2008年02月23日

自律神経とセルライト

下半身痩せを考えている方も特に女性には多いと思いますが、そのような状況でよく目にするのではと思う言葉に「セルライト」があります。

セルライトとは皮下脂肪の事で、医学的にはあやふやな存在なようですが、美容業界などでは美容に悪い代表的なものとして捉えられているようです。
下半身痩せのためにも、できてしまったセルライトをどう撃退したらいいのでしょうか。
セルライトのできないライフスタイルとはどのようなものなのでしょうか。

ここではセルライトと深い関係にある自律神経に注目しながらセルライトの撃退法を見て行きたいと思います。
自律神経は自分の意思とは関係なく働いている神経で、生命の維持に大切な機能をたくさんつかさどっています。

また、ホルモン、免疫、セルライトともかかわりの深い代謝のコントロールをしているのも自律神経だそうです。
自律神経の不調には、加齢や、文明社会の発達とともにその働きが鈍っているなどの原因がありますが、昔なら夏は暑く、冬は寒いというのがあたりまえだったため自律神経をうまく鍛える事ができましたが、現代ではその働きが鈍る原因が多くなってしまったそうです。

自律神経のはたらきが悪くなると、生理不順、更年期障害、花粉症、太りやすくなるなど身体の不調が次々と出てくるそうです。
自律神経の代謝に問題が出てくるとセルライトがつきやすくもなってきます。
自律神経を整える対策としては、
「自然のリズムにあわせた生活スタイルを作る」、
「朝の温冷シャワー、夜の半身浴で自律神経を切り替える」、
「自律神経を整えるエクササイズ」
などがあるそうです。

下半身痩せを妨げる原因でもあるセルライト、自律神経の乱れが大きく関わってくるようですが、身体だけでなく心のケアのためにも日頃から自律神経が整うような生活を心がけたいものだと思います。

pochinyandesu at 00:35|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

2008年02月22日

下半身痩せと水泳

ダイエットを考えている方、または健康の為などに水泳を行っている方などは多いのではと思います。

水泳は、とても効率の良い全身運動でダイエットには最適とよく言われていますが、水泳はダイエットで特に下半身痩せを考える人にも適した運動なようです。

水泳の特徴は身体全体に水圧がかかることで、水中に入るだけで自然と通常の呼吸より深い呼吸になります。
そのため呼吸するための筋肉が強化され、呼吸筋自体にも脂肪燃焼効果が生まれるそうです。

水圧は深さの度合いに応じて大きくなりますが、プールでは底は一番水圧が高いといえるため、立った状態では脚が一番水圧を強く受けることになります。
この水圧の差を利用すれば、脚のむくみやすい人などは水中歩行運動なども効果的と言えるそうです。

ふくらはぎや太ももなどの筋力不足は下半身太りの原因ともいえるので、水泳によって、下半身の筋力強化と下半身のむくみを同時に取り除く事で、全身のダイエットはもちろん下半身痩せにも効果が期待できそうです。

約30分〜60分泳ぐことでダイエット効果が期待出来るそうですが、泳げない人でも水中ウォーキングをする事によりとても効率の良い有酸素運動になるようです。

下半身痩せ、ダイエットを考えている方はぜひ普段の生活などに水泳などの適度な運動を組み込めると良いのではと思います。
水着姿に抵抗を感じない方、またそんな事は論外なほど切実なダイエットを必要としている方など、水泳はぴったりなのではと思います。

pochinyandesu at 00:20|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

下半身痩せと太もも2

特に女性の中では下半身太りを気にしている方も多いのではと思います。

下半身全体をダイエットしたい、下半身痩せを目指している人の中には、太ももの引き締めを考えている人もいるのではと思います。
そこで下半身痩せを目指す人が多いのは何故なのでしょうか。

下半身太りの原因は、骨盤のゆがみにも問題があると言われています。
骨盤がゆがむことによって下半身全体がゆがみ、血液やリンパ液の流れが悪くなります。
すると、脂肪の代謝も悪くなり、脂肪やセルライトがついてしまい、それがさらに血液やリンパの流れを悪くしてしまうという悪循環に陥ってしまうそうです。

骨盤のゆがみを治すには、骨盤矯正があり、環境を良くし太ももや下半身痩せをする方法としては、半身浴やマッサージなどがあります。
太もも痩せにはまた、太ももの太り方のタイプを知り効果的な運動をする必要もあります。

太ももからひざの上にまで脂肪が付いている人は、太ももの前側の筋肉を鍛える必要があります。
太ももの外側が気になる人は、太ももの前側の筋肉が付きすぎているので、太ももの裏側の筋肉を鍛える必要があります。

