2004年10月18日

シトラスフレーバーの地方初戦

シトラスフレーバーが本日、地方競馬の第1戦を迎えました。
結果は、10頭立ての1番人気で2着に終わりました。
3着以下は大きく離していますので、次走くらいにチャンスは訪れそうです。

(レース結果)
2004年10月18日(月) 名古屋 第6競走 ダート 1400m (右)
天候:晴 馬場:良 サラC14組C14 牝馬 (サラブレッド系一般 )

http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/RaceMarkTable/RaceMarkTableController.jpf?k_babaCode=24&k_raceNo=6&k_raceDate=2004%2F10%2F18  
Posted by pogfan at 15:40Comments(1)TrackBack(0)

2004年10月17日

シトラスフレーバーの復帰戦

シトラスフレーバーの地方初戦が10月18日(月)名古屋競馬 6R ダ1400Mに決定しました。
牝馬限定戦ということもあり、できたら一発でクリアしてもらいたいところです。  
Posted by pogfan at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月12日

引退&地方移籍

リニアルブラッドとエターナルウイングが引退。
レフィナーダとシトラスフレーバーが地方に移籍することとなりました。

所有馬8頭中4頭が一気に引退&地方移籍となってしまいました。
3歳未勝利戦が終わりましたので、やむを得ないところですね。

あとは再ファンド目指して、2頭が勝ち上がってくれるのを祈るのみです。
  
Posted by pogfan at 15:20Comments(0)TrackBack(1)

2004年10月03日

再ファンドについて2

昨日、会報誌と会員規約の追加事項が手元に届きました。
前回確認したいポイントとして以下の6項目を上げましたが、だいたい内容は理解できました。

(Q1)元の出資者も再度出資金が必要なのか?
(A1)
 通常の引退精算同様の処理を行い、再出資となる。
 再出資するかは任意。募集価格は一律31万5千円(一口あたり630円)
 補償金額も再出資に充当することができる

(Q2)出資していなかった馬に、新たに出資することができるのか?
(A2)出資馬に従来の出資口数と同数に限り出資することができる。

(Q3)地方競馬在籍時の預託料&賞金はどうなるのか?
(A3)別の馬主となるので、維持会費は不要。賞金もの配当もナシ。

(Q4)地方競馬在籍時の近況&出走予定等の情報は教えてくれるのか?
(A4)月1〜2回程度更新。出走情報&レース結果はホームページで案内。

(Q5)中央競馬復帰時に調教師は変わるのか?
(A5)不明

(Q6)(地)扱いになるのか
(A6)不明

ここまで分かれば、質問することもなさそうです。再ファンド時に調教師も判明でしょうし・・・・・。  
Posted by pogfan at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月01日

シトラスフレーバー再ファンドへ

シトラスフレーバーが地方競馬へ活路を見いだすこととなりました。
1勝を上げて早く戻ってきてもらいたいところですが、会報9月号が本日届きませんでしたの、再ファンドの詳細はまだ分かりません。

経験馬相手の未勝利戦で4着に追い込んできましたので、素質はそこそこあると思います。あとは地方競馬の深いダートが合うかどうかですね。

ただ、同時期に未勝利馬たちが一斉に地方競馬に移籍しますので、相手関係はそれほど楽にはならないかもしれません。

関東近辺への移籍であれば見に行ってもいいのですが、一体どこになるんでしょうか?
早く情報が欲しいところです。  
Posted by pogfan at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月29日

リニアルブラッド引退

リニアルブラッドが本日引退することになりました。

未出走での引退ですので能力は分かりませんでしたが、これほどまで苦労させられる馬はなかなか出てこないでしょう。
以下のコメントを読んでいただければその苦労の一端が分かると思います。

○たまに立ち上がったり、尻っ跳ねをし始めました
○周りのペースに左右されるのが嫌いな様子
○屋外に出るとギャンギャン騒いでいます
○真剣に取り組んでいけば、主従関係はハッキリしてくるはず
○乗り役の意に反する動きであることが問題
○さらなる前進を図るためには去勢が最適であると判断
○人間を振り落とすようなやんちゃな面
○人によっては振り落とそうとするような仕草が目につき始めました
○人間に指示されるのを嫌う
○頭を下げて乗り手を振り落とそうとする始末
○帰りの馬道で久々に私を振り落とそうとしました
○宙に投げられウッドチップに叩きつけられてしまいました

マンガ「風のシルフィード9巻」で育成を一切行っていない問題馬として登場する「ピュータ号」も真っ青の暴れ振りでした。

今後の行く末が気になるところですが、あの気性では乗馬は無理でしょうし、覚悟が必要かもしれませんね。  
Posted by pogfan at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月28日

収得賞金の加算方法

収得賞金は1着になった場合(重賞競走の場合は2着まで)、本賞金から以下の方法で加算されます。

1.平場競走
(1)本賞金 400万円未満  そのままの金額
(2)本賞金1000万円未満  一律400万円
(3)本賞金1200万円未満  一律600万円
(4)本賞金1200万円以上  半額

2.特別競走(外国の競走、ダートグレード競走を含む)
(1)本賞金 400万円未満  そのままの金額
(2)本賞金1200万円未満  一律400万円
(3)本賞金1500万円未満  一律600万円
(4)本賞金1500万円以上  半額

