933C21F3-EF7D-4F31-A02B-20DF10CFF13E


先々週のことだった。
ケンタが出勤途中の車の中で言った。
「ビーナスが近所のテニスセンターへ、
今度の月曜日に来るんだって。」

最初母はケンタの言っている事が、
何の事かはっきりわからなかった。
そうして再度尋ねたのだった。
「誰が来るって?」

そう、我が家から車で三分の、
あの超ローカルなテニスセンターに、
ビーナス・ウィリアムズがやって来たのだ。
まさかのまさかであった。

母は早引けの手続きを
職場の上司に早速提出した。
だって母はあの控え目っぽい
ビーナスに好感を持っていたから、
実際にこの目で見てみたかったのだ。

しかし目の前に現れた
世界的有名人の彼女は、
やはり女王様の雰囲気を醸し出し、
そして行動も女王様のようだった。

予定時間から30分くらい遅れ、
数人に囲まれてやってきた彼女は、
待っていた要人達を背後目に、
颯爽と歩いて母の目の前で止まり、
コートにいる子ども達のビデオ撮影。

7DBA67DD-FEF6-4121-9AC5-8B90CA38290D

あまりにも目の前だったから、
母は二歩下がって彼女の後ろ姿を撮影。↑
思っていたよりも華奢だった。
もちろん長身ではあるけれど。


56676694-10C2-492B-A152-1F23AB96DC4F

誰からの指示もなくコートへ入り、
テニスをしている子ども達の中へ。
そして次から次へとたくさんの
子ども達とのプレーを楽しむ。

因みに夏休みの現在は、
センターにてサマーキャンプの真っ最中。
しかし子ども達の半分以上は、
他のクラブからのサクラだっただろう。^^;
皆んなこの日のために、
同じTシャツを着てはいたけれど。

やはり彼女が大物であるがため、
しっかりとローカルテレビ局、
そして市長や市会議員なども来ていて、
コーチSもインタビューを受けたりなど、
ごった返しの大忙しだったのだ。

11273BD9-4A00-4817-AFF2-12DD868B4D4B

結局ビーナスはインタビューを
テレビ局から受けていたものの、
個人的には誰とも話をせず、
サインも個人との写真も撮らずに、
一時間滞在しただけで、
嵐のように去っていったのだった。

ケンタとマサキはと言うと、
友達とテニスをしていた。
団体写真を撮るときだけ来て、
その後は何処へ行ったやら。

フェデラーやナダルが
手の届く所に居ようとも
何もしなかった人だから、
ビーナスにも興味はないようだ。

兎にも角にも、
超有名人を見る事はできたし、
午後から自由時間ができたし。
ボールボーイ・マサキを、
試合会場まで送る羽目になったけど。

一番良かった事は、
彼女が来てくれたおかげで、
市がやっとテニスセンターを
リノベートしてくれることになった。
綺麗になるから来年も来てくれと、
ビーナスに言ったからには、
ちゃんとやってくれることだろう。


ブログの一番上の写真を、
母が左側から撮った写真。
左端っこがおっさんマサキ。
この中でも一番年上に
なってしまったなぁ・・・。

D0E4330B-74C9-4D23-8CB5-0CE484C02535