2008年12月30日

今年の三日坊主と来年の「のうだま」〜反省と抱負〜

新年を迎えるに当たって、
季節感などすっかり忘れ、1年を通しての行事も記念日も
何の代わりもなく過ごしてきたこの何年かを振り返ってみようかと思う。

この数年、特にこの10年は行事やイベントごとを祝ったり楽しんだり
することをすっかり忘れていた。
むしろ、そうすることで何かが変わるのだろうか?等と何の味気もない
年月を過ごしてきたように思う。
それは今も相変わらずだけれど・・・

祝ったり楽しんだりすることは理屈ではないのならば
多分私は一生その好奇心や行動にかられることはないのだろうな。
随分現実的?寂しい大人になったもんだ。
と、常日頃考えていたし、楽しめるものならば楽しんでみたいけれど
その感情を呼び覚ますことは個々の性格に所以するものだろう
とも考えていた。

しかし、このマンネリ化した起伏ない感情が「脳」にあることを
今年最後の最後で発見したのである。
(本来今年最後も、新年も私にとっては変わりのない一日だけれど)

それはとても嬉しい発見であり、素敵な贈り物だ。



昨日、ダーリンが私に1冊の書籍を購入してきてくれた。

のうだま―やる気の秘密 のうだま―やる気の秘密
上大岡 トメ (著), 池谷 裕二 (著)


三日坊主は当然。続けられないのは、脳があきっぽくできているから。だから「やる気」を引き出すためには、脳をだませばいいのです。 最新の脳研究を元に、続ける技術とやる気の秘密を解いた本ができました。
※1日で読み切れるボリュームです。


あえて子供騙しにでもあってみようと読み始めた本。
冒頭のイラストとコメントから、この書籍に登場する人物はまさに私そのもの。
(ダーリンはそれが面白くて購入したらしいが。。。(;・∀・))

やる気はあっても何も続かない、まさに三日坊主。
勉強の学習計画をばっちり立ててプリントアウトし、
「根性・忍耐・努力」や好きな格言を壁に貼り付け
次の日それをあぐらかいて眺めていたり。

ダイエットするために、エアロバイクで1時間こいで体重計に乗って
やる気まんまんで次の日テレビ見ながらお菓子食べていたり。

美肌を目指すために購入した決して私には安くもない「ドムホルンリンクル」を
購入して次の日にはすっかり面倒だと手当を怠りお肌がガサガサになっていたり。

あげたらきりがない。
このモチベーションの浮き沈み。щ( ̄∀ ̄)ш

やる気があるのだけはまだましだと自分を褒めたたえ、
1年前と、いや、数年前とちっとも変っていない
その結果に飽き飽きしていた。

私が尊敬しているダーリンと自分を比較して何が違うのか?
毎日疲れて職場から帰宅し、英会話の勉強。
仕事以外の政治経済の情報を収集しチェックを怠らない姿勢。
私に相変わらず注いでくれる愛情。グふ。(*´ω`*)

それを毎日横目で見ていて嫉妬している私・・・(●´エ`●)o〇

そう、それは「習慣化」すること。ということまでは自分でも気づいた。
しかしどうやって「習慣化」すればよいのかその術が分からず
もがき続けていたように思う。

書籍によると、原因は「脳」のマンネリ化。
そのマンネリ化は人間の本能であり、誰にでも起こりうる現象だということであった。

馴化(じゅんか)=マンネリ化
異なる環境に移された生物が、次第に慣れてその環境に適応した
性質をもつようになること(広辞苑・第六版)

つまりマンネリ化してしまい、それに素直に従っていた私は
ダメ人間ではなくて、普通の人間。
生きるためのこの脳の働きを素直に受け入れられる
従順かつ適応した人間ではないか。(*人´∀`)
と、まずそこに安堵した。

三日坊主の原因から継続する術を分かりやすく網羅してくれている
この書籍に出会えて、自分の「脳」をコントロールしようと
決めたことがマンネリ化してしまっては困るけれど、
面倒臭いと思った瞬間、
この書籍を開け!

という条件反射的な指示は私の脳みそにインプットした。笑

冒頭にも書いた季節の行事やイベントを楽しむという心も
ここに通じるものがある。

マンネリ化を打破するためには「脳」をうまくコントロールし
新しい刺激を与えることで必然的に自分の行動は変化し
それに伴って(当然)結果はおのずと変わってくる。

誰もが分かりきったようなことをこの記事では書いているけれど、
それが出来ないからどうしたらよいのか?と真剣に考える人達には
この書籍が何らかの良い刺激になると私は思った。

