2005年07月15日

乾くるみ『イニシエーションラブ』

今日ふと本屋で立ち読みしていたら、「100%ムック FreeGames 最強ゲーム大全集」というムック本にDCが掲載されていました。「SPT」欄のトップに掲載されていたので、結構目立つかも?「ワンポイント」で「人が集まるのは夜」みたいな事が書いてあったので、何人かでも始めてくれる方がいると嬉しいですね〜。写真に使われていた鯖では4人程しか写っていませんで、名前は「2ちゃんねらー」さんしか憶えてないんですが(憶えやすい名前なんでw)、デカデカと載っていたので、興味がある方は立ち読みしてみてはいかがでしょうか。

さて今回はDCの話はこれだけにして、最近読んだ本の感想なども書いてみようかと思います。
ちなみに私の場合、本はもっぱら図書館で借りて読んでいます。好きなジャンルはミステリー系。
好きな作家とかは特にいません。面白そうな本があったらペラペラと立ち読みして借りてくるスタイルです。

今回読んだのは、乾くるみの『イニシエーションラブ』です。
一応ジャンルとしてはミステリーの範疇に入るのですけども、最後のページまでは恋愛小説の形を取っています。ちょっとマジメな大学生「たっくん」と、合コンで知り合ったマユとの恋愛。本当に、ごくありふれた内容です。事件らしい事件もささいな事なので、正直読んでいて「これがミステリー?」「もうページがないのに、これがどこでミステリーになるんだ?」と思う事がしばしばありました。それでも頭の片隅に消えない違和感。何かがおかしい・・・。そして最終ページの最後のセリフ。「え・・・?」。すぐさま最初のある所を確認して「ああ、そうか・・・そういう事だったのか・・・!」。

えーと、これだと何がなんだか分かりませんね(;´Д`)。とりあえず呆気に取られるオチが付いています。ネタバレになると恐ろしく退屈な小説になるので、詳しくは書けないのが残念な所です。映像化は不可能な、正に小説ならではのトリックなので、ここは素直に作者に騙されるのが吉かと思います。また再読すると至るところに伏線が貼られているので、そこも楽しむポイントですね。うーん、それにしても再読するとマユって怖いなぁ・・・。

と、まぁこんな感じにネタになりそうな本や漫画があったら紹介してきたいと思います。何かお薦めの本がございましたら教えて下さいませ〜。



pochet at 21:29│Comments(0)TrackBack(1) 読書 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 久しぶりに読書  [ Die語録。 ]   2005年10月06日 20:13
日曜日に最近できたでっかい建物の7階にある本屋さんに行ってきました。(これでどこかわかる人はわかるでしょうねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ) そこで在庫検索できる機械があったので以前シャーク岸田さんが紹介していた『イニシエーションラブ』というのがおもしろいら...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