ぺるそな・のん・ぐらーた 太地町

一目でわかるコーヴ・ガーディアンたち。【現在更新停止中。情報収集および分析は続けており、cgcm_checkerさんに情報を提供しています。】

IMPORTANT "A Statement to Foreign Readers"
太地町で嫌がらせをする目的で観光ビザで入国する活動家を締め出すための署名

コーヴ・ガーディアンとは

南極海などで捕鯨の妨害行動を行っているシーシェパード(SSCS)が、日本国内でイルカ漁の廃止を求めて、2010年-2011年の漁期に和歌山県太地町に常駐させた集団の名称。SSCSから正規に派遣されているメンバーを中心とし、呼びかけに応えて短期間太地町に滞在するものも含む。

SSCSは2003年にも日本のイルカ漁の妨害を画策し、漁網を切るという犯罪を犯して逮捕者を出した。その後SSCSが日本で表立って活動することは無かったが、日本のイルカ漁を描いた『ザ・コーヴ』の製作にかかわった。2009年に映画が公開されると、さらに募金を集める広告塔として日本のイルカ漁反対を扱うことを企図し、コーヴ・ガーディアンを派遣することとなった。

SSCSは日本では警察からマークされているため、コーヴ・ガーディアンは違法行為は行わないという建前のもと、イルカ漁を監視し、撮影し、それを公開することで国際世論を喚起し、資金獲得につなげることを目指している。ただし、コーヴ・ガーディアンのほとんどは日本語を一切理解せず、日本の文化・法律などを学んでもいないため、しばしば違法行為を行っているのが実情である。また、コーヴ・ガーディアンを監視する太地町の漁師らに対して、『ザ・コーヴ』の撮影手法を模倣して、侮蔑的な言動を繰り返すことで煽り、その反応をビデオに撮ろうとする。(参考動画

このブログは、どういった人物が来日してどのような活動しているのかを理解するため、来日が判明しているメンバーについてパブリック・ドメインに公開されている情報からまとめている。

※新しくメッセージ送信機能を付けました。目撃情報などを常時募集しています。

※※当サイトは、ホテル・ドルフィンリゾートとは一切関係ありません。宿泊情報などのお問い合わせは、ホテルまで電話してご確認ください(電話番号は検索すれば簡単に見つかります)。

IMPORTANT "A Statement to Foreign Readers"
太地町で嫌がらせをする目的で観光ビザで入国する活動家を締め出すための署名

A Statement to Foreign Readers (「外国人読者に対する宣言」日本語訳付)

このサイトがSSのメンバーに捕捉されたようなので、一応彼ら向けの宣言をしておきます。


A Statement to Foreign Readers

This website was set up by a few Japanese citizens who are deeply concerned about the misbehaviour of activists coming to Taiji. Not only their misbehaviours are broadcasted via tv programmes and newspapers, but also the activists proudly post their harrassment towards fishermen on YouTube. Tens of millions of people have watched and are enraged about their misbehaviours.

Now you may say fishermen are evil and attacking them doesn't amount to "harrassment", but that's not an issue. It's just how you'd see someone coming to your town and bully some of your folks verbally and phisically.

We are not against legitimate activists. We have absolutely no problem with people coming to Taiji, as long as they are abide by Japanese laws and behave well. We wish you could learn about Japan and have a constructive dialogue with residents and fishermen in Taiji. Learning and talking is the only way you could really engage with this complex issue.

To anybody coming to Taiji as an activist, this website is only intended to be a warning. The message is simple. We know who you are, so behave yourself in Japan. Read Japanese laws carefully before coming so that you won't disturb anybody. Since you are coming to Japan, try to deepen your understanding of Japan and its culture with an open mind.

Another purpose of this website is to counter the activists' (ab)use of pictures of private persons, i.e. fishermen. We know how you see the legitimate dolphin hunt, but infringing on fishermen's human rights is untolerable. If you want to take a picture and put it online, you have to ask his/her permission first. The pictures on this website are only the ones uploaded by activists themselves and easily accessible on internet. As long as activists put fishermen's faces on blogs, facebook, and youtube without their permission, we do the same for you.

This site is open to anybody. Please do feel free to express yourself in a polite way. There are many things you can't learn by reading and listening in English alone. "The Cove" is a powerful movie, but misinforms people in many ways. If you want to know the truth about the dolphin hunt in Taiji and in Japan, you should really try very hard to engage with the Japanese and their culture.


