DSC05893


入館料:300円
最寄駅:羽生駅
公式サイト

お気に入り : ☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆
ピラルクー : ノーピラルクー


【行き方】
埼玉県羽生駅までどうにか電車で向かいます。羽生駅東口で

市内循環あい・あいバスっていう1日4便だけの、ムジナもん号なるフツーのワゴン車に乗り、

25分程度の「キャッセ羽生・水郷公園前」で下車して、徒歩5分ほどで着きます。



埼玉県にある淡水専門の水族館で、展示種類数は100種ほど、しかも入館料が300円。

ぶっちゃけまったく期待してなかった水族館

でしたが、実際に巡ってみると…これがまた素晴らしい水族館で!!

奇抜な形の水槽やショーがあって目を引くような水族館ではないけど、
超シンプルで王道な淡水展示として最上級な施設でした!!




■ポップな水族館…?

DSC05894


外観やら入口の雰囲気、更に公式サイトからは結構ポップな水族館なのかなー思っていたんだけど、


DSC05897


DSC06159


館内はびっくりするほど暗くてシック、子供向けの水族館とは到底思えないほどで、恐怖感すら覚える淡々とした展示だった印象があります。

来館者も少なく、明るくポップで子供たちがキャッキャするような水族館ではないため、
ぜひ大人の方にじっくり見学してもらいたいシンプルさ!!これは落ち着けていいですね!



■ジオラマ頑張りすぎ

そしてこの水族館の特色として、どの水槽、どんなに小さい水槽を見ても

DSC05976


絶対に環境再現的ジオラマが作り込まれているという点。


これは本当に凄いと思いました!
中型水槽以上の大きさの水槽では、なんていうのかな、あの水槽らしい無機質な青い壁みたいな背景は

一つも無く!

絶対に何かしらの背景ジオラマを作ってらっしゃいます。
これは掃除大変だろうなと思いながらも、見た目にも美しくて素晴らしいなー!!と思いました。

館内は暗くて非常に地味だけど、それと対比されて、水槽の中の華やかさが際立つのかも!?




■ムジナモ

さいたま水族館一押しがこのムジナモ!!食虫植物なんだそうです。

DSC06139


・・・そんなこととはつゆ知らず、家に帰って来てから珍しい展示だったことに気づくw

「なんだよ生物が何もいない水槽じゃないか!」と思いつつ、
一応この水族館では珍しい形の水槽だったから一枚だけ撮影してて良かったw

勿体ない事をしてしまった!是非ゆっくり見て行って欲しいです。

同じように、ムサシトミヨっていう魚も大変珍しいようで、絶対に探しましょう。僕は見つけすらできなかったです☆




■日本の淡水魚だけじゃない!

この水族館は日本の淡水魚だけの展示だったら正直かなり地味だったと思うんだけど、海外の淡水魚の展示も豊富でびっくりしました!

DSC06091


淡水魚展示にしてはとてもカラフルな魚たち!
オセアニアの魚、アフリカの魚、アジアの魚、東南アジアの魚が展示されています!

DSC06100

スポットパールン?のアルビノ?


DSC06102

南米の魚展示と希少魚コーナー


DSC06103

日本の小さな淡水魚ばっかりの中で、レッドテールキャットがいきなり出てくると、そのおデブさにびっくり!
いつもの3倍増しくらいでぽっちゃりに見えます。


DSC06124

シルバーアロワナ。こちらもとってもでっかく見えます。


DSC06128

やる気のないオキシドラスさん。どうしてそんなことになった。


そして…

みなさんお待ちかねのピラルクーは・・・??














DSC06148





はい。

いや、ピラルクがいてもおかしくない展示の雰囲気だった為、ほんのりだけ期待しましたが、ぬいぐるみだけでしたw


・・・でもこんなめちゃくちゃデカいサイズのピラルクぬいぐるみがあるんですねー。全長2mはありましたよ!

僕が知っている一番でっかい特大サイズがこれくらいですから、その更に上のサイズがあったとは・・・(笑
これはこれで珍しいピラルクー展示かもしれませんねw






■その他!

DSC05916

チュウゴクオオサンショウウオ。館内には剥製的なオブジェもあるほど、サンショウウオ推しなのかな?

DSC06019

スズキ。名前は結構きく魚だけど、実際水族館であんまり見かけることが少ないような気がする魚。

DSC06026

うなぎマンション。

DSC06160

ソウギョ。アオウオ。この水槽の前だけ何故か音声解説が流れています。その音声の音質がちょっと悪く、淡々と解説してるのでちょっと怖いw





■総評

小さい水族館だとなめてかかったら、想像以上のボリュームに驚かされる淡水専門の水族館!

荒川に住む魚だけを展示しているのかと思ったら海外にも目を向けたグローバル志向!!

僕は今回かくかくしかじか色々あり過ぎて、1時間しか滞在できなかったんだけど、時間にのんびり余裕を持って訪れるのをオススメしたいです!

おかげで、外池かどこかにアオウオとか、チョウザメがいたらしいんだけど、発見できず・・・(汗
もう一回ゆっくり行きたいなと思いました。

そして驚きの300円というコストパフォーマンス!
かなり安いと思いました。お父さんも安心。

ぜひ県外からも訪れたい良水族館でした。



しかし難点として。バスを使わなきゃそうそう来れる場所じゃないにも関わらず

バスは1日4便のみ!!

しかも平日のみ運行!!!

さらにさいたま水族館は月曜休館!!


実質、火曜〜金曜までしか行けないような困った水族館でもありました・・・。