銀河鉄道の昼

東京・高円寺大陸バー彦六 昼の部喫茶東京鼠にて毎月最終日曜に開催される 馬野ミキの自主企画「銀河鉄道の昼」のブログです。

銀河鉄道の昼 概要

銀河鉄道の昼 概要

高円寺・大陸バー 彦六
昼の部 喫茶 東京鼠において
毎月最終日曜に厳選したゲストと共にお届けする馬野ミキによる企画。

10月より
13時オープン13時半スタートになります。
料金は1200円+1オーダー

curry

生姜挽肉カレー(800円)
ハーフカレーもあります。もちろんお酒も。
ランチ営業のため夜の彦六フードメニューはご提供できませんのでご了承ください。

彦六 http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/
喫茶東京鼠Twiiter https://twitter.com/tokyo_nezumi





TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート

企画名 TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter 男の詩の朗読
日時 2018年1月28日(日)
場所 高円寺 大陸バー彦六 昼の部・喫茶東京鼠
開場 12時15分 開演13時 終演16時半
料金 1500円+1オーダー
ホームページ http://hwm5.gyao.ne.jp/miki1973/tokyoboyscoleection.html




出演(順)

馬野ミキ
新納新之助
いまお
道山れいん
JordanSmith
蛇口
TASKE
究極Q太郎
ジュテーム北村
大島健夫
桑原滝弥

---------------------------------------------------------

写真撮影、動画編集、本人への許可等を、お客さんとして来ていた川方祥大くんがいつの間にかやって頂いていたようで、そのまま使用したいと思っています。




27535126_2010937145813350_986916480_o
開演前
難しそうな顔をしとるがただ熱があるだけ。

27485338_2010937202480011_2065395257_o
馬野ミキ








27707392_2012413265665738_1630280698_o



新納新之助
年末の自分のワンマンでも助演を手伝ってもらった新納くん
ポエトリースラムジャパンをきっかけに出会い、何度か共に飲んだ
互いに酒癖に注意したい。










27653312_2012413972332334_185555087_o

IMAO
いまお
別名義でSSWS(シンジュク・スポークンワーズ・スラム)後期で活躍していたと思う
京都のChori君は彼を高く評価していた記憶がある
純文学はこういう風に形を変えて現在に存在するのだなと、感じる。
https://twitter.com/immrtmak





ここで小休憩を挟みました
店内混み合う中、みなさんが互いに譲り合い過ごしてくれていることを嬉しく思いました。







27707739_2012414282332303_1576287592_o

27604674_2012414298998968_1940102593_o
道山れいん
https://twitter.com/michiyama
今回一枠設けた公募枠にて、熱い言葉で立候補をしてもらえました。
なお、道山れいん新詩集「水の記憶」(水たまり社)は
世田谷線沿線、松蔭神社前駅オイスターバー「アリク」
松原駅近くアイルランド系ギャラリー「ティルナノーグ・ギャラリー」などでお求めできます。
オイスターバー アリク https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131709/13168711/
ティルナノーグ・ギャラリー https://tirnanogtokyo.com






27605812_2012415148998883_122085846_o

27605650_2012415105665554_662933586_o


Jordan Smith
菊と刀、二ヶ国語朗読、韻とリズム
休憩時間には女性のお客さんと笑顔で体を伸ばす体操をしておられた。
https://twitter.com/Jordan28Jordan1
TOKYO POETRY JOURNAL https://www.facebook.com/tokyopoetryjournal/







27650272_2012415778998820_2111993620_o

27606093_2012415658998832_202406057_o


蛇口
この日は蛇口くんのよいところが全部出ており、一番に客席に笑いをもたらしたのではないだろうか
あとでそのことを言ったら「ジョーダンさんが作ってくれた空気に助けられた」というようなことを言っていた。
3月には蛇口脚本/演出、もり出演の一人芝居があるので気にしてみてください。
https://twitter.com/kotobaaka
横なぐりの成長痛 http://yokonaguri.seesaa.net







27537543_2012416178998780_507088816_o

27605342_2012416165665448_749568097_o



TASKE
NHKバリバラSHOW-1グランプリ二大会連続王者
TASKEとは、互いのメインが音楽であった二十年以上前からの縁になる。
はじめて出会ったのは新宿のガード下ではないだろうか。
https://twitter.com/TASKE_jpn21





