非色 4月


19日(木)〜22日(日) 14:00〜20:00

ギャラリー越後

ライブ 21日(土) 16:00〜16:30


AB0C112E-5497-42E0-9EFD-BF488E828CB9


春の企画について


今夜はブックブック10周年のはじまり・・・柴田元幸さんの朗読会@火星の庭でした。

ぼくは前野さんからの指令で(笑)受付でしたが、柴田さんの朗読が最高で、いろいろ勉強になりました。

今さらな感想で申し訳ないのですが、久しぶりに「朗読っていいなぁ」と思ったのでした。


ブックブックの10年がはじまりました。

4月から6月はいろいろありますので、よろしくお願いします。







3年前からずっと本をつくりたいと思っていて、なんども編集したり、整理したり、装丁や予算の相談をしてきたけれど、どうしてもまとめることができず、どうしていいかわからなくなって、いまは別になにかできないか考えています。

というのも、本に入っていない詩が増えてきて、それをまとめたいのだけれど、それぞれかなりバラバラに書いてきたものだから、そもそもまとめようとすることに無理があるのかなぁと思ったり・・・。

たとえば、昨年だけでも、画家の三浦敏さんの個展用のカードに書いたものや、ふうどばんく東北のカード用に書いたもの、越後さんとの作品、まかなえの写真につけたもの、フリーペーパーの『KakkoH!』・・・その前になれば、文学館のカード、フリーペーパー『ミルクは眠い』・・・宮城県詩人会のアンソロジーに寄せたもの、文学館の勉強会で書いたものなど・・・いろいろで、それが、それぞれでいることがなんか気になって、なかなか次に行けないんですよね。

そんな中、実はいまもひとつ書いていて・・・それは次の『Kakkoh!』に載せるものなんですが、お題が「髪」です。明日締め切りですが・・・もう2段階くらい必要かなと思っています。なので、このブログを今書いているのは、現実逃避です


その前にもひとつ、書きました。詩の仲間、八森くんが制作している『百葉』です。ぼくは『百葉』のファンなので、載せてもらえることになって光栄です。表紙の写真に詩をつけてみました。タイトルは「バイバイ、空白さん」です。ぜひ、各所で配布中なので、読んでみてください。

そして、八森くんの個展で、一緒にライブもやります。『さようなら、空白と不在』@星港夜です。4月9日〜15日の開催で、ライブは15日の15時からです。ぜひ、こちらも来てください。展示の写真、一足先に見せてもらいましたが、良いです。ライブも2人会は初なので、がんばりたいと思います。


この『百葉』の原稿と『Kakkoh!』の原稿でこうした掲載ものはしばらくお休みするつもりです。


本にするのが難しいので・・・というか、そもそものところを考えた時、まとまるのではなく、ひとつひとつだったのではないかと思い・・・せんちゃんとゆうちゃんをそそのかして、『非色』の毎月開催を考えたのでした。書いたものがたまってから、本や作品展をするのではなく、毎月書いて、それを発表していこうと考えたのです。なので『非色』は特別の中の特別って感じで、毎月どうにかなりそうですが、今のところその感じが楽しいです。

『非色』は3人ですが、ぼくの作品は毎月展示デザイン・制作を、詩集『雨』、詩集『RE:プロジェクト』、20周年の本に続いて、smbetsmbにお願いしています。こんな贅沢していいのか、と思ってしまいますが、毎月詩を送って、出来あがってくるものがすごいので、うれしいです。

そして、越後さん、会場に来てくれるみなさんに、感謝です。
ありがとう。


次の『非色』は4月19日〜22日です。
今月の作品「やさしさについて」みなさんの感想がとても励みになりました。
ちなみに、次回作のタイトルは「くだらない政府」です。










ブックブック、やります。

Book! Book! Sendai 10th
『Book! Book! Miyagi @ 新寺こみち市』

日程:2018年4月28日(土)

時間:10:00〜15:00
入場無料

会場:新寺こみち市会場
仙台市若林区新寺小路緑道〜新寺五丁目公園
*Book! Book! Miyagiの会場は新寺五丁目公園

【出店者】
宮城県仙台市/Book! Book! Sendai
RE プロジェクト、風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ、火星の庭、メアリーコリン、古書水の森、

宮城県石巻市/石巻まちの本棚 

宮城県南三陸町/NEWS STAND SATAKE 

宮城県多賀城市/ちいさなおうち 

宮城県丸森町/スローバブックス

宮城県気仙沼市/イースト・リアス 

福島県楢葉町/岡田書店 

福島県いわき市/阿武隈書房 

福島市/うさぎや、Books & Cafe コトウ 

東京都/ブックギャラリーポポタム 

秋田市/6jumbopins、のら珈琲 


Book! Book! Sendaiは2008年に結成して今年10年を迎えます。
この間、形や方法を変えながら街に「本」と「人」の出会いをもっと作りたいと活動してきました。この数年は、それまでの「本」と「人」に、「日常」が加わり、大きなイベントを開催することから、普段の生活の中に本があることをより大切にしていきたいと思うようになりました。

具体的には、街の出来事を掲載したフリーペーパーを作ったり、本の場所を取材して紹介するインタビューシリーズを始めたりしてきました。外から見ると地味な活動に見えるこの頃でしたが、やっている方としては中身の濃い活動をしてきたつもりです。

10周年にあたり、今やるとしたらどんなイベントをやりたいだろうかと、考えて準備してきました。第一弾として3月23日に翻訳家・柴田元幸さんをお迎えして翻訳教室と朗読会『言葉の中へ』を開催します(ご予約は満席となりました)。今後は6月までに3つのイベントを開催予定です。

まず4月に活動のなかで出会ってきた「本と出会える場所」を日々営んでいる方々に集まっていただいき本の市をひらきます。毎月28日に街の中心からちょっと離れた場所で定期市を開催している「新寺こみち市」との共催で行います。

新寺こみち市は今回の企画を開催するにあたって・・・自分たちが10年続けてきたものに通じることだと考えました。以下は、新寺こみち市のサイトにある文章からの引用です。

 <単なる集客イベントとしてではなく、東北の農家や漁家をはじめ、手づくり作家として身を立てる方々などの小さな商いを応援します。>
 
 <新寺小路緑道を舞台とすることで、歴史の蓄積する地域と市民との間に新しい関係を作りだし、新寺地区周辺の活性化に寄与します。>
 
 <大規模なハードを新たに整備することなく、既存の施設、これまでの歴史・文化の蓄積等、現時点で地域が有するもの・ことを効果的に、大切に活かしていくことで、地域の魅力向上、賑わい等につないでいきます。整備ではなく、活かすことで、新しい時代に向けた地域づくりのヒントを得ることを期待するものです。>

毎月多くの来場者でにぎわうこみち市。
生活に必要な野菜や海産物、パンや生活雑貨を買う延長で、この日は本も手にしていただけたらうれしいです。各地から集まった個性豊かなブースをどうぞお楽しみください。ご来場をお待ちしております!


Book! Book! Sendai 2018 実行委員会
武田こうじ、前野久美子


Recent Comments
  • ライブドアブログ