公募増資株や売り出し株で年間100万円を目指すブログ 

ローリスクな公募増資株や売り出し株だけでどれだけお金が貯まるのか自分で実践するブログ 銘柄別に分析



タグ:売出し株

    このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日コムネット(8908)が売出し株を発表しました。また同時に東証2部から東証1部へ昇格します。地合いの影響をもろに受けていますが、株価は戻り基調となります。


毎日コムネット(8908)売出し株


価格決定 11月06日~11月08日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 11月16日決定
公募株数 0株
売出株数 1,400,000株
オーバーアロットメント200,000株
割引き率 4.0%~6.0%
発行価格 -
主幹事 みずほ証券


【売出し株の目的】
今般の上記売出しは、市場第一部形式要件を満たし株主及び投資家の皆様にとってより利便性が高まるよう株式の円滑な流通と公正な株価形成の確保を目指すべく、当社普通株式の分布状況の改善及び流動性の向上を目的としたものであります。



学生向けマンションを地主に提案し、一括で借り受けるサブリース契約を主に行っている企業になります。業績は鈍化していますが、増収増益になり増配も期待できるようです。


本日値決め日となる見込みなので引け値から割引され発行価格が決定します。地方に住んでいると株主優待に魅力を感じないので、たぶん今まで購入したことがありません。四季報によると自己資本比率34.2%あたりになるようですが、不動産業なので心配はいらないかと思います。


時価総額も152億円以上になり、今回は一部上場に伴った株主確保となりそうです。配当も重みになると思いますが、頑張って頂きたいものです。記事に関係ないですが、端株でIPO取引ができる企業が出てきたので、よかったらメインサイトにご訪問ください。IPOブログのキムさんです。


公募増資の申込も可能なマネックス証券!! 【IPOだけでは無い】
⇒ マネックス証券公式へ


※公募増資の抽選はマネックス証券の平等抽選で!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
シグマクシス(6088)公募増資には参加したいと思いましたが、なにもせず売出し価格が決定しました。昔から付き合っている株なので今年は利益を出せましたが、すでに売却済みななので明日以降に参加したいと思っています。


シグマクシス (6088)売出し株


価格決定 5月29日~6月01日
申込期日 発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
売出価格 1,432円
払込期日 -
受渡期日 6月06日
公募株数 0株
売出株数 6,732,000株
オーバーアロットメント1,009,800株
割引き率 6.0%~9.8%⇒ 6.04%に決定
第三者割はSMBC日興証券で1,009,800株、払込金額は1,371.04 円です。


シグマクシスはトータルで100万円位は利益が出ていますが、公募増資に参加して利益が出せるのか躊躇しています。NISA口座で500株くらいを500円台でもっていたのが良かったんですが、その後さらに500株をいくらで買ったのか覚えていない始末です。IPOでも当選した株なので思いで詰まってますね~


ただ、特定口座ぶんは何度か売買をして最終的に1,500円ですべて手放しています。2,000円以上になった時には悲観的になりましたが、また戻ってきました。これは参加すべきことだと思いますが、ザラ場で拾いたいと思います。株価が高くなれば買いません。


三菱商事保有株がすべて放出されることになんだか違和感があります。これからもビジネスパートナーとしての関係は継続するそうですが、どうなるんでしょうね。東証1部になり売出しがあり株価が下がったが将来的には上がると考えています。それがいつなのかはわかりませんけどね。


明日から1,450円位を指してみます。希薄化以上に株価が下落していますが株価が高くなりすぎたため売られていると思います。


IPO抽選に前受け金なしで参加できる企業です! 【当選後の入金でOK】
⇒ 岡三オンライン証券公式

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ルネサスエレクトロニクス(6723)が売出し株を発表しました。連日大きく値崩れしていましたが本日1,000円を回復しています。受渡日は4月28日でしょうか。長いですよね~


ルネサスエレクトロニクス(6723)売出し株


価格決定 4月18日~4月20日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 4月26日~2018年5月1日
公募株数 0株
売出株数 262,870,800株
オーバーアロットメント7,041,100株
割引き率 3%~5%

国内売出しの売出株式数46,941,200株
海外売出しの売出株式数215,929,600株


【モーニングスター社】
ルネサス エレクトロニクス<6723.T>が急落し、一時111円安の982円を付けている。3日午後2時5分、国内外で最大2億6287万800株の売り出しと704万1100株のオーバーアロットメントによる売り出しを行うと発表。需給関係の悪化を警戒し、売りが優勢となった。

売り出しは国内で4694万1200株、海外が1億8776万4900株で、海外で追加的に売り出す上限2816万4700株を計画。売り出し価格は18日から20日までのいずれかの日に決定される。国内の申し込み期間は、価格決定日の翌営業日から価格決定日の2営業日後の日まで。受渡し期日は、4月28日から5月1日までの間のいずれかの日としている。



