銀河鉄道の昼

東京・高円寺大陸バー彦六 昼の部喫茶東京鼠にて毎月最終日曜に開催される 馬野ミキの自主企画「銀河鉄道の昼」のブログです。

銀河鉄道の昼 概要

銀河鉄道の昼 概要

高円寺・大陸バー 彦六
昼の部 喫茶 東京鼠において
毎月最終日曜に厳選したゲストと共にお届けする馬野ミキによる企画。

10月より
13時オープン13時半スタートになります。
料金は1200円+1オーダー

curry

生姜挽肉カレー(800円)
ハーフカレーもあります。もちろんお酒も。
ランチ営業のため夜の彦六フードメニューはご提供できませんのでご了承ください。

彦六 http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/
喫茶東京鼠Twiiter https://twitter.com/tokyo_nezumi





2017年12月17日の銀河鉄道の昼

12月は最終日曜日ではなく17日ですー。間違えないでね!

日時 12月17日(日) 13時オープン13時半スタート 
料金 1200円+1オーダー

出演(順) いまお、吉田和史、小夜、馬野ミキ





出演者プロフィール




いまお

詩の朗読は、詩を朗読することではなく、朗読が、詩を実現することだ。

















yoshidak
吉田和史

シンガーソングライター。
ソロでの弾き語りと、バンド「吉田和史✕夜窓」のヴォーカルギターとして活動。
俊読2017などポエトリーリーディングのイベントにも多数出演。
2017年11月15日に吉田和史✕夜窓1stアルバム「ルーザーズ」をリリース。







1502102316922
小夜

2000年ごろ、朗読を始めました。
空が好きです。
踊りながら、吹き溜まっています。







IMG_20171104_150816_874
馬野ミキ

銀河鉄道の昼ホスト。
歌手、詩人他のマジカル。孤高の自由業。最後のハローワーク。







捨て曲なしの硬派なラインナップでお届けします。




2017年11月26日の銀河鉄道の昼

2017年11月26日の銀河鉄道の昼

開場13時/開演13時30分
1200円+1オーダー
出演(順) 桑原滝弥 中村アリー 蛇口 馬野ミキ

****************************************




_DSC0160s
桑原滝弥

詩人。1971年三重生まれ。 
演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。 以降、「あらゆる時空を"詩"つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。
詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』(全国開催)や、言の葉Tシャツの製作などの企画も多数手掛ける。
海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。
東日本大震災被災地の歌『たしかなる風 ~ふるさと久之浜~』を作詞(作曲・谷川賢作)。
著書に、詩集『花火焼』、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著)ほか。 

「桑原滝弥・情報ブログ」 
http://shijinrui.blogspot.jp/









ari-
中村アリー

大きな波や小さな波の上で跳ねたり踊ったり
話す声ひとつ歩く音ひとつ歌うように生きたいと
東京都内を中心に活動中のフィメールシンガー

スリーピースバンドで活動中のバンドの名前はアープンクッカ
親子程離れた年の差ユニットの名前はいっそもう











8782c128-s
蛇口

熊谷市在住、独身
朗読、小説、短歌、トーク
来年芝居をします
2019年3月18日夜、もり出演ひとり芝居『横なぐりの成長痛』作・演出
詳しくは横なぐりの成長痛blogへ
http://yokonaguri.seesaa.net/
奇数月最終日曜日夜に新宿ゴールデン街GARDENでオープンマイクことばし~れをやっています
次回は11月26日午後7時半~
季刊誌「東京荒野」第11号11月末日発行に小説『何度でも愛』を掲載予定















ham
馬野ミキ

銀河鉄道の昼主催。
ミュージックビデオ「西武園ワルツ」https://youtu.be/U7yWh4A_1g0
ハローワークスーパースター https://under-poet.blogspot.jp





2017年10月29日(日)の銀河鉄道の昼

2017年10月29日(日)の銀河鉄道の昼

オープン13時 スタート13時半 1200円+1オーダー
高円寺 大陸バー 彦六  http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/ 地図 
東京鼠Twitter


出演(順)

hattori
はっとりあつし

バンドuIIIn(ウィィィン)にて歌やギターやダンス、作詞作曲担当。ex-YOYOYOYORUNO。
2017年よりベース二宮友和(PANICSMILE、ex-eastern youth)、トラックメイク△NEU譲(やまのいゆずる)とともに現バンドを結成、精力的に活動中。音源>https://soundcloud.com/uiiin/demo
△NEU譲とは季刊文芸誌『東京荒野』にて漫画「はずかシーサイドディスコ」をコンビで連載中(作画担当)。同誌でいくつかの小説やエッセイも。楽しいことと寂しいことが大好き。
座右の銘「よかれと思って大迷惑」。キャッチフレーズ「世界一恥ずかしいバレエダンサー」。哲学修士。






