スライム型の帆のような部分で風を受けて進むんだそうです。なんとも不思議。

カツオノカンムリ - Wikipedia