こんにちは☀Bettyです!

ダイビングや、フリーダイビングなどで使用するウエイトベルトのお話です

一般的にレンタル用の物は黒色など地味な物が多いのですが、実は様々な種類が販売されているんです

ベルトの色は、青やピンクなど様々なカラーバリエーションが展開されており、自分の好みの色を自分の体型に合った長さを購入する事ができます

またバックルも「硬化プラスチック製」「ステンレス製」など様々な素材の物があり、硬化プラスチック製の物では、白やオレンジなど様々なカラーバリエーションがあり、ステンレス製の物では「イルカ」や「サメ」など海の生き物の形をした物などがあり、多くの種類の中から好きなもの選ぶことができます

この豊富な種類の中から好きなベルト、バックル選び自分好みにカスタマイズできるんです
しかし、ベルトとバックルは別々で販売されているので購入してから自分でセッティングしなければなりません

今回は、以外と情報の少ないバックルへのベルトの通し方を紹介していきます

ベルト数字付き

※穴が見やすい様に、穴の裏にベルトを置いてます。


内側の穴から順番に番号を付けて説明していきます

バックルには3つ穴があり、一番外側の穴は他の2つの穴に比べて少し大きくなっております

 矢印の方向に向かって③の穴に裏側から通します

矢印②


この時、ベルトの先端にはある程度余裕をもたせておきます
余裕がないと最後までベルトを通すことが出来なくなってしまい、余裕を持たせすぎるとベルトが短くなってしまいます
目安としては③の穴から出ている部分がバックルを広げたと同じ長さくらいです


 ③から出てきたベルトを②の穴に表側から通します

IMG_0064


新品のベルトはとても固く大変ですが、バックルとベルトの隙間がなるべく少なくなる様にしっかりとベルトを通してます

032366F6-311F-44EB-8D59-C83301359BBD


 ②の裏側へ出ているベルトを①の穴に裏側から通します

IMG_0072



先ほどと同様にベルトとバックルの隙間がなるべく小さくなるようしっかりと通していきます

 ①から出てきているベルトを再び③の穴に表側から通して完成です

BEE1E82E-08CA-4DB6-ADE8-640078D3DE1D


ここまで通してきたバックルの穴を隠すように③の穴に再び通して通していきます。
最後までベルトが通せたら1度ウェイトベルトを横から見てベルトが浮いていないか確認しましょう

C361AD30-2265-4FF3-A4DD-262207DF0950

ベルトの流れを上から見るとこんな感じです


ベルトの通し方自体は複雑なものでは無いですが、途中の隙間が大きいと最後の穴に通したときに重なって全体が浮いてしまうので、気を付けてながら通していきましょう

では、また


゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+。・゚・。+☆+。・゚・。

沖縄ダイビングショップ 「ピンクマーメイド」
★1歳から参加可能なシュノーケル、1組貸切ダイビングをご案内★
ホームページはこちら
【Instagram】海の生き物など綺麗な写真を投稿中!
@pinkmermaid_okinawa
【facebook】本日のツアー写真を掲載中!
@pinkmermaid.jp

゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+☆+。・゚・。+。・゚・。+☆+。・゚・。