外国の読者の方へ(日本語訳)

このウェブサイトは、太地を訪れる活動家の横暴な振る舞いを深く憂慮する日本人によって作られました。活動家の横暴な振る舞いはテレビや新聞で報道されているだけでなく、彼ら自身が漁師に対するハラスメントを誇らしげにYouTubeにアップロードしています。何千万という人がこうした振る舞いを見て、怒っています。

あなた方は漁師は悪魔であって彼らを攻撃することは「ハラスメント」には当たらないというかもしれませんが、それは問題ではありません。あなたの町に誰かがやってきて、あなたの周りの人を言葉で、また物理的に苛めたら誰だって怒るでしょう。

私たちは、合法的な活動家に反対しているわけではありません。日本の法律を守って適切に振る舞う限りでは、私たちは太地町を色々な立場の方が訪れることには問題があるとは一切考えていません。あなた方が日本のことを学び、太地町の住民や漁師と建設的な対話を行うことを願っています。この複雑な問題と正面から向き合うためには、学び対話することが唯一の手段です。

このサイトは、活動家として太地に訪れる人に対して、警告を発することだけを目指しています。メッセージは簡単です。私たちはあなたが誰かを知っています、ですから日本では行儀よくしてください。日本の法律をよく読んで、誰にも迷惑を掛けないようにしてください。わざわざ日本を訪れるんですから、日本についてより深く理解して帰って下さい。

このサイトのもう一つ別の目的は、活動家による私人(つまり漁師たち)の写真無断撮影・利用に対抗することでもあります。あなた方が合法的なイルカ漁をどのようにみているかを知っていますが、漁師たちの人権を侵害することは許されません。もし写真を撮ってネットで公開したいなら、まず彼らの許可をとらなければなりません。このサイト上にある写真は、すべて活動家自身が公開しネットで簡単にアクセスできるものばかりです。活動家が漁師の顔をブログやフェイスブック、そしてYouTubeに無断で公開し続ける限り、私たちもあなた方の写真を公開します。

このサイトは誰に対しても開かれています。ご自身の意見を紳士的に表明するならご自由に。英語で読み、聞いているだけでは学べないことがたくさんあります。「ザ・コーヴ」は強いメッセージを持った映画ですが、色々な面で視聴者を誤解させています。太地や日本でのイルカ漁についての真実を知りたいなら、日本人と日本文化に真摯に向き合ってください。

Illegal Actions of the Cove Guardians (「コーヴ・ガーディアンの違法行為」日本語訳付)

NOT KNOWING ABOUT THE LAW IN JAPAN WON'T MAKE YOU EXEMPT FROM THE LAW

Illegal Actions of the Cove Guardians 2012/13

The following is only a few cases that were reported - it's the tip of the iceberg.
  • On 8th October 2012, a cove guardian Nils Greskewitz was arrested "on suspicion of damaging a whaler statue in a local park". (Mainichi Shinbun, 2012/10/9) [Violating the Penal Code (Damage of Property)] ... Found guilty, fined 100,000 yen and paid 357,000 yen for repairs.
  • On 28th November 2012, a cove guardian Thomas Gainard was detained at Kansai International Airport in Osaka, denied entry and deported 48 hours later. The reason not fully known yet, but it appears the Ministry of Justice denied his entry based on his past illegal activities in Taiji and Japan.
  • On 18th January 2013, Scott West (CG Coordinator) admitted in a statement that veteran Cove Guardians are being denied entry into Japan. According to other sources, the persons denied entry are Nikki Botha and Rosie Kunneke, both of them were engaged in illegal activities and issued warnings. 
  • On 24th January 2013, Martyn Stuart (independent activist, previously CG during 2010/11 season) uploaded a video of fishermen on YouTube titled "Short dick men in Taiji", which was immediatedly deleted by YouTube for its sexual nature. (Martyn is obsessed with penis size... you know why ;-))
  • In this season, Cove Guardians are focusing more on harrassing a few dolphin meat processors.