鍛え方によっては筋肉を付け過ぎて太くなってしまう事もあるので、程ほどに行うのが良いようです。
そのため太ももを痩せさせるには、ウォーキングをしたり、有酸素運動を行って身体全体の代謝を良くし、その上で太もも痩に効果のあるエクササイズをすると効果が出やすくなるようです。

また、太もものセルライトをなくす事でも太もも痩せを可能にする事ができます。
今回は下半身痩せ、特に太もも痩せについてでしたが、基本は一般的なダイエットを行う事が良いようです。

pochinyandesu at 00:14|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

2008年02月20日

下半身痩せと太もも

女性の中では太ももや二の腕など部分的に痩せたい場所がある人も多いのではと思います。
太ももに限らず部分痩せというのは難しいものです。

もともと下半身痩せなど部分的に引き締めたい場合でも基本的には全身のダイエットを行うのが普通ですが、それにプラスして行える部分痩せの方法を見ていきたいと思います。

今回は、下半身痩せ、中でも太もも痩せについてですが、太ももの脂肪を摂る為には、ある程度筋肉をつける必要があるそうです。
脂肪燃焼をして代謝をアップさせるためにも太ももには程良い筋肉が必要です。
また、同じ体重でも筋肉は脂肪より重いので、太ももが引き締まって見えます。

太ももの筋肉のつけ方ですが、太ももの前面に筋肉がつくと、太ももが横に広がって太く見えてしまいますが、一方太ももの裏側に筋肉をつけると、太ももが横に広がらず細く見えます。
そして正しい歩き方をする事により、太ももの裏側の大腿二頭筋や、背中にある筋肉などが発達し後姿も綺麗になるそうです。

太もも痩せのウォーキングとしては、背筋をまっすぐに伸ばし、1本の線上を歩くようにし、つま先で蹴りだして足を前に出し、膝をたたむようなつもりでもう片方の足の膝にすり合わせ、次に踏み出した足はかかとから着地します。
そして後ろ足は太腿の裏側とふくらはぎを意識して、最後までつま先を残します。

また太もも痩せは食生活を変えるダイエットではなかなか上手くいかないようです。
通常のダイエットでは太もも以外の所から痩せていく事が多いようです。
太ももを痩せるには、脂肪やセルライトを運動によって脂肪燃焼させることで除去していくしかないようです。

太ももの引き締めに効果のあるストレッチとしては、まず仰向けになり、片足を天井方向へまっすぐ伸ばし両手でささえ、反対の足は、地面から離さないようにし、ひざを90度曲げます。
腰を浮かし、両手は上げた足の太ももの裏側を支えます。
これを片足10秒×2回行います。

部分痩せとはなかなか難しいものですが、一般的なダイエットと併せて、適度な運動や部分的なストレッチを行えば可能な事かもしれませんね。

pochinyandesu at 21:31|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

2008年02月19日

体型別セルライト

ダイエットを考える人や下半身痩せを考える人は、「セルライト」という言葉を1度は目にしたことがあるのではと思います。

セルライトにはできてしまう原因がいくつかあるのですが、原因が同じでも体型の特徴によってセルライトの撃退方法が変わってくるそうです。

「完全肥満型」にあてはまる人は、ひと目見て肥満であるという太り方をしているそうです。
セルライトを体中に蓄えている可能性があり、医学的にもBMI25以上の肥満体型であるのではとされています。
このタイプの人は、全身的なダイエットの必要があり、バランスの良い食生活と適度な運動が必要になってきます。

「局所単純皮下脂肪型」にあてはまる人は、太っているようには見えないが、お尻や太腿などに皮下脂肪のあるタイプの人といえるそうです。
部分太りの人は、ターゲットの皮下脂肪も分かりやすいので、効果的なセルライトケアが行いやすいそうです。

「固太り型」にあてはまる人は、下半身はしっかりした筋肉質という、スポーツをよくしていた人に多いタイプだそうです。
このタイプは硬い脂肪を落とす為に、努力と根気を持って脂肪の燃焼を行う必要があるそうです。
軽い有酸素運動と食事の改善が必要となってきます。

「水太り型」にあてはまる人は、むくみ体質で冷えもある人が多いそうです。
むくみや冷えもセルライトのできる大きな原因で、むくみの為には積極的な水分摂取、塩分や身体を冷やす食材を控える事などが必要で、自律神経を整える事も大切になってきます。

セルライトのできた原因やもともとの自分の体型タイプを知る事でより効果的な下半身痩せなどのダイエットが行えるようになるのではと思います。

pochinyandesu at 18:28|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

下半身痩せのサプリメント

女性の悩みといっても色々だと思いますが、その悩みの中に下半身太りも含まれる場合があるのではと思います。

下半身太り解消に下半身痩せを目指す人も多いと思われますが、下半身痩せの中でも、脚痩せを気にされる方も多いのではないでしょうか。
ここで見て行きたいのが、脚痩せに最適なサプリメントについてです。

