お母さんのためのインターネット講座

お子さんがインターネットのトラブルや犯罪に巻き込まれてしまう前に。 知らなかったではすまされません!!

アップデートしなかったから被害にあった?!

こんにちは。
インターネットの危険からママと子どもを守るネット活用ナビゲーター 
たまちゃん先生こと西嶋たまきです。

fb0a279748e591d9d91966d9487fa9fd_s

6月21日「教えて!たまちゃん先生」放送内容のおさらいです。

今年5月に世界中でマイクロソフトの基本ソフトWindowsを狙った大規模なサイバー攻撃が起き、被害は欧州を中心に世界約150カ国で10万を超える組織の端末20万台以上が影響を受けたと報告されました。
被害は「ランサム(身代金)ウェア」というウィルスによるもので、メールの添付ファイルを開くなどしてコンピューターが感染するとデータが凍結され、解除するカギと引き換えにお金を要求されるというものでした。
このウィルスはWindowsの脆弱性をついたもので、今年の3月にはマイクロソフトからこの悪質なソフトから守るアップデートが提供されており、アップデートをした利用者は被害にあうことはありません。
逆に言えばきちんとOSのアップデートをしていなかったから被害に遭ってしまったということなのです。

2016年9月の調査ですが、国内18~69歳のインターネット利用者623人を対象に実施したアンケート調査によると、OSやソフトウェア、アプリケーションのアップデートを行わないとマルウェア感染の可能性が高まることを「知らない」「聞いたことがあるが、詳しくは分からない」との回答が計76%に上りました。特に男性の63%に対して、女性は89%と高い割合でした。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1034874.html

アップデートとは新たに見つかった不具合の修正や最新の情報に基づく変更などソフトウェアを最新の状態に更新することです。
OSには、「セキュリティホール」と呼ばれる不具合(バグ)が発見されることがあります。 「セキュリティホール」はソフトウェアに小さな穴が開いているイメージです。
悪いことをしようとする人は、どこか侵入できる穴がないかを探します。そしてほんの小さな穴でも見つければそこから入ろうとします。その侵入しようとする穴を埋めるためにアップデートはあるのです。

ですからアップデートしなければ、この穴が開いたままの状態でパソコンやスマホを使っているので非常に危険な状態にあることは容易に想像できますよね?

OSのアップデートは無料です。開いている穴を無料で塞いでくれるわけですから、パソコンのOSのアップデートは必ずやりましょう!!

放送を聴き逃した方はこちらからお聴きいただけます。
教えて!たまちゃん先生 6-21

インターネットラジオfmGIG「教えて!たまちゃん先生」
アクセスはこちらから↓
http://www.fm-gig.net/top.html  
毎週水曜日 13:00~13:30   

子どものネット依存から救う!

こんにちは。
インターネットの危険からママと子どもを守るネット活用ナビゲーター 
たまちゃん先生こと西嶋たまきです。
961174df52bfd3a2e3de41eaff4c3b8d_s
6月14日「教えて!たまちゃん先生」放送内容のおさらいです。

平成29年3月、内閣府の「青少年のインターネット利用環境実態調査」の結果が発表されました。
それによりますと、平成28年度の小学生のスマホ利用率は27.0%、平成27年度から3.3ポイントの増加です。小学生の4人に1人がスマホを使っていることがわかりました。
スマホでネット利用をしている小学生は全体の22.3%です。
中学生のスマホ利用率は51.7%、平成27年度から5.9ポイントの増加です。ついに中学生のスマホ利用率が5割の大台にのりました。 スマホでネット利用をしている中学生は全体の47.3%でした。
では、小学生・中学生はスマホをどんなことに使っているのでしょうか?
小学生 の1位はゲームで79.0% (+6.1ポイント)、 2位:動画視聴60.5% (+7ポイント)、 3位:コミュニケーション46.5%(+2.6ポイント)
中学生の1位はコミュニケーションで84.1% (+3.8ポイント)、2位:動画視聴75.6% (+4.4ポイント、昨年度3位) 、3位:ゲーム71.9% (-1.3ポイント、昨年度2位) という結果でした。
中学生に上がると、スマホユーザーの多くがスマホをコミュニケーションに利用している実態が明らかになりました。
このように、青少年のネット利用は年々増加傾向にあります。
そしてそれに伴い、オンラインゲームや動画閲覧、SNSに過度にのめり込むあまり、生活に支障が出る、いわゆる依存傾向にある子どもたちも増加しています。
兵庫県では、ネット依存傾向の青少年が7.7% (平成28年度)という調査結果もあります。

インターネット依存症は、「自分の意思で利用をコントロールできない」「常にそのことを考えてしまう」「人にやめるように言われても、やめられない」「現実から逃避したい心理状況などから、過度利用してしまう」など、アルコール依存症などと同じような状態に陥ることです。
青少年がネット依存に陥れば、学業がおろそかになって成績が下がったり、体力が低下したり、生活の昼夜が逆転し、不登校やひきこもりになったりするケースもあります。
日本で初めてネット依存治療の専門外来を開設した久里浜医療センターでは、青少年のネット依存に関する相談件数は増加の一途をたどっているのだそうです。
久里浜医療センターHPはこちら

