公募増資株や売り出し株で年間100万円を目指すブログ 

ローリスクな公募増資株や売り出し株だけでどれだけお金が貯まるのか自分で実践するブログ 銘柄別に分析


     

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパン・ホテル・リート(8985)とコンフォリア・レジデンシャル(3282)公募増資を発表しました。2019年もこの時期はリートの公募増資が多く立て続けに発表されています。仮条件も最下限になることが多く依然として人気です。


ジャパン・ホテル・リートは過去に比べるとかなり成長している銘柄ですが、ここ3年くらいは株価が横ばいとなっています。ホテル主体型のリートとしては知名度が高くJCR格付けA+を取得しています。この他にもR&Iで格付けAを取得しています。


ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)公募増資


価格決定 1月16日~1月18日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 1月23日~1月25日
受渡期日 払込期日の翌営業日
公募株数 447,800口
売出株数 0口
オーバーアロットメント3,700口
割引き率 2.0%~4.5%
共同主幹事 SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券


国内募集222,050口で海外募集225,750口となっています。共同主幹事の他取扱いを予定している証券は、ゴールドマン・サックス証券株式会社、野村證券株式会社、FFG証券株式会社、西日本シティTT 証券、ちばぎん証券です。


【公募増資の目的】
本投資法人は、「安定性とアップサイド・ポテンシャル」が両立するポートフォリオの構築を目指しており、本日付「資産の取得及び貸借に関するお知らせ(ヒルトン東京お台場及びホテルオリエンタルエクスプレス大阪心斎橋)」にて公表した資産の取得は、その方向性に合致するものと考えています。
また、本投資法人は従前より、資産の取得に際してはエクイティ及びデットを適切に組み合わせた資金調達を行うことを基本方針としており、今回も一貫して同じ方針に基づく資金調達を予定しています。上記に記載した資産の取得等のための資金調達を実施するにあたり、財務の健全性の確保、マーケット動向及び1口当たり分配金の水準等も勘案の上、今回の新投資口の発行を決定しました。



調達資金は333.8億円を予定し、ヒルトン東京お台場よホテルオリエンタルエクスプレス大阪心斎橋の取得資金の一部に充当するそうです。



コンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)は住居主体型のリートになり、JCRAA-の格付けを取得しています。人気があり利回りが3%台になっています。資産運用会社は東急不動産リート・マネジメント投信株式会社です。


調達資金は139億円程度を見込んでおり、コンフォリア渋谷WESTなど都内のレジデンス9物件を新たに取得するそうです。


コンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)公募増資2019年



価格決定 1月16日~1月21日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 2月01日
受渡期日 2月04日
公募株数 51,270口
売出株数 0口
オーバーアロットメント2,570口
割引き率 2.5%~5.0%
共同主幹事 みずほ証券、SMBC日興証券


上記共同主幹事の他、大和証券、野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券となります。


【手取金の使途】
一般募集における手取金13,237,000,000円については、本日付で公表した「資産の取得及び貸借に関するお知らせ(コンフォリア渋谷WEST他8物件)」に記載の特定資産(以下「取得予定資産」といいます。)9物件のうち、3物件(物件番号123乃至125)の取得資金の全部に充当します。残額については、一般募集と同日付をもって決議された第三者割当による新投資口発行の手取金上限663,000,000円と併せて、取得予定資産5物件(物件番号126乃至130)の取得資金の一部に充当します。



時期的にリートの公募増資がこれから多くなります。普通株ではシルバーライフ(9262)が売出し株を発表し、本日発行価格が決定しています。発行価格は4,627円になり、仮条件最下限の4%引きになりました。


みずほ証券が主幹事を務め、売出し株550,000株、オーバーアロットメント82,500株です。売出し株の目的は普通株式の分布状況の改善及び流動性の向上を目的とするそうです。


ヒロセ通商さんとの増額タイアップ♪ 当サイト特典+現金+食べ物GET
⇒ ヒロセ通商公式へ
キムさんタイアップ_0529キムさんタイアップ_0529

※ヒロセ通商タイアップの詳細はこちらへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日コムネット(8908)が売出し株を発表しました。また同時に東証2部から東証1部へ昇格します。地合いの影響をもろに受けていますが、株価は戻り基調となります。


毎日コムネット(8908)売出し株


価格決定 11月06日~11月08日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 11月16日決定
公募株数 0株
売出株数 1,400,000株
オーバーアロットメント200,000株
割引き率 4.0%~6.0%
発行価格 -
主幹事 みずほ証券


