トップページ » ニンニク注射最高

ニンニク注射最高


今日は子どもを子守りの方に預けて、病院周りや用足しに走り回りました。

去年、1歳半だった子どもに眼をつつかれて軽く負傷して以来、20年付き合ってきたハードコンタクトを、ようやく使い捨てのソフトコンタクトに変更。ただ、私の場合乱視が入っているので、乱視用ソフトでもハードに比べればかなり見にくい・・・。できればハードに戻したいのですが、突然何をしでかすかわからない子どもがもう少し落ち着くまでは、しばらくソフトで我慢です。

そういうわけで、今日は眼科に3か月ごとの検診とコンタクト処方をもらい、その後30分だけ貸しスタジオで歌の練習。声の調子はまずまずでしたが、産後ほとんどまともにピアノを弾くことがないため、音とりの時も声よりピアノを弾く指の方が回らず大変です。

そして本日の用足しメインは、行きつけの内科でニンニク注射を打つこと。

かかりつけの内科の先生に「育児過労で倒れる寸前です」と申告したら、ニンニク注射を勧められ、本日は2回目の挑戦でした←注射とか針物苦手(TДT)。

ニンニク注射といってもニンニクエキスを注射するわけじゃなく(自分が打つまでそういうものだと思っていた)、ビタミン類など、疲労を軽減するもの(医療用語の表記は難しいのであいまいになりますが)を、直接静脈に注射することだそうです。私がいったクリニックの医療明細には「アリナミンF」と書いてありました。

初めて打ったときは、温泉に浸かった瞬間の「あー、気持ちいいな~」みたいな感覚が30倍くらい増幅して体の中を駆け巡るような感じ。体内に積もり積もってこびりついた疲労が、じゅわっと溶けてなくなっていくような感覚です。

注射嫌いの私でもこれは病みつきになりそう。・・・ただし、私の場合は3、4日でまた疲労がたまるモードに戻ってしまいましたが、とりあえず2週間たったらまた打とうと思っていたので、今日は2回目。
初めての時ほどの衝撃はありませんでしたが、やはり打つと「今にも倒れそう⇒割と調子悪くない」という感じくらいにはなります。

そして本日の〆は黒潮寿司の海鮮丼。残り15分で早食いして帰ってまいりました(・∀・)





トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星