gachagacha_atari_man
例えば、アナタがハマっているソシャゲで300円課金すると1度回せるガチャが2種類あるとします。その2種類のガチャにはどちらにも1/300の確率でスーパーレアが含まれています。

一方のガチャのスーパーレアは
「作品内最強クラスの能力を持ったビキニの美女(爆乳)」が引けます。

もう一方のガチャのスーパーレアは
「戦闘力たったの5で、露出度ゼロの重装備モブ兵」が引けます。

さて、あなたはどちらのガチャに課金しますか?









DSC00771
ということで、「戦闘力たったの5で、露出度ゼロの重装備モブ兵」に課金する覚悟が無いと辿り着かない水族館があることをご存知でしょうか。

こみなと水族館map
千葉県の南房総に佇む「こみなと水族館」は、なんとあの「作品内最強クラスの能力を持ったビキニの美女(爆乳)」こと天下の鴨川シーワールド様の目と鼻の先。

鴨川シーワールド
※鴨川シーワールド様の外観写真。インスタ映えするぅ〜☆

DSC00747
※こみなと水族館の外観写真。監獄かな?


言っちゃあれだけど、こんな千葉の最果てまでわざわざ来て、せっかく行くなら「鴨川シーワールド」だよねぇ。これ、「こみなと水族館」に行くことを目的にしたら狂気の沙汰だよね。

まぁ行きましたけど。

…とは言え鴨川シーワールドと大きく違うことがあります。それは、入館料が「無料」ということ!「無料」という言葉の響きの美しさは、「丼からこぼれる大量のいくら」というパワーワードに匹敵しますからね。

それに比べて鴨川シーワールドなんて、入館するだけで2800円もの大金を払わないといけません。やばくね?僕なんて、「2800円あったら何しますか?」って聞かれたらさ、「鴨川シーワールドに行きます!」って言うかんね。鴨川シーワールド最高かよ。


さて、入館料こそ無料ですが、こみなと水族館に入館するためには入口で「記名」する必要があります。
外観と相まって、いよいよ病院の面会感。しかし、そこでついでに分かってしまったのが、驚愕の入館者数!
DSC00779
7月17日に入館した人の前に入館した人は7月4日でした。謎の空白の13日間…、日本沈没とかしてたっけ!?

ちなみに余計なお節介で1日の平均入館者数を割り出してみました。その結果…

0.53 人 / 日

計算上では、毎日0.5人が入館していることになりました。へぇ、半身だけ来るんだ!上半身かな?下半身かな?超心霊スポット。
なお、鴨川シーワールドの入館者数は3000 人 / 日程度とのことです。半身だけで言えば6000人分です。もはや戦慄迷宮ですね。


ところで肝心な水槽の雰囲気ですが、
DSC00755
たくさんお魚さんが泳いでる水槽もあれば、

DSC00764
バカには見えない魚が泳いでる水槽もありました。まぁ僕はIQが2兆もあるので魚がたくさん見えますが、皆さんには見えないんだろうなぁ。ネットの向こうから憐れんでアナタを見ております。はぁ、頭いいって罪だわー。


■まとめ
この水族館に「行ってみたい」と “ 思っただけ ” で、立派な水族館巡り屋さんです。実際に行かなくても良いです。「ここに行かないと!」と思えたあなたは立派に変態の世界の住人です。
もし、皆さんの周りに「こみなと水族館」に訪れたことがあるという人がいたら、是非褒めてあげてほしいです。変態ですね、と。
まぁ何はともあれ無料ですから…。

DSC00366
入館料:200円
最寄駅:小林駅
公式サイト

お気に入り : ☆
水族館規模 : ☆
綺麗な展示 : ☆
ピラルクー : 2ピラルクー
チンアナゴ : ノーチンアナゴ

【行き方】
出の山水族館map
小林駅からタクシーで15分ほどで到着します。


■湧水を利用した水族館。
DSC00361
まず、水族館に触れる前にどうしても初めに言いたいことがあるんだけどね。
ソレっていうのも、ここに訪れた時、土砂降りすぎたよね。

Screenshot_2017-06-24-19-40-49
その日の夜とか、災害レベルの雨量真っ只中だったかんね。ホテルから徒歩3分のコンビニまでが命がけだったかんね。この雨量…、雨ージングだね。