【売出し株の目的】
今般の上記売出しは、市場第一部形式要件を満たし株主及び投資家の皆様にとってより利便性が高まるよう株式の円滑な流通と公正な株価形成の確保を目指すべく、当社普通株式の分布状況の改善及び流動性の向上を目的としたものであります。



学生向けマンションを地主に提案し、一括で借り受けるサブリース契約を主に行っている企業になります。業績は鈍化していますが、増収増益になり増配も期待できるようです。


本日値決め日となる見込みなので引け値から割引され発行価格が決定します。地方に住んでいると株主優待に魅力を感じないので、たぶん今まで購入したことがありません。四季報によると自己資本比率34.2%あたりになるようですが、不動産業なので心配はいらないかと思います。


時価総額も152億円以上になり、今回は一部上場に伴った株主確保となりそうです。配当も重みになると思いますが、頑張って頂きたいものです。記事に関係ないですが、端株でIPO取引ができる企業が出てきたので、よかったらメインサイトにご訪問ください。IPOブログのキムさんです。


公募増資の申込も可能なマネックス証券!! 【IPOだけでは無い】
⇒ マネックス証券公式へ


※公募増資の抽選はマネックス証券の平等抽選で!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
投資法人みらい(3476)とトーセイ・リート投資法人(3451)の公募増資情報になります。市場は壊滅的な動きになっていますが、リートも影響を受けているようです。それでも比較的安定しているため利回りが高くなると買いが入ります。


投資法人みらい(3476)は発行価格が173,452円に決定しています。割引率は2.5%になります。発行価格決定日に下落していますが、買いたい方にとっては良い結果でしょうか。


投資法人みらい(3476)公募増資


価格決定 10月24日~10月30日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 11月01日
受渡期日 11月02日
公募株数 53,500口
売出株数 0口
オーバーアロットメント2,700口
割引き率 2.5%~5.0%
幹事団 野村證券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー



トーセイ・リート投資法人(3451)は発行価格が108,723円に決定しています。同じく2.5%の割引となります。トーセイは株価的にもあまり値動きがないため、今回の公募増資で狙っている方もいそうですね。


トーセイ・リート投資法人(3451)公募増資


価格決定 10月22日~10月25日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 11月01日
受渡期日 11月02日
公募株数 46,300口
売出株数 0口
オーバーアロットメント2,315口
割引き率 2.5%~5.0%
幹事団 大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券


リートもKYB(7242)のダンパー問題が関係あるため気になりますね。私の地元熊本でも、改ざん発覚前に熊本城に大型のダンパーが装着できたとニュースで見ていたため驚きました。その翌日に改ざん発覚ですから怒りを覚えます。


基本的に安全だと思いますが、熊本では耐震に力を入れているため残念でした。東洋ゴム工業(5105)の教訓が全く生かせていません。話は脱線しましたが、公募増資も年末に向けてそろそろラッシュが始まる予感がしています。


SMBC日興証券はネットから公募増資の申込可能! 【意外に当たるんです】
⇒ SMBC日興証券


※SMBC日興証券は公募増資の申込が出来る記事へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
タツモ(6266)、朝日インテック(7747)、Oneリート投資法人(3290)の受渡日は明日です。タツモは東証1部になり三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事務めます。割引率も4.04%の下限で決まっておりそこそこ人気だったようです。


タツモ(6266)公募増資


価格決定 9月10日~9月12日
受渡期日 9月21日
公募株数 1,739,200株
売出株数 0株
オーバーアロットメント260,800株
割引き率 4.04%決定
発行価格 1,163円
主幹事 三菱UFJモルガン・スタンレー証券





朝日インテック(7747)は東証2部から東証1部への市場移動となり、大量の売出し株でありながら株価は上昇しています。発行価格4,272円となりますが、今日の終値は4,940円とだいぶ開きがあります。かなり美味しい売出しとなっています。


朝日インテック(7747)売出し株


価格決定 9月11日~9月14日
受渡期日 9月21日
公募株数 0株
売出株数 4,571,200株
オーバーアロットメント685,600株
割引き率 3.02%決定
発行価格 4,272円
主幹事 野村證券





Oneリート投資法人(3290)は事務所主体型のリートになり、みずほ信託銀行がスポンサーをしている複合型J-REITです。対象はオフィスと商業施設で、オフィスが約95%を占めている資産構成となります。また、JCR格付け「A」を取得しています。