愛馬スターリーヘヴンを例に取ると、
(1)未勝利戦
   本賞金 510万円 → 収得賞金 400万円
(2)カーネーションC(500万下)
   本賞金1000万円 → 収得賞金 400万円
(3)1000万下(平場)
   本賞金1050万円 → 収得賞金 600万円
(4)おおぞら特別
   本賞金1450万円 → 収得賞金 600万円

トータルで収得賞金は2000万円。
クラスは「3歳1000万円以下、4歳以上2000万円以下」となります。  
Posted by pogfan at 09:36Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月27日

2キロ増

スターリーヘヴンは、前走で1000万下の特別競走を勝っていますので、次走に4回東京開催を使うと、2キロ増の57キロを背負うことになりそうです。その次まで待った方が良さそうな気もしてきました。  
Posted by pogfan at 16:49Comments(0)TrackBack(0)

4勝目!

スターリーヘヴンが9月25日(土)の札幌11R おおぞら特別・芝1200Mに2番人気で出走し、今年2勝目・通算4勝目をあげました。

道中は5〜6番手の外めを追走し、4コーナー手前でやや仕掛け気味に先頭に並びかけ、満を持して直線追い出されると逃げるメイショウジャコウを交わし、1着でゴールしました。久々の1200M戦で付いていけるか心配でしたが、今までで一番余裕を持ってみることが出来たレースでした。

これまでの収得賞金1400万円に今回600万円が加算され、ちょうど2000万円。ということで、次走も1000万条件に出走可能です。東京開催での復帰を予定しているそうなので、3週目の10/24(日)東京10R 紅葉特別・芝1600M又は4週目の10/31(日)東京12R 錦秋特別・芝1400Mあたりが候補となりそうです。

今回で1000万条件も2勝目ですし、次回もやっぱり期待しちゃいますね。

コメント(SANSPO_COMラジオNIKKEI )  
Posted by pogfan at 14:57Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月25日

スターリーヘヴンの印

専門紙10紙の印は、「◎◎○○○○○▲▲▲」
11時現在、単勝3.9倍の1番人気です。

心強いコメント!
「久々の1200m戦だが十分に対応できるはず。中間の気配もいいし、勝ち負けになるはず。」
「10キロ増だったが、前走ぐらいの馬体でいい。久々のスプリント戦でも対応できると思う。」

4枠4番という枠順も絶好で、期待して見守りたいところです。(出馬表はこちら)  
Posted by pogfan at 11:06Comments(0)TrackBack(0)

再ファンドについて

インターネットで調べたところ、
(1)今春から共有クラブ持ち馬でも地方競馬に移籍後、地方競馬で1勝を上げ、中央競馬に復帰し、再募集ができるようになった。

(2)地方移籍時に「権利放棄」又は「出戻り後の再所有」を選択できる。

(3)「出戻り後の再所有」に再度出資金が必要かどうかは不明。

詳しくは今月の会報誌に掲載されるそうなので、それを見ないと何とも言えませんが、概要はこんな感じです。


確認したいポイントとしては、再所有する場合、
(1)元の出資者も再度出資金が必要なのか?
(2)出資していなかった馬に、新たに出資することができるのか?
(3)地方競馬在籍時の預託料&賞金はどうなるのか?
(4)地方競馬在籍時の近況&出走予定等の情報は教えてくれるのか?
(5)中央競馬復帰時に調教師は変わるのか?
(6)(地)扱いになるのか?

今月号の会報誌を読んでも分からなかった場合、今回初めて事務局に電話又はメールで問い合わせをしてみたいと思っています。  
Posted by pogfan at 10:46Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月24日

今週はスターリーヘヴンが出走

今週はスターリーヘヴンが9月25日(土)札幌11R おおぞら特別・芝1200mに出走予定です。

1600万条件から降級して2戦目。久々の1200M戦が不安ではありますが、牝馬限定戦だし、コメントも「前回ほどメンバーも強くなく、まず変な競馬にはならない」とまずまず。

今回も上位人気が予想され、鞍上も松永騎手を確保していますので、何とか決めてもらいたいところです。

また、レフィナーダに続いて、エターナルウイングも再ファンドでの出戻りを目指すみたいです。さらに、シトラスフレーバーも再ファンドを視野に入れている模様。

まもなく未勝利戦がなくなりますので、動きも慌ただしくなってきました。
ここまで来る前に余裕を持って出走体勢を整えてくれているともっと精神的には楽なのですが・・・・・。  
Posted by pogfan at 00:16Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月22日

レフィナーダ転厩か?

2回札幌での出走が絶望的となったレフィナーダ(牝4・父:サンデーサイレンス、母:モザーティアナ・藤沢和雄厩舎)が一旦、地方競馬に転厩する模様。

「再ファンドによる現役続行を視野に入れ、地方で勝たせてから中央に再登録。改めて出走を重ねていきたい」とのこと。

体質が弱くまだ2戦しかしていないのですが、さすがにこの時期の4歳未勝利馬は厳しい状況ですね。何とか地方で1勝して中央に戻ってきて欲しいところです。

それにしても、一口馬主でもこんな作戦が取れたのかと感心しましたが、よくよく考えてみれば、もっと早くやってくれていればとの思いも・・・・。

ちなみにレフィナーダは、3歳未勝利ではなく「4歳未勝利」ですので、念のため(^_^;)  
Posted by pogfan at 21:49Comments(0)TrackBack(0)