宣伝の時だけブログを更新するという、ブロガーの風上にも置けない卑劣な大人になりました。それでもブロガーであることを名乗り続けます。何故ならブログを愛しているからです!2年放置しちゃうくらい愛してる。

konekuto
…てことで、ラジオ出ましたわ。

2023年8月2日(水)TBSラジオ:こねくと 放送内のコーナー「愛好家同盟」にて“水族館愛好家”として出演しました。(上記動画の2:00:30あたりから23分ほど)

水生生物の知識がまるで無いまま、ただ単に水族館を巡るってことだけをしてたら、TBSのラジオブースにお邪魔でき、東京03の飯塚さんとキレイなお姉さんの石山蓮華さんと共演出来る日が来ようとは思わなんだ。うれしー!
ゴリゴリの本名で出ちゃったし、Youtubeのアーカイブにも残ってるので素顔も丸出しともあり、そろそろ実名報道が怖いのでパンツくらいは履いておきます。


放送内でまとまな水族館の話をせずに「ハウジングモール倉敷 岡山郷土の川魚水族館」という激烈マニアック施設を紹介するという暴走をしたことは反省していますが、この時の返しだけは上手くいったなと自負しています。
20230715_141653

飯塚さん
「岡山郷土の川魚水族館ってどういう魚がいるんですか?」

めnち
「それはもう “岡山の郷土の川魚” ですね」

石山さん
「タイトル以上の情報が一切出てこない…笑」



///////////////////////////////

ということでメディアに表立って出たのはこれが始めてなので、早速気が狂ったかのようにエゴサーチしたわけですが、概ね好評だったことに胸をなでおろしています。

みんな〜愛してるよ〜(*´ε`*)チュッチュ




ただ、唯一「ハズレ回」と称してくださった「東京都調布市在住50代現役SE」というプロフィールの方は即ブロックさせていただきましたので何卒よろしくお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

FuXNrhfagAEtf40 (1)
編集の方
「肩書きどうしますか?“水族館愛好家”にしますか?」

ぼく
「“水族館ブロガー”でお願いします。」

編集の方
「えっ?」

ぼく
「えっ?」



お久しぶりです。水族館ブロガーのめnちです。
2年間程度ブログ更新してないと「ブロガー」と認知してもらえなくなってしまう悲しい世の中です。

失礼しちゃうわ。ねぇ「ブログ」の意味って知ってる?
web上の日記だよ。日記って“日”にあったことを“記す”ものなんだからさ、




…。





2年放置したらブログじゃないじゃん、
マジ肩書き偽ったわスマン。









ということで、水族館ブロガー改め“水族館愛好家”、めnちです。
長らくブログを更新せず、恥ずかしながらのうのうと生きてました。
うんちだけはいっぱいします。

しかも久々の更新記事が宣伝ともあり大変申し訳なく思いますが、
そういうトリガーがないと更新しない無様な体たらくになってしまったのでご容赦くださいやで。



■宣伝1:水族館リストの監修
FuXNsPVaUAAGM7P (1)
冒頭の写真でも紹介したネコちゃん、…ではなく書籍。




水族館人 今まで見てきた景色が変わる15のストーリー」(SAKANA BOOKS様刊行
にて、付録となる国内水族館リストの作成に監修のお声掛けをいただき、
水族館一覧の選出、各園館へのコメント、監修後記を書かせていただきました。

本書は15人の様々な水族館の権威(クラゲの人、建築の人、漫画の人など)にインタビューする構成となっています。めちゃくちゃ多種多様な人選なのでもはやスマブラ。


ぼくがその15賢人にランクインしているわけではないのですが、8ページも割いて水族館リストを紹介させていただいているので、おこがましくも16人目の隠しキャラ、“巡りの人”:めnちとして参戦決定と認識いただけたら幸いです(非公式)
smashbros
(超雑クソコラ)


全147園館、個性的でワクワクの詰まった施設を選出させていただいたつもりです。ぜひに。



■宣伝2:水族館ランキングの選評
FuSPYPVaUAAazM1
きらめく水槽、魚いきいき 大人もときめく水族館」(日本経済新聞:NIKKEIプラス1
にて、水族館の専門家の一人として選評させていただきました。
2023年4月22日発行の日経新聞、または上記web上の記事から読めます。
ついに新聞に自分の名前がデビューしてしまったので、しっかり罪を償っていく所存です。
まずはパンツを履くところから始めるです。