ちなみにOneリート投資法人は、旧SIA不動産投資法人になります。名前が変更になっているので気が付いていない方もいるようです。


Oneリート投資法人(3290)公募増資


価格決定 9月12日~9月14日
受渡期日 9月21日
公募株数 48,200口
売出株数 0株
オーバーアロットメント2,410口
割引き率 2.50%決定
発行価格 227,662円
共同主幹事 みずほ証券、SMBC日興証券、大和証券


上記の3銘柄の他、アウトソーシング(2427)が公募増資を発表しています。公募22,415,000株、売出し株3,000,000株、オーバーアロットメント1,035,000株と株数が多いようです。


【ロイター】
アウトソーシング<2427.T>が売り気配。同社は6日、国内と海外で2241万5000株上限の公募による新株発行を行うほか、需給状況に応じて上限103万5000株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表した。この他にも株主による300万株の売り出しを実施する。1株利益の希薄化や株式の需給悪化を懸念した売りが先行した。



IPO抽選に前受け金なしで参加できる企業です! 【当選後の入金でOK】
⇒ 岡三オンライン証券公式

    このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱地所物流リート投資法人(3481)が公募増資で上限80億円を調達します。2017年9月に上場した銘柄になり1年経過したので公募増資ですね。どの銘柄も似たようなことをしてきます。


三菱地所物流リート投資法人(3481)公募増資


価格決定 9月03日~9月06日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 2018年9月10日(月)から2018年9月13日(木)まで
受渡期日 払込期日の翌営業日
公募株数 30,300口
売出株数 0口
オーバーアロットメント1,515口
割引き率 2.5%~5.0%
幹事団 SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、大和証券


公募増資後の投資口数は14.9%増えて245,815口になります。取得する物件は、神奈川県厚木市の「ロジクロス厚木」と、兵庫県神戸市の「ロジクロス神戸三田」になります。取得額は合計123.4億円です。もちろんスポンサーである三菱地所グループが開発し物流施設となります。


また業績予想は4月公表から22%増益となる見込みだそうです。また、減価償却分の利益超過が37%になるようです。分配金は2019年8月31日予想が5,445円となっています。人気になると思われるため激戦か?


SMBC日興証券はネットから公募増資の申込可能! 【意外に当たるんです】
⇒ SMBC日興証券


※SMBC日興証券は公募増資の申込が出来る記事へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)公募増資を発表し発行価格が決定しています。受渡日は8月08日となり、このまま推移すれば利益が出そうです。信用銘柄ですが割引率は2.5%で人気はあったようです。


日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)公募増資


価格決定 7月31日~8月03日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 8月07日~8月10日
受渡期日 8月08日
公募株数 24,167口
売出株数 0口
オーバーアロットメント1,208口
割引き率 2.5%~5.0%⇒ 2.5%に決定

【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
岡三証券
東海東京証券
SBI証券


【公募増資の目的】
本日付で公表の「国内インフラ資産(太陽光発電所)の取得及び貸借に関するお知らせ」に記載の新たな特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)第2条第1項における意味を有します。以下同じです。当該特定資産を総称して「取得予定資産」といいます。以下同じです。)の取得による資産規模の拡大並びにキャッシュフローの安定性向上を目的として、本投資法人の財務の健全性及び1口当たり分配金水準等に留意しつつ検討を行った結果、新投資口の発行による資金調達を行うことといたしました。



調達する資金は上限で25.21億円となっています。インフラファンドでは3番目の上場となり、決算は1月と7月になります。分配利回りは6.1%あたりになります。標準利回りだと考えられます。私は不参加でした。


SMBC日興証券はネットから公募増資の申込可能! 【意外に当たるんです】
⇒ SMBC日興証券


※SMBC日興証券は公募増資の申込が出来る記事へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒロセ通商で毎月取引をしています。
なぜって、食べ物が毎月貰えるからです  (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
新規建て10万通貨で毎月何か貰えるので毎月参加しています。
必要以上の取引はしないので損失も殆ど出ていません(個人的に)


ヒロセ通商(ライオンFX)プレゼントキャンペーン特典


現在タイアップ特典が付いていますので、新規に口座開設をされる方には
少しだけですが、当サイト(ブログ)特典が付いているのでご紹介致します!
口座開設後に1回取引すると現金2,000円が貰えます。
さらにポンド円を片道15万通貨以上で現金5,000円が貰えますので、合計で7,000円!
ついでに食べ物もGET出来るので相当キャンペーン的にもお得だと思います。
貰える食べ物は下の画像にあるようなものが送られています。