ここで休憩を挟みました。
JT













Q2


Q

究極Q太郎
元あかね朗読会の主催者であり、あかね朗読会はもう20年位前に自分がはじめて朗読に参加したイベントである
東京から離れておられたようであり十年ぶりに会うことになっただろうか
究極さんを他の出演者と引き合わせたい、というのは幾つかあった今回のイベントの意義の1つであった
終演後、誘ってくれてありがとう。と何度も言われギャラを受け取らずに帰っていかれた。






27707942_2012416882332043_1801180051_o

27537577_2012416878998710_378495766_o
ジュテーム北村

朗読愛好者 THE ジュテーム北村。








27651079_2012417982331933_362161609_o



大島健夫

大島健夫オフィシャルサイト http://www1.odn.ne.jp/goingthedistance/
渋谷での「SPIRIT」、そして「千葉詩亭」と丁寧なオープンマイクイベントを主催、共催、また海外のスラマー(競技朗読者)たちとの積極的に関わりや、スポークンワーズ詩誌「どんと、こい!」の発行の中心に携わりアクテイブに活躍なされています。
日本スポークンワーズ協会 http://japanspokenwords.blog.fc2.com

どの出演者からも「もの欲しそう」なオーラが出ておらず、それぞれがそれぞれの(「思惑」や「意図」ではなく)「意志」を感じさせる朗読に思えました。

これは大島健夫くんがこの日のイベントについてブログで書いていた文なのだが
自分がこのイベントを企画実行した根底にはそのようなことであると思う。






27651309_2012418522331879_363821853_o



桑原滝弥

TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter、男の詩の朗読は桑原滝弥さんにしめてもらいました。
桑原滝弥情報ブログ http://shijinrui.blogspot.jp
また、4月30日に行われる谷川俊太郎トリビュート企画「俊読」の告知も始まったようです。
こちらも合わせてよろしくお願いします。




最後に
ご来場いただくことにより、イベントを成り立たせて頂いたお客様
また、きつきつの空間で融通をきかせてくださり
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------

TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter

主催 馬野ミキ
協力 喫茶東京鼠 大陸バー彦六
レポート協力 川方祥大




TBC01


tbc







1/28 TOKYO BOYS COLLECTION 出演者略歴

2018年1月28日(日)のTOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter 男の詩の朗読
出演者略歴(受取順)
ホームページはこちらです。
t06





_DSC0160s
桑原滝弥

詩人。1971年三重生まれ。 
演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。 以降、「あらゆる時空を"詩"つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。
詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』(全国開催)や、言の葉Tシャツの製作などの企画も多数手掛ける。
海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。
東日本大震災被災地の歌『たしかなる風 ~ふるさと久之浜~』を作詞(作曲・谷川賢作)。
著書に、詩集『花火焼』、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著)ほか。 

「桑原滝弥・情報ブログ」 
http://shijinrui.blogspot.jp/









000000000000000000000000000
蛇口

熊谷市在住、独身
朗読、詩、小説、短歌、トーク
芝居をします
2019年3月18日昼・夜2回公演、もり出演ひとり芝居『横なぐりの成長痛』作・演出
詳しくは横なぐりの成長痛blogへ
http://yokonaguri.seesaa.net/
季刊誌「東京荒野」最新号である第11号に小説『何度でも愛』を掲載












ooshimakun
大島健夫 

詩人。1974年千葉生まれ。
2007年、「詩のボクシング」神奈川大会出場を機に詩の朗読を開始。ポエトリースラムジャパン2016優勝、パリで開催されたポエトリースラムW杯で準決勝進出。ベルギー、イスラエルなどの詩祭やポエトリースラムにも多数出場。










KIMG0420
究極Q太郎

1967年埼玉生まれ。18才の一年投稿していた作品によって現代詩手帖賞受賞(飯島詭理名)。
その後家出して連絡を絶ってしまったので、
思潮社から詩集出されませんでした。
2001年より三年月一回の『詩学』誌ワークショップ「青の日」で編集長の故寺西幹仁さんらと講評担当。またその頃カワグチタケシさん、小森岳史さんと3K朗読会を東京、京都で。カワグチさん、ジュテーム北村さんと中野坊主バーで朗読会を行いました。最近このお二方とTQJ朗読会を白山『映画館』でやり、10年ぶりに他人前で朗読。
だめ連や早稲田にあるイベントバーあかねに関わり、初代あかね詩の朗読会を主催。漫画『まことちゃん』が大好き。影響を受けた詩集は新潮文庫より出て現在絶版となっている『現代名詩選上・中・下』(伊藤信吉編)。
自身の詩集に『究極Q太郎の詩集』(1000番出版)、『ラブ・アイリスそしてライフ』、『詩アレルギー詩集』、『究極マニア』、『革命詩集~俺たち愚劣な俗物』、『デポルテ』など、ほとんど全てがホチキス留めの私家版。












