「書ける!」ワークショップは星座や音、手紙といった身近なものをテーマにして、物語や詩といったことばを使って伝えることのできる作品をつくるワークショップです。

100927 workshop_index2



次回の開催


これまでの「書ける!」ワークショップについて



「書ける!」ワークショップは星座や音、手紙といった身近なものをテーマにして、物語や詩といったことばを使って伝えることのできる作品をつくるワークショップです。

2009年に「書くワークショップ」という名前で創造的な文章の書き方を見つけるワークショップとして始まりました。
埼玉、高知、福岡での出張開催や専門学校での授業、
ワークショップ・コレクション、コミュニケーション・ベースといった大規模なイベントに参加しています。

作品を読みあって考え方をくらべることや、グループワークで「アイデアを交換すること」を通じて

「ひとりひとりの人の持っている小さな発想の豊かさに目を向けること」を短い時間で体験する時間を提供しています。


親子でご参加いただいている方からは、大人も子どもも同じ目線で楽しめるワークショップとして、

100927 workshop_index4



また、創作に慣れた方からも「ことばの新しい使い方を発見できる」ワークショップとして好評いただいております。

100927 workshop_index1



開催してきたワークショップの例





  • これまでの開催記録はこちらをご覧ください


  • 100111vivianne3

    これまでにいただいた感想



    たのしかった。

    (小学生)


    頭の柔軟体操をしているようだった。

    (20代女性)


    • 5W1Hをやっているような不思議な感覚。
    • 自分じゃ考えられない事を思いつく他人の発想力!

    (10代女性 学生)


    親は自分が絶対優位に立てない条件の中で、
    子どもの発想の面白さを素直に認めることができ、
    自分も童心に帰ろうとすることで目線が同じになる。
    一緒にワクワク一緒にドキドキ
    実に気持ちの良いコミュニケーションの場

    (30代女性 親子での参加)


    • 他の人の世界が知れて良かったです。
    • 発想が柔らかくなる入り口、みたいなのができた気がします。
    • やはり他の人と触れ合えたのが良い
    • 人見知りですが、あまり自分で壁みたいのができないのが良かった

    (20代女性 クリエイター)




    対象としている方々



    小学生以上の方を主な対象にしており、親子そろっての参加もできます。
    特に、はじめて創作をされる方や、作文が上手でないという方、
    頭を柔らかくしたいに好評をいただいております。

    また、中原中也賞候補となった詩人や、料理研究家、アクセサリーのデザイナーなど、創作に熟練した方々からも好評をいただいております。

    100927 workshop_index3


    これまでのメディア掲載


    • 現代詩手帖 2009年2月号詩誌合評(ワークショップの概要をまとめた冊子の掲載)



    講座のお問い合わせ



    勉強会・読書会形式の講座、詩の教室などをご提案、開催しております。
    また、各地のイベントの一部としての開催もしております。
    全国に出張可能です。

    お問い合わせはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    日々のはげみにしております。記事をひろめてくださるとうれしいです。
    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気ブログランキングへ

    千葉詩亭 第43回 7周年 2017年12月18日(日) 18:00開演

    千葉県千葉市でポエトリースラムW杯に出場した大島健夫さんと
    隔月第3日曜日に開催してきた朗読会、千葉詩亭、次回で7周年となります。
    12月18日(日)17:30開演18:00スタート
    場所は千葉駅徒歩10分 Treasure River Book Cafeとなります。
    http://treasureriverbook.web.fc2.com/
    料金は1ドリンク付き1000円、さらに1000円追加でフードがつきます。

    今回はオープンマイク祭りとして開催します。
    通常の飛び入りの朗読は5分間ですが
    500円追加料金をいただくことで10分の飛び入りが可能となります。
    10分パフォーマンスされたい方は予約いただけると嬉しいです。
    ぜひお越しください

    詩誌『て、わた し』

    海外の詩と日本の詩の出会う詩誌『て、わた し』を作りました。
    年4回の発行予定です。
    今回はとりあげた海外の詩人はジョセフ・ミルズさん。黒人のこども二人をひきとって育てる家族の詩を4篇訳しました。
    希望される方は私にTwitterまたはお問合せにてお問い合わせください。
    500円となります。

    メルマガ ポエムコンシェルジュの選んだ一篇(不定期刊)

    山口勲が選んだ詩を紹介するメールマガジンです。
    毎号、一篇の詩について紹介しています。
    このブログで紹介するよりほんの少し早く詩の読めるメルマガです。
    ご登録ください

    メルマガ購読・解除