ではどうすればこのネット依存から子どもを救うことができるのでしょうか?
昨年兵庫県で実施され、このブログでも何度か取り上げた「オフラインキャンプ」。
ネット依存防止対策の一環として、ネットをやめられない兵庫県内青少年を対象に、県立いえしま自然体験センターにおいて、ネットから離れ、カヌ ーや野外炊事等の自然体験や日常生活のふりかえり等を行うキャンプです。
実際に参加された兵庫県青少年課の担当の方からのお話を聞くと、ネットの世界よりも楽しいことがリアル社会にあれば、子どもはネットをしなかった。
要は、リアル社会でネット以上に打ち込める何かを見つけること、これがカギなのでは?と思います。
「ポイントは『本人の気づき』です。いかにネットを使わない時間を増やし、健康的な活動を取り戻していけるか。医療者や家族と信頼関係を築き、ネット以外の世界への興味を取り戻していけば、スムーズにオンラインの時間を減らしていけるはずです」(久里浜医療センター 樋口医師)
わが子をネット依存症にしないためにも、その前に兆候をとらえて予防できればそれに越したことはありません。
子どもに「ネットやりすぎじゃない?」と声をかけたときに、子どもが笑って「ああ、そうだよね」と言えない状態になったら、危険信号です。
むきになって言い訳したり、逆ギレして感情的になったり、家庭でのルールを破って隠れてネットを使っていたら「ちょっとおかしいな」と気づいて欲しいです。

地域限定ではありますが、今年も兵庫県でオフラインキャンプが実施されます。
1 日  程
(1) プレキャンプ(参加者選考) 平成29年7月8日(土)
(2) オフラインキャンプ     平成29年8月16日(水)から20日(日) 4泊5日  
(3) フォローアップキャンプ   平成29年11月11日(土) 
2 場  所
兵庫県立いえしま自然体験センター(姫路市家島町西島)
3 申込期限  
平成29年6月30日(金) 
詳細についてはこちらのページでご確認ください↓
http://www.seishonen.or.jp/news/2017/05/22/offlinecamp2017/

ネットそのものが悪いわけではありません。
お酒を毎晩飲んでいるからといって、アルコール依存症になるわけではないように、毎日ネットを利用しているから依存症なわけではありません。要は実生活とのバランスです。
私たち親ができることは、ルールで子どもを規制するのではなく、コミュニケーションを密に取る。
たとえば食事の時に子どもがスマホを触っていたら、「食事のときぐらいやめなさい!!」としかるのではなく「今日学校どうだった?」などと話しかけるとか、一緒にリビングでテレビやDVDをみるとか。
何か特別なことをしなくても、日々の生活の中で子どもはネットよりも優先順位の高いものがある、ということ、ネットよりも家族、ネットよりも自分の夢、ネットよりも自分の健康、そういったことを家庭の中で自ずとわかっていければいいのではないかと思います。

放送を聴き逃した方はこちらからお聴きいただけます。
教えて!たまちゃん先生 6-14

インターネットラジオfmGIG「教えて!たまちゃん先生」
アクセスはこちらから↓
http://www.fm-gig.net/top.html  
毎週水曜日 13:00~13:30   

アロマを医療の現場に...

こんにちは。
インターネットの危険からママと子どもを守るネット活用ナビゲーター 
たまちゃん先生こと西嶋たまきです。

0165d357df51ef544a558a1862e3d4328c599eb8f7

6月7日「教えて!たまちゃん先生」放送内容のおさらいです。
本日は株式会社STELLA・MARIS代表 佐々木恵子さんをゲストにお迎えして、お話を伺いました。
平成25年度の創業補助金事業として採択されたことを契機にアロマセラピーの医療・介護 企業のメンタルヘルス対策への導入と、そこで働くセラピストの育成事業を柱とした株式会社STELLA・MARISを平成26年10月に設立されました。
現在はウエルネス・アロマコーディネータとして、総合病院内でのアロマルームの運営、高齢者施設でのアロマトリートメント、カルチャーセンター等でのアロマ講師、緩和病棟アロマボランティア、香りの空間コーディネーター、として活動されています。
中でも緩和病棟アロマボランティアの経験から生まれた身近な人を癒せる「ポラリテイブ・タッチ」のハンドセラピスト育成にも力を入れておられます。
緩和病棟でのアロマボランティアなどご興味のある方は下記ホームページをご覧下さい。
株式会社STELLA・MARISのHPはこちら

放送を聴き逃した方はこちらからお聴きいただけます。

7月2日(日)メルパルク京都で開催されます「女性の輝きフェスタin京都〜8人の女神が知恵を伝授!〜」に恵子さんも講師として登壇されます。
各分野で大活躍の女性講師8人のセミナーが一度に聞けてしまうお得なイベントです!
詳細は下記Facebookページでご確認ください。
https://www.facebook.com/events/479603899037265/

後半のコーナーでは恵子さんからの質問にお答えしました。
「最近ニュース等でサイバー攻撃という言葉を耳にしますが、サイバー攻撃って何ですか?」
答えはこちらで!

インターネットラジオfmGIG「教えて!たまちゃん先生」
アクセスはこちらから↓
http://www.fm-gig.net/top.html  
毎週水曜日 13:00~13:30   


livedoor プロフィール