2006年03月15日10:29Nip/Tuck シーズン2
ここのところ資格試験やら、パートが忙しいやらでドラマをためこんで
しまい、やっとのところでボチボチ鑑賞。CSIの更新も今週は無理かと
思ったけれど、なんとかアップできるかな。

ブログで”です”とか”思います”とか感想を載せるについて書いてる
けれど、使うと自分の気持ちが素直に書けない。
これからは自分の言葉で書こうと思う。

で、「Nip/Tuck」シーズン2もついに最終回。
先週、顔を切りつける暴行魔に襲われたショーン、マスクを被った卑劣
非道な犯人は誰?と思いつつ観てたが、声の調子で(つまり声優さんの
声ということ)でショーンの傷を治した医師が怪しいと睨んだ。すごい
声だけでと自分ながら思うが、絶対怪しそうな声!(声優さんごめん
なさい、この声、悪役でお聞きする声だと記憶してるので。)
戦地での悲惨な状況での整形というのも、聞きようによっては怪しい。
そういう悲惨な整形をしたゆえ、美に対して歪んでしまったととれる
のでは?と思うので。


今週はきっと犯人がわかるぞー!と思って観てたら、なーーーんとわかったのは
ショッキングなアヴァの新事実!!えっ〜〜〜。そうくるかと驚いたら
ありゃりゃボールドウィン家の長男アレックの巨大化にさらに驚く。
でもアヴァとアレック扮する整形外科医の涙ながらの手術シーンには
ジンとくるものが。頭の中がゴチャゴチャする世界だけれど、そういう
愛もあるんだなと素直に感動した。アヴァの複雑な行動にも納得がいった
しね。

シーズン2はショーンとジュリアのゴタゴタで辟易した部分もあったが
終わり良ければ全て良し、しかし最後のシーンはかなりなもの。
あの頬を伝わる涙、ネタバレ嫌いの私が、先を知りたくなって
しまいネットで調べようかと思うほどだった。今はなんとかその誘惑に
は勝っているけれど、この先はわからない。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Ayano   2006年03月16日 19:23
pokkoさん、こんにちは。おひさしぶりです!
テンプレート素敵ですね〜。

「NIP/TUCK」ファイナル、いろんな意味で感動しました。
カーバーの正体はネット上で動画まで流出してるそうですが、じっと我慢の子でS3放映を待ちたいと思います。

アバの正体もびっくりですね。もちろんエイドリアンに対する責任はあるけれど、同情するところもあるかも。
すっかり巨大化したボールドウィン長男には一瞬目を疑いました。レッドオクトーバーを追っていたりりしい彼はいずこへ……(涙)
2. Posted by ぽっこ   2006年03月17日 17:39
Ayanoさん、こちらこそお久しぶりです
ぺこ <(_ _)>
花粉の時期ですが、どうですか?
早めに薬飲んだ私はほとんど症状が出てませんが眠いです。

カーバーの正体も気になりますが、トロイがあの後どうなっちゃうのか…(泣)
いつもトロイが痛い目にあうんですよね、この番組って。
昔は自業自得かなって思いもしましたが、最近はちょっと可哀想。

エイドリアンはアバの複雑さの犠牲になっちゃいましたね。愛しても愛しても振り向いてもらえない辛さを知ってるはずのアバなのに、結局、自分と同じ想いをさせちゃったんですよね。

ボールドウィン兄弟って、なんだかみんな巨大化していきますね!

コメントする

名前
 
  絵文字