あえて詳細は書かないことにするけれど、
私と同じ状況で悩んでいる人たちがいたら是非この1冊を読んで頂きたい。
まずはそこから第一歩が始まってくるのではないかな。

ということで、私のこの1年はとにかく
考えに考えて、実践して、自分の無力さに打ちひしがれる1年だった。
達成できたこともあれば、結果が伴わなかったこともあり、
必要にせまられてようやく習慣化しつつあることもある。
時に形にならない悩みを抱え、満足できない毎日を送っていたこともあり
この1年の満足度は50%も行かない。

それと同時に、相変わらずやる気だけは満々のため
来年の抱負はまた私にとって壮大なものだ。
というよりいつも欲張って結果が出せないのは当然だが。(;・∀・)

・子宝
・ダイエット(2009年中にマイナス5kg。月0.5kgで達成できるはず)
・大学(通信教育)に通う
・情報処理PM及び日商簿記3級の受験

専業主婦としてはまさにこれから。
世界同時不況の煽りと焦りをひしひしと実感しながら
家計のお財布をがっちり守るために、無駄を省くことにした。

・毎日の外食禁止!

家計簿は毎日付けているが、つけているだけで
貯蓄額の少なさをこれまた横目(¬∀¬)で見ていただけだった。苦笑

ダーリンは仕事しているけれど未だ大学院を卒業していないまま
NYから帰国した。
当時の借金が膨大な事もさることながら、
あと数単位取得するための学費が必要である。
私も来年は大学生になる予定だし、
引っ越しもする予定があり、
結婚してまだ行っていなかった結婚式も(身内)ある。
さらに子供ができたら家計は火の車だ。

(!? ̄Д ̄)゚Д゚)・д・)!!!ゲゲゲ。

まるで欧米か!?(古い?)と言わんばかりの消費ブリだが、
無理をし過ぎずにやりくりしていこうかと思う。

新年を迎えるという概念(切り替え)がここ数年麻痺していたが、
この素敵な贈り物を忘れずに、新たな思考で新年を迎え
今までとは少し変わった1年になれたら。と思う。

皆さんはどのような1年を送り
どのような新年を迎えたいですか?
反省や抱負はありますか?

1年前の抱負なんて忘れてしまうことが多いけれど
少し先の未来の自分が、どのくらいその抱負を実現できたかどうか
ちょっと見てみたかったりしませんか?
1年後、どのようなリアクションをとっているのだろう?

そう思うと、既に1年後が楽しみだったりします。

明日は2008年最後の1日。
京都に行ってきます。

今年はこれで書きおさめ。
皆々様も素敵な新年をお迎えください。

2009年もどーぞ宜しくお願い致します。

[関連記事]
のうだま―やる気の秘密 ( by いまやん日記 )
のうだま―やる気の秘密 ( by 黄金色の昼下がりに )
「のうだま」ってなあに?それは脳をだましてやる気を出す技術・・
「のうだま」と向田邦子 ( by のほほん便り )
のうだま ( by のほほん日和〜柴犬周との暮らし )
のうだま ( by 亀松の森 )
やる気の秘密 ( by プチ・プロフェッショナルへの道 )
のうだま ( by 牛仙人のひとりごと )
のうだま ( by 働きウーマンと3人年子 )
「のうだま」と「16歳の教科書」 ( by お金をかけずにのんびり学習 )


ぽちぃっとして頂くととても嬉しいです。(*^ワ^*)  

Trackback URL

The Comment

1. Posted by 牛仙人   2008年12月31日 14:56
TBありがとうございます。
「東洋の知恵 気に親しむ」という
メルマガを発行しています。
近二号でのうだまについて書いていますので
暇があったら覗いてみてください。
2. Posted by そらっち   2009年01月03日 13:50
今年もよろしくお願いします。^^

お惚気ブログかと思っちゃいました(爆)

マンネリ化は確かに怖いですね。^^;

初志貫徹。
ここに書いた事を2009年達成して下さい。^^
3. Posted by samurai   2009年01月08日 19:14
そらっちさん

初志貫徹

いい言葉ですね〜。はい。とにかくこの言葉を
胸に頑張ります。
4. Posted by samurai   2009年01月08日 19:15
牛仙人さん

わざわざコメントありがとうございます。
また寄らせて頂きますね。(´∀`ハ)
5. Posted by しゅうやん   2009年01月13日 14:53
TBびっくりしました。(のほほん日和)
ジャンルの違うブログなので、、、。

みかんせいさんのように、私の頭にも少しは刺激を与えないと…。

夢が叶う事をお祈りしています。


6. Posted by samurai   2009年01月15日 06:13
しゅうやんさん

わざわざコメントありがとうございますね(*人´∀`)
このブログのジャンルがあまりにも多方面過ぎて
自分でも良く分かっておりませんが・・・
この書籍について書かれていたのでTBさせていただきました。

これからも遊びに行かせて頂きますので
宜しくお願いします♪

追伸:夢&目標のうだまパワーでを頑張って叶えます。

Please Comment

Name:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