2017年09月11日

インドトレンドフェアーでのカルチャーイベントに出演予定です。
9/28(木) 14:30〜 16:00〜 の2ステージをシタールソロを予定しています。

展示会では、以前からたびたび演奏をしています。
場所は、大使館、イベントホール、デパート、総合展示場 などなど。

こうした催しでは、私の演奏の立場は、一貫させています。
「私の演奏をご披露します!」というものではなく、
この催しを機に、文化を知って、催しを親しんでいただく、ということです。
言わば、橋渡し役です。

ですから、舞台には出ますけれど、催し全体では裏方です。
催しの主役は、そこで展示されている製品や、
催しを行う人たちの想いと来場者。
そこでの、人と人のつながりを演奏を通じサポートすることが私の役割です。

舞台の裏方の仕事は、
20代頃に日劇ミュージックホールの切符切り(モギリ)
長年おこなってきました。
とても懐かしい思い出です。

会場係のとき、お客さんたちの背中越しに、舞台を眺めること 
舞台が終わり、笑顔で帰るお客さんをお見送りすること
拍手にも、いろいろな温度や色彩があることに気付いたり
連日繰り返される同じ演目でも、天候や入場者の数で、微妙に違うものです
(そのどれが良いとはいえないところが、舞台の面白さですけれど)
何度聞いても変わらない、気分が引き締まる開演ブザーの音の厳粛さ とか


こうした感覚は今でも、体に染みついています。


枯葉ライン

もちろん、自分の演奏はしっかりしますよ!

インド繊維製品の総合展示会の中の
インドの文化を紹介するコーナーですので
来場者に語り掛けるような感じの演奏、
古典の中でもライトクラシックなどの
軽くて親しみやすいものがいいのかな、と予定しています。
でも、古典音楽の聴きごたえある魅力も、一部紹介したい気持ちもあります。


枯葉ライン


「インドトレンドフェア2017」9/27〜29に東京・渋谷で開催

インドのアパレル、及びホームファッション製品を一堂に集めたインド繊維製品の総合展示会「第3回インドトレンドフェア2017」(主催:日印国際産業振興協会(JIIPA))が、9月27日(水)〜29日(金)の3日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ファーストにて開催される。

 インドの繊維産業は、「メイク・イン・インディア」を公約として掲げるモディ政権の中で、最重要産業と位置図けられており、昨今のEPAの繊維品目に対する関税撤廃により、関税はゼロになり、日本国内企業からも発注先、仕入れ先、また生産拠点としても注目されている。
 同展示会では、欧米の大手ファッションブランドやアクセサリー製造を請け負う企業、また日本人デザイナーとのコラボレーションを望むインド企業約70社(アパレル系50社、ホームテキスタイル系20社)が出展する。都市別には、パニパッドからはベッドリネン、カルールからはテーブルリネン、ティルプールはニット製品、コルカタから多彩な刺繍、ムンバイからカディコットン、デリー・ノイダエリアからはヤングアパレルブランド、そしてジャイプールからは小規模から大規模まで対応できる製造企業が登場する。
 なお会期初日には、インドテキスタイルをPRする「ITFファッションショー2017」が行われる。また会場内ではインドのカルチャーイベントも連日行われる予定。
 入場は無料(事前登録必要)。なお会場は昨年の「ベルサール渋谷ガーデン」から「ベルサール渋谷ファースト」に変更になっているので注意が必要である。

http://news.livedoor.com/article/detail/13589896/



辰野基康pohh at 17:29│