55


DSC00013



入館料:1800円
最寄駅:池袋駅
公式サイト


お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆
ピラルクー : 3ピラルクー

ガイドブックあり(400円)

28



2011年8月4日リニューアルオープン!

「おお!早速行かなきゃだわ!」と、オープンから2日後の6日(土曜)にワクワク出向いたわけですが

「4時間待ち」

とか言われてしまって、泣くなく帰ってきた思い出があります・・・。

今回はリベンジということで

夏休みでは無い「9月」の「平日」の「午前」という

最強に空いているであろう時間に行ってみました!!













DSC00108




oh…




ダメです危険ですヤバいです!

連日テレビでサンシャイン水族館特集が組まれていたのも、
池袋なんていう素晴らしい交通の便の良さも、
話題性の高い新展示も!

全てがアダとなって、トンでもない混雑をしています…。
これはしばらくはオススメできません…。

混み過ぎてお昼には退散、他の水族館にはしごして再び夕方頃に行ったほど!

その頃(17時30分ほど)には待ち時間なしで入場、館内もわりかし空いてたので
どうしても行くと言うのであれば、時間をずらしてご入場ください。

あと前売りチケットは絶対買っておきましょう!コンビニなどで100円引きでしかも、並ばず買えますよ!




■サンシャインラグーン

ragoon


無駄にパノラマ撮影とかしてみた!スゴイ画質悪い!イエーイ!

この水族館のメイン水槽、「光降り注ぐ海のオアシス」の名は伊達じゃなかった!

水量240tと、特大水槽と呼ぶには若干迫力不足なイメージを持ってましたが
全然そんなことはありませんでした!

色々と目の錯覚トリックを用いて奥行きなどを演出、とても大きく感じることが出来ます。


DSC00236


ちょっと小ぶりなトラフザメ

DSC00237


かなり小ぶりなシノノメサカタザメ(?)

この子達のおかげで、更に水槽が大きく見えるのかもしれません!(水族館好きには


DSC00228


ヒョウモンオトメエイのおかげで妙に明るく楽しい水槽に感じます。
なんだかオオサカのおばちゃんを思い出すので(笑

「ヒョウ柄」=「アメちゃん食べる?」とか言ってそう。
それでもオトメの名。ふっしぎー。どうして海中でヒョウ柄を選んだんだろうか…。

ちなみに漢字で書くと、「豹紋乙女鱏」
ちょっと中二病なゲームのタイトルみたいですね。カッコイイ!!





■クラゲトンネル「ふわりうむ」

DSC00026


壁にぶつかると死んでしまうと言うほど繊細なクラゲ、よって水槽の形は大きく制限されるそうなのですが
まさかのトンネル状水槽となってます!初の試みなんだそうです。

ということで早速わくわくしながら突入ー♪

しかし!
…思ったほど嬉しくないのはなんでだろう…。

青に照らされたミズクラゲは確かに綺麗なんだけど、

水流が3つに分かれてるのが分かりやすく、ただ3つの水槽に囲まれてるだけ感を感じてしまったり
そもそも短かったり。。。

斬新な展示だと思ったけど、お客さんの入りもイマイチで残念…。


でもその先の

DSC00031


鏡を使ったタコクラゲ展示は非常に綺麗でした!
雑誌とかで見た時は水槽がいくつもあるのかと思ってたけど、手前の一つだけだったのねー。

こんな展示、他ではミラーれない…なんつって!てへぺろ☆

-5pt。





■アシカショー

DSC00102


このお客さんとの距離である。

アイドルのライブだったら誰でもパンチラが拝めるレベル。

ショーだけにしょーもないことを言ったところで、

これは凄いですよね!アシカとお友達感覚。「いいとも」の会場なみ!


ただ会場が見ての通り、かなり屋外!直射日光大好きー!な人はいいですけど
近くで見ようとする場合はそれなりの覚悟をしていきましょう。




■洞窟に咲く花水槽

DSC00261


サンシャイン水族館の中でとびっきり美しい水槽がありました。
なにかのディズニーのゲームの水中ステージで見かけたことがある気がします!

絵画かと見違えるほど綺麗です。記念写真を撮るならここがいいですね。
ディズニーランド行ってきましたとか落書きすれば騙せると思います。





■大河に生きる巨大魚水槽

「こんな都会のビル10階にある水族館に、まさか僕の大好きなでっかい“あの子”がいるわけないよなー…」

と思いつつ、パンフレットを見るとそこにはきちんと「大河に生きる巨大魚水槽」と書いてあったので

もしかしたらこの都会で彼と会えるのかも…!?