Illegal Actions of the Cove Guardians 2011/12

Paul Watson, the president of the Sea Shepherd, announced that the Cove Guardians are under strict order not to break the law in Japan. However, they have repeatedly broken the law in Japan as neither Paul Watson nor Cove Guardians have any knowledge of the law in Japan. How can they claim that they are abide by the law, if they don't know or respect the law in Japan? This year one of the Cove Guardians was arrested for assault so far, but it is only the tip of the iceberg. In this article we will list the illegal actions of the Cove Guardians which is known to us so far.
  • “Since September 1st when the season started, some 80 activists visited Taiji. 25 warnings were issued as they trespass to no-entry area & verbally harassed the fishermen etc.” (Sankei Newspaper, 2012/1/22) [Violating the Minor Offences Act & Wakayama Anti-Nuisance Ordinance]
  • Cove Guardians take photographs of Taiji locals & fishermen and publish them without their consent on their official website & personal blogs, adding discriminatory insults. [Violating the Penal Code (defamation of character) & the Civil Code (Torts)]
  • Scott West, the current leader of the Cove Guardians, always carries a long pole and others carry a pirate’s flag representing the Sea Shepherd. This violates the Paragraph (2) of Article 2 of the Wakayama Anti-Nuisance Ordinance, which states “No one is allowed to carry objects that could be used to harm others, such as a knife, metal pole, and wooden sword, in the public places or transports without justifiable reason.” [Violating the Minor Offences Act & Wakayama Anti-Nuisance Ordinance]
  • On September 14th, a threatening letter, which could be originated from anti-whaling groups, reached Taiji Fishery Union. The origin of post was Hong Kong, and “in the envelope there were two A4 sheets which was written “KILL” in both Japanese and English along with pictures possibly taken from the Internet. The neck of the Fishery Union officials in the pictures was cut with sharp-edged tool.” (Sankei Newspaper, 2011/9/17) [Violating the Penal Code (Intimidation)]
  • On November 8th, the Cove Guardians entered the restricted area in Taiji fishing port and harassed a fisherman at work. They tried to appear as if they were “assaulted”, and published the video footage (They also tried to submit report of damage but it appears not officially reported. They claim they refused to sign the report because it was compiled in Japanese... What else would you expect?). [Violating the Minor Offences Act (Trespassing)]
  • On December 16th, the Dutch Cove Guardian, Erwin Vermeulen (42), allegedly trespassed & assaulted a guard by pushing in his chest, while trying to monitor the transport of Risso’s dolphin. Vermeulen was arrested in flagrante delicto by the police, but he denies the charge and the criminal trial is being held. [Violating the Penal Code (Assault)]
  • On February 8th, it was revealed that the hand-held radios used by the Cove Guardians are not certified to be used in Japan, hence illegal devices. The Cove Guardians were warned not to use this illegal device in Japan. [Violating the Radio Act]
Also, the following offences were reported last season (2010/11).
  • Making a fire, moving stones to make the figure of dolphins, and taking stones away from Hatajiri Bay, which is prohibited by the Natural Parks Act.
  • Taking pictures by physically putting camera over the private property at the Dolphin Resort Hotel. This was the violation of the Civil Code (Torts).
For Reference (The following applies regardless of your nationality)
"CRIMINAL PENALTIES: While you are traveling in another country, you are subject to its laws even if you are a U.S. citizen. Foreign laws and legal systems can be vastly different than our own. In Japan, you may be taken in for questioning if you don’t have your passport or Japanese alien registration card to show your identity and visa status. Driving under the influence could also land you immediately in jail. If you violate Japanese law, even unknowingly, you may be arrested, imprisoned, or deported. If you are arrested in Japan, even for a minor offense, you may be held in detention without bail for several months or more during the investigation and legal proceedings. A list of English-speaking lawyers located throughout Japan is available on our website. There are also some things that might be legal in the country you visit, but still illegal in the United States, and you can be prosecuted under U.S. law if you buy pirated goods or purchase child pornography. While you are overseas, U.S. laws don’t apply. If you do something illegal in your host country, you are subject to the laws of the country even though you are a U.S. citizen. It’s very important to know what’s legal and what’s not wherever you go." (US Department of State http://travel.state.gov/)


コーヴ・ガーディアンの違法行為、2011/12年

シーシェパード代表のポール・ワトソンは、日本にコーヴ・ガーディアンを送り込むにあたって違法行為はしないことを宣言していました。しかしながら、彼らはそもそも日本の法律を十分に理解していないため、違法行為を繰り返しています。日本の法律を知らないのに、どうやって法律を遵守するというんでしょうか?今期は暴行罪で一人の逮捕者が出ましたが、それは氷山の一角に過ぎません。この記事では、現在判明している限りでコーヴ・ガーディアンの違法行為をまとめます。(ちなみに、筆者は法律の専門家ではないので法的正確性は保証しません。)
  •  「イルカ漁が解禁された9月1日以降、約80人の活動家らが訪れて、立ち入り禁止区域に侵入したり、漁師に暴言を吐いたりするなどの妨害行為を行い、これまで約25件の指導警告を行ったという。」(産経新聞、2012年1月22日)軽犯罪法違反和歌山県迷惑防止条例違反
  • コーヴ・ガーディアンは、公式サイトや個人のブログ等で、太地町民や漁師らの写真を無断で掲載し、また差別的・侮蔑的なコメントを付けている。刑法違反・名誉棄損罪民法・不法行為
  • 現CGリーダーのスコットは長い棒を常に携帯し、またシーシェパードの海賊旗を掲げて歩いているが、これは「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない」ことを定めた和歌山県迷惑防止条例第二条第二項に違反。和歌山県迷惑防止条例違反
  • 2011年9月14日、太地町漁協に反捕鯨団体からと見られる脅迫状が届く。消印は香港で、「封書の中にはA4判の紙が2枚あり、日本語と英語で「殺す」と書かれ、インターネットなどの画面を撮影したとみられる写真も同封。写っている漁協職員の首の部分が鋭利な刃物で切られていた。」(産経新聞、2011年9月17日)刑法違反・脅迫罪
  • 2011年11月8日、もともと立ち入りが制限されている漁港内の繋留場所に侵入し、作業中の漁師を妨害。さらに自分たちが暴行を受けたかのような印象操作のために動画を公開した(暴行を受けたとして被害届を出そうとしたが受理されなかった模様)。軽犯罪法違反・不法侵入
  • 2011年12月16日、ハナゴンドウ移送中に、移送の様子を撮影しようとしたアーウィン・フェルミューレン(オランダ人、42歳)が立ち入り禁止区域に侵入、その際制止しようとした警備員の胸を突くなどの暴行を行った。フェルミューレンは現場にいた警察官により現行犯逮捕されたが、容疑の否認を続け裁判が行われている。刑法違反・暴行罪
  • 2012年2月8日、コーヴ・ガーディアンが使用していた無線機が日本での使用許可のない違法機器であることが判明し、日本国内で使用しないよう警告。電波法違反
この他、昨年には以下の違法行為も確認されている。
  • 国立公園法で守られている畠尻湾での焚火、石を勝手に動かしイルカの像などを作る行為、無断で石を持ち帰る行為。自然公園法違反
  • 私有地であるドルフィン・リゾートの盗撮。民法・不法行為

太地町を応援するには?