産業革新機構が40,671,900株を売り出しています。日本トラスティ・サービス信託銀行と日立製作所も売出人となっています。幹事団はMorgan Stanley & Co. International plc、大和証券株式会社、メリルリンチ日本証券株式会社及びJPモルガン証券株式会社です。


私は完全不参加となっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
フランスベッドホールディングス(7840)が売出し株を発表しました。個人からの売出しとなっておりこれから資金量を考えるとこの方たちは明るい未来なのでしょう。いいっすね。概算で1人当たり7億円です。手数料や税金でもっていかれるものも大きいですが、凄い額です。
(700,000株が3名となります)


フランスベッドホールディングス(7840)売出株


価格決定 3月06日~3月09日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日
払込期日 -
受渡期日 売出価格等決定日の6営業日後の日
公募株数 0株
売出株数 2,100,000株
オーバーアロットメント315,000株
割引き率 3.0%~5.0%
主幹事は野村証券となります。


それと2月14日に株主優待制度の詳細が出ていました。権利付きは3月末になります。知りたい方は、下記URLから優待の内容が見れます公式サイトのPDFです
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1558236


私の母が骨を折ったので優待で杖が欲しいところです。
株かもあまり動かないので長期で持ちたい方はメリットがあるかもしれません。貰いたいと言った割に一度も購入したことがありませんが(汗)


チェック緑 ライブスター証券タイアップ始まる! 【1回取引で2,000円プレゼント】
⇒ ライブスター証券HP特典へ
ライブスター証券タイアップ特典  newアイコンnewアイコン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
セラク(6199)売出し株を発表しました。
11月20日に東証マザーズから東証1部もしくは2部へ市場変更することが決まっており、株価は発表後やや高く推移しています。


セラク売出し株(東証1部昇格)


価格決定 11月07日~11月10日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 11月20日
公募株数 0株
売出株数 1,200,000株
オーバーアロットメント180,000株
割引き率 4.0%~6.0%
主幹事はSMBC日興証券


上場時に分析しましたが、意外に昇格が早かったと思います。
2016年7月上場銘柄で、ITインフラ構築や保守を行っている企業です。
業績も好調に推移すているようですから今後にも期待出来るのかもしれません。配当も出てますからね。


チェック緑 SMBC日興証券はネットから公募増資の申込可能! 【意外に当たるんです】
⇒ SMBC日興証券
 newアイコンnewアイコン

※SMBC日興証券は公募増資の申込が出来る記事へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
サーラコーポレーション(2734)が売出し株を発表しました。
オーバーアロットメント105万株も予定されており、重たいですね。


サーラコーポレーション(2734)売出し株


【ロイター】
サーラコーポレーション<2734.T>が大幅安。20日に株式の売り出しを発表しており、需給悪化を懸念した売りが先行している。筆頭株主の中部瓦斯と大株主のガステックサービスの2社が合計で700万株を売り出す。需給状況に応じた上限105万株のオーバーアロットメントによる売り出しも予定している



価格決定 10月30日~11月02日
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 売出価格等決定日の6営業日後の日
公募株数 0株
売出株数 7,000,000株
オーバーアロットメント1,050,000株
割引き率 3.5%~5.5%
主幹事は野村證券


直近の頂点は1,000円程度、そこから25%程度下げているのできついですね。
保有株数により違うと思いますが、心が痛いでしょう。
優待も500株で1,000円相当なので魅力はありません。配当は現状で2.22%なのでそこそこです。
逆日歩は0.05円点灯していますがこれ以上はつかないかも?


逆日歩サーラコーポレーション
※拡大します


チェック緑 公募増資の申込も可能なマネックス証券!! 【IPOだけでは無い】
⇒ マネックス証券公式へ
 newアイコンnewアイコン

※公募増資の抽選はマネックス証券の平等抽選で!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
日本郵政(6178)追加売出しが行われます。
株価は発表後に大きく上昇していますが、通常であれば市場に株が放出されるため逆に下げるはずです。


ですが、株価が下げると売出人の手取金が減るためそんな事はさせない!
と言った思惑もあるのかもしれません。
現在の株価1,400円であれば、年に2回25円づつ配当が出るため、配当利回り3.57%となります。
トータル的には問題ありませんが、面白みも無いのが日本郵政株でしょうか?