期待半分、屋外にあるその水槽を観に向かいましt



DSC00270



pirarararrara





ピピピピピピピピピラルクーだ!!!

向かう途中の階段の壁画に、そのアイドルが描かれてました!
絵だけで興奮してる自分にさすがにひきましたが

「ここここれで、彼がいなかったら、ワシャァさすがに怒るでホンマ!!」

えせ関西弁も出てしまいます。

そして辿り着いた巨大魚水槽には…



DSC00253


DSC00255








いたーー!!!!

いました。ピラルクーです。それも2匹。2ピラルクーです。

涙が出た。さすがに嘘です。


しかしここのピラルクーは恥ずかしがり屋なのか、

濁り?の強い水槽の奥の方にばっかりいるので大分サービスが悪いw


おかげでピラルクーに気付かないお客さんも多く、
逆にたまにこの巨体が奥から出てくるので、驚くお客さんも!これを狙ってるのかなー?

とりあえず20分くらい張り付いてみてたけど、上の画像程度のものしか撮れなかった…。悔しい!もう一回来よう…。

ところで、ここにずっといたから気付いたけど、お客さんたちみんな名前間違えすぎ!!

“ピラクル”じゃないからね!!

あとピラルクーは「アリゲーターガー」じゃないからね(汗


「ネムリブカ」見て「ジンベエザメだ!」と言ってる子供もいたりして、結構適当なんだなーと思ったww




■都会のオアシス

DSC00125


アシカのドーナッツ水槽「サンシャインアクアリング」もやはり綺麗だけど、ここは連日のテレビ放送で紹介してるから割愛!

ここの何よりの魅力は

都会の一等地にオアシスがある」という点だと思います

DSC00094


DSC00249


ビルに囲まれた水族館、そこが一番面白い!
昼の顔、夜の顔、どちらも都会に似つかわしくないような不思議な空間。

とてもオシャレ上級者なのです。きっと!

DSC00252


夜の都会に溶け込むケープペンギンはなんだかアバンギャルド。カッコイイですねー。






■その他!

DSC00239


DSC00043


DSC00264


DSC00060


DSC00064


DSC00069



DSC00122






そんなわけで池袋のオシャレスポットナンバーワンとも言えそうな美しい“見せ方”に
水族館自体マニアな僕としては凄くテンションの上がる水族館でした。


リニューアル前にも一度行ってたのですが、正直全然印象に残ってなくて…(汗
唯一覚えてるのが、

アルマジロがスゴイアレなことしてて、「アルマジロだけに、アルマジキ行為!」と言ったこと

くらいです。それは鮮明に覚えてます…。水族館に言った感想じゃないですね。


なのできっとこのリニューアルは大変大きな変貌だと思います。印象に残る部分が多い!

しかしなにより、とにかく混みすぎの一言。

小さな水槽は夕方になっても一向に人だかり、全然見れなかった水槽がいくつかあるので再度リベンジしてくる予定です!
年パス買ったしね(笑

09


24


入館料:2700円
最寄駅:八景島駅
公式サイト


お気に入り : ☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆
ピラルクー : ノーピラルクー


お値段が高い!!

綺麗な水族館だし、展示の種類も多岐に渡り豊富、目玉となる生物も多く、館内は広く大きい!

確かに良いところの多い水族館なのは間違いないのだけど、2700円て(汗

それなら、葛西臨海水族園(700円)に行くかなと思ってしまう程の高額にはオススメ度は下がっちゃうかしら。




■アクアチューブ

DSC00578

この水族館のメインとなる水量1500tのアクアチューブ水槽!
超特大水槽なのは間違いなく、

DSC00771

50000匹のマイワシの群泳は他の水族館に無いアートを感じます。

サメとイワシと、エイしか印象に残らない大水槽ではありますが、
DSC00254

なんだかんだ言っても、この水槽をエスカレーターで登っていく時は素直に綺麗で感動します!





■サメ水槽

この水槽は別格の美しさがありました!この水族館の魅力その1

DSC00664


何この妖艶さ!

なんかエロい!