脂肪が脚につきやすく、減りにくい原因のひとつはタンパク質不足といわれています。
やはり良質のタンパク質をしっかりと摂取し、体内で効率よく利用される状況を作る事が必要になってきます。
またアミノ酸の代謝に必要なビタミンB2、ビタミンB6、B12、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンC、マグネシウム、クロムなどが含まれているサプリメントを食事の補助として摂る事が良いそうです。

セルライト内に閉じ込められた脂肪の減少に役立つとされてきたセルライトのためのサプリメントがブラダーラックというハーブとされています。
これは体内のミネラルバランスを整えてくれるため、余分な水分が保持されなくなりむくみの解消に役立ってくれるそうです。


またブッチャースブルームは、静脈のクリーニング作用で、ゴトゥコーラは、静脈、毛細血管を強化し、血行改善にも効果的な事で有名なハーブです。
これらのハーブ類をバランスよく配合した「レッグスリム」というセルライト撃退用のシートタイプもあります。

またその他に脚痩せのために摂りたいサプリメントとしては、
ビタミンC(体内のほとんどの代謝に関わる)、
プロテイン(良質なタンパク質を十分に摂る)、
酵素サプリメント(セルライトを分解)、
ビタミンB群などが脚痩に効果があると言われています。

下半身痩せ、脚痩せを考える人にも助けになってくれるのがサプリメントなのではと思います。
食生活や運動の改善の補助にサプリメントを上手に利用する事で、下半身痩せもそう遠い話では無くなるようです。

pochinyandesu at 18:21|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

2008年02月18日

原因別セルライト

成人女性の8割の人にあるといわれる「セルライト」ですが、下半身痩せの妨げにもなりやすいセルライトの原因は主に
「代謝低下型」
「食事問題型」
「運動不足型」
「環境要因型」
の4つに分けられるそうです。

まずはその中で何が大きな要因となっているか探る事が必要となってきます。

「代謝低下型」にあてはまる人は食べないダイエットを繰り返し、肉体年齢が実年齢を上回っており、筋肉量が少なく、基礎代謝の低い身体になっている可能性が大きいようです。
そのようなタイプの人は基礎代謝をアップさせる事が重要になってきます。

「食事問題型」にあてはまる人は、脂肪を摂り過ぎている傾向にあるそうです。
過剰なエネルギー摂取により皮下脂肪を増やし、塩分の摂りすぎでむくみやすい体質になっている可能性があります。
このタイプの人には低カロリーの和食が適しており、むくみのある人は意識的に水分を摂るようにする事が大切なようです。

「運動不足型」にあてはまる人は、基礎代謝を低下させる原因でもある筋肉量の少ない人が多いそうです。
このような人は日常生活でまず身体を動かす事を意識するようにする事が大切なようです。

「環境要因型」にあてはまる人は、冷暖房の整い過ぎた環境や矯正下着を過剰に使用していたり、ヒールの高い靴を長時間はいているなど自律神経のバランスがくずれている事がセルライトを増やす原因になってくるようです。
これらのタイプの人々は身体にとって不自然なことをなるべくやめて、自律神経を整える努力をするのが良いそうです。

下半身痩せを妨げるセルライトができた原因はひとつではないようです。
それを知ることでまずセルライトを減らす第一歩になるのではと思います。

pochinyandesu at 22:50|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

セルライト

身体の贅肉で特に下半身のお肉が気になる、という方は女性には多いのではとされています。

上半身は細身でも下半身はぽっちゃりとしていて下半身痩せを考えているという方や実行中の方も多いのではと思います。
下半身太りの原因と言っても様々ですが、
その中でも「セルライト」は、よく言われる下半身太りの原因のひとつだそうです。

セルライトは、主に女性の腹部、お尻、太ももなどに不均一かつブロック状に存在するといわれる皮下脂肪です。
美容業界、健康食品業界において盛んに用いられていますが、医学用語ではなくまた医学的にも存在は確認されていないようです。

セルライトという言葉は、フランスで生まれたと言われています。
1973年、ニューヨークのエステサロンの経営者がセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになったそうです。
日本にその情報が入ってきた時期は定かではないそうですが、日経産業新聞の1996年の記事でセルライトが紹介されているようです。
特にテレビ番組などを通じて2000年代以降日本でも一般に流布するようになったようです。

セルライトと通常の皮下脂肪の違いについては、セルライトは「脂肪組織に老廃物や水が溜まったもの」、「リンパ液の固まったもの」、「成分のほとんどはコラーゲン」などまったく異なる複数の説があり、科学的検証も不十分だそうですが、エステサロンなどにおいてセルライトかどうかは外見上の特徴で判断されているようです。

