小児はり

2015年02月15日

ママをどうやって選んだのか

息子が四歳半の時、どうやってママを選んだのか話をしてくれました。

私の母と私と息子と三人で夕方車に乗っているときでした。

私の母「ママのお腹の中にいた時どんなだった?」

息子「あのね。四角の枠があってね、いろんなママの顔があって、ポチって押したの。」

ん?これは、まさか以前本で読んだことがある、ママを選んだ時のことかも知れないと思い、鳥肌が立ちながら、上手に聞き出さなきゃと、質問をしました。

私「ポチって何を押したの?」

息子「ママの顔のところをポチって押したのよ。」

私「どうしてママを選んだの?」

息子「ママがいいかなぁーと思ったの。」

ママを選んだ時の記憶のある子は、小さいおじさんがいたと言うことがあるというのを覚えていたので、

私「誰かいた?誰かがママがいいんじゃない?って言ったの?」

息子「いなかったよ」

私「ポチって押したあとママの所にどうやって来たの?」

息子「ながーい滑り台をすべったんだよ。」

その時は、感極まって涙が出てきそうになり、その他何を聞いたら良いかわからなくなってしまいました。

帰宅した後、夫にその話をしたら夫が更に息子に質問をしました。

ちょうど前のお家に2ヶ月違い生まれのお友達がいるので、

夫「○○ちゃんのママはいたの?」

息子「いないよ。ママ以外は外国の人だった。」

私達は日本人の中から選んでると思い込んでいたけど、んー、確かにそれはあり得る。

もしかすると、ちょうど保育園に外国人のお友達が二人新しく入園してきた時で色々とお話していた時だったので、外国人が出てきたのかも知れません。

ちょうど、創造力も豊かになってお話も作ることができる年頃ですので、真実か作り話かは、わかりません。

でも、ママのお腹の中はどんなだった?と何回聞いても、うーん?わからない。と胎内記憶は覚えていないらしく、ぽちっと押したとと言う話になるので、少なからずママを選んだ時の記憶が残っているのでは?と思っています。

信じる信じないは別にして、子供たちの胎内記憶やママを選んだ時の記憶は、神秘的で素敵ですよねぇ。




pokkapoka_145 at 21:00|Permalink

2015年02月12日

逆子治療の勉強会に参加してきました

image


昨日は東京スキンタッチ会の勉強会に参加してきました。

内容は「逆子治療」と「からだ占い」。

ぽっかぽっかにも、逆子の患者さんが多く来院されますが、他の先生の治療方法や妊婦さんの身体の診察方法や妊婦さんの心の寄り添い方など、とても勉強になりました。

そして、同じ志を持つ先生方と一緒に勉強出来ることは何より楽しかったです。

pokkapoka_145 at 12:11|Permalink

2014年06月25日

乗り物酔いの治療

rps20140531_232348

小学生の男の子からお土産を頂きました。

数ヵ月前、遠足と自然教室(二泊三日)があり、バスに乗るので車酔いを治したいと来院されました。

本人はもちろんですが、お母さんも心配されていてました。
私も子供がいるので、お母さんの心配はよくわかり、私も、自然教室に自信を持って送り出したく、
治療してきました。

自然教室に行く当日の朝も、早かったのですが治療院に寄ってもらい、おまじない治療をして送り出させてもらいました。

無事、車酔いはなく行きも帰りも元気にバスに乗れたそうです。

写真はその自然教室に行った時のお土産。
限られたお小遣いの中から私にお土産を買ってきてくれるなんて、嬉しくて嬉しくて。
早速、白衣のポケットに飾りました。

pokkapoka_145 at 16:31|Permalink

2012年09月21日

コロコロ

我が家では、子供が体調を崩すと鍼をします。
小児鍼です。

夜なかなか寝付かない時
興奮しすぎた時
キイキイと奇声をあげる時
カゼ・発熱・嘔吐・咳
便秘・下痢
湿疹ができた時

とにかく、何かあるとまず鍼をします。

もちろん症状が重い時は、病院に行って診断して頂いています。
でも、お薬はほとんど飲ませたことがありません。
飲ませ方がわからないぐらいです。。。


昨晩、2歳の息子が、コロコロと転がして治療するローラー鍼を見つけ
「ママ、コロコロやって〜」
言ってきたのですが
キッチンで料理をしていた私は
「いいよ〜。お料理終わったらコロコロやってあげるね。」
と言っておきながら、すっかり忘れてしまい寝かしつけてしまったのです。