夜の海に潜む魅惑の魚達との解説がある通り、サメのカッコ良くて、強くて、美しくて!が際立ちまくる水槽がありました。

RPGだとこれ間違いなくラストダンジョンですよ。

魚に詳しいわけではなく、水族館の雰囲気が好きという僕みたいなタイプの人にはコレたまりません!
今まで観てきた水槽の中で一番好きかもしれない!とにかくカッコいい!なんか一曲作れそう!(笑






■イボテヅルモヅル

16


初めて見た!何この海藻…!と思ったら、棘皮(きょくひ)動物と言う、ヒトデとかウニ系の生物だそうです。

5本の腕が何度も枝分かれしてこうなるそうで…というかなにより

なんだよこのゴロのいい名前!!

あいさつの魔法よりも声に出してみたくなる名前だと思いませんか?イボテヅルモヅル。





■渚水槽

この水族館の魅力その2

DSC00377


ダイナミック!

非常にダイナミックです。でかい生物集めました感が凄まじいです!

これまた僕みたいにおさかな初心者だと、でっかい生物にテンションがあがるわけです。
寝そべるトラフザメに、まるまるしたタマカイ、優雅に泳ぐウミガメ

どれをとってもとにかく目を引きます!

そこに更に…

DSC00376

ジャイアントシャベルノーズレイ!!

シノノメサカタザメに興奮した僕がまたまたテンション上がる生物と出会いました。

なんでしょう、サメのカッコよさ+エイの可愛らしさ=最強説でも僕の中にあるのでしょうか、いいですねー。

というかジャイアントシャベルノーズレイはシノノメサカタザメ科のようで、それもそうか。


12


なんだかまつ毛が生えてる様に見える目でとってもキュートですね。マスカラつけてますから?






■ジンベエザメ

去年の10月頃になんと、

魚類最大の生物「ジンベエザメ」

が、このシーパラにやってきたということで話題になりました。フォントも最大にしてみました。

DSC00558


DSC00564


でっかい生物大好きな僕は、淡水魚最大?のピラルクーが好きになるには必然ですが

ジンベエザメなんてもうそれは、メガネっ娘がスゴイエロい服で迫ってきた、くらい上限の上限が上限を超えちゃって上限来たみたいなもんで

非常にわかりにくい例えで書いてる自分でもびっくりしたけど、それくらいスゴイのである!!

DSC00496


ジンベエザメのいる水槽がショー用のプールということで賛否両論…というか否が多いみたいですが
確かにここまで大きいと水槽もこうなってしまうよね…。

しかしおかげさまで大きさが非常にわかりやすい!ショー用のプールの上からでもその存在感がすぐにわかります。

2頭の男女ジンベエを飼育しているそうで、リア充爆発しろとしか言いようがありませんが、

体長は5メートル前後、まだまだ成長過程なんだそう。これからが楽しみです。





■ジンベエザメウエルカムショー

ジンベエザメがやってきたので一緒にショーをしよう!

というコンセプトで海の生物ショーがやってました。

08


ほうほう…。

12


なるほどなるほど…。

ふむ、わかった。

すぅぅー〜……(大きく息を吸って




















ジンベエザメ関係ねええええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!








まったく、からまない!!清々しい!!

12


Untitleasdfasdfd


むしろジンベエザメが邪魔になるから、ショーの最中端っこでエサやってたわ。

ショー自体は35分間みっちりと完成度の高いショーをやりきって、見たい海獣のショーは網羅出来る
非常にエンターテイメント性の高い良いパフォーマンスでした。

このショーのおかげでチケット代2700円は目をつぶれるかもしれません!





■ドルフィンファンタジー

イルカのトンネル水槽はどの水族館もやってないのかな?非常にオサレです!!
(他の水族館でもイルカトンネル水槽はあるそうです)

DSC00474


DSC00481


何かのPVで使えそうなロケーションには心が洗われます。清潔感たっぷり、好きな子に告白するならここで決まりだネ!





■ワンピースコラボ

57


ワンピースは大好きだけど、このコラボはいらなかったかな…。

とってつけた感しか感じられず、肝心のワンピース展示館?ではむりやりジンベエザメと関連付けてたし…。

ぺローナさまいないし…。

まぁ別にあってもなくてもいいか、くらいのものだから気にしなくていいと思います

40


だが、ココロばあさん、てめーはダメだ!!






■その他!

