サンシャイン水族館に新たに1匹、ピラルクーが搬送されたとの情報があったので

ちょうど新宿の方に用事があった日曜日、行ってみました!


日曜日の昼ともあって、サンシャイン水族館恒例の


DSC01610


特別展示「人間の群れ」



だったのは言うまでもないんですが、今日はピラルクーさえ見れれば満足!


早速お目当ての巨大魚水槽に向かいました。




DSC01637



おお!3ピラルクーになってる!!


本当に3ピラルクになってました。

まったく伝わらない画像で申し訳ないけど!(汗



DSC01678


DSC01651



サイズは小さめの1mちょっとくらいかな、赤みがお腹側面から広がり、結構綺麗な個体だと思います。
顔のゴツゴツは少なめでしたけど。


DSC01639


何より、サンシャインにいた今までの2ピラルクーは、大きいけど、やたらと黒い体をしてて。


都内で「少し緑がかった銀色」の体を見れたのは嬉しいですね!


これからの成長に期待!どんどんおおきくな〜れ!


しかしまぁホントに
サンシャイン水族館のピラルクは撮りにくい…(汗



ことごとくイイ画像が無いザマス!ぎゃふん!!



そういえば前回行った時にはいなかったんですが、


DSC01603


アリゲーターガーもいました!

これは、ありがーたーげですね。



…うん。

おそらく世界中の誰しもが知ってるであろう知識を

なんと高らかに言い放ちます!!




本日9月29日は

私の誕生日です!!!!





うわー、当たり前すぎてびっくりした。そんなの小学校の教科書にも載ってないよ!!

うん、そうだね。




さすが誕生日、早速嬉しいことがありました!


なんとですね、


パソコンのマウスの左ボタンが反応しなくなりました!!


クリック出来ないなんて素敵!!

誕生日プレゼントはマウスが欲しいです…。





さて誕生日です、こんな日に大学行くのもなんだなーと思って。(そこは行けよ

せっかくなら


「普段絶対しないようなことをしてみよう!!」


と思い立ち、




なんと水族館に一人で行ってみることにしました。


珍しいこともあるもんだ。





……。



せっかくなので行ったことない水族館にしようと思って



新江ノ島水族館に行ってきました。


今年3回目です。

珍しいこともあるもんだ。




……。








普段は、水族館の雰囲気とか水槽の内装を撮るのが好きなんですが、

今回は魚自体に重きを置いて撮影してきました。最近デジカメを購入したのでその練習もしたかったし!





DSC00514


「マツカサウオ」

こんな網焼きされた後みたいな柄の魚もいるんですねー。
もうすでに美味しそうです。



DSC00525


「カムルチー」(?)

胴体の方に特徴的な模様があるみたいで、全体像を撮りたかったけど全然動かなかった…。
いやしかし、ホントにこれカムルチーなのかな? というかカムルチーって何?



DSC00542


「ゴエモンコシオリエビ」

この「ゴエモン」っていう名前は、釜ゆでの刑に処された石川五右衛門に由来し、
温泉のような熱水が噴き出す場所で分布していることから名付けられたそうで。

下手したら「ウエシマ」とか付けられてかもしれませんね。熱湯コマーシャル的な意味で。絶対押すなよ!



DSC00546


「フサギンポ」

まるで動かないので非常に撮りやすいクチビル。



DSC00558


「メガネモチノウオ」

えのすいの個体はかなり小さいのかなー。頭のコブがまだまだ弱いのできっとメガネモテナイノウオ。




DSC00599


「ゴンズイ」

背びれ・胸びれに毒があるくせに、結構釣れちゃうそうです。危ない!
その上、針を奥まで飲み込むらしいので釣り人からは嫌われてるーと友人が言ってました。へぇ。

僕のような水族館好きとしては彼らは個体は結構可愛いし、行動は集団でぬめぬめ動いてキモいし、
面白くて好きな魚なんですけどね。食べるとおいしいらしいです。

ゴンズイキーホルダーを付けてる人がいたら、釣りはやらないけど水族館好きなのかな?と認識したいと思います。




DSC00621


「パシフィックシーネットル」

毒を持つものは美しいですね、ポケモンではドククラゲが一番好きでした。
えのすいでは、こいつをライトアップしたり、クラゲホールの一番目立つとこに配置したりと飼育に力を入れてるみたいです。

見た目がクラゲらしくて立派ですからねー。たしかに綺麗。




DSC00629


「マンジュウイシモチ」

KSG48 (海水魚48) の中で僕の最近推しメンの

マンジュウイシモチちゃん(通称:イチゴパンツ)

イチゴパンツ柄な下半身(というのか知らないけど)、網タイツ柄の胴体。

可愛らしさセクシーさを兼ねた小悪魔系ファッション!


えのすいの個体は大きくて可愛いし、6匹もいる(多分)んだけど、

水槽の奥の方でじっとしてるから、まったくシャッターチャンスが無い困ったちゃん。


もっと水槽近くで動かないマンジュウイシモチがいる水族館に行きたいです。





DSC00611


そんなわけで、新・江ノ島水族館でした!

2週間前に行ったにも関わらず閉館まで過ごしきるほど楽しい水族館、ホントにオススメです。

バースデーはひとり水族館で。」なんだか歌詞でも書けちゃうんじゃないかと思うくらい

切なかったです。


さて来週は2日間休みを作ったので、初めての水族館遠征に行ってきます!!ではまた来週!!

