2014年10月28日、韓国・聯合ニュースによると、日本文化庁は同日、ユネスコ補助機関が日本の和紙を作る技術を「無形文化遺産」に登録するよう勧告したと発表。11月下旬に登録される見通しだと伝えた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「紙を作る技術は韓国が伝えた文化なのに」

「また韓国の文化財を盗むんだね」

「つまり韓国の伝統紙『楮紙』が無形文化遺産に登録されるってことだよね?」

「楮を原料とする紙は韓国固有のものだ。中国の学者たちが昔、『韓紙が一番使いやすい』と注文していた記録も残っている」

「韓国に10年以上あるものは全部ユネスコに登録しよう。日本や中国に奪われる前に」

「『和紙』なんて初めて聞いた。紙といえばエジプトか中国だと思ってた」

「日本に奪われた文化財をすべて回収しないといけない。小さい国だからって甘く見るな!」

「西洋人が『韓紙』を『和紙』と呼んでいて驚いた。韓国政府は何しているんだ?韓国ももっと積極的にアピールしていかないと」

http://www.recordchina.co.jp/a96581.html

南嘲賤て建国してまだ70年も経っていないけど。

馬鹿チョン共が言うところの「韓紙」なる代物は今も作られているのかね。大体、今の国ができる前は国名に「韓」という名前も無かったが?
中国から製紙法が伝わっていればそれを保存する方法も、関係する文献も残るはずだがそれが存在しいないのは何でだろね。
イタリアやスペインをはじめとして各国の文化財の修復になぜ和紙が使われているかが理解できないからな、馬鹿チョンは。似たようなものがあっても質も技術も到底及ばないから相手にされていという事に気づけ。
1600年代にはすでに和紙が描画に最適って事で西洋の画家に重宝がられてたわ。レンブンラントもゴッホも和紙を使っているからな。で、そのチョン紙は?固いゴワゴワノ便所紙だっけ?

まがりなりにも世宗が朝鮮通信使を派遣して、その報告書に水車を含めて和新の製法を持ち帰る事が重要だとあるのに。実態はチョンが和紙をパクった。しかも最近は漂白剤しようで質も劣化というのが正解。
伝えた云々よりもその製法を今も連綿として維持してしている方が遥かに重要なのにチョンは基本が低能なのでそういう事に理解が及ばないだけの事。職人を最底辺に見下してきたからな。

和紙漉きって大量にキレイな水を使うから近くの川なんかから水を引くのだけど、水車も作れないのに紙漉きの技術が伝わったり、残っている筈が無いんだよな。

そんなに言うならユネスコにそのチョン紙も登録するよう要求すれば良いだろ。まあ通らないけど。
和紙が認められたのは発明とか起源じゃなくて長年にわたって継承し続けてさらに独自性を維持してきた事に対するものなんだが。紙を作る技術、文化があるなら、それを利用する文化も当然存在するはずなのだけど、馬鹿チョンにはそれも存在しない。だから折り紙や書道等を盗んでいる訳。

(日本統治時もこれなのに技術がある訳ないだろ)
日韓併合前