hi04
いまお

人とうまく喋れず、
書くことの孤独にも耐えられないから、
朗読をやっている。












KIMG0737


KIMG0734
新納新之助













taske
TASKE

1974年、東京・神田生まれ、湘南・茅ヶ崎育ち。
小5の秋に事故って頭部外傷、左動眼麻痺、難聴、右片麻痺、高次脳機能障害などの後遺症を残し、聞き取れない、覚え切れないなどのコミュ障に悩まされながら、血縁と怨恨、宗教、汚職、賄賂の未解決事件と言う修羅場の中で育つ。
1992年の夏に表現活動開始。
言葉じゃ上手く言い表せない想い、一心鏡の如し、流離いの旅芸人、吟遊詩人。
テレビ出演や年間ライブ200本を経験し、気合いを入れたくて20代後半よりヴィジュアル系を意識するようになり、メイクやファッションも試行錯誤するようになる。
また数々の朗読スラムも経験してて「家族(シップス)」に優勝したり、谷川俊太郎氏に「ダントツに面白い詩人」との言葉を頂いたり、NHK Eテレ「バリバラ」SHOW-1グランプリで第4代第5代王者に輝いたりする。
2017年夏、活動25周年を迎える。
ヴィジュアル系を追求してたら、いつの間にか見た目が原宿系のようになってた永遠の10歳11ヶ月。
未だに生き甲斐を求めて自分探しの旅の途中。













ju
ジュテーム北村

生涯、一オープンマイカー。









JordanSmith-Tanabata
ジョーダン・A. Y.・スミス  Jordan A. Y. Smith

翻訳家/詩人/教え人・学び人。1976年アメリカ生まれ。カリフォルニア州育ち。
シエラレオネで1年間、韓国で1年間、日本で4年間(現在)、生活。翻訳する詩人と教える作家の作品の余韻を吸収しながら、人生における経験、好きな思想、ヒップホップの弾みを織りなしてモノを書く。ポエトリーユニット"ATTA"のメンバー。『東京ポエトリージャーナル』の日本語詩歌編集担当。比較文学・文芸翻訳を教える。色々勉強中。















24550455_1106474312820976_2092546722_n
道山れいん

言葉の雨男。
れいんが読めば、空が泣く。
オレの雨音、聞いてくれ。

読まれることば、聞くことば。
空気がかわる、その瞬間。
なんてことない今日の、
なんてことない気持ちを
永遠にとどめたい。
やさしさは強さと信じたい。

「ポエトリースラムジャパン」
2017秋大会、東京代表。














IMG_20171104_150816_874
馬野ミキ

2ちゃんねる詩・ポエム板にて詩作を開始。
2ちゃんねる発朗読会幹事、のち詩学にてコラムと詩をそれぞれ2年間連載。
夜の鳥取砂丘で詩を叫ぶ、ウエノポエトリカンジャム3、はみだしっ子たちの朗読会などの朗読イベントを主催。
SSWS(シンジュクスポークンワーズスラム)二代目グランドチンピオン)、ポエトリースラムジャパンにて2年連続東京代表。
詩集に「子供の晩年」(白昼社)、「下敷きで光を」(ポエトリージャパン)。
現在、高円寺彦六東京鼠において自主企画「銀河鉄道の昼」を開催。このイベントの企画者。
MV西武園ワルツ 





TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter 男の詩の朗読






2018年1月28日の銀河鉄道の昼

来年、年明けの銀河鉄道の昼は
TOKYO BOYS COLLECTION2018Winter 2018年、TOKYO 男の詩の朗読
と題した番外編をお送りします。
存在の態度と覚悟を言葉で示すことのできる自分の中で旬の男性朗読詩人に集まって頂きました。
専用のホームページを作りましたのでどうぞご覧よ
http://hwm5.gyao.ne.jp/miki1973/tokyoboyscoleection.html

2017年12月17日の銀河鉄道の昼

12月は最終日曜日ではなく17日ですー。間違えないでね!