NHK ETV特集『鯨の町に生きる』をご覧になった方ならお分かりだと思いますが、映画『ザ・コーヴ』が公開されてから外国人活動家のハラスメントがますます過激になっており、太地町の方々の生活にも影響が出てきています。世論調査をすれば捕鯨継続賛成が大多数を占めますが、太地町の方々は日常的にハラスメントを受ける中でそうした実感がないのも実情でしょう。

太地町に関する報道やYouTubeのハラスメント動画などを見て、シーシェパードに怒りを覚え、孤独な戦いを強いられている太地町の方々を応援したくなった人も多いのではないでしょうか。私たち一人ひとりにできることは限られますが、それでも太地町を支援することはできます。外国人活動家の手法を逆手に取りながら、太地町を応援する方法を考えてみました。

    太地町に観光に行き、太地町立くじらの博物館を訪れ、くじら料理・いるか料理を食べ、ホテルや民宿に泊まり、お土産を買う。外国人活動家がいたら写真を撮り、公開する。ブログやツイッターなどで旅の様子を報告し、他の人にも観光地としての太地町に関心を持ってもらいましょう。参考:http://taijiguide.geiniku.jp/

    漁協直営直営スーパー(http://www3.cypress.ne.jp/jf-taiji-sp/)や〆谷商店(http://www.simetani.com/)など、太地町の流通業者から鯨肉・いるか肉を購入する。多少味にクセはあるので、公開されているレシピどおりにちゃんと料理するのが重要。干物のゴンド干しなどは、軽く炙ってマヨネーズなどを付けて食べると酒のつまみにぴったりです。

    電話、ポストカード一枚でもいいので、太地町役場(http://www.town.taiji.lg.jp/tyousei/index.html)、太地漁協(http://www.cypress.ne.jp/jf-taiji/sub01.html)に応援のメッセージを送る。「外国人活動家の妨害活動をテレビ・ネットで見た、太地町の追い込み漁を応援する。」などでよいでしょう。

    日本政府(特に水産庁)、和歌山県知事に太地町の追い込み漁を支援し、妨害活動の取り締まりを強化するよう要請する。今年から警備体制が強化されていますが、こうした対策を継続するようお願いしましょう。

    シーシェパードなどを支援していることが知られている国・企業の製品をボイコットし、支援を止めない限り買わないという意思表示をする(参考1http://www.j-cast.com/2010/01/13057816.html?p=all 参考2http://blog.livedoor.jp/kaze50s/archives/65358299.html)。代わりに国産のものを選ぶようにすれば景気回復にも一役買えます。米国の映画俳優などにも支援者はいますので、彼らに対して抗議をするのもいいでしょう。

以上、一人ひとりが簡単に始められる太地町の応援方法をまとめてみました。どれか一つでも「これならできる」というのがあれば、実行してください。

コーヴ・ガーディアンの戦術と行動

シーシェパードが太地町に活動家を送り込む目的の一つは、煽情的な写真をネタに資金集めをすることです。これが皆さんご存じの太地でのキャンペーン戦略ですが、シーシェパードの現地での戦術、コーヴ・ガーディアンが日々何をしているのかはまだあまり知られていません。NHKやテレ朝の番組、そしてYouTubeでのコーヴ・ガーディアンの映像などからも漁師たちへのハラスメントは明らかですが、ここではポール・ワトソンの発言やリークされた内部文書から彼らの戦術を裏付け、さらにコーヴ・ガーディアンの一日の行動をまとめてみます。

ポール・ワトソンが語る漁師たちへのハラスメント
「今季はより多くの献身的な人々が虐殺者(註:漁師)を苦しめるために太地に到着しつつある。悪しき虐殺者に対するハラスメントに反対する奴らよ、お前らの共感の欠如と黒く忌まわしい心を俺は決して容赦しない。」(ポール・ワトソンの発言より)

シーシェパードの戦術と対話の拒絶
「我々は、法律の範囲内で、(漁師を)暴力を用いずに威圧し、妨害し、苦しめることに励み、そしてイルカ漁を大幅に減速させる。我々は厳しく責め立て、辱め、虐殺者(註:漁師)とイルカ・トレイナーに責任を負わせる。我々は奴らが顔や行いを隠すことを許さない。我々は奴ら一人一人が毎朝漁に出るのを嫌がるようにしてやる。…我々は「漁師」とか「イルカ・トレイナー」とかいう奴らを尊敬したり敬意を払ったりする意志は毛頭ない。奴らは人類の中でも卑しい存在で、日本と人類に大きな不名誉をもたらしている。我々は奴らと友達になる気もないし、それどころか会話する意思もない。我々は一切の妥協をしない。」(コーヴ・ガーディアンの手引きより)

