安田純平さん妻Myuさん、政府に早期救出を要求 「一番の鍵を握っているのは日本政府だ」

    1 名前: おでん ★ :2018/08/07(火) 17:49:33.79 ID:CAP_USER9.net
    1 シリアに入国後、行方不明になったジャーナリストの安田純平さん(44)の妻は7日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見し「今、一番のかぎを握っているのは日本政府だ」と述べ、政府に早期救出に向けた行動を取るよう求めた。

    安田さんは2015年6月、取材のためトルコ南部からシリアに入国後、音信が途絶えた。今年7月下旬、安田さんとみられる男性が「今すぐ助けてください」と訴える新たな映像がインターネットに公開され、背後には銃を構える黒装束の人物2人が写っていた。

    妻はこの映像を見て「状況が切迫しているのではないか」と懸念し、会見したという。

    妻は冒頭で「日本中の皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことを心からおわび致します」と頭を下げ、「家族としては一刻も早く帰ってきて、日本の地を踏んでほしい」と訴えた。

    映像公開を受け、菅義偉官房長官は1日の記者会見で「さまざまな情報網を駆使し、全力で対応に努めている」と強調した。妻は「官房長官が会見でおっしゃったことを信じてきたし、これからも信じて期待したい」と話した。

    「おわび致します」

    会見の冒頭、安田純平さんの妻は「救出に向けて努力を重ねてこられた皆様にお礼を申し上げる。日本中の皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことを心からおわび致します」と頭を下げた。

    https://mainichi.jp/articles/20180808/k00/00m/040/017000c

    【安田純平さん妻Myuさん、政府に早期救出を要求 「一番の鍵を握っているのは日本政府だ」】の続きを読む

    テレ朝「安田純平さんの韓国人発言をカットしたのは、安田さんに危害が加わる可能性があったから」

    1 名前: 名無しさん@涙目です。 :2018/08/07(火) 18:39:30.32 ID:m6x92NSv0●.net
    1

    Mi2@YES777777777
    【私は韓国人をカットした理由】安田純平さんの新映像公開の先週のニュースで『韓国人です』をカットした理由について、テレビ朝日「発言の意図が不明な事や安田さんに危害が加わる可能性がある事から放送を控えてきた。安田さんの妻が会見で発言に言及したため放送する事にした」 なんじゃそれ…。
    0:5317:34 - 2018年8月7日

    https://twitter.com/YES777777777/status/1026748387260096512

    【テレ朝「安田純平さんの韓国人発言をカットしたのは、安田さんに危害が加わる可能性があったから」】の続きを読む

    爆笑問題「太田光」に裏口入学の過去発覚 コンビ結成の“日大芸術学部”入試で

    1 名前: かばほ~るφ ★ :2018/08/07(火) 17:06:12.62 ID:CAP_USER9.net
    爆笑問題「太田光」に裏口入学の過去発覚 コンビ結成の“日大芸術学部”入試で
    1 東京医科大の入試をめぐる“不正”が取り沙汰される折も折、お笑いコンビ爆笑問題・太田光(53)の裏口入学が発覚。これまた渦中の日本大学がその舞台だが、この裏口が無ければ相方の田中裕二(53)と出会うこともなく……。

    大東文化大学第一高校に通った太田が、日本大学芸術学部を受験したのは1984年のこと。自身の進学について、〈いずれ日芸に行きたいと思っていた〉と自伝に綴るが、一方で〈ダメなら専門学校の横浜映画学校に行ければいいやって思ってました〉(『爆笑問題 太田光自伝』)。

    だが、内装会社を営んでいた父・三郎氏は、溺愛する一人っ子の光を、 なんとしてでも日大に合格させたかったようだ。入試前年の83年後半、指定暴力団組長の愛人芸者の娘と知り合い、“知る人ぞ知る裏口入学ネットワーク”に依頼をする。だが、「この成績では無理だろうというレベルでしたね。太田の父親とも何度か打ち合わせの席を持ちましたが、“息子、バカなんです。バカなんです”と繰り返していてね。“割り算もできないんです”ともボヤいていました」(さる日大関係者)

    そこで太田本人に尋ねると、「僕は身に覚えはないですよ」との答えが返ってくるが、先の日大関係者は、「1次試験前日くらいのタイミングで、ホテルに太田を缶詰にしました」と、裏口入学について具体的な証言をする。曰く、本番と同じ問題を使い、現役教員自らレクチャーした……。となれば、ゲタを履かせてもらっていることは、太田も分かっていたことになる。父・三郎氏は、対価として日大に800万円を支払った。

    こうして“合格”した先で出会った相方と結成した爆笑問題は、今年で30年を迎えた。8月8日発売の週刊新潮では、“ゲタを履かせようにも、その足がなかった”という言も出た「太田の裏口入学」について詳しく報じる。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/08071700/

    【爆笑問題「太田光」に裏口入学の過去発覚 コンビ結成の“日大芸術学部”入試で】の続きを読む

    このページのトップヘ