にんべんビル歯科の小澤です。

11月27日(日)東京にて

私たちの主催する歯科医師向けのセミナーが開催されました。

IMG_0058講演を行う筆者。

当日は30人以上の参加がありました。




インプラントの問題、歯科の衛生問題、など

様々な歯科の問題がメディアで取り上げられています。

私たちのグッドスマイルネットワークのリーダーである川村泰雄先生は

40年以上前に「歯科医の倫理」という記事を発表し、

保険による修復中心の歯科医療が様々な問題を引き起こしていることを

勇気を持って告発しています。40年以上も前です。


その問題がより深刻になってきているのです。

IMG_0056
講演する川村泰雄先生。

歯科医療の問題を鋭く指摘。



それではなぜ修復中心の歯科では問題が起きるのでしょう?

答えは簡単です。

患者の歯を削れば削るほど、抜けば抜くほど

歯科医に報酬が入る仕組みだからです。


このような歯科医療は世界では完全に時代遅れとなっています。 


歯科医は患者の歯に問題がないことを確認したり、

患者の歯を守るための方法を指導したり、

患者の歯を守ることによって報酬を得るべきです。


私たちはこのような完全予防型の歯科医療を日本で普及させるために

歯科医師向けのセミナーを定期的に実施しています。

日本の歯科教育は残念ながら歯を如何に修復するかが基本です。


そして患者さんの意識も歯科医院は「歯を修復する場所」という意識ではないでしょうか?

もしそうなら、今すぐにその認識を変える必要があります。

歯は修復すればするほど少なくなっていきます。

そうなる前にぜひ私たちグッドスマイルネットワークにご相談ください。 

歯は二度と生えてこない生涯の宝物なのです。