今回のランキングは「大人が楽しめる水族館」ということで、
選評の視点としてしっぽり気味の選出となっていますが、

ぼくが一位に挙げた “某・ギラギライルカショー” の水族館はまさかのランク外でしたね(汗

お酒も呑めるし、いいじゃん!お酒も呑めるし大人が好きでしょ!(大人=お酒という短絡的な決めつけ)




■裏話
shimekiri_owareru_businessman
「男は納期に追われていた。」
小説の書き出しだったらマジでコレ。

上記2つのお話が3月にダダっと舞い込んできただけで嬉しくもなかなか忙しめの感じではあったんですが、ちょうど仕事の方でも、自身の監修する機械が出荷直前でバグって生産停止するという、やべぇ事態が重なってて。
もともと有給使って4連休にして島根県に旅行いく予定があったのけど、前日に旅をキャンセルし、休日出勤して対処(キャンセル料31,780円は個人持ち)するという地獄の時期で、まさに“島根”に行ってるしま(暇)無ぇを体現してた。

要は、仕事でもプライベートでも納期に追われる多忙な日々を送っていたので、
誤字脱字してても温かな目で見ればいいじゃんってことで、ここは一つ!なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

それではまた2年後にお会いしましょう!(クズである
このエントリーをはてなブックマークに追加

b94f73bd89a64970ead711d67d7b0bc6
2018年、生き物好きが集まるSNS “いきものAZ” 様の運営から「水族館ブロガーという立場からコラム “いきものがたり” を書いてほしい」と依頼を受けまして。
生き物Loverな方々向けに、生き物に詳しいわけではない自分が言えることはなんだろうと考え抜いた結果、生き物についてまったく触れないという挑戦的な姿勢を貫いためnち先生の記事でしたが、残念ながら掲載元のいきものAZ様が2021年7月にサービス終了とのことで。。。
消えてしまうのは勿体ない渾身の出来だったので以下、再掲いたします。
<https://ikimonoaz.ikimonopal.jp/article/31665>


.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.。o○o。.*:._.:*.


はじめまして、日本全国の水族館巡りを趣味としている“めnち”というものです。どちらかと言うと、とんかつの方が好きです。

さて、突然ではありますが皆さんは水族館にどれくらい滞在しますか?
一般的には2.5時間も滞在していれば十二分に堪能したと考えられているようです。

しかし我々水族館好きはというと…
まず開館ダッシュ(開館とともに入館すること)を決め、そして蛍の光ハラスメント(閉館ギリギリまで居座る際に受ける心理的プレッシャーのこと)を受けるほどに水族館に入り浸ります。
実に開館時間の9時〜17時という限られた時間の中は、水槽見て、ショー見て、受付のおねーさんをチラ見して、水槽見て、イルカショーのおねーさんを見て、受付のおねーさんをチラ見してと、やるべきことが濃密なのです。

そんなパンパンスケジュール水族館ライフを満喫する際、陥る可能性のある危険が忍び寄ります。

それは、餓死です。

前述の通り開館時間中はやらなきゃならないことがいっぱい!となると、食事のため一度館外に出るのは時間の無駄ですし、かといってお弁当を持ち込むとしても館内は飲食禁止…。あれ、もしかして断食を強いられている!?魚たちのもぐもぐタイムを見てるのに?こちらはノーもぐもぐ…?気付くと腹ペコで大水槽前で餓死寸前なんてこと、誰しも7兆回くらいは経験してるはず!


そんな時、館内レストランという一筋の光が差してきたのだ…!
DSC07070
我々水族館好きにとって水族館になくてはならないもの、それは目玉展示となる可愛いペンギンさんではなく、立派なイルカショースタジアムでもない…。そう!館内レストラン is マスト have in the アクアリウム!(奇跡の英語力

入館者たちは館内レストランの存在によって餓死の脅威を忘れ、そして生き残るために館内レストランの活用を選び、人間は生存率を上げた。

何が言いたいかと言うと、「日本全国の水族館巡り」をしていると気付かぬうちに並行して「日本全国の水族館のレストラン巡り」も行っていたのだ!(な、なんだってー!!


