jamie-street-113843-unsplash


災害時用無料Wi-Fi「00000JAPAN」悪用した攻撃に内閣府が注意喚起


西日本豪雨の被災地などで、災害時用の無料Wi-Fi「00000JAPAN」が提供されている。ただ、通信内容が第三者に盗聴されるリスクがあるため、「緊急時のやむを得ない安否確認や情報収集のみに利用してほしい」と内閣府が注意を呼び掛けている。

http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1807/10/news063.html




平成30年7月豪雨で被害をうけた地域で開放されている無料Wi-Fi「00000JAPAN」は緊急利用を見越して暗号化されていない。

その脆弱性をついて、偽のアクセスポイントを作ったりして、個人情報を盗む第三者がいる恐れを内閣サイバー(@nisc_forecast)が指摘している。

  • ID
  • パスワード
  • 個人情報(氏名など)
  • 金銭に関わる情報(銀行口座など)

漏洩して困る個人情報は入力せず、無料Wi-Fiは安否確認や情報収集のみに利用するようにしてください。