5月10日(月)〜5月17日(月)の期間で行った「web予選◆廖
応募総数は143通!!
厳正なる審査の結果、web予選を通過したのは・・・・・・


岩倉

ナッツ
高田明日路
ささやか
めすっち
r1
てんつく
矢ぬ次郎
こもりよしゆき
ぶらら
守山タカユキ


以上の12名に決定しました!
出場予定だった[古宮]さん、[クリリン真っ二つ]さんは、欠場となった為、
 [ぶらら]さん、[守山タカユキ]さんが繰り上げ通過となりました

通過者の方々は「一般予選◆に出場となります!
おめでとうございます!!
※web予選通過者の方々には確認事項をメールでお送りしますので、必ずご確認下さい。

そして、「一般予選◆廚郎週末・日曜開催!!



【大喜利実力判定考査2010・一般予選◆

日付:5月30日(日)
場所:新宿fu-
開場:11:30
開演:12:00
チケット:1500円
出場者:岩倉、都、ナッツ、高田明日路、ささやか、めすっち、
    r1、てんつく、矢ぬ次郎、こもりよしゆき、ぶらら、守山タカユキ
司会:鷲崎健
審査員:伊福部崇、お手てつないで、哲ひと、イギリス超特急


「一般予選」の優勝者は、7月18日(日)開催の「準決勝」に進出します
さらに「準決勝」を勝ち進むと、7月19日(月・祝)日本青年館にて開催の「決勝戦」に進出します
143分の1の戦いを制し、「準決勝」へ駒を進めるのは、一体誰か!?
激戦必死の「一般予選◆廖△見逃しなく!!



尚、「web予選」は、5月31日(月)からスタートします。
皆様からのご応募、お待ちしております!!





さらに、「大喜利実力判定考査2010・準決勝」から出場となる[招待枠]に関して、
「オフ喜利」からの出場者2名が決定しました!


「オフ喜利」
出場者: 館長(人間道場)、ヤスノリ(俺とパンダ)



ついに、[招待枠]の出場者全6名が決定!!
[招待枠]の方々には、7月18日(日)開催の「準決勝」から出場してもらいます。
「準決勝」に関する詳細は、追って報告いたします。





「web予選◆彡眠畆圓陵ソ┣鯏はコチラ
↓↓↓↓↓
[web予選通過者・優秀解答]


お題1【『すまないけど、これコピーしてきて』という文章に単語か文章を足して、ドラマチックにして下さい。】

「すまないけど、これコピーしてきてから右手が思うように動かねえんだ。」(高田明日路)
「すまないけど、明日になってまたぼくの記憶がなくなる前に、君の名前を書いたメモ、これコピーしてきて。たくさん」(r1)
「すまないけど、これコピー。とっつぁん、本物のゴッホが見たきゃ出直してきて」(岩倉)
「『すまないけど、これコピーしてきて』…ハッ!!夢か…思えば仕事に縛られた人生だったなぁーでも!今日からは違う。まず生存者を探そう」(こもりよしゆき)
「すまないけど、これ明日までに完全にコピーしてきて。明日からあなたにメインを踊ってもらうわ。返事は?」(ナッツ)
「すまないけど、これコピーしてきても民が苦しむだけなの」(都)
「すまないけど、これが娘の写真と実家の住所だ。たぶんぼくはもうここから帰ることはできないとおもう。だからこの手紙を君に渡しておくよ。もしよかったらこの手紙を君から娘にわたしてもらえないかい。いや、いいんだ。ぼくの仕事はここから君を無事に生還させることらしい。あと、これコピーしてきて」(てんつく)
「『すまないけど、これコピーしてきて』との酋長の言いつけでジャングルを抜け、数百キロ離れた都会で『コピーキ』とかいう角ばったものを捜し求める村で一番足の速い若者」(ささやか)
「『すまないけど、これコピーしてきて』『そうか! コピー機を動かしてビルのブレーカーを落とすことで、マザーピューターを停止させるんだな!』」(矢ぬ次郎)
「『すまないけど、これコピーしてきて』そう言って部長が渡してきた書類には、何も書かれていなかったのです・・・。」(ぶらら)
「いまシェルターから出たらタダじゃすまないけど、これコピーしてきて」(岩倉)
「すまないけど、これコピーしてきて。終わったら世界救って」(都)


お題2【『うちのお婆ちゃん、魔法使いかも!?』どうして?】

「納豆を練れば練るほど色が変わる」(岩倉)
「どの和室にもいる」(都)
「煙を出す棒を立て、見慣れない男の写真と金の像に向かって朝晩呪いのことばを唱えている」(ナッツ)
「ダイソンの掃除機を見て、『これだったらマッハまでいくかも・・』とつぶやいてた」(ささやか)
「仏壇に入っていくのを見た」(守山タカユキ)
「色んなお爺ちゃんとすぐ仲良くなる僕のお婆ちゃんを、近所に住む他のお婆ちゃん連中は『魔女』と呼んでいる」(ぶらら)
「お婆ちゃんのこと大好きだけど、お婆ちゃんが魔法使いだったらもっと好きだと思うから。」(めすっち)
「ドワーフからお歳暮の新巻鮭が届いた。」(めすっち)
「ジャズを流しながら静かに踊り始めた」(てんつく)
「どくだみで瞬く間に骨折を直した」(矢ぬ次郎)
「『油どこだっけ?』と何度も言い直したのに『え? アブラカタブラ?』と聞き返してきた。」(矢ぬ次郎)
「平気でフキとか食う。」(めすっち)
「おばあちゃんが丹精こめて作った野菜が夜な夜な畑で運動会をしてる」(r1)
「おばあちゃんがくれた水筒は全然冷めない」(守山タカユキ)