〜〜〜前振りここまで〜〜〜


そんなわけで、今日を境に思いがけぬ趣味「日本全国の水族館のレストラン巡り」が発見された僕。全然意識していなかったのに、意図せず実績が伴ってしまったので、この趣味を公言するためにも物知り感を醸し出したい!物知りな俺TSUEEEEしたい!

ということで、知識ゼロの人間が豊富な体験談だけで導いた水族館レストランの物知りアピール用トリビアを持ってきました!それは…





20180609_123117








20180609_123117_shuchu









水族館のレストランは名前に大体ドルフィン付く






“11へぇ”くらいのクソみたいなトリビアが飛び出してきました。
これで物知りアピールしようとしてるというのだから浅はかである。

まぁせっかくですので、きちんと検証して水族館レストランマニアへの第一歩を踏み出していきたいと思います。そんなわけでこんな説を検証していきます。




水族館のレストラン・ショップ名前に大体「ドルフィン」付いてる説

突然ですが「水族館にレストラン作りました。名前を決めて下さい。」と依頼されたとします。さぁ、あなたならどんな名前を付けますか?

ここは水族館です、別に「荒野のサボテン亭」とか命名してもかまいませんが、空気読めよ感すごいですよね。するとどうでしょう?


・・・えぇ、そうでしょうそうでしょう!付けますよね、“ドルフィン”!


水族館と聞いて思い浮かべるもの…、それは「イルカ(ドルフィン)」です。
…あ、これ一般的な思考の話をしているので、「いやいや水族館と言ったらやっぱり“アカントガンマルスレイヘルティ”でしょ!」とか言い出す人たちはあっちいってください。
アカントガンマルスレイヘルティ

見た目にも可愛く、頭が良い。そして自然界以外では水族館くらいでしか見られない貴重な存在のイルカは、水族館のメインと言っても過言ではありません。
決してアカントガンマルスレイヘルティを悪く言っているのではないのです。ファミリーやカップルがキャッキャするのは、残念ながらアカントガンマルスレイヘルティではなくイルカなのです。そしてアカントガンマルスレイヘルティもイルカと比較される日が来ようとは思わなんだ。

つまるところ「猫にはタマ」「パンダは漢字の繰返し」「渡部さんのあだ名はナベ」というように、命名にはある一定のしきたりのようなものがあり、水族館のレストランにおいては水族館のメインであるイルカに着目するのが最も自然な流れになるのです。


ということで早速、説の検証のため水族館のレストラン名を洗い出しました。せっかくですので、カフェやお土産屋さんも対象にし店名のイルカ率を算出しました。方法は以下です。

日本の水族館を全てリストアップ
  ⇒ 全114館(18.06.13現在 当社調べ)

公式ホームページから水族館のレストランやショップとその名前を抽出
  ⇒ 259施設(18.06.13現在 当社調べ)

「イルカ」系の名前をレストランやショップに付けている水族館を選出



そして、にて選出された水族館の一覧はこちらです。
イルカの名の付くレストラン・ショップ一覧
若干微妙なラインもありますが、イルカ関連の名前を使うレストラン・ショップは15 / 259施設。水族館で言えば12館が「イルカ」関連を名前に使っていることが判明しました。12 / 114館と聞くと少ないように見えますが、全114館の中でもイルカを飼育しているのは36館。
今回選出された水族館はいずれもイルカを飼育しているため、イルカ飼育水族館という括りで見れば12 / 36館という、実に33%もの水族館が名前に「イルカ」関連を使っているという結果に。
33%っていうとあれです、日本人の「痔」の罹患率と同じくらいらしいです!ピンと来ない例を堂々と言いましたが、かくいう僕も33%側の人間です。
イルカ飼育施設水族館はレストラン・ショップ名にイルカを使うか
検証結果

■検証結果■
イルカを飼育する水族館の3館に1館はレストラン・ショップ名にイルカを使う



「水族館の大体が…」と言うには寂しい結果となってしまいました。この割合を「大体」と呼んでしまうと、日本人の大体が痔という結論になりますからね。


ちなみに他の生き物の名前使用され具合も調査してみると以下のようなグラフとなりました。
名前に使われる生き物グラフ
“ 海神(わだつみ) ” の圧倒的存在感は置いておくとして、やはりイルカ一強といったところ。驚いたことにアカントガンマルスレイヘルティはどこも採用していませんでした。なんでや…「アカントガンマルスレイヘル亭」とか命名したら語呂いいやろ…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