2013年10月7日、東京・池袋に何やら風変わりなバーがオープンしたという情報がありました。

それは、なんと「オサレにお酒を楽しみながら、ペンギンが鑑賞できる」という触れ込みのバー。
もちろんペンギンは、生のペンギンです。

水族館めぐり屋さんの僕としては
「いやいやいや…、あのね、ペンギンさんってね・・・、結構オイニーがゴイスーだかんね!」
と思いまして、飲食店において、その意味不明なコンセプトに逆に興味を持ちました。

しかし、「Bar」+「ペンギン」という、その魅力的なワード、どう考えても・・・


らいと
ニヤリ


「ここに誘ったら、どんな女もイチコロやで…!」

と、この世の全ての悪を集約したような顔をしながら考えていましたが、
そもそも僕が現在交流を持ってる女性なんて職場のおば…お姉さま方しかいないので、なんかもうそのチャンス無かった。泣いてる。

そんなことを考えてると、

さわちさん
「池袋にペンギンバーなるものが出来たらしいですよ!行きませんか!?」

と、まさかのお誘いメールが!!
もちろん、このさわちさんという方は、オッサ…お兄さんですが…。

ということで、浮いた話の一つもないどころか、地中に埋まってしまっている僕は、仕方なくオッサン二人で行くことにしました。
今回訪れたのはクリスマスの訪れを感じさせる11月末日。
このままでは、もしかしたらこのオッサ…お兄さんといいムードパワーに負けて、お付き合いしてしまうかもしれません!!こりゃぁ困ったね!!!!!!



■出陣なう

さてさて、池袋駅西口から徒歩10分程度のところにあるとのことだったので、
西口前広場で、さわちさんと待ち合わせして向かいました。

21685159_p20
さわちさん(※画像はイメージです。あと画像はフリー素材です。)

黒執事よろしく、水嶋ヒロみたいな人がやってきました。(あくまでイメージです)
以前、横浜に新しく出来たOrbiというスポットに一緒に行ったぶりですね。


DSC04075

っつーことで、ペンギンのいるBARにやってきました。
というか「ペンギンのいるBAR」が正式名称だったのか!マンガ「しろくまカフェ」に対抗した感じでしょうか。

僕だったら、ペンギンのヒレ(手)の「フリッパー」っていう名前に掛けて、「フリッBar」とか名付けそうですが、
そうしない辺りが、僕と違ってオサレです。やかましいわ。



■ペンギンおしぼり

店内はなかなかオサレな雰囲気の内装で、ウェイターのお兄さん方もカッコいいです。
しかし何より、ペンギンバーだけに、出てきた「おしぼり」も凝っていて・・・

DSC03995

めnち
「おお、すげぇ!ゴリラ型のおしぼりだ!



■ペンギン水槽

DSC04071

ペンギンBarに来て、「これペンギンというより、ほぼゴリラだね」とか言っちゃう男の人が、女性と一緒に来店できるわけがないなと自戒しつつ、早速メインのペンギン水槽を見ましょう!

縦長の敷地にあるBarの、奥に備えられているのがこのペンギン水槽。
水槽前に行きましたが、オイニーが気になるというようなことは無かったので安心です。

DSC04012

中には、ケープペンギンが4羽暮らしていました。
ペンギンは、「つがい(カップル)」になると、一生相手を変えないということから、縁起のいい象徴でもあるそうですよ!
きっとここにいる4羽も、2組のつがいになっているに、つがいない(違いない)!!(ドッ



■ペンギンバーオリジナルフローズンカクテル

さわちさん
「今日も絶好調ですね、ぜひその面白さをケープ(keep)し続けてください。ケープペンギンだけに!!」

とか言ってましたが、そのダジャレはクソつまんないので華麗にスルーするとして(他人のギャグには心底厳しい

さて、折角ですから、ペンギンバーらしいものが食べたーい!と思いまして、

「ペンギンバーオリジナルフローズンカクテル」

を注文させて頂きました。
お値段驚愕の1000円(庶民の感性)なので、一体どんなサプライズが演出されるのだろうとわくわくしていました。

で、運ばれてきたのがコレ。

DSC04025

確かにペンギンっぽいけど、何より・・・


DSC04025double



えっ、何・・・







ふたりはおじきゅあ



こうしろっていうの?

絵面超汚いけどいいの?
確かに池袋と言えば、BLしてる世界が蔓延る街だけど!(分からない人はお姉ちゃんに聞いてみよう!




■まとめ

DSC04004

結論:オッサン二人で来るところではない。

そんなの火を見るよりも明らかだったわけですが、
雰囲気もいいし、ペンギンは縁起もいいので、カップルのデートなどには最適なのではないでしょうか!

…まぁ根本的なこと言っちゃうと、「ペンギン見ながら酒飲みたいか?」って話ですが、
桜見ながら1杯するのを美徳とする日本人なら、そこは気にしてはいけないのでしょう。


今回、僕らは開店ダッシュ(18:00 OPEN)を決め込んだおかげか、
水槽から2番目に近い席を確保できたので、常にペンギンを見ていられましたが、少しでも席が離れるとまったく見れません(汗

事前予約が可能なようなので、どうしてもペンギン水槽前を独占したいのであれば予約必須かもしれません!
ペンギン水槽前にあるテーブルはわずか1つ!!いそげー!

DSC04045

とは言っても、店内は写真撮影も、立ち歩きもOKなので、席の確保に躍起になる必要はないとも思います。
上画像のように、全員参加可能な給餌時間も用意されてましたし!





余談ですが、同じ池袋にあるサンシャイン水族館にもペンギンがいます。

DSC08471

サンシャイン水族館にいるのもケープペンギン。池袋はケープペンギンの聖地なのでしょうか・・・?

これじゃあ、「池袋」というよりも、「いケープくろ」だね!!


…えっ、クオリティ低いですか?
実は今僕ドヤ顔してるんですが・・・あの・・・。