…水族館の話を差し置いてまでも冒頭で言うことでもなかったなと反省しましたので、とりあえずこの水族館について解説しますと、
DSC00267
こんなところです。肝心な所は省略していくストロングスタイル。


■館内一の大水槽
出の山淡水魚水族館
関東からわざわざ宮崎までやってきたので、やはりそれ相応の展示を見せていただきたいところ。現段階では「土砂降りの中、チキン南蛮を食べた」ことだけが宮崎の思い出になってるので、ここは1発ドカンと「水槽の水が全部マンゴー果汁」くらいのインパクトがほしいもの。
ということで、当水族館一番の大水槽がこの円柱水槽です。

残念ながらマンゴー果汁ではなさそうなので宮崎の思い出は「土砂降りの中、チキン南蛮を食べた」ことに決定いたしましたが、この規模の水族館ではお目に掛かれない大きさの円柱水槽がドン!です。
DSC00334
しかも中には、幻の魚「アカメ」が泳いでいたので、この水槽の価値も「タカメ」と言ったところでしょうか!そんなことを言っちゃう僕は「オチャメ」だね!







tehepero3_business_ojisan






■イスの展示会
DSC00339
この水族館一番の特徴は何だろう?と見ていたところ、分かったことは

イスの数が異常に多い

ということです。水族館ブログにおいてドヤ顔で取り立てて言うことじゃ無いのは重々承知ですが、「イスの話」とか「テヘペロしてるおじさんの画像」を使って茶を濁すくらいのことをしないと記事が成り立たないくらいアレなんだろうなと察していただけると幸いです。

DSC00371
外のチョウザメ水槽には観覧席が設けられ、

DSC00338
大水槽前には作業台とパイプ椅子が立ち並び、

DSC00340
お子様向けの円卓まで完備という充実っぷり。

施設規模に対するイス比率だけでいえば、「映画館」と同等と言って過言ではないですね!

たまに魚がはねて「水(ミストと読む )」が掛かったり、生き物たちの生々しい「匂い」までリアルに体感出来るあたり、もはや4DXクラスの没入感!
もしかして映画館以上に映画館なのかもしれない!そんな映画館で見られる展示物を写真に撮ってしまった僕はもしかして…















nomore





■まとめ
DSC00319
宮崎の山奥に佇むイスの多い水族館。

入館料200円を安いととるか高いととるか、人それぞれ思うところはあると思いますが、考えてみてください。4DX映画館なのに200円ですよ!?破格と言わざるを得ないでしょう!
…まぁクオリティは、C級映画もびっくりかと思いますが。。。
座りながら魚を見ていたい、そんな方にはオススメの水族館です!

DSC09095
入館料:無料
最寄駅:真駒内
公式サイト

お気に入り : ☆☆
水族館規模 : ☆
綺麗な展示 : ☆☆
ピラルクー : ノーピラルクー
チンアナゴ : ノーチンアナゴ

【行き方】
豊平川さけ科学館map
札幌駅まで気合で向かいます。
→地下鉄に乗って20分程度、真駒内(まこまない)駅まで向かいます。
→真駒内駅から徒歩25分程度のところにあります。


■サケを徹底的に学ぶ水族館
DSC09100
札幌駅からバスで30分程度というアクセスの良いところにサケをテーマにした科学館があります。名前を「豊平川(とよひらがわ) さけ科学館」と言います。サケはさけでもアルコールの方ではなく、シースーの方です。水族館ブログとしては誤った説明をしています。
豊平川さけ科学館ではサケの生態学習展示はもちろん、サケ科の水槽展示がとても豊富で!サケを知りたい人にとって、サケては通れぬ道なのです!(サケ系水族館の決まり文句
水族館としては小規模で地味ですが、面白い要素が多かったので早速いじっていきましょう。


■サケの圧倒的な展示量
豊平川さけ科学館
豊平川さけ科学館のメインの水槽は、地下にあるサケの年齢別水槽展示でしょうか。サケの稚魚から、サケ1年生、サケ2〜3年生、サケおじさんと続いていきます。

サケの稚魚
そんな中でも、サケの稚魚は物凄い数が展示されていました。

じゃあ、質問です。
皆さんは、絶滅が危惧されているマグロをいつまでも寿司として食べ続けますか?
新しい寿司ネタ、食べたくない?マグロもサケも赤身。マグロに飽きたらサケを食べればいい。
…だって、豊平川さけ科学館上にサケは何匹いると思ってるの?


