No1に登りつめたCちゃんが帰国、そして残ったフィリピンのタレント
もその後相次いで帰国、お店にはインドネシアのタレントとフィリピン人
のアルバイトだけになってしまいました。

インドネシアの子達も悪い子ではありませんでしたが、残念ながらフィリ
ピン人ほどの集客能力はありませんでした。また、フィリピン人のアルバ
イトにしても、まあ年もいっていたこともあったのでしょう、新鮮味も
無くタレントのように熱くなるお客様もいませんでした。

その後、わたし自身も滅多にお店で仕事する機会も減っていき、せいぜい
週末や団体客が来店するときにお店に出る程度となってしまいました。
やがてインドネシア人達も帰国、その後の入国は無く、お店はアルバイトの
フィリピン人だけとなってしまいました。

それから半年もしないうちに残念ながらお店は閉店、営業をしていくこと
が不可能となってしまいました。アルバイトのフィリピン人、元々は
タレントがほとんどで接客は決して下手でも悪くもありません。ただし
お客様がいないからってペナルティも無ければ、ましてフィリピンへ帰国
させられることもありません。だから、タレントのような必死さはあり
ませんでした。

お店が閉店となり半年後くらいかな、Cちゃんが再び日本にやって来た
のです、偽りの花嫁として・・

人気blogランキング