はじめてのポケモン対戦講座の補足になります。
めざめるパワーの仕様について確認します。

参考:ポケモンの館めざパ判定

めざめるパワーとは?

技マシン10でほぼ全てのポケモンが覚えられる技でポケモンの個体値威力タイプが決まる特殊技です。
最大威力は70タイプはノーマル以外どれかになります。
技の少ない特殊アタッカーが使います。
主なところだとボルトロス(めざ氷orめざ飛)・ウルガモス(めざ地・めざ氷)・クレセリア(めざ炎・めざ格)といったところですね、他にもたくさんいます。

めざパを使う時の注意点

・威力64以下だと実用性が低くなる

厳選でめざパ個体を粘る場合の注意点ですが威力64以下だと抜群でも130未満になってしまいます。
タイプ一致等倍威力90技が135相当なことを考えると最低でも威力65はほしいです。できれば70

・基本的には4倍をとれる相手に対して使っていく

上の話とも繋がっているんですが、めざパの威力は最大70で2倍だと140にしかなりません。
140だと拘りメガネ等を使わないと確2すらとれないケースも多いので
基本的にはめざパは4倍の相手に撃つものだと考えてください。
もっというと4倍でも倒せない相手が結構います。ガブリアスなんかはC種族値125以下のポケモンのめざ氷70だと確定1にはなりません。めざパは仮想的(めざパのタイプで4倍がとれる相手)にどれくらいのダメージを与えられるのか?はあらかじめダメージ計算機等で確認した方がいいです。

めざパのタイプと威力の調べ方

まずはPWTにいる茶色の髪の毛で緑の服を着た人にポケモンを見せます。
この人はポケモンがめざめるパワーを覚えた場合のタイプを教えてくれます。

めざパの人

次にポケモンの個体値を確認します。
ポケモンの館個体値チェック等を利用してください。
ある程度レベルを上げないと個体値の範囲を絞り込むことができません。
ポケモン育て屋等で努力値を入れないでレベルを10程度まで上げましょう(10ピッタリにすればVorUかそうでないかがほぼ分かります。)
ふしぎな飴やドーピングアイテムも利用してなんとか個体値を確定させましょう。
個体値が確定出来たらポケモンの館めざパ判定に数字を撃ちこめばめざパのタイプと威力が分かります。

めざめるパワーの厳選は非常に大変です。
もし初代DSorDSLiteとブラックorホワイトのロムがメインのDS&ロム以外に準備できるのでしたら
乱数調整を利用すると比較的楽にめざパ理想個体を捕まえることができます。

乱数調整について

めざパのタイプの決定

めざパ

よく使うめざめるパワータイプ別理想個体値

・最速にできる
氷:31-30-30-31-31-31(30-31-30-31-31-31でも可)
飛:30-30-30-30-30-31
地:31-31-31-30-30-31
草:31-31-30-30-31-31

・最速にできない
炎:31-30-31-30-31-30
岩:31-31-30-31-30-30
格:31-30-30-30-30-30