DSC00603


DSC00643


DSC00260


DSC00413


08


06





お値段が高いことを除けば
驚くほどオススメ出来る水族館です。


遊園地的アトラクションも豊富で、家族・カップルには最適です。
逆にいえば、一人ぼっちで行くような水族館マニアにはちょっと心が折れるかもしれませんw

今回僕も友人を誘って行きました(笑

00


入館料:1300円
最寄駅:箱根湯本駅
箱根園水族館公式サイト

お気に入り : ☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆
ピラルクー : 4ピラルクー


ということで水族館巡り11箇所目、箱根園水族館の話です。


入口の画像を見ていただければわかるように、

だいぶJungle感出てるので

きっと、熊の展示とかに力を入れているのだと思います。


さてこの水族館の特徴と言えば

「海抜723mという日本で最も標高の高いところにある水族館!!」

ということでしょうか!?観光客からしてみれば

交通の便が悪いとこに誘致されても迷惑なだけなんだけど!!

本音がポロリしてしまうくらいメンドクサイ場所にあります。

最寄駅からバスで1時間なのはまぁまだいいんですけど、

The 山奥

僕みたいに乗り物酔いが激しい人には行くまではかなりの苦行を強いられます。ファイト!!

しかし水族館に入ってみるとそこには…


33


13




まぎれもなく、海が広がってるじゃないですか!これはスゴイ!海抜723mなんていったら

東京スカイツリーより高いじゃないですか!!そんな高い所に海底があるんです。

船が沈没してるよ!!飼育員さん早くサルベージしないと!!

なんだかんだ言っても感動します。水量1255t、水深7mもある大型水槽なんだそうです!



この箱根園水族館は上記の「海水館」、そして「淡水館」に、「バイカルアザラシ広場」という風に3つの区分で分かれています。



海水館には他にペンギンやら、クラゲ、クマノミに、タカアシガニ、チンアナゴにヘコアユと、

有名で人気のある海水生物集めてみました感

の強い水族館となってます。年に1回くらいしか水族館行かないよ!っていう親子さんにはオススメです。




次に、「バイカルアザラシ広場」の「バイカルアザラシショー」が有名です。

24



見よ、この画像の

もっとイイ画像があっただろ感!

フツーにショーに見とれてて全然写真撮ってなかった!


バイカルアザラシにショーをさせてるのは日本でこの水族館だけのようで、

それもそのはず、バイカルアザラシにショーをさせるのは無理があるようで。

ショーのクオリティには勿論期待してはいけない!でも彼らは精いっぱいなのだ。

精いっぱいに水面から顔を出してクルクル回るのである!!

それでええじゃないか、ほんわかしたショーが見れます。可愛いですよ。



最後に「淡水館」!!

19


ホントにクマがいた!!
(剥製です)

ということで伏線を回収したところで、

最近展示が始まったという「好適環境水水槽」が凄いです!


09



驚いたことに淡水魚と海水魚が一緒に暮らせる魔法の水だそうです!

淡水魚であるワキンと、海水魚であるクマノミが同じ水槽に共存してます!

これは言わば、水と油が合わさった奇跡的瞬間なのだ!
もっと分かりやすく言えば

2次元美少女が画面から出てきて同居することになった

みたいなものですね。

クマノミちゃんがいきなり入ってきたらキンギョー(緊張)しちゃうよ!!
とか言ってるに違いない。-5pt


そして皆大好き、「アマゾン川・世界の大きな魚たち」水槽!

やっぱり

53


ピラルクーには夢が詰まってるよね!!

その夢の塊がなんと


4個体も!!


4ピラルクーですよ!!


それもスゴイでっかい!!!



4個体もいればそれは水槽の前に貼りついてどうにか撮ろうとしますよね

43


4ピラルクーの集合写真!!

56


挑戦しつづけるも…

23


上手く収まんねーよ!!


でもこれだけピラルクーが集まってくるとそれはもうスゴイ迫力ですねー、40分くらい水槽に貼りついて見てました。



ということで、見どころが多い水族館でした。山の中に無ければ…と何度も思ってしまう勿体なさ!



因みに小田原駅から向かう場合、

箱根スマイルクーポン」というのがお得!と書いてありますが、

「箱根スマイルクーポン(チケット+バス乗車券)」=2800円

よりも

「コンビニ前売りチケット」+「箱根バスフリー」=2700円

の方が安く済みます。水族館にしか行かない人は、ですけどw

↑このページのトップヘ