A72A4700-DF5F-4BA0-A086-6F1D60A478C3




どうぶつの森のアプリが出ましたね。

ちょっと今はやる気が起きず。

さて、先日診断された腸閉塞ですが、なってしまった理由としては、どうやら痛み止めの急激な増加が原因らしいです。

これを治療するには絶食を続ける必要があり、現在の点滴では太さが足りないため、昨日、右鎖骨下静脈にカテーテルを通すことになりました。

こういう手術は初めて。

心臓近くの静脈なので怖い。

局所麻酔であるため、何をやっているのかがなんとなく伝わり、ああ、苦手だなと思いました。

痛くないのが不思議。



あと、緩和ケアということで、放射線治療を行う方針が決まりました。

ずっと悩まされている、腹部と腰回りの痛みです。

一昨日の深夜は、ついにまったく眠れなくなり・・・。

痛みが強く、何をやっても解決せず、どの姿勢でも楽にならず、起き上がったり寝っ転がったりを繰り返す。

苦しくて、一体何を焦っているのか、過呼吸気味となり軽くパニックを起こす。

本当に怖かった。

苦しみで自殺する人ってこんな感じかな、この薬が無かったらどうなってるんだろう・・・なんてところまで考えが及んでしまったり。

孤独、自分との戦い。

我慢が出来ない、耐えられない。

何とも伝わりづらいですが、ここまで精神的に参ることがなかったので。

結局は数時間の戦いに疲れたのか、少し我慢して目を閉じて睡眠剤で1時間ほど寝ることが出来て、そこでちょっと落ち着けました。

そのまま朝を迎えることが出来、無事戦い抜きました。

そんな中で昨日を迎えたため、スケジュールは詰まっていましたが、私は常にうとうとしていて。

うとうとするなら、今じゃなく夜そうなってくれよと思ったところで、ちょっと気付きました。

「別に夜眠れなきゃ昼間寝ればいい」

「痛み止めはたくさんあるので、焦らず落ち着いてトライすれば良い」

このように考えることで、昨夜は睡眠こそ少なかったのですが、一昨日のような事にはならずに済みました。

無理に合わせず眠い時に眠ればいい。

焦る必要は無いんですよね。

本当、簡単なことなのに何故あんなに取り乱してしまったのだろう。

何が何だかさっぱりだと思いますが、私にもさっぱりです。

先が見えない治療の積み重ねから、良くなるどころか悪化した事によって「死」を意識してしまっていたのかもしれません。

あの恐怖が昨夜再発しなくて、考え方を変えることが出来て、本当に良かったです。

もう大丈夫。

乗り越えました。



コメントありがとうございます。

励ましのお声は宝物です。

寒くなって参りました。

皆様も体調を崩されぬようお気を付けてお過ごしください。

◆応援する◆


◆様々な闘病記◆

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

闘病記ランキングへ

がん・腫瘍ランキングへ