ヒロセ通商タイアップ取引結果

ヒロセ通商FXチャーハンキャンペーン

ヒロセ通商ライオンパスタセットただ貰い

ヒロセ通商FX焼肉プレゼント

ヒロセ通商食材はラーメン

ヒロセ通商麵セット

ヒロセ通商カレーが届く

ヒロセ通商餃子と焼きそばセット

ヒロセ通商上場記念マグカップとハンバーグ

ヒロセ通商で貰った福袋で大量特典
※上記はお正月福袋でたくさん貰いました

ヒロセ通商福袋で現金得した
※2017年も福袋頂きました(VISAギフト券もGET)


毎月貰えるのが凄い事なんですが、スプレッドも狭くて約定能力も高いので
かなり良い企業さんだと思います。
取引手数料はもちろん無料で、携帯端末などからも取引できます。
クイック入金やMACでも取引ができます♪
また1,000通貨単位で取引が可能で、成行き約定能力は99.9%となっています。
私はほぼ成行きで取引していますので(汗)
食べ物キャンペーン目的と言うのは内緒ですが、かなりの方がそんな状況?


ヒロセ通商FX取引結果

ヒロセ通商キャンペーン取引で食べ物貰える


上の取引画像が先月で、今月は下の取引画像になります。
今月は時間にして20分位だったと思いますが、記事作成時点での取引です。
意外に勝てるので最近はただ貰いが多いです。
取引量に応じて貰えるので取引を多くする方ほど得をします!
取引キャンペーン意外にもたくさんイベントが行われているので時間があれば
相当楽しめると思います。


取引なので負ける事もあると思いますが、負けても食べ物は頂けるので・・・・・
結果的に高くつく事があっても翌月頑張りましょう(笑)
株主優待感覚で毎月貰えるので個人的には必須イベントですね。
それと取引をしたら、申込フォームが公式サイトに用意されているのでそこから
申込をする事をお忘れなく。
また乗り換えキャンペーンで現金2,000円が貰えるのでそちらも頂いてください。
全部で9,000円です♪


さらに同時参加可能なキャンペーンが5万円!全部含めると100万円以上にもなるため公式サイトでチェックをお願い致します。
無難に7,000円~9,000円と食材を頂くところから始めるとハードルが低いと思います。


ヒロセ通商さんとの増額タイアップ♪ 当サイト特典+現金+食べ物GET
⇒ ヒロセ通商公式へ
キムさんタイアップ_0529キムさんタイアップ_0529

    このエントリーをはてなブックマークに追加
三光合成(7888)が公募増資を発表しました。最大で22.8億円の増資となっていますが、東証1部への昇格も同時発表となっています。ただ7月17日発表にも関わらず、PTSではなぜか大きく下落しています。ノーマークでしたがなぜ下がる?


三光合成 (7888)公募増資発表


価格決定 7月25日~7月31日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
発行価格 -
払込期日 8月07日
受渡期日 8月08日
公募株数 3,709,200株
売出株数 0株
オーバーアロットメント556,300株
割引き率 3.0%~5.0%
幹事は野村證券のみです


今回の一般募集及び第三者割当増資に係る手取概算額合計上限 2,282,077,935 円について、平成 31 年
8月末までに 1,000,000,000 円を当社九州工場の建設資金等に、平成 31 年9月末までに 820,000,000 円を当社連結子会社である SANKO GOSEI TECHNOLOGY INDIA PRIVATE LTD.への投融資資金に、462,077,935円を平成 31 年5月末までに当社の借入金の返済にそれぞれ充当する予定であります。

なお、SANKO GOSEI TECHNOLOGY INDIA PRIVATE LTD.は、当社からの投融資資金を平成 31 年9月末までに新工場の建設資金等に充当する予定であります。また、返済予定の借入金は、九州工場の建設用地取得資金並びに、投融資を通じた SANKO GOSEITECHNOLOGY INDIA PRIVATE LTD.の設備資金及び工場建設資金、当社連結子会社である SANKO GOSEITECHNOLOGIES USA, INC.の工場拡張資金及び新設した東莞三樺塑膠有限公司の会社設立資金のための増資資金等にそれぞれ充当しております。



自動車部品などの工業用樹脂部品の大手企業で業績は横ばいになります。2018年5月決算予想は当期利益が拡大するようですが、なぜか株価は下落しています。有利子負債が大きいから?配当は現在株価で2.31%になるようです。


優待などの設定はないと思います。筆頭株主は双葉電子工業となっています。浮動株は9.3%程度ですが増資でどうなるでしょうか。今回の第三者割当先にも双葉電子工業が行われます。もう一社が野村證券となります。


IPO抽選に前受け金なしで参加できる企業です! 【当選後の入金でOK】
⇒ 岡三オンライン証券公式

このページのトップヘ