妊婦

2015年02月15日

ママをどうやって選んだのか

息子が四歳半の時、どうやってママを選んだのか話をしてくれました。

私の母と私と息子と三人で夕方車に乗っているときでした。

私の母「ママのお腹の中にいた時どんなだった?」

息子「あのね。四角の枠があってね、いろんなママの顔があって、ポチって押したの。」

ん?これは、まさか以前本で読んだことがある、ママを選んだ時のことかも知れないと思い、鳥肌が立ちながら、上手に聞き出さなきゃと、質問をしました。

私「ポチって何を押したの?」

息子「ママの顔のところをポチって押したのよ。」

私「どうしてママを選んだの?」

息子「ママがいいかなぁーと思ったの。」

ママを選んだ時の記憶のある子は、小さいおじさんがいたと言うことがあるというのを覚えていたので、

私「誰かいた?誰かがママがいいんじゃない?って言ったの?」

息子「いなかったよ」

私「ポチって押したあとママの所にどうやって来たの?」

息子「ながーい滑り台をすべったんだよ。」

その時は、感極まって涙が出てきそうになり、その他何を聞いたら良いかわからなくなってしまいました。

帰宅した後、夫にその話をしたら夫が更に息子に質問をしました。

ちょうど前のお家に2ヶ月違い生まれのお友達がいるので、

夫「○○ちゃんのママはいたの?」

息子「いないよ。ママ以外は外国の人だった。」

私達は日本人の中から選んでると思い込んでいたけど、んー、確かにそれはあり得る。

もしかすると、ちょうど保育園に外国人のお友達が二人新しく入園してきた時で色々とお話していた時だったので、外国人が出てきたのかも知れません。

ちょうど、創造力も豊かになってお話も作ることができる年頃ですので、真実か作り話かは、わかりません。

でも、ママのお腹の中はどんなだった?と何回聞いても、うーん?わからない。と胎内記憶は覚えていないらしく、ぽちっと押したとと言う話になるので、少なからずママを選んだ時の記憶が残っているのでは?と思っています。

信じる信じないは別にして、子供たちの胎内記憶やママを選んだ時の記憶は、神秘的で素敵ですよねぇ。




pokkapoka_145 at 21:00|Permalink

2013年06月24日

産休

院長川田涼子の産休を平成25年8月25日より
とらせて頂くことにさせて致しました。

復帰は、生まれた子と私の肥立ちが順調であれば
来年の1月頃より、少しずつ診療をしようと考えています。

ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しく御願いします。

現在、妊娠8ヶ月になりました。
お腹の赤ちゃんも、私も今のところ順調です。
順調に育ってくれている赤ちゃんに本当に感謝です。
また、高齢妊娠でありながら(38歳です。出産してすぐ39歳になります。)
何事も問題なく過ごせている自分の身体にも、感謝感謝です。

妊娠してから、ずっと鍼灸治療をしています。
初期は、流産予防とつわり軽減の治療。
安定期に入ってからは、安胎と安産のための治療。
毎日自分でお灸をしたり、鍼をしていますが、
風邪をひいたり、腰痛がでたり、息苦しさがでたり
「今日はちょっと気になることがあるぞ。」という時は
夫に治療をしてもらっています。
本当に良くなります。

妊娠中に鍼灸治療を受けるのは、危険だという話もありますが、
専門の知識を持った鍼灸師の鍼灸治療であれば、
危険なことはなく、妊娠中の様々なトラブルや色々な症状に効果があるんですよ。

ぽっかぽか鍼灸院も、あさひ鍼灸院にも
多くの妊婦さんが通院されています。
安心して治療をお受けください。

pokkapoka_145 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月01日

可愛いお客さん

3fb91b9e.jpg
昨日、妊娠前から出産前まで通院されていた患者さんが
赤ちゃんと一緒に会いに来てくれました。

うれしいですねぇ。

6ヶ月になった可愛いKちゃんを抱っこさせてもらいました。
ママのお腹の中にいる時から聞いてる私の声を覚えているのか、
おとなしくニコニコとしてくれてて、
とても嬉しくなってしまいました。

やっぱり、お母さんのお腹の中にいる時から会ってる子は初対面な感じがしないんですよね。

皆さんからのご出産のご報告やお子さんの成長のご報告、
いつも嬉しく拝見させて頂いています!


pokkapoka_145 at 18:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月01日

母子感染

昨日NHKのハートネックTVで
妊娠して初めて感染すると、胎児に障害がでるという
母子感染について放送していました。

妊婦さんが初めて
生肉や猫のフンにいるトキソプラズマや
乳幼児の唾液や排出物に含まれているトサイトメガロウイルス
に感染すると
胎児の脳や目や耳に障害がでるそうです。

生まれる前、生まれてすぐ感染がわかることもあるそうですが、
成長段階で障害が出てから感染が分かることもあるそうです。

生肉を食べない。
ガーデニングや猫の糞に接触しない。
乳幼児の食べ残しなど食べない。
などなど、注意をすれば防げる感染です。

くわしくは「トーチ会」のホームページで妊婦さんの注意事項などが記載されています。

妊婦さんだけではなく、妊娠を望んでいる方もぜひ見てください。

正直、私も全く知りませんでした。
自分が妊娠している時も、病院などで注意を促された記憶がありません。
唯一、ガーデニングなどの土いじりをしない方が良い。ということは知っていましたが
何に感染するからという認識はありませんでした。