日時 12月17日(日) 13時オープン13時半スタート 
料金 1200円+1オーダー

出演(順) いまお、吉田和史、小夜、馬野ミキ





出演者プロフィール




いまお

詩の朗読は、詩を朗読することではなく、朗読が、詩を実現することだ。

















yoshidak
吉田和史

シンガーソングライター。
ソロでの弾き語りと、バンド「吉田和史✕夜窓」のヴォーカルギターとして活動。
俊読2017などポエトリーリーディングのイベントにも多数出演。
2017年11月15日に吉田和史✕夜窓1stアルバム「ルーザーズ」をリリース。







1502102316922
小夜

2000年ごろ、朗読を始めました。
空が好きです。
踊りながら、吹き溜まっています。







IMG_20171104_150816_874
馬野ミキ

銀河鉄道の昼ホスト。
歌手、詩人他のマジカル。孤高の自由業。最後のハローワーク。







捨て曲なしの硬派なラインナップでお届けします。




2017年11月26日の銀河鉄道の昼

2017年11月26日の銀河鉄道の昼

開場13時/開演13時30分
1200円+1オーダー
出演(順) 桑原滝弥 中村アリー 蛇口 馬野ミキ

****************************************




_DSC0160s
桑原滝弥

詩人。1971年三重生まれ。 
演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。 以降、「あらゆる時空を"詩"つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。
詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』(全国開催)や、言の葉Tシャツの製作などの企画も多数手掛ける。
海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。
東日本大震災被災地の歌『たしかなる風 ~ふるさと久之浜~』を作詞(作曲・谷川賢作)。
著書に、詩集『花火焼』、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著)ほか。 

「桑原滝弥・情報ブログ」 
http://shijinrui.blogspot.jp/









ari-
中村アリー

大きな波や小さな波の上で跳ねたり踊ったり
話す声ひとつ歩く音ひとつ歌うように生きたいと
東京都内を中心に活動中のフィメールシンガー

スリーピースバンドで活動中のバンドの名前はアープンクッカ
親子程離れた年の差ユニットの名前はいっそもう











8782c128-s
蛇口

熊谷市在住、独身
朗読、小説、短歌、トーク
来年芝居をします
2019年3月18日夜、もり出演ひとり芝居『横なぐりの成長痛』作・演出
詳しくは横なぐりの成長痛blogへ
http://yokonaguri.seesaa.net/
奇数月最終日曜日夜に新宿ゴールデン街GARDENでオープンマイクことばし~れをやっています
次回は11月26日午後7時半~
季刊誌「東京荒野」第11号11月末日発行に小説『何度でも愛』を掲載予定















ham
馬野ミキ

銀河鉄道の昼主催。
ミュージックビデオ「西武園ワルツ」https://youtu.be/U7yWh4A_1g0
ハローワークスーパースター https://under-poet.blogspot.jp





2017年10月29日(日)の銀河鉄道の昼

2017年10月29日(日)の銀河鉄道の昼

オープン13時 スタート13時半 1200円+1オーダー
高円寺 大陸バー 彦六  http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/ 地図 
東京鼠Twitter


出演(順)

hattori
はっとりあつし

バンドuIIIn(ウィィィン)にて歌やギターやダンス、作詞作曲担当。ex-YOYOYOYORUNO。
2017年よりベース二宮友和(PANICSMILE、ex-eastern youth)、トラックメイク△NEU譲(やまのいゆずる)とともに現バンドを結成、精力的に活動中。音源>https://soundcloud.com/uiiin/demo
△NEU譲とは季刊文芸誌『東京荒野』にて漫画「はずかシーサイドディスコ」をコンビで連載中(作画担当)。同誌でいくつかの小説やエッセイも。楽しいことと寂しいことが大好き。
座右の銘「よかれと思って大迷惑」。キャッチフレーズ「世界一恥ずかしいバレエダンサー」。哲学修士。






rei
澁澤怜

1986年生まれ。ライブが出来る小説家。
著書にエッセイ「チャット嬢をやってみた」、小説「ファッション・メンタル・ヘルス」、ツイート集「スカートとツイートは短いほうがいい」など。







imao
いまお

朗読は、失われたものへの、声だ。
失われたものを、まだ見ぬもので代理するのはお終いにしたいから、聴くもののない、声だけが残るはずだ。







_20170715_142629


馬野ミキ
1973年生まれ。
銀河鉄道の昼ホスト。
詩集に「子供の晩年」など。






ギャラリー
  • 銀河鉄道の昼 概要
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート
  • TOKYO BOYS COLLECTION 2018Winter レポート