2005年10月13日

東洋医学について

東洋医学の治療は、人間の体質(根本)に対し治療していく方法です。
ちょうど木にたとえるなら、幹の部分、根の部分からの治療です。
たとえば頭痛・肩こり・腰痛・めまい等のさまざまな症状は、その木の葉一枚でしかありません。
病気にかっかた一枚の葉を取り除いても、木そのものの幹・根を治さないかぎり、別の葉が次々と病気になります。
今その場にある苦痛だけを取り除いても、体質(根本)から治療しなければ、他の症状が出てきてしまいます。
東洋医学では、葉を一枚一枚取り除いていくような治療ではなく、木そのものを治していく体質改善の治療なのです。

ぽっかぽか鍼灸院ホームページ
http://www.pokkapoka89.com

pokkapoka_145 at 11:09│