マネックス証券の公募増資の日程をよく見てください。
今回は参考までにケネディクス商業リート投資法人(3453)の公募増資
の日程を掲載しておきます。


マネックス証券公募増資の裏技とは?
※マネックス証券で確認する


公募抽選日は4月13日です。
しかし募集期間(購入申込)は14日~15日の午前11時までです。
もう解りますよね?


ケネディクス商業リート投資法人は貸借銘柄では無いので出来ませんが
貸借銘柄だとつなぎ売りができます。
公募増資をする銘柄は安定操作が認められており、価格決定日後の2日間
は発行価格を割らないよう証券会社が株価を支える事が認められています。


という事はこの期間中につないでしまえば損をする可能性は低いです。
銘柄によりますが期間中にかなり株価が上昇するときもあり、大きく利益が
出る場合もあります。
ここで問題になるのは「つなぎ売り」をした場合の逆日歩です。
逆日歩は銘柄により違うので何とも言えませんが、カブドットコム証券の一般信用を
使えば逆日歩の心配も要りません。
SBI証券の一般信用でも良いと思います。


ただ一般信用は企業により保有している株数に限界があるので
複数の企業で口座があると便利です。
制度信用ならSBI証券オンリーでも構いません。


少し頭を使うなら、マネックス証券で配分があった場合にマネックス証券
の制度信用を使うといいです(現渡しで決済も不要)
慣れてくると制度信用で大丈夫なのか解ってくると思うので、慣れですね!
またマネックス証券は複数配分があるので実は美味しかったり?
申込数次第だと思われますが、ちょっとした裏技です。


さらに発行価格を割る事があればキャンセルだって可能なんですよね。
知っていると使える裏技でした。


チェック緑 公募増資の申込も可能なマネックス証券!! 【IPOだけでは無い】
⇒ マネックス証券公式へ
 newアイコンnewアイコン

※公募増資の抽選はマネックス証券の平等抽選で!