5日午前、茨城県つくば市の中学校で、生徒たちが化学の実験をしていたところ、金属の粉末が激しく燃え上がり、男子生徒2人と女性教諭の合わせて3人が顔や手にやけどをしました。
5日午前11時ごろ、つくば市金田の桜中学校で科学部の生徒たちが校庭の脇で金属の粉末に火をつけて反応を見る実験を行っていたところ、激しく燃え上がり、近くにいた3年生の男子生徒2人と顧問の57歳の女性教諭の合わせて3人が顔や手にやけどをしました。

警察によりますと、3人は病院に運ばれ手当てを受けていますが、命に別状はないということです。
学校によりますと、実験には生徒7人と教諭の8人が参加し、缶の中に酸化銅とアルミニウムの粉末を入れて教諭が火をつけたところ、激しく燃え上がったということで警察が詳しい状況を調べています。
桜中学校の松本義明校長は、「あってはならない事故を起こし申し訳ありません。安全管理を徹底し、子どもたちの安全確保に努めていきます」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160305/k10010432891000.html

http://www.sankei.com/life/news/160305/lif1603050033-n1.html

「酸化銅とアルミニウムの粉末を入れて教諭が火をつけたところ、激しく燃え上がった」

当たり前だろ、普通にテルミット反応なんだから。金属アルミで金属酸化物を還元してその金属を取り出す冶金方法だろが。
酸化還元反応の実験何だろうけど、他にも簡単で安全な実験があるのに何故それをやったし。膨大な熱量をは出すから室内では絶対にやってはならないものだというのはさすがに理解していたようだけど。
アルミと還元する金属とのイオン化傾向の差が大きいほど多量の熱を発生させるのだけど、アルミと銅だと大きすぎるわ。
(K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H2) Cu Hg Ag Pt Au)(一番簡単なものでこれ

その分分かり易いとは言っても、やるにしてもせめて酸化鉄だろ。

「実験には生徒7人と教諭の8人が参加」

公開授業でもないのになんで教師が8人も参加?その中に理科教師は何人いたんだろか。仮に半数以上が理科教師だったとして何で誰も止めなかったのかね。理科の教諭やっていてテルミット反応知らないとかちょっと考えられない。
使用した缶も飲料用の者か、缶詰で使われる物だとは思うけど場合によっては炎が噴き出すのに。まさか使用した缶がアルミじゃないだろうな?

ついでに言えば金属粉は危険物取扱品目にしっかり入っていたりする。水分と反応して発生した熱が近くの可燃物に引火したりで稀に事故が起きるし。産廃やゴミの集積所、埋め立て地等で火災が起きたりするのもそれだし、過去には港で火災事故も起きてるわな。

そして究極の迷惑駐車撃退がこれ。アルミ粉と金属粉の混合物をを灯油やガソリンに浸してから車の屋根に置いて火を点ければあっという間に自動車は全焼するね。あくまでも捕まるのを覚悟でやるものだけど。
その前にフロントガラスに牛乳撒いて新聞紙でも貼っておけば大抵はなくなるけど。