なかがわ水遊園(その1)からの続きです。

前回のエントリでも書いたように、このなかがわ水遊園は

ピラルクーの聖地

と僕は勝手に呼んでいます!本当にピラルクーづくし。


かのリンカーンも

ピラルクーのピラルクーによるピラルクーの水族館。
(aquarium of the pirarucu, by the pirarucu, for the pirarucu)


と演説するほどです。スゴイ嘘つきました。


今回はなかがわ水遊園のピラルクーだけに焦点を絞り、書いていきたいと思います。




■アクアコリドール

DSC01846


なかがわ水遊園最大にして、一番の目玉「アクアコリドール」!

コリドール(回廊)なんてオシャレな名前が付いていますが、要はチューブ型トンネル水槽ですね。
ここが、世界の川(アマゾン川)水槽となっています。

つまりは…

DSC01826


ピピピピピピピピピラルクーだー!!


でたー!でけー!!


ピラルクです。驚くほど紅い!!お腹だけでなくアゴまで紅い!!こんな紅いピラルクーは見たことないぞ…。


DSC01824

真下からピラルクー。

DSC01808

左斜め下からピラルクー。

ここのピラルクーは全身が黒くて、尾っぽからお腹、そしてアゴまでは真っ赤というはっきりとした色相が特徴的です。


DSC01841

右斜め下からピラルクー。

何よりここのピラルクーは大きな水槽に入れられているからか、とにかく大きく育ってる!!

飼育員さんの解説によると一番大きい個体は2m50cmあるとか!
なんとその長さは、東京タワーの“133分の1”です!!比べる相手が悪い!

しかしコレは今まで見てきたピラルクーの中で一番大きい気がします。


そしてその数なんと…

DSC01967


4ピラルクー!!

というか奇跡的に4ピラルクが集まった写真が撮れた(笑
素晴らしいですね。恐らく一番手前の子が一番大きい個体かな…?


DSC01936

愛称ピラルクー。

この4個体にはきちんと愛称までついてるようで、

シロ、クロ、長さん、チョビ

命名センスっ!!

「長さん」だけ妙にしっくりくる。

一番大きいのが「長さん」だろうか、赤みの薄い子が「シロ」だろうか。
それ以外の2ピラルクのうち、小さい方が「チョビ」で、残りが「クロ」かな…?もはや消去法。


DSC01851

正面ピラルクー。

チューブ型トンネルだから、どうしても歪んで見えてしまうのだけど、きちんと平面ガラス部もあるので、この通り歪みねぇピラルクも見れます。


DSC01999

人前に踊りでるルクー。

チューブトンネルを外から見ることも出来ます。コリドール内の人を観察してると、みんなピラルクに合わせて顔が動くのでちょっと面白い。
そんな人の顔をコロソマが上手くプライバシー保護してくれたの図。


DSC01908

上からルクー。

このチューブトンネルは水面上からも見れます!360度堪能ピラルクーです。
赤みが強いので水面からでもわかるピラルクの存在感!


DSC01948

影ルクー。

マニアックですね。

某ディズ○ーランドの「園内にある隠れミッキーを探せ」みたいな探究心です。



DSC01937

フィーディングルクー。

一日一回、14:30からピラルクのエサやりタイムがあるみたいです。

もちろん見ていましたが、チューブトンネル内で見るとどこにエサが落ちてくるかイマイチわかりにくいし、そんなに面白くないかも。
外に出て、上から見た方が豪快な音が聞けて面白いと思います。



■子ピラルクー

kopira


萌え萌えキュン☆

「あらやだー可愛い!!」

なんと子ピラルクも展示していました!別水槽で1匹だけ元気に泳ぎまわってました。
20〜30cmくらいかな。小さいのに頭のゴツゴツがちょっと形成されてるし、下半身もちょっと紅い!