日本郵政(6178)売出し株の真相
※上場来の株価水位です


価格決定 9/25~9/27
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 売出価格等決定日の4営業日後の日
公募株数 0株
売出株数 929,169,900株(国内731,150,100株、海外182,787,500株+②)
オーバーアロットメント 0株
割引き率 2.0%~4.0%

①国内における追加売出し予定は60,929,200株
②海外における追加売出し予定は追加15,232,300株


【日本郵政売出し株の国内引受証券】
大和証券
野村證券
ゴールドマン・サックス証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


【日本郵政売出し取扱い証券】
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
SBI証券
いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
エース証券
東洋証券
マネックス証券
丸三証券
水戸証券
内藤証券
日本アジア証券
ふくおか証券
松井証券
あかつき証券
エイチ・エス証券
極東証券
高木証券
立花証券
ちばぎん証券
西日本シティTT証券
日の出証券
丸八証券
JPモルガン証券
メリルリンチ証券
光世証券
リテラ・クレア証券
クレディ・スイス証券
シティーグループ証券
ドイツ証券
UBS証券
マッコーリー証券
安藤証券
今村証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
第四証券
長野証券
中原証券
西村証券
日産証券
ニュース証券
八十二証券
フィリップ証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券



この他合同説明会も全国で行われています。
そしてCMも始まり、既にテレビCMを見た方もいることでしょう。


日本郵政売出し幹事
⇒ 入金だけで5,000円が貰えます(当サイト特典) newアイコン


【日本経済新聞】
財務省は11日、保有する日本郵政株を月内にも追加売却すると正式に発表した。売却は日本郵政が新規株式上場(IPO)した2015年11月以来、1年10カ月ぶり。財務省は最大で1兆4000億円を売り出す。投資家の需要や株価動向を見極め、早ければ25日に売り出し価格を決める。売却で得た収益は東日本大震災からの復興財源に充てる。

証券会社は11日から投資家を勧誘できるようになる。積み上げた投資家からの需要や株価動向を勘案し、売り出し価格は25~27日の間に最終決定する。最短で25日の終値から数%割り引いた価格で売り、29日にも受け渡しが完了する。





今回も田舎ローケーションでCMが行われています。
「気にした方が良いでしょう?」という問いに、投資をしているなら気にした方が良いと思いますよ~と個人的に思います。


既に店頭からは申込が可能です。
インターネット申込の場合は15日~27日となりますが、25日の大引けで基本的に募集価格が決まります(発行価格)


9月13日のIRでは財務省から日本郵政株の立会外分売りも行われていました。1000億円規模の自社株買いが行われた理由は、今回の売り出しを少しでも軽くしたいからのようです。
復興財源の確保を優先すると言いますが、何に使われるのかは微妙だとも巷で話されているようです。


1.4兆円の郵政株を売出し


そう言えば野村不動産との提携で株価が乱高下しましたが、その前には豪物流子会社の4,000億円損失計上もあり、何かと話題は尽きません。
そして今回の追加売出しは2次ですが、3次、4次と続くと思われます。
相場が高く推移ている今はまさにチャンスだと思いますが、日本市場はいまだ日経平均2万円前後で煮え切りません。


1.2兆円~1.4兆円の収益を見込む財務省ですが、受渡日に発行価格割れにはならないとは限りません。政府案件で割れる訳がないと思いますが、問題は外部環境と為替動向でしょうね。
私は少しだけ既に申込んでいますが、手数料分でも出れば良いかな?と思っています。
予想外の10%利益になる可能性も?
精神的な負担にならないように参加したいと思います。


IPO抽選に前受け金なしで参加できる企業です! 【当選後の入金でOK】
⇒ 岡三オンライン証券公式

    このエントリーをはてなブックマークに追加
メディカル・データ・ビジョン(3902)が売出しを発表しました。

医療情報統合システムの開発や製作、販売などを手掛けている企業です。
データ分析やコンサルティングも行い多角的なサービスも得意のようです。


メディカル・データ・ビジョン(3902)売出し公募
⇒ SMBC日興証券は公募増資の申込がネットから出来ます newアイコン


価格決定 9/12~9/15
申込期日 売出価格等決定日の翌営業日から売出価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日 -
受渡期日 売出価格等決定日の6営業日後の日
公募株数 0株
売出株数 2,300,000株
オーバーアロットメント345,000
割引き率 3.0%~5.0%
主幹事は野村證券


配当は無しですがクオカードが100株以上で1,000円となっています。
個人的にはあまり好まない銘柄です。
2,000円まで下げれば節目だろうか?
成長性はあるようですが、自己資本比率も高めで現金も19億以上持っているので、配当出してほしいですよね。


詳しく知りませんが、財務を見るとそんな気がしました。
設備投資も減っているようですね。
ちなみに信用銘柄なのでお気を付け下さいませ 


チェック緑 Wealthnavi(ウェルスナビ)運用実績を公開! 【期間限定キャンペーンあり】
⇒ Wealthnavi(ウェルスナビ)公式サイトへ
 newアイコンnewアイコン

※Wealthnavi(ウェルスナビ)に口座を開設し30万円を運用してみた結果

このページのトップヘ