注意をしていれば防げる感染。
防げる注意事項を知らないがために、感染し我が子に障害がでてしまう。
自分を責めるだろうし、悔しさが拭えないと思います。

多くの方に知ってほしいですね。

NHK ハートネットTV「福マガ10月号」の再放送が
2012年11月7日(水)
午後1:05〜午後1:35
にあります。

こちらも是非見てください。

pokkapoka_145 at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月20日

野田聖子さんのドキュメンタリー放送予定

今日は雪が降ってますね。
さすがに足元から深々と冷えてくる感じがします。
皆さん冷えないように気をつけてくださいね。

さてさて、話は変わりますが

本日 1月20日(金)
野田聖子さんのドキュメンタリーが
フジテレビより金曜プレステージ
「私は母になりたかった〜野田聖子 愛するわが子との411日〜」
が放送されます。

不妊治療、卵子提供を受けての妊娠、
高齢での出産、そして生まれてきた子の病。

これまでも、私も野田聖子さんの事は気になり
動向をネットなどで見させてもらっていました。

本当に、色々と考えさせられる事があります。

今回の放送で、また違った思いが込み上げてくるかも知れませんね。

pokkapoka_145 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月01日

うれしい出来事!

29f691df.jpg
昨日は、妊娠中に腰痛で通院されていた患者さんが、
赤ちゃんと一緒に会いに来て下さいました。

うれしいですねぇ。

お腹の中にいる時から知ってるんだもんねぇ〜。
とお話しながら、
元気に産まれて来てくれて
元気に成長している
Nちゃんを抱っこさせてもらえて
本当に嬉しくなってしまいました。

お母さんのお腹の中にいる時から会っている子は、
初対面な感じがしないですよね。

皆さんから頂く、ご出産のご報告やちびちゃん達の成長のご報告で
いつもたくさんの幸せを頂いています。
ありがとうございます!


pokkapoka_145 at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月25日

妊婦さん、葉酸の摂りすぎに注意!!

妊娠中の葉酸の摂りすぎに注意と言う記事がでています。

葉酸を取りすぎた場合、自身が発熱やじんましんなどを起こしたり、
生まれた子どもがぜんそくになったりするリスクがある報告があるそうです。

妊娠すると、多くの妊婦さんが葉酸を摂りますよね〜。
だって雑誌にもネットにも、妊婦さんは葉酸を摂りましょう!って書いてありますもんね。
さらに、厚生省で推奨していると言われればなおさらです。
私も、妊娠初期は、葉酸をサプリメントで取っていました。

厚生労働省は、葉酸について、妊娠が予定される女性は
妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、
通常の食事から摂取する以外に、
1日400マイクロ・グラム(1マイクロ・グラムは100万分の1グラム)摂取するよう推奨しています。

サプリメントは濃縮されているため、お食事で取れるのが一番のようです。
でも、妊娠初期は、つわりなどで食べられない時期ですので、
サプリメントに頼るしかありませんよね。

とにかく、摂取する時期と量をしっかりと把握して摂り過ぎには注意をしましょう。

pokkapoka_145 at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月17日

胎内記憶

みなさん、お母さんのお腹の中にいた時のことを覚えてますか?

幼少期には半数の子が、胎内の事を覚えていて
お母さんのお腹の中どうだった?聞くと
「温かかった」「プカプカ浮いていた」
などお話してくれるそうです。

お腹のおヘソから外が見えたなんてお話してくれる子や
妊娠中にお母さんが話しかけた事を覚えている子もいるそうです。

とても神秘的ですよね。

さらに、どうやってお母さんやお父さんを選んだのか
を覚えている子もたくさんいるそうです。

お空でお母さんを選んでいて
「お母さんが一番やさしそうだったから。」
「楽しそうな笑い声が聞こえるお家があったから。」
「お母さんが悲しそうだったから、僕がいってあげたら元気になると思ったから」
などなど

私達は、自分の意思で、また使命を持って
お父さんお母さんを選んで生まれてきているですね。




pokkapoka_145 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月15日

出産

先日「プルミエール*私たちの出産*」という映画を観てきました。

世界10ヶ国の妊婦さんが新しい生命をこの世界に送り出す姿を
映し出したドキュメンタリー映画です。

イルカに付き添われながらの水中出産。
1日120件以上の命を産み出す大病院での出産。
医療機関に全く頼らない自然出産。
極貧困生活の中の命がけの出産。
砂漠の真ん中での出産。などなど

様々な環境で、様々な思いを持ちながらの出産ですが、
母親の子への愛情は、みんな共通しているように私は感じました。
とにかく、観賞中、観賞後、また現在でも思い出して
たくさんの事を考えさせてくれる映画でした。

女性には是非観ていただきたい映画です。

ただ、有楽町でしか上映していないんですよねぇ。
更に、上映回数も少ないので、ホームページで確認してくださいね。
プルミエール*私たちの出産*

pokkapoka_145 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月30日

妊婦さんのリラクゼーション

当院では、逆子の治療や安産のために治療に来られる妊婦さんが多く来院されています。
治療をうけている多くの妊婦さんから「妊娠してお腹が大きくなると、足がむくんだり、肩が凝ったり、腰が痛くなったりと、身体全体が重くしんどくなるので、マッサージなどをしてもらいたくても、妊婦であることを伝えると断られてしまう事が多くて、辛くてもずっと我慢していたんです。鍼灸治療をすると本当に身体が軽くなりますね。」とお話していただけることがあります。
妊婦さんは、色々な症状が出て辛い思いをされてる方が多いのですが、妊婦さんの治療は、ちゃんとした知識がないと危険な事がありますので、マッサージ院やエステなどでは、断られてしまう事が多いようです。
施術者に妊婦の知識があれば、安全に身体を軽くする治療が出来ます。
当院では、逆子が治っても身体も心も軽くなるので治療を続けたいと希望されて、来院されている妊婦さんが多くいらしゃいます。
妊婦さんのリラクゼーションに鍼灸治療お勧めです!!


pokkapoka_145 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)