今朝、起きてきた息子が、仰向けになって
自分の洋服をめっくって、お腹を出して
自分でコロコロ(ローラー鍼)をしているのです。

「あ〜、ごめんごめん。ママがやってあげるね。」
と鍼をすると、とても気持ちよさそうにうとうととしていました。

息子にとっては、鍼をすることが、日常的で当たり前のようになっているようです。

こちらがローラー鍼です。
201209211607000


pokkapoka_145 at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月05日

疳の虫

2歳4ヶ月になる我が家の息子が、この4月2日から新しい保育園に転入したのですが
今まで慣れ親しんだ先生やお友達と離れ、
環境も大きく変わり、息子にとっては大きな試練だと思います。

昨日、息子の眉間に青筋が・・・。
ストレスが溜まってきている。

疳の虫がある子は、眉間に青筋がでたり、白目の部分が青くなったり
釣り目になったりと、色々な所見が出てきます。

案の定、思い通りにならないことがあると、私をたたく!たたく!たたく!
床に寝転んで足をバタバタさせ泣く!泣く!泣く!

そうだよねぇ。頑張ってるもんねぇ。
また、母親である私も、父親も、祖父母もみんなで心配して
保育園から帰ってくると「泣かなかった?頑張れた?」と
息子に聞いてしまいます。
またその大人の心配が、子供に伝わりストレスになるんですよね。

こんな時は、我が家では、鍼治療です。
昨日も、息子に「鍼やろうか?」と聞いたら、「うん!」と言って
自分からゴロンと仰向けに寝て、洋服をめくりお腹を出していました。

これが不思議と体調が悪いと「うん!」と答えるけど、
元気なときは「しな〜い!」と答えるんですよね。
きっと子供も辛いんでしょうね。

鍼といっても、子供にする鍼は大人に使う鍼とは違い
先の丸い鍼や、爪楊枝のように先が尖っているけれども、
刺さない、皮膚に接触するだけの鍼です。

今回は、お腹と左手と背中にちょんちょんちょんと
鍼をして終わりました。

治療後は、眉間の青筋が薄くなっていました。

こんなに低刺激の鍼治療でも、子供には本当に良く効くんですよ。

新しい保育園に慣れるまでは、毎日鍼治療をしなくちゃねぇ〜。

pokkapoka_145 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月09日

夜泣き

最近、赤ちゃんの夜泣きがひどくなったり、夜泣きをするようになった
と治療に来院される赤ちゃんが増えています。

夜泣きをする原因は、色々とありますが
やはり3月11日の地震の影響が強いように思います。

地震が直接赤ちゃんに影響したのではなく、
赤ちゃんの一番近くにいるお母さんの気持ちの変化や
ストレスを敏感に感じ取っているのではないかなぁ。と思います。

子供は、親のストレスを本当に受けやすいですからね。
夜泣きが何日も何ヶ月も続くと、お母さん自身が、寝不足になったり
どうしてうちの子は夜泣いてばかりいるのだろう。と悩んだりと辛いですよね。
お母さんが心身ともに元気でいることが子供さんにとっても一番いいことです。

夜泣きに鍼は良く効きます。
鍼治療を続けると、一時間おきに目を覚まして泣いていた子が
夜中に一回目を覚ます程度でぐっすり朝まで寝てくれるようになったりします。

鍼といっても、赤ちゃんに使う鍼は皮膚には刺さない鍼です。
爪楊枝のような形をした鍼や
とげとげの付いたローラー式の鍼などを使います。

最初は警戒して赤ちゃんも泣いてしまいますが、
3回・4回目になると気持ちよさそうな顔をして
お母さんが驚かれるぐらい
ジーッとおとなしくなってしまう子が多いですよ。

pokkapoka_145 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)