お台場が近いので、病室から花火が観えます。



97A9DF66-0579-4A0C-8220-5EECA73E1E22




消化管内科による抗がん剤治療はひとまず今週も中止して、断食と放射線治療による腸閉塞の治療を行なっています。

計10回に渡り平日に治療を続けてきた放射線治療ももうすぐ終わり。

治療後に少し吐き気が出ましたが、副作用は大して出ませんでした。

今回の入院は、放射線治療科、消化管内科の治療に、さらに疼痛緩和科の管理が「±111治療チーム」に加わり、点滴による痛みのコントロールも実施中。

メインで使う点滴は3種。

痛みや炎症に関与している物質の合成を妨げるロピオンと、解熱鎮痛剤のアセリオ、中程度から高度の疼痛を伴う各種がんにおける鎮痛効果が期待出来るオキスァストの3つです。

特にこのオキファストには馴染みがあり、定時に飲んでいたカプセル錠のオキシコドン、緊急時には散薬のオキノームとして、頼れる鎮痛麻薬としてお世話になっています。

量を増やすと鎮痛効果が高まり、ただし吐き気が強まってしまうという、ちょっとコントロールするのに手こずった薬でしたが、ここ数日は良い感じに馴染んでいます。

この自爆スイッチみたいなボタンで10分に1度好きなように発動させることが出来ます。



FE201E65-B3E8-4EA4-B305-EFC153B8B8BC




今回の入院の見通しを簡潔にまとめると、この点滴による鎮痛を行いながら放射線治療を10回消化。

腸閉塞も回復に向かってそのまま退院、抗がん剤治療は外来で再開出来る。

そんな状況まで持っていけると良いなーと思っていたところなのですが。

なかなか順調にはいかなそう。

前回は退院後1週間で戻ってきてしまったこともあり、病院としても、今回はある程度確実なところまで回復させてからの退院を目指したいとのこと。

病院でメリークリスマスとなりそうです。

しょうがない。

ああ、お腹が空いた。

何でもいいから食べたい。



ここしばらく、吐き気や発熱、腹痛で大きく体調を崩しており、ご心配をおかけしました。

今はやっと回復傾向に向かっておりますが、少し更新が遅れるかもしれません。

ついでにブログの接続の調子も悪くて、すみませんでした。

いつも応援メッセージを戴きまして誠にありがとうございます。

日々の励みになっております。

皆、様々な事情でがんにふれ、このブログに辿り着き、コメントを下さり・・・。

私も、皆様との繋がり、発信、受信が出来るこの素敵な環境を大切にしたいと改めて思いました。


◆応援する◆


◆様々な闘病記◆

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

闘病記ランキングへ

がん・腫瘍ランキングへ