コーヴガーディアンの一日
04:30 起床
05:00-30 集合・出発(那智勝浦のホテル・シャルモント(2011年)ないしブルーハーバー(2012年、2013年)に滞在)
  • 大体10分ほどで太地港に到着、出港準備をしているか確認。風が強く海が波打っている状態ではイルカや鯨を発見するのが困難なので、漁船は出港しない。ホテルに戻って仮眠、その後太地に来ることも。
  • SSは当初他のグループと同様シャルモントを拠点としていたが、2012年からはブルーハーバーに移った。どうやら、SSメンバーがホテルの設備を壊したり汚したために、シャルモントのオーナーに立ち退きさせられたらしい。
a) 天候が良い場合
05:30-06:00 漁船が出港
  • グループに分かれ、港と港を見下ろす高台から漁船の動きを監視・撮影。その後、沖合での漁を撮影するためたかばべ園地浅間山園地燈明崎に移動。ちなみに、SSやSJDなど複数のグループが関わっているが、トランシーバーなどを利用して互いに情報を交換している。SJDはアディ・ギル所有のレジャーボート(ハンディマンⅢ)を使って海から追い込み漁を撮影しようとしているが、海上保安庁が監視船を派遣し漁船から2マイル(約3.7km)以内に近づかないよう警告されている(2011年)。
  • 漁船がイルカ・鯨の群れを見つけ追い込んでくる時間は一定しないため、基本的にはこれらの場所に貼り付いたまま。出港してから海が荒れだせばすぐ一時間程度で寄港することもあるし、午後まで掛かることもある。漁が不成功だった場合には、太地港のイルカ生簀やドルフィン・ベェイス、などを訪れ、イルカやトレイナーを撮影する。
  • 追い込みが成功した場合には、補殺現場である影浦を撮影するためくじら浜海水浴場たかばべ園地に集合。昨年までは浅間山園地の立ち入り禁止区域に侵入して影浦を撮影していたが、今年は警察の監視が厳しいためか浅間山園地から撮影されたとみられる写真が公開されていない。(2012年9月から10月に掛けて工事のためたかばべ園地は封鎖されていたが、工事終了に伴い封鎖解除)
  • 補殺されたイルカ・鯨は同日中に解体・入札されるため、太地町漁協に隣接する衛生型荷捌き施設に向かい周辺ないし対岸から撮影する。その後ドルフィン・ベェイスなどを撮影。
  • 2011/12年の漁期にも突発的に行われていたが、2012/13年の漁期には太地町内の水産加工会社へのハラスメントを集中的に行っている。漁協市場からイルカ肉を輸送するトラックを追跡し、加工場の様子などを撮影している。特に、由谷商店がターゲットになっている模様。
17:00-18:00 ホテルに向かう(現地の方の目撃談より)。 
  •   ホテルでは撮影した写真・動画の整理やメールへの返信、それぞれのブログに掲載する記事を書く。
11:00頃 就寝。

b) 天候が悪い場合の日中の行動
  • 太地港のイルカ生簀やドルフィン・ベェイスなどを訪れ、イルカやトレイナーを撮影。主に体調不良に見えるイルカや餌やり・治療を行うトレーナーの写真に、イルカに餌が与えられていないとか(治療行為が)虐待であるなどの文章をつけて公開されることになる。生簀からイルカが各地の水族館などに送られる際にも撮影を行い、場合によっては輸送トラックを追跡してどこに送られるのかを特定しようとする。
  • マグロで有名な那智勝浦の魚市場を訪れて撮影することもあり、水揚げされた魚に「海からの略奪」などのコメントをつけて公開する。他に特にすることがない場合には自由時間となり、一部は観光に向かう(だいたい那智大社)。
  • 勝浦の喫茶店で時間を潰すことも多いようで、ベジタリアンメニューを出せとゴネて出入り禁止になったこともあるという噂。本宮のカフェレストラン「みるりいな」やイオン新宮店へ出没したことも。

2012.1.20 追記

最近では夜間にコーヴ・ガーディアンが太地町に入ってくることもあり、警察が警戒を強めているようです。また漁船に対する破壊予告があったため、夜間も漁船の警備を行っています。

2012.12.12追記
CGの行動は天候だけでなくリーダーによっても左右されます。今季前半のリーダー(メリッサ・シーガル)の時にはCGは悪天候でも一日2回ドルフィン・ベェイスを訪れていたようですが、ニコル・マクラクレンが引き継いでからは訪問回数が0~1回に減少しているようです。

太地町におけるシーシェパードの活動

不愉快なシーシェパード・太地町の現状




続きを読む

【更新中】2012-13年 太地町に滞在する活動家

※以前に太地に来ていたことが判明している者については名前の前後に「 * 」が付いています。2010-11年のCGリストはこちら(外部)、2011-12年のCGリストはこちら、現在滞在中のCGリストはこちら