美容業界や健康食品業界などの業界では、セルライトは脂肪が変形し固まってしまっているため、通常の皮下脂肪に対する対処法では解消できないと説き、マッサージから美容整形手術にわたる特別な治療や、専用の食品を用いる食事療法が必要であるとされているそうです。

これについて、セルライトを否定する立場からは、セルライトと呼ばれるものは普通の皮下脂肪と変わりないので、運動とカロリー制限を組み合わせる事による通常のダイエットで皮下脂肪が減少すると、その凸凹の脂肪も減少して目立たなくなるとされています。

下半身痩せを目指している方など、「セルライト」という言葉をよく目にする事もあると思いますが、何事も極端な説や怪しげな話には注意も必要なようです。

pochinyandesu at 22:35|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

2008年02月16日

下半身痩せと脚太り

今流行のスリムなジーンズを格好良くはきたい、カラータイツをスリムにはきこなしたいというように、下半身をスリムに見せる事でファッションの幅も広がってくる事もあり、下半身痩せを目指す女性が多くいるのではとされています。

こういった女性のニーズに応えて、エステサロンなどで「下半身痩せコース」を取り入れている所も多いですし、ふくらはぎや太ももを中心にした痩身コースも人気が高まっているようです。

エステなどには部分痩せのコースを取り入れているのは現在では当たり前とも言えるそうですから、下半身痩せだけではなく、上半身の部分痩せのコースももちろんあります。

昔から女性の美に対する願望は留まるところを知りませんが、最近の女性は美にお金を結構かけても平気だと言う感じになってきているそうです。

そんな中でも今回は脚痩せのマッサージをひとつ紹介します。

脚痩せマッサージのうちでリンパマッサージというのは本場フランスでは理学療法としても行われていて、美容にも取り入れられ脚痩せにも効果的だそうです。
中でもリンパマッサージの脚痩せ効果は絶大で、自宅でも簡単に出来るので手軽に取り入れることができます。

リンパの流れがスムーズになっていないと、体中に余分な水分や老廃物が貯まってしまうそうです。
また、むくみや、コリ、痛み、たるみ、肥満、セルライト、疲労、体調不良など身体にとって悪い症状が色々と出てきます。
リンパマッサージは症状や、箇所によって方法が違っています。

とりあえず覚えたいのは、基本体の遠いところから近いところ、つまり心臓を中心にして心臓から遠いところから心臓へ向かってマッサージする事です。

脚のむくみ解消のマッサージ方法としては、まず足の甲は足の指の付け根から足首に向かって、指の腹で円をえがくようにマッサージします。

次に足首から膝に向かって下から上へふくらはぎを優しくマッサージします。

特に気をつけたいのが膝の裏はリンパ節になっているので円をえがくように軽くマッサージする事だそうです。

リンパの流れも下半身痩せには重要になってきますので、マッサージなど効果的に行えるとよいのではと思います。

pochinyandesu at 19:11|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ 

下半身痩せとふくらはぎ

ボトックス注射や注入で筋肉の動きを制限し、筋肉を細くする方法がふくらはぎに筋肉を衰えさせる一般的な方法です。

少し意図が違いますが、脚の骨を折ったりした場合などは脚を動かさないのでとても短期間で筋肉が細くなります。
しかしこれは脚を折った方が体験するのでダイエットというには程遠い方法です。

下半身痩せを考えている方の中には、ふくらはぎが特に気になるという方も多いのではと思います。
スカートやショートパンツを履く場合などふくらはぎは特に気になる場所なのではと思いますが、ファッションのためにも下半身痩せを目指す人も多いと思います。

下半身痩せを目指す人の中でも、ふくらはぎを細くするには脚の筋肉をなるべく使わないようにして筋肉を衰えさせればいいとされています。
最も有効的なのは体重を減らす事だそうです。

ダイエットなどをしてふくらはぎの筋肉に負担をなるべくかけないようにして同じ動きだけをしているだけなら筋肉は細くなっていくそうです。
その他には筋肉退縮術という方法もあるようです。

ふくらはぎなどの特定の筋肉を退化させて筋肉の厚さを薄くする事により筋肉は細くなりスラッとした綺麗なふくらはぎが出来上がります。
この方法はとても特別な方法のように感じますが、筋肉に負担や負荷をかけると筋肉は鍛えられて太くなるし、負担や負荷をかけなければ細くなるという理論に基づいているそうです。

しかし手術しなくてはならないのは、やはりなるべく避けたい事だと思われます。 ふくらはぎは脂肪が付きにくく、筋肉が付きやすい場所です。
こういった手術などが有効ですが、わざわざ手術をしなくてもダイエットをすれば良いわけですし、ダイエットの方がより自然な方法といえます。

pochinyandesu at 19:00|PermalinkTrackBack(0)clip!下半身痩せ