辰野基康のブログ

音楽会のご報告 日々の雑記などをメモしています。 メインのサイトは http://sitar.holy.jp/ ご連絡は tatsuno123@yahoo.co.jp

新年の抱負 大切なもの

新年の抱負

54


コロナ禍の一年だったけれど、
基礎疾患もある中、ともあれ、新たな一年を迎えられた。



障がい者手帳を持って3年、
自分が障がい者として生きていくことが信じられなかったけれどね。

透析治療は、正月休みはない。
2日からスタートだ。

さて、障がい者になって、生きる中でハンディを持ったのだけれど、
そのことで、高尚な気付きのようなものなんて、ちっともなかったな。
相変わらず凡庸で愚鈍な自分がいるだけだ。
仔猫3-52すまん

それが、自分なのだから、認めないとね^^



優しい気持ち

多くの方の支えあって、生きていられるのだけれど、
それでも、
自分の存在など、家族以外の方にとっては、
ほとんど、無に近いのかな、と思えたりもしている。

成功者だけが、さらに成功をしていく、
ちょっとでもこぼれた人は、さらに、落ちこぼれていく・・
そういった、雪だるま式に膨れ上がるようなシステムは、
この世にあるし、そのシステムは、場所によっては加速していくように出来ている。

透析をしていることよりも
こちらのほうが、正直、精神的にきついときもあるね。



悪意・・人は弱い生き物だから


華やかで眩い場所、
でも、そこでは、ゆったりとした優しい気持ちにはなれないよ。
競い合い、主張しあい、勝ち抜くための場。
共生感があるようで、実は、その中に隠された悪意があったりする。
そこに居て、生き甲斐を感じることは出来ないし、
そこで、光を浴びたいなんても思わない。

そういった現実があることは、自然なことだろう。
世間は、そうした場所を求める。
人は弱いものだから。
もちろん、自分自身も弱いのだ。
飲み込まれてしまえば、自分もそうなる。

それをよくわかることも、大事なことだろうね。

若い頃は、体力もあったし、
そういう渦中に飛び込むことも出来た。
それが自分のためにもなると思っていた。
けれど、やっぱり自分には合わない所だ。



<危うきに近寄らず>
なるべく、離れていようと、思う。



家族としっかり向き合って暮らせているのだから、
その時間に、感謝して暮らしていければ良いなぁ。


ありがたいこと


世間一般にとっては、無に近い存在の私ではあるけれど、
そんな私を長い間、静かに見守って下さる方もいる。
とてもありがたい限りだし、
それを感じるだけで暖かく優しい気持ちになれる。
それは、本当に貴重なこと、
文字通り「有難い」ことなんだね。

絵も音楽もそうだけれど
上手で、巧みで褒められようなんて欲はない。
ただ、静かで暖かく優しい気持ちが
自分の拙い表現の中から、少しでも届いてくれたらと願っている。



情報発信

自分なりの情報発信は、出来るだけやっていきたい。
それは、自分が生きている証のようなものだ。

病気との付き合いのことは大事なことだ。
これは日々、生きていくためのことだから。


病気と付き合いながら、音楽をやること
大事なことだ。
体を労わりながら音楽をやること。
病気で失うものあるけれど、
それまで気付いてなかったことを、見つけ出せることもある。
命とは不思議なものだ。

絵を描くことは、実はあまり大事ではない。
でも、大事ではないことにしておくことが大事と、ややこしい(笑)

結局「落描き」しているだけなのだ。
絵画というのでもなくイラストでもなく漫画でもなく、ラクガキ。
表現として、そういう形があっても良いと思う。
例えば、最近注目のバンクシーもある意味、そういう表現もしているよね。

ただ、表現は自由だけれど、
他人の建物に、勝手に描かれたら、
表現そのものではなく、その手法が問題になることもあるね。




今年も気負わず、やっていこうと思います。

練習4-3



バブル再来 情報バブル時代 

朧月夜

バブル再来


今は、情報のバブル期のようだ。

Youtuberが職業として成り立つほどに、情報量が金を生む。
そのため、情報量が溢れて、情報が情報を生む。
情報のプラットホーム事業は、雪だるま式に膨れ上がり、
国家を越え巨大なビジネスにまで成長する。

短期間で世界を圧巻したのは、コロナだけではない。

情報のバブルは、既存体制に対して、時に圧倒的な破壊力さえ持つ。
それは、さながら、巨大津波が、湾岸地帯を破壊しつすようなパワーだ。
東日本震災で報道された途方もない津波のエネルギーと、
自分のイメージの中で被ってしまうことさえある。


圧倒的なエネルギには、ただ呆然としてしまうだけだ。

けれども、津波のような物理的な破壊力とは異なり、
情報の津波の破壊力は、「人の力」で止めることが出来るはず。
その「人の力」とは、心の力のこと、想像力。
破壊力に対して、破壊力で対抗するのではなく、
心の力を持って対抗する。


それは、マハトマ・ガンジーの唱えたインド独立の理念、サティヤーグラハ
と通ずるものがあるのではないか。


情報に圧倒されることなく、価値観を操作されることなく、
心の独立を得るのため、ガンジーの理念を、もう一度思いかえしたい。





モモ


ミヒャエル・エンデの「モモ」がまた読みだされているということ。

今の「情報の氾濫」を
モモでは、「時間泥棒」という比喩的な存在で擬人化されていた。
「時間」に数字を与えて、そこに価値をつけていく「時間泥棒」の手口は、
今なら、「いいね」や「閲覧回数」といった「数値」に価値が持たされていることと、酷似している。
いつの間にか、気が付かないうちに、その数値が絶対的な価値観になってしまうという
人心のコントロールのトリックも今と似ているし、
「情報」を氾濫させることでしか生きていけない寄生虫的な存在が生まれるという指摘もある