2013.2.9
渋谷での反捕鯨デモにCGのリーアム、アダム、アシュリー、SJDのテラン、サクラらが参加していたようです。

2013.2.7
警察が、一部写真の削除を要請したようです。個人をアップで撮影するなど肖像権の侵害に当たる行為があったためと思われます(漁協職員がクレームを付けた模様。CGは警告を無視して写真を掲載しました)。

2013.2.6
予告通り、新しいCGが増えてきました。新規三名はSSフィラデルフィア支部より。

2013.1.28
Sakura, it's not so nice to call your fellow activist "a spy", who is younger yet wiser than you, and spent so much longer time on animal rights activism. Anonymous person sent me a few more pics for our amusement - you clearly upset someone in your circle. lol

SJDのリック・オバリーがシーシェパードのCGと一緒に行動しているようです。

2013.1.24
盗撮や嫌がらせを積極的に行い、人種差別的コメントをすることで知られるマーティン・スチュアートが、太地町漁師を盗撮し「Short dick men in Taiji」と題してYouTubeにアップしました。動画は一時間以内にYouTubeが猥褻動画として削除したようです。マーティンはなぜかペニスのサイズにこだわりが強いようで(笑)、コメントなどで頻繁に言及する傾向があります。マーティンは2010年にCGとして来日、過激な言動からSSからもつまはじきにされ今年はCGとして行動しているわけではありませんが、CGリーダーを務めるニコル・マクラクランも過去にペニスに言及しており活動家一般の差別性あらためて確認されたと言えるでしょう。

2013.1.22
2月7-9日頃、複数名の日本人活動家が太地町を訪れるようです。

2013.1.21
昨シーズン前半のCGリーダー、ロージー・クネッケが日本政府から入国ビザの交付を拒否されていたことを明らかにしました。もともと2012年11月から1月まで、メリッサ・シーガルの代わりにリーダーを務める予定だったようです。政権は代わりましたが、今後とも悪質な活動家については積極的な入国拒否をお願いしたいと思います。(追記:同じく南ア出身のニッキー・ボタもビザ交付を拒否されたようです。)

2013.1.18
CMのサクラが必死で宣伝してくれているお陰で(別の方が運営する太地町に常駐する外国人グループの監視ブログと当ブログを勘違い)、当サイトのアクセスが久しぶりに300/dayに近くなっています(最近の平均は100/day程度)。Thank you so much :3

2012.12.16
11.24渋谷反イルカ漁デモに参加したヨガ講師Em Bettingerが来年三月に太地に来るようです。CGないしCMとして来るのかどうかは不明。

2012.12.13
昨季に引き続き、今季も格闘家のエンセン井上氏が太地に登場。 参考

2012.12.6
太地町とはあまり関係ないですが、SSが今年購入したサム・サイモン号がブリスベンを出港したようです。

2012.12.5
グラスゴー出身のSS関係者(Anna Oliver)が、近日中にコーヴ・ガーディアンとして来日するそうです。

2012.11.30
関西国際空港の入国管理官は、トーマス・ゲイナードは入国を拒否しました。具体的な理由はまだSS側が公表していませんが、仮に入国管理法の上陸拒否事由の一つ「法務大臣において日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」に抵触すると判断されたのであれば、法務省の英断です。

2012.11.29
28日にオーストラリアからジェットスター航空JQ19便で関西空港に到着したトーマス・ゲイナードが、24時間近く拘束されているとのこと。一般的にコーヴ・ガーディアンとして来日する人物(特に以前同様の目的で来日したことが分かっている者)については、空港で2-3時間の取り調べを受けることが多いですが、24時間近くとなると例がありません。過去トーマス自身が公表していた情報については、すべて自身の行動を隠すための捜査攪乱を目的にしていた可能性があります。

2012.11.25
今年太地町を訪れているCGおよびCMの情報をまとめるブログが立ち上がったようです。我々のブログとあわせてご覧になるといいかもしれません。 太地町民に嫌がらせをする外国人たち

2012.11.24
渋谷で動物愛護関係者により太地町のイルカ漁に反対するデモ行進が行われ、在特会などもカウンターデモを繰り広げる騒ぎになったようです。 Togetterまとめ

2012.11.22
@CoveCowardMonitがコーヴ・ガーディアンの観察記録を始めたようです(追記:25日で終了)。 ブログ

2012.11.15
トーマス・ゲイナードが入国したとのこと。(追記:捜査攪乱を目的にしたガセネタの可能性あり)

2012.11.13
テキサス親父として知られているトニー・マラノ氏が、シーシェパードへの寄付金に対する税金控除撤廃を求める米オバマ大統領への請願を始め、署名を集めています(詳しい日本語解説あり)。シーシェパードが米国で多くの寄付金を集めている背景には、米政府が免税団体として認定するチャリティ、NGOへの寄付金額を課税額から控除するため、高額所得者が節税の一環としてシーシェパードへ多額の寄付をするという構図があります。WikiLeakesが曝露した捕鯨に関する日米間の外交通信記録からも、米政府がこの免税団体認定破棄をシーシェパード対策として認識し、交渉材料の一つと考えていることが明らかです(英ガーディアン紙)。署名期限は12月12日で、それまでに25,000の署名を集める必要があります。捕鯨そのものの是非を問わず、シーシェパードの活動に疑問を持っている方は、ぜひ署名をお願いします。

