鍼灸治療

2012年04月05日

疳の虫

2歳4ヶ月になる我が家の息子が、この4月2日から新しい保育園に転入したのですが
今まで慣れ親しんだ先生やお友達と離れ、
環境も大きく変わり、息子にとっては大きな試練だと思います。

昨日、息子の眉間に青筋が・・・。
ストレスが溜まってきている。

疳の虫がある子は、眉間に青筋がでたり、白目の部分が青くなったり
釣り目になったりと、色々な所見が出てきます。

案の定、思い通りにならないことがあると、私をたたく!たたく!たたく!
床に寝転んで足をバタバタさせ泣く!泣く!泣く!

そうだよねぇ。頑張ってるもんねぇ。
また、母親である私も、父親も、祖父母もみんなで心配して
保育園から帰ってくると「泣かなかった?頑張れた?」と
息子に聞いてしまいます。
またその大人の心配が、子供に伝わりストレスになるんですよね。

こんな時は、我が家では、鍼治療です。
昨日も、息子に「鍼やろうか?」と聞いたら、「うん!」と言って
自分からゴロンと仰向けに寝て、洋服をめくりお腹を出していました。

これが不思議と体調が悪いと「うん!」と答えるけど、
元気なときは「しな〜い!」と答えるんですよね。
きっと子供も辛いんでしょうね。

鍼といっても、子供にする鍼は大人に使う鍼とは違い
先の丸い鍼や、爪楊枝のように先が尖っているけれども、
刺さない、皮膚に接触するだけの鍼です。

今回は、お腹と左手と背中にちょんちょんちょんと
鍼をして終わりました。

治療後は、眉間の青筋が薄くなっていました。

こんなに低刺激の鍼治療でも、子供には本当に良く効くんですよ。

新しい保育園に慣れるまでは、毎日鍼治療をしなくちゃねぇ〜。

pokkapoka_145 at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月19日

鍼治療で体外受精の成功率がアップ

今回、体外受精を受ける女性が、鍼治療を受けると、
妊娠率が65%高くなるという記事が
英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版に
掲載されました。

興味のある方は、ぜひお読み下さい。

鍼治療で体外受精の成功率がアップ

赤ちゃんが私達夫婦に来て欲しい・・・という
想いを抱えて、ぽっかぽかには、多くの患者さんが鍼灸治療を
受けにいらっしゃいます。

記事にもあるように、鍼灸治療は、不妊治療で疲れきった
体とこころを癒し、整え、元気にして、妊娠率を高めてくれます。

pokkapoka_145 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月02日

冷たい飲み物って悪い?

やっと梅雨が明け、これから真夏日がやってきますね。

この時期は、患者さんから「冷たい物は飲まない方がいいですよね。」
という質問をよくお聞きします。

お話を聞いていると、多くの方が冷たい飲み物は体に悪いと思い、
温かい飲み物を飲むようにしているようです。
確かに冷たい物を食べ過ぎたり飲みすぎたりすると
お腹を壊してしまったり、体調不良になったりしてしまいますよね。

しかし、冷たい飲み物すべて悪いというわけではありません。
本来は、体が欲しているもの(飲みたいな〜と思うもの)を
体に入れてあげることが一番良いと思います。

一人ひとり、体質は違います。
体の中が熱している人、逆に体の中が冷えている人もいます。

体の中が熱している人に、これからの夏の暑さが加われば、
もちろん熱+熱になってしまうので体の中を冷やすために
自然と冷たい物が欲しくなります。
冷やしてあげなくてはいけない体に、「冷たい物はいけない!」
という思い込みから、熱い物ばかりを摂ってしまうと、
体の中の熱化を増長させてしまい、病気になってしまうこともあります。

ですので、思い込みは捨てて、
今日はのどがカラカラで冷たい物が飲みたいなぁ〜
と思う時には冷たい飲み物を
今日は温かいお茶でホッとしたいなぁ〜
と思う時は温かい飲み物を
というように、その時々の体が欲している物を飲むことが大切だと思います。

ただし、冷たくても温かくても過剰の摂り過ぎは、
やはり体に負担をかけてしまいますので、
ご注意して下さいね。




pokkapoka_145 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)