それらのバブリーな流れを乗り越えていくのは、
古来から誰もが持っている「心」だ。




コロナ禍

それに加えて、このコロナ禍だ。

いつかは収束するのだろうけれど、
コロナ以降の価値観は、変化していくだろう。

情報と言う知恵の実を食べて、味を知ってしまった人類は
何を見て、どこに向かって歩んでいくのだろう。

ふと、吉野弘の詩「夕焼け」を何故か思い出した。

「やさしい心」あるゆえに、その心に責められる人もあれば、
「やさしい心」が持てないゆえに、その心に責められる生き方もあるはずだ。
<詩中>の受難者は、「やさしい心」の持ち主だけとは限らない。

・・そう思う。








死生観(2)長生きすることが良いのか 奇跡の時間を生きて

トキ4-180

雨ニモマケル

宮沢賢治が病の床で書いたメモ(詩)「雨ニモマケズ
自分が病気になって弱気になったとき、この詩は心に染みる。
宮沢賢治が病床で書いた時の心持ちを、察することが出来るね。

自分なりの感想では、これは偉人の言葉ではなく、
病弱なものの、見果てぬ夢みたいなもの・・と感じたりする。

保険制度が充実している今は、
標準的な医療を受けられることは当たり前のことだけれど、
それまでは、そうした医療を受けられる人は、とても限られていたようだ。
梶井基次郎の「のんきな患者」では、
病気を抱える多くの人たちが、病院で受診できず、メダカを飲んだり、
迷信みたいなことに縋ったりしていた姿を描いている。

病人の現実

雨に打たれれば弱ってしまい
風に吹かれても、冬の寒さ夏の暑さにもへばってしまう。
痛みや苦痛、体調不良があれば、つい愚痴もでる。
煩悩いっぱいの自分にとって病気とは困ったものだ。


と言うのが、私のような凡人の感覚だろう。


私はなかなか「雨ニモマケズ」に書かれたような献身的なことは出来ない。
病気になると、自分の命を守る本能みたいなものが強まるからだろう。


たぶん宮沢賢治は、理想を夢見ていた人だろうか。
自分の病苦に対して、
それを献身や奉仕に転換していくエネルギーを夢見ていたのだろうか。
作品として発表していない。
つまり心の中のつぶやきだったのかな。

雨ニモマケズは
南無無辺行菩薩 ・・のマントラで終わっている。

「雨ニモマケズ」は、崇高で高貴な精神かもしれない。

でも、やっぱり、
「雨にも負けてしまう弱く身勝手なワタシです」
とぼやいている。

等身大の自分、
なんだか、潔いと思えたりする。


誰にでもあることだからこそ

死は、誰にも訪れるものだ。

離別の悲しみを持ちながらも、
自然の摂理を受け入れる。
それは、命を持つ生命の宿命なのかも知れない。

透析の治療を受けながら、
時々、思い返すのは、透析治療を受ける直前の自分の体調のことだ。
その当時、はっきり言って、近々、死ぬのではないかと思っていた。
そのくらい、体調が思わしくなかった。

今は、治療を受けて、順調な日々を過ごしている。
でも、それは「奇跡の時間」に過ぎない。
普通なら死んでしまうところを、
治療や服薬によって命が維持できている状態だからね。

それでも、「治療によってかろうじて生きている」割には、
元気で普通に暮らせている。

こんな奇跡の時間に生きている、
あるいは、医療と保険制度によって生かされているのなら、
社会に還元できるような立派な行いをできればいいのだけれど・・

相変わらず、平凡な喜怒哀楽の日々に終始している暮らしだ。

祈り

日坂部羊の小説を時々読んでいる。
高齢者医療に関わる現役の医師が書く小説は、リアリティがある。

終末医療の話は、時に重いけれど、時に、自分が与えられた「奇跡の時間」を
どうすごせばいいか、それを考える機会を与えてくれる。

・ただ、長生きすることだけが良いのか?
・生かされていることの意味
・自分の死後

これらは、「答えがないもの」かも知れない。
それでも、考えてしまう。



258ラスコー3

古代の人たちは、現在の私たちより、思考は劣っていて、
「未開人」とつい思ってしまいがちだけれど、
過酷な生存環境の中を生き抜いて、現在まで命を繋いできた。
これは、まさに奇跡だと思える。

狩猟は、食べ物を得ることという意味だけではなく、
それ以上に、自然への祈りであり、信仰なのだろう。

やがて、狩猟が農耕に移っていくにつれ、
農耕が、祈りや信仰のよりどころになる。

晩鐘
ミレー 晩鐘


飽食の時代になって
命を繋ぐものは、命そのものを扱う医療が担うことになっている気がする。
狩猟時代や農耕時代と同じように
それをコントロールできる人たちは、
圧倒的な権力を手にするけれど、
人類そのものの維持までも手中に収めることになる。
それは幸福か不幸かはわからない。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。

権力は、常に移ろいゆくものだ。
権力の移ろいは、時に周囲を巻き込み、大規模な大戦にまで広がることもある。
そこには、勝者も敗者もいない。
ただ、人類にとっての大きな不幸ということだけ。


考えることは、
孵化と似ている 祈りとも似ている
それは、当たり前のようなことだけれど、
生命の奇跡

ゆっくりした時間が必要だろうね。



<続く>
RSS