春がおわって


春をふたつ、4月14日、たくさんの方に来ていただき、ありがとうございました。
はじめてのカフェで、たくさんの方が来てくれて、なかなか始めることができず、ペースをつかむのも時間がかかってしまいました。それは、ありがとうとごめんなさいですね。

とうじつは、春をふたつの冊子をつくったので配りました。
ひとつの詩になる前のメモのようなもの。ほったらかしの一行を集めて、置いたもの。
それはひとつにもなれないし、いっさつにもなれないのだけど、声にはしておきたいなと思っていて、なので、今回のふたつのライブではそれを読み、ちいさくまとめてもみました。

せっとりすと

1 夜の途中は朝の途中
2 10年遅刻
3 note1
4 生きて、いく。
5 虹に、しまう。
6 いつか
7 手紙ending
8 新しい余白
9 好きな服だけ着たいよ
10 41計画
11 43計画
12 45計画
13 四月


14 春をふたつ part1
15 春をふたつ part2

16 あの光とこの光の間で
17 それぞれがわたしの毎日
18 黄昏を咲かせて

春をふたつ


ここのかのらいぶはひさしぶりで、なにを、どう読むか、読めるか、とても考えました。なんか、もうできないような気がして。時間は過ぎていくけれど、自分はなにをしたいのか、できるのか、考えていくうちに、また時間が過ぎて。

今回はめぐむくんと打ち合わせができたので、そこから少しずつ見えてきたような気がして。また詩を声にしてみて。次の春をふたつに向けて。

せっとりすと

1 夜の途中は朝の途中
2 10年遅刻
3 note1
4 note2
5 なまえ
6 てがみ
7 てがみのあなた
8 手伝う
9 ぼくにだけ聴こえた?
10 こんや
11 虹に、しまう。
12 好きな服だけ着たいよ
13 新しい余白
14 昨日を裏返してみたら、なんだかあたたかくなってきた
15 手紙ending
16 春をふたつ
17 あの光とこの光の間で
18 それぞれがわたしの毎日
19 黄昏を咲かせて

春をふたつ ライブのお知らせ


春 を ふ た         つ



出演           齋藤めぐむ(キーボード)
                    武田こうじ(ポエトリー・リーディング)


vol.1   3月9日(土) OP18:00 /ST18:30  長町 PUBILC COFFEE




vol.2   4月14日(日)OP17:00/ST17:30  土樋 SORA CAFE





  料金:1,500円                (会場でワンオーダー必要) 






  仙台在住の齋藤めぐむ、武田こうじが2ケ月続けて、ライブをします。


          自分たちの暮らす街の春を、音と言葉で表現していきます。


いままでも、ふたりでライブをしてきたのです。

どちらかが主催で、その時はどちらかがゲストになったりしながら・・・ 

         さまざまなイベントに合わせて、ふたりで音や詩を奏でてきました。


今回のふたつのライブはそんなふたりが、自分たちにしかできないことを考え、つくってみようということで企画しました。

このライブでしか、できない作品の発表、録音などを考えています。 





ぜひ、遊びにきてください。


Blog/連載企画
Recent Comments
  • ライブドアブログ