トップページ » ポーカー用語
ポーカー用語

タグクラウド 5

そのまま直訳すれば「タグの雲」となります。ブログの中で使用されたタグを視覚的にフォントの大きさや色で強調したものです。
このサイトでも右のサイドバーに配置しました。

ポーカーマップと言うことで、どこの地域にポーカースポットが分布しているかわかります。
地図とは違いリスト化された情報で直感的に「東京都」、「大阪府」のようにキーワードで確認できます。

他に使用されたキーワードでポーカーサイトやポーカー団体の関連する情報の多さも見てわかります。

livedoorブログのプラグインでは、100個までのキーワードが表示可能です。
タグを表示する閾値も設定できます。ここでは2個以上に設定しています。

poker mapspokermaps タグクラウド この記事をクリップ! 


楽天で全てのトランプ柄グッズを見る
Amazonで全てのトランプ柄グッズを見る

テキサスホールデム 5

テキサスホールデム

<使用するカード>
52枚のカードを使用します。ジョーカーは使用しません。

<手札>
各プレーヤーには、ホールカード( hole cards )と呼ばれる2枚の手札が伏せて
配られます。

<参加料>
ブラインドベットが採用されるているのが一般的です。

<共有カード>
ゲームの進行につれて、コミュニティカード( community cards )と呼ばれる
共有カードが全部で5枚場に開かれます。

<ブラインドベット>
ホールデムでは、ブラインドベットを採用しているのが一般的です。
ブラインド1−2というルールの場合、ディーラーボタンの左隣の人がチップ1枚、
さらにその左隣の人がチップ2枚を、手札が配られる前に強制的に賭けることに
なります。

<ベットラウンド>
ホールデムでは、ベットラウンドは4回あります。

<アクション>
各ベットラウンドでは、以下のアクションのうち1つを選択します。
1)チェック・・・賭け金の上乗せをしないことです。$0 ベットと同じです。
2)ベット・・・・賭け金の上乗せをすることです。
3)フォールド・・降りることです。
4)レイズ・・・・誰かがベットした後に、さらに賭け金の上乗せをすることです。
5)コール・・・・他の人の賭け金と同額を出すことです。

<ゲームの進行>
以下の手順でゲームは進行します。
1)各自に手札が2枚伏せて配られます。
2)ベットラウンド1
3)フロップ(全員に共通のカードが3枚)が開かれます。
4)ベットラウンド2
5)ターン(全員に共通のカードが1枚)が開かれます。
6)ベットラウンド3
7)リバー(全員に共通のカードが1枚)が開かれます。
8)ベットラウンド4
9)ショーダウン

<勝敗>
それぞれのプレーヤーは、2枚の手札と5枚の共有カード、合わせて7枚のうちの
任意の5枚を選択して役を作ります。作った役の強弱で勝者が決まります。
(選択しなかった2枚は勝敗に影響しません。)


poker mapspokermaps テキサスホールデム この記事をクリップ! 


記事やコンテンツが文字化けや正しく表示されない場合は、再度検索するか、右のメニューよりコンテンツや記事を選択するようにお願い致します。