2012.11.12
11月5日から6日にかけて、「テキサス海軍トニー提督船団」を名乗る有志が太地町を訪れており、その訪問記をこちらで読むことができます。様々な制約がある中で現地の警察は頑張っていると思いますが、警察がきちんと取り締まれるよう法整備を進めることについては同感です。1)シーシェパード関係者の入国を制限する、2)米国の動物関連企業テロリズム法(2006年から施行、前身となる法案は1992年から)なども参考にしつつ、現状の法律のグレーゾーンを埋め警察に取り締まりの権限を与える、など。入管は法務省の管轄ですが、後者については町・県レベルの条例、国レベルの法律などがあります。 参考

2012.11.11
昨年・一昨年と太地町民に付きまとい盗撮行為を繰り返していたトーマス・ゲイナードが日本に向けて出発したと発表。(11.13追記:時間的には既に来日していているはずですが、太地町に現れない場合は広島・因島のユニバーサル造船で改修されている日新丸を偵察に行っている可能性もあります。)

2012.11.9
年に何度かあるんですが、コーヴ・ガーディアンが当ブログを「再発見」して騒いだお陰でアクセス数が大幅に増加しています。

2012.11.8
不法滞在のため入管法違反容疑で逮捕されたMichael Q Toddが、強制退去命令を受けたものの特別在留許可を申請したようです。仮放免が認められ、釈放されています。(追記:逮捕後友人達が弁護費用のカンパを始めるなどして様々な噂が飛んでいましたが、本人が釈放されて逮捕当時の様子に言及しはじめると更に矛盾点が出て混乱に拍車を掛けているようです。 参考1 参考2

2012.10.15
We were notified that an activist is trying to contact us. You can contact us by commenting on a blog article with a valid email address. If you do not wish your comment to be published here (comments are moderated), state so in your comment.

2012.10.12
CGメンバーのパソコン、カメラ、携帯電話等が全て捜査資料として押収されました。

2012.10.11
シーシェパードCGのメンバー(現在13名)が全員新宮警察署で事情聴取を受けた模様。

2012.10.9
新聞各紙で報じられていますが、昨日、CGの一人ニルス・グレスキーズ(Nils Greskewitz)が太地町くじら浜公園に設置されている銛打ちのモニュメントの銛を折り曲げた器物破損容疑で逮捕されたようです。同人物はその前日にはケンタッキーフライドチキン新宮店のカーネル・サンダース像を蹴るパフォーマンスをしていた模様。現地目撃者のブログ追記:シーシェパードの公式声明によれば、グレスキーズはクビにしたので無関係、SSは裁判費用・弁償費用などを負担しないとのこと。トカゲの尻尾切り。

2012.10.6
昨夜、CGの一人ジョン・レッグ(*)が運転する車が赤信号にもかかわらず停止線を越えて交差点に進入し、警察に注意されたようです。妻のジャッキーは、「たまたまだしいいでしょ」というスタンス

2012.10.1
今年初めて太地町に来た活動家の顔写真を掲載していませんが、シーシェパードが二週間毎にレポートを出しておりそちらで顔が確認できるのでご覧下さい。なお、フェイスブックも要チェック。

2012.9.24
動物愛護活動家の福島景/福島健一が太地入り。来日を表明しているAlex Shopovのブログ

2012.9.20
Thomas Gainardがまた来日する準備をしている模様(しばらく先だと思いますが)。単独偵察行動をすることもあるので、太地以外への出没にも要注意です。昨年は同じくイルカ漁で有名な大槌町、また調査捕鯨船団出港を確認しに現地(下関、因島)に行っています。

2012.9.19
Ildar Khakimovを中心とする撮影グループ(カナダ)は太地町を離れました。中立的な立場で地元の方々の反応を取材をしていた模様。なお、テキサス親父の翻訳者、日本事務局代表としても有名なシュンさんにも取材をしたようです(笑) Youtube ブログ

2012.9.15
Michael Q Toddが太地入り。Ildar Khakimovの撮影に協力するため、婚約者のYorikoと。当日中にパスポート不所持で逮捕、新宮警察署で勾留。ビザが切れており、本人は更新手続きを行ったと主張するも入管側では申請を受けていないとの情報もあります。

2012.9.11
シーシェパードとの関係は不明ですが、10日に子連れの外国人がドルフィンベェイスに不法侵入する事件があった模様。SJDのティム・バーンズは日本を離れました。

2012.9.10
Ildar Khakimov(fb: Yldar Hakimo)というモスクワ出身の人物が13日木曜から太地で短編ドキュメンタリーを撮影するため、日本人通訳を探しているようです。どうやら太地町の方々にインタヴューしようと考えている模様。