DSC09124
35億 (大嘘)


ディスティニー!イリュージョン!
サーモンちえみ。



■リンカちゃん
DSC09098
さて、魚の話はこれくらいにして。
…水族館ブログとしてはあるまじき発言をさらっとしましたが、もう魚の話は飽きたので女の子の話をします。(クズである

豊平川さけ科学館には公式のキャラクターがいて、いたるところに登場します。それがこの「リンカちゃん」。
2000年代初頭に流行った古臭い絵柄の萌えキャラという、当ブログで弔わなければ成仏しなそうな要素があったので、本記事全体の70%を占める割合で熱量高めに書いていきたいと思います。


DSC09124
さて、このリンカちゃん。まず気になるのは名前ですね!
「リンカ」という名前は、サケの学名の「オンコリンカス ケタ」から、真ん中の「リンカ」を抜き出して命名したようです。学名の中にいい感じの女子っぽさがあって、ホント良かった!これ、抜き出し方を血迷ってたら…

「ンコンス」
(オンコケタ)

とかになってたかもしれません。危なかった!
「ンコンス」で審査通ったとしたら、しりとりで強いキャラ名という本業外で知名度を上げようという魂胆が丸見えですからね。

そしてリンカちゃんの服の柄は、サケ科によく見られる「パールマーク」デザインとなっています。さらにアクセサリーは「イクラ」モチーフと、いたるところにサケ感を意識しています!
…ってことはですよ。あーんなところやこーんなところは、何かと「サーモンピン









































…「サケ」も「こんなこと書いてるブログ」も、どちらも「そじょう(遡上・訴状)」が付きものです、ってことで放流してもらうとして。

そんなリンカちゃんはブログもやっています。

▼リンカちゃんブログ
<http://rynca.blog62.fc2.com/>

やはり気になるキャラの私生活や最新情報はチェックしておきたいもの。
しかし「2012年のリンカちゃんカレンダー発売!」という2011年の記事で更新が止まっているので、リンカちゃんの消息が気になります。。。

公式の更新が少ないということで、致し方ありません。
リンカちゃんマニアこと俺氏の、秘蔵のリンカちゃんフォルダが火を吹くぜ!!
DSC09126
教科書に出てきそうな構図のリンカちゃん。

DSC09145
こちらは「ちびリンカ(公式の名称)」ちゃん。

DSC09112
リンカちゃん漫画もありました。

DSC09242
こちらは「カワサバ」を説明するリンカちゃ…


・・・え、…というか、何これ…??リンカちゃんどころじゃない。。。





DSC09243

滲み出る狂気…!!
福本伸行先生もびっくりの繰り替えし技法。ざわざわしてしまう…。


カワサバ
このカワサバへの異常な愛、リンカちゃんの霊圧が…消えた…!?



■その他
DSC09244
こちらの水槽群もサケ科の展示でいっぱいですが、真ん中の休憩スペースは会議室のソレである。

サクラマス
サクラマスの稚魚。

フクドジョウ
フクドジョウなど、北海道のレア種も見られる。



■まとめ
サケより気になる、「リンカちゃん」と「カワサバ」!

サケ科の展示が非常に多いという面白い特徴を持ちながら、訪問後の感想はリンカちゃんまじリンカちゃんってことと、カワサバ…カワサバ…カワサバ…!に尽きるという不思議な後味の水族館でした。

いわゆる「大水槽」はない小規模水族館だけど、外池には1m超え?のイトウが泳いでいたり稚魚の群れ水槽があったりと、見応えはそれなりにあるかなと感じました。
近場にはスタジアムあったりキレイな林道があったりと、何かしらの目的のついでに寄るには面白いんじゃないかと思います。

とりあえず、リンカちゃんの絵柄が流行っていたであろう時代の言葉で締めくくるとしたら、リンカちゃんブログの更新キボンヌ(爆)!

↑このページのトップヘ