07


03


入館料:1900円
最寄駅:伊豆長岡駅
公式サイト

お気に入り : ☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆
ピラルクー : ノーピラルクー


静岡県の水族館にも進出開始!

ということで、静岡第一弾は「シーパラダイス」ではあるけど八景島ではない。

「伊豆三津シーパラダイス」

です。この水族館は

海獣飼育の先駆けとなった伝統ある水族館のようで、


CHK


初めてのラッコ飼育に成功し、発展したそうです。

いまラッコいないけどな!!!

ラッコ展示してません。剥製はいました。やったね!





■海獣飼育

ということで由緒ある海獣展示水族館。

CHK


ラッコ以外にも、セイウチの飼育も初めて開始された水族館のようで、画像のように非常に愛想のあるセイウチが2頭います。
水族館入って、最初の展示がセイウチなのにも驚きます。いきなり巨体!衝撃です。


CHK


珍しい個体、キタオットセイも超集団で飼育されています。そしてこの顔である。





■ショー

海獣展示に力が入ってるということは、海獣ショーにもかなりの力が入ってます。

CHK


バンドウイルカが自然に近い…というか自然の一部となっている海の入江で大ジャンプをしてくれます。

しかし、このショーは平日ということもあってか…

CHK


正直、お客さんかなり少ないながらも!

手を抜くことなく本気で演じてくれるのが心にしみます。惜しみない拍手を送らせていただきました。



そして、ショースタジアムでも海獣ショーが30分みっちり行われます!

CHK


こちらではカマイルカたちがジャンプや、立ちながら泳ぐアレしてくれます(技名知らない。

ここで行われてた、ボールの「オーバーヘッドシュート」はホントに凄い感動しました。綺麗に決めてくれるんだなー。写真を撮れなかったのは一瞬の出来事すぎたからです。

そしてこのショーの目玉は

CHK


噴気孔から作りだすエンジェルリング!

とても幻想的な雰囲気でなんだか涙が出そうなくらい感動します。
シャッターチャンスを何度も作ってくれるので焦らずカメラを用意しましょう!



そして、カリフォルニアアシカとトレーナーさんの水中ダンスはこれまた感動!

CHK


ショーと言えばMCのお姉さんが場を繋ぐために、色々と説明を入れたりするのが基本となってると思いますが

ここではなんとサイレント!BGMと華麗な踊りだけで魅せます。非常に美しい!


ショーの完成度は随一!感動しすぎて泣きそうになってしまいます。

因みにこの日はハロウィン仕様となっていました


が、全然関わってなくてそこで泣いた!





■環境

CHK


展示の環境として、海とほぼ一体化しており、イルカ、アシカ、オットセイ、ペンギンの展示は

海の入り江で飼育されています!

ろ過システム要らず!?

水族館内からは淡島がすぐ見えます。目と鼻の先!

ちなみにその淡島にも「あわしまマリンパーク」という水族館があるそうです。水族館激戦区かっ!

時間に余裕があれば寄るか!と思ってましたが、その日休館日でした。タイミング!!



■クラゲ万華鏡

CHK


鏡張りの暗室にミズクラゲ水槽を配置しているので幻想的なふわふわ世界が広がってました。

クラゲと鏡の相性は抜群ですね。新生サンシャイン水族館でもやってましたが、こっちが先でしょうか。

「刺胞生物」に「四方」を囲まれる世界、堪能してみては!?
このダジャレ今後も使っていきます。




■南の海の生物たち水槽

DSC00491


この水族館での僕のお気に入りはこの水槽!

やはり大きい生物にテンションが上がってしまいますね。

CHK


メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)は若干小さい気もしますが
模様がはっきりしていてその存在感はとてもカッコイイ!!


CHK


この子はツチホゼリかな…?名前プレートが無かったからわからないけどきっと!
かなりの大水槽だけど近くまで寄って来てくれるのでアイドル性が高いです。


CHK


それに比べて、このナースシャークですよ。おたんこなーす!!
ナースのお仕事、頑張ってください!!


CHK


あとこのパンダ柄の子はアジアコショウダイかな、初めて見た気がする!カッコイイ!
体中に呪文書いた魔法使いみたいな悪モノっぽい!






■チンアナゴの秘密

チンアナゴと言えば、身体を砂に隠しにょろにょろと出たり入ったりを繰り返す蛇型のやつですね。

アレを見るとどうしても気になりますよねー


身体はどうなってるなか!!?


ポケモンで言う「ディグダの身体が気になる」のと同じです。

しかし、この水族館…なんと!!


DSC00479



夢を破壊させます!!



気になるそのお姿は…

是非その目でお確かめください。






■その他!

DSC00477


DSC00503


CHK


CHK


CHK


CHK


CHK






三島駅から伊豆箱根鉄道に乗ると凄いプッシュされまくってる伊豆三津水族館。あちこちで看板を見かけます

ほぼ隣のあわしまマリンパークが不憫に思えるほど!(笑



ところで、皆さんこの水族館「伊豆・三津シーパラダイス」、なんて読んでましたか?


「いず・みつシーパラダイス」じゃないですよ、「いず・みと」ですからね!!


読めるかっ!!




水族館自体は由緒ある水族館ということで、正直ちょっとくたびれてる感は否めませんが

海獣ショーのクオリティは目を見張るものがあります!

ショーを目当てにする人にはオススメ度は+1〜2出来と思います。



因みに僕は

20


この切符を三島駅で買って行きました。500円くらい安くなるみたいです。
でもこの切符…


片道のことしか考えてない!!(汗

↑このページのトップヘ