2012.9.7
マーティン・スチュアートが来日した模様。コーヴ・ガーディアンは現在ブルーハーバー(那智勝浦のビジネスホテル)に滞在しているようです。 参照

2012.9.6
SJDイベント後にコーヴ・モニターとしての訓練を受けていた者の多くが太地を離れた模様。このうち一部は後日また太地に来る可能性があります。

2012.9.5
コーヴ・ガーディアン、コーヴ・モニターがイルカ捕殺映像を撮るために利用していたたかばべ園地が、南海トラフ巨大地震に備える津波避難路改良工事のために閉鎖されたようです。唯一合法的に捕殺が行われる映像を撮影することができた場所なので、センセーショナルな映像を撮ることで関心を集めようとしている団体にはダメージが大きそうです。

2012.9.3
リック・オバリー御一行の多くは太地を離れましたが、一部がコーヴ・モニターとして残っています。(Tim Burns, Daniela Moreno, Veronica Artieda, Terran Viincent Baylor, Mark Palmer, Arielle Schwartz, Ric O'Barry, Becca Jurczak, Melissa Thompson Esaia) 

2012.9.1
リック・オバリー御一行の活動をライブ・ストリーミング中。 在特会チーム関西(?)に加え地元右翼の日本世直し会も抗議に現れています。リック・オバリー自身はアメリカの水族館等に対する抗議活動に関する裁判で来日が遅れている模様。(追記:香港の番組制作会社が同行していた模様。)

2012.8.31
*Charles Harmisonが太地に向かっていると表明(SJDのイベントに参加?シーシェパードCGとしての参加)。メリッサと同じくSSボストン支部のAlex ShopovもCGとして来日するとの噂。

2012.8.30
今年一月に太地に来た際も試していましたが、リック・オバリーのグループはライブ・ストリーミングをするようです。SJDに中心的に関わっている日本人はマサコ・マックスウェルおよび田中響子ですが、他の反イルカ漁の日本人にも参加を呼びかけています(日本人8名を含む33名の太地行きが決まっている模様)。

2012.8.29
岐阜で車修理工場を経営する*Heber Iamaが、リック・オバリーのグループの一員として太地に来る可能性あり(昨年もリック・オバリーのグループが畠尻湾に来る直前に偵察に来ていた模様〔追記:コメント参照〕)。

2012.8.28
昨年後半のコーヴ・ガーディアンのリーダーを務めた*Melissa Sehgalが太地に到着したとのこと(今年もリーダー)。他に*Guilherme (Guiga) Pira、*Ashley McDanielの計三人が確認されています。公式フェイスブックページも。関連する公式声明はこちら

オーストラリアで女優としても活動しているElissa Sursaraが10月にコーヴ・ガーディアンとして来日することを表明。Wikipedia記載の未確認情報によれば、リック・オバリーの息子リンカーンと付き合っているとか。

2012.8.27
SJDのボランティアとして、*Tim Burns, *Carrie Shadley Burns, Victoria Hawleyらが既に来日しているようです。現在原宿に滞在中。SJDの活動予定はこちら

2012.8.22
*John Legg, *Jackie Legg夫妻が今年も来日する模様。大阪府立門真なみはや高校、大阪府立清水谷高校、大阪府立市岡高校などで英語を教えるスティーヴン・トンプソン(*)も、今年は太地に来る可能性があります。

2012.8.21
マーティンの記事に加筆。

2012.8.20
太地を訪れる二人の活動家に資金提供すると宣言していたマーティン・スチュアート(*)ですが(もう一人の資金提供者はクリステン・コネリー)、*Matt RouzerとAshley Avici(シドニー出身の駆け出し女優)にそれぞれ1千ドル提供する事にしたようです。なお、昨季に畠尻湾で暗黒舞踏(Butoh)を披露した*Russ Ligtasも資金集めをしていますが、こちらはリック・オバリーのSJDが行う9月1日の太地集会で踊る事が決まっているようです。

2012.8.15
現時点で来日を表明し資金集めを行っている者→Erin Thomas, *Matt Rouzer, *Nikki Botha, Rachel Greenhalgh, Eloisa Eaton-Jinksなど。過去来日したことのある活動家は、繰り返し来日する可能性が高いので要注意です。ちなみにスコットの娘エローラは、今年冬の南極での調査捕鯨妨害に参加するためオーストラリアに向かうようなので、来日の可能性は低いでしょう。

2012.8.8
今年も相変わらずスコット・ウェストが指揮を執るようですね。ただ、どの段階で現地に来るかは不明です。昨年・一昨年と同様、日新丸出港の偵察に行く可能性は高いと思いますが。

2012.8.5
ヘザー・ヒルは帰国したようです。 参照

2012.8.4
ドイツの環境保護団体アトランティック・ブルー(ディエター・ハグマン)が七月末の太地・畠尻湾の様子をリポート。 参照

2012.8.1
SJDのヘザー・ヒルが太地に戻ってきた模様(※短期滞在)。 参照
続きを読む

Daniela Dias Yjichi (伊地知ダニエラ)

Daniela Yjichi
Daniela Dias Yjichi(伊地知ダニエラ)

愛知県名古屋市在住、アップル社勤務。 2012年11月24日の渋谷反イルカ漁デモに参加。

instagram
参考1  
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