ピラルクが好きだ!なんて言いながらも、実際は大して詳しくない僕。初めて子ピラルクを見かけてしまいました。


このサイズなら手頃で飼育してみたい!なんて思ってしまうかもしれませんが、ピラルクの成長速度を侮ってはいけなくて、2年もあればすぐにあのサイズ級にまで成長するらしい。

飼育するには最低でも5mクラスの水槽は用意する必要がありそうですね。
How much is this water tank?Wow!very expensive!(英検3級の実力)


実際は水槽のサイズに合わせて大きくなるそうですが…。

まぁ何はともあれ、安易な気持ちで飼育を始めて、飼いきれなくて川に放流だなんて無責任なことは絶対にしないように!お兄さんとの約束だ!
(たまにはイイことも言う、教育に向いた有益なブログです)

僕は水族館で見るだけで十分です。アイドルは手が届かないからこそアイドルなのだ。





■ピラルク選挙

なかがわ水遊園では好きな魚の人気投票を行っているようなのですが、そのラインナップが明らかに不正で…(汗

DSC01935



第一走者) ミヤコタナゴ
第二走者) ピラルクー
第三走者) ハリセンボン



で、出来レース…!!

いや、それはちょっと僕の偏見が入り過ぎか…。いやでも…あの…。




いいや、わからない!ミヤコタナゴマニアがいるかもしれない!!

ミヤコ~1

ミヤコタナゴ


う、うーむ果たして、子供はピラルクを見た後にミヤコタナゴに票を入れるのだろうか…。

ゴジラを見た後にネズミを見せられて、「どっちがカッコよかった?」と聞くようなもんではないだろうか…。



というかそもそも、投票箱に

やっぱりピラルクーですよね

って書いちゃダメだろ(笑


何気にダークホースな「ハリセンボン」も、このピラルクー優遇には膨れっ面してしまいそうです。







■オブジェピラルクー

DSC02036


なかがわ水遊園の体験ゾーンと呼ばれる、水族館の向かいにある場所にピラルクーの模型がありました。

それも…


DSC02042m


すげぇデカイ!

サイズがわかりやすいように一緒に行っていた友人に寝転がってもらいました。独り水族館だと出来ない技ですね(汗

最大で4.5mにもなるピラルクを再現する為に4mの模型で再現したそうです。記念撮影にはもってこいですね。





■おみやげピラルクー

なかがわ水遊園をオススメ出来るポイントは何もピラルクーだけじゃなく

とにかく安い!!

これだけ内容濃いのにコストパフォーマンスがスゴイ!

入館料600円にも驚きだけど、ついつい買ってしまったお土産の数々…

DSC02064


これだけ買っても1400円程度!!

本当に大丈夫なんだろうか、赤字じゃなかろうか。
手前の「チョコ餅」とか200円ですからね。
お土産価格革命起きちゃうよ!


そして、このおみやげの種類の豊富さ!
マニア垂涎のオリジナルピラルクーグッズの多さ!


DSC02065


「もしピラルクーのクリアファイルがあったらなあ」とムチャな事を常日頃から思ってたけど

まさか本当に生産されていたとは思わなんだ!

しかも1ファイルに書かれてるのは6ピラルクーですよ!!

これは今まで行ってきたどの水族館より多いな…。それを思わず2つ買ってしまったので、なんと


12ピラルクー!!


ギャー!!スゴイ!!12ですよ!12ピラルクー!!
夢みたい!!バカみたい!!自分でも何言ってるかわかんなくなってきた!!


DSC02063

ピラルクー缶バッジ。

ピラルク先輩のカッコイイ顔がプリントされた缶バッジは非常にクール!先輩マジかっけーっす!
先輩のお名前が赤文字強調されてるところもベリーナイス!先輩マジかっけーっす!!
「彼の事を思うと、夜も眠れないの…」なんて言うアンニュイガールにも最適な手頃サイズは、カバンに付けていつでも君のハートを鷲掴み!
今日のあなたのコーディネートにワンポイント足して、オシャレなあの子に差を付けちゃおう!
今なら何と106円を割って、105円と超お値打ち価格!!この機会に是非!!




DSC02060

ペーパークラフトピラルクー。

「この際だから、ピラルクーを作れるようにしちゃおうぜ!」というこの開発側のやりきってやったぜ!的なノリ。

近いうちに組み立ててみた日記を書こうと思います。





DSC01920



ということで、ピラルクーづくしの日記でしたがいかがでしたでしょうか!?

なかがわ水遊園は、本当に「ピラルクーを食べる」以外の全てのピラルクーイベントを堪能できるので、

ここに来て、ピラルクー不満足することはまずないです!

まさにピラルクーの聖地!なかがわ水遊園の周りは驚くほど何もありませんし、車以外の交通手段はまず考えられませんが!

ピラルクーマニアは是非訪れてみるといいと思います。


因みに今回のエントリで「ピラルク」という単語が62回登場しました。