rei
澁澤怜

1986年生まれ。ライブが出来る小説家。
著書にエッセイ「チャット嬢をやってみた」、小説「ファッション・メンタル・ヘルス」、ツイート集「スカートとツイートは短いほうがいい」など。







imao
いまお

朗読は、失われたものへの、声だ。
失われたものを、まだ見ぬもので代理するのはお終いにしたいから、聴くもののない、声だけが残るはずだ。







_20170715_142629


馬野ミキ
1973年生まれ。
銀河鉄道の昼ホスト。
詩集に「子供の晩年」など。






2017年9月24日(日)の銀河鉄道の昼



DKVNFcoVoAEDIOI
作画:馬野ミキ 加工:かほり




2017年9月24日(日)
オープン12時 スタート13時半 1200円+1オーダー
高円寺 大陸バー 彦六  http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/ 地図
東京鼠Twiiter

出演(順)

at
Anti-Trenchi

2016年2月結成。
学生歌人として活躍してきたポエトリーリーディング・向坂くじらと
「サマソニ」の出演の経歴も持つエレキギター熊谷勇哉によるユニット。
熊谷が奏でる幻想的な音の海を、向坂の「時に優雅に、時に激しい」言葉の数々が、自在に泳ぎ回る。






jute
ジュテーム北村

生涯一オープンマイカー。





tohiro
ちひろ

歌や語りやカラオケなどを中心とした即興性が高いパフォーマンスを行う。
文芸誌「東京荒野」にてラブコメ風の小説を不定期に掲載。






mikitama
馬野ミキ

パンクロック、路上の弾き語りを経て
詩人として詩誌の連載、はみたじっ子たちの朗読会、ウエノポエトリカンジャム3などのイベントをオーガナイズ。
詩集に「子供の晩年」(白昼社)、「下敷きで光を」(ポエトリージャパン)。
SSWS第二次グランドチャンピオン。ポエトリースラムジャパン2017東京b大会優勝。
原点である音楽に立ち返るべく「銀河鉄道の昼」を企画。現在PV作成中。



-------------------------


curry

生姜挽肉カレー(800円) 
ハーフカレーも有ります。もちろんお酒も。
ランチ営業のため夜の彦六フードメニューはご提供出来ませんのでご了承下さい。






2017年8月27日(日)の銀河鉄道の昼

ginga (2)
作画:馬野ミキ



銀河鉄道の昼 第一回
2017-8-27(日)
op12時/st13時半 1200円+1オーダー


【出演(順)】


20045924_1395912677158333_1881708252_n
松本敏将

昭和53年、8月14日、広島生まれ(大竹市)
1999年に結成したロックバンド「タバコジュース」のフロントマンとして歌い踊り、
アルバム10枚リリースして2015年12月活動休止。
2016年、弾き語りと並行して、流動的バンド形態でのセッション「松本敏将&ハイアーセルフ」の活動を開始
肉体音響ユニット「くふき」の念力、声担当としてアルバム2枚リリース
韓国、ドイツ、ポルトガル、イギリスなどをツアー 2017年秋、電子民謡楽曲リリース予定。
https://toshimasa.jimdo.com/





imao
いまお

「例えば現代詩フォーラムなどの彼(注:いまお)の投稿に対するポイントはさんざんであるが、
親指をしゃぶっているような天才肌であると俺は彼を多いに認めていたし
彼になら俺は例えばスラムのような舞台でもやられるかも知れないと思っていたものだ
彼はうそをつかないからである
そして自分を書ききることによって世界も書きえた」(馬野ミキ)
「うん、いまおはもっと本当は評価されていい詩人だと俺はおもってるよ いまは分からないが」(馬野ミキ)
ミキさんにわりに誉められる男、いまお、性懲りもなく朗読をやります!いまは分からないが!いまは分からないが!





kitamu
北村明洋

詩人
親戚ぎらい





DSC_20170626061204782_portrait_style_blue
馬野ミキ

銀河鉄道の昼ホスト。
1973年生。鳥取県出身。歌手詩人他のマジカル。
詩集に「子供の晩年」(白昼社)など。季刊誌「東京荒野」に文とイラスト「夢とオナニー」を連載。
ポエトリースラムジャパン2017東京大会優勝。
ハローワークスーパースター


ギャラリー
  • 銀河鉄道の昼 概要
  • 2017年12月17日の銀河鉄道の昼
  • 2017年12月17日の銀河鉄道の昼
  • 2017年12月17日の銀河鉄道の昼
  • 2017年11月26日の銀河鉄道の昼
  • 2017年11月26日の銀河鉄道の昼
  • 2017年11月26日の銀河鉄道の昼
  • 2017年11月26日の銀河鉄道の昼
  • 2017年10月29日(日)の銀河鉄道の昼
カテゴリー
  • ライブドアブログ