: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)22:44:58 ID:5FC
戻れませんでしたね(ガッカリ)

6: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)22:57:50 ID:Ydk
う~んこのブラック企業

7: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)23:12:42 ID:X2K
ヒエッ

8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)23:13:59 ID:JlY
2~6番は現代でも現役選手やぞ

9: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)23:23:42 ID:cEq
内川がいない・・・

5: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)22:47:03 ID:vg4
職場に響く同僚のため息、どこからか聞こえる「死にたい」の声

やべー所やん…