DSC07227
入館料:2050円
最寄駅:京都駅
公式サイト

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆
ピラルクー : ノーピラルクー
チンアナゴ : イエスチンアナゴ


【行き方】
京都水族館map
京都駅まで向かいます。
→京都駅中央口を出て西にひた歩きます。徒歩15分ほどで到着します。



■古都にも水族館。
DSC08002
古都こと京都府にも水族館があるコトはご存知でしょうか?
「京都水族館」は、2012年3月にオープンした超最新型水族館で、京都駅から徒歩15分という好立地にある話題性抜群の水族館です。

そんな話題の水族館を、今頃(2014年8月現在)紹介する水族館ブログとか、もう水族館ブログ辞めちまえ感がヒシヒシと伝わりますね!
そして、そんな話題の水族館を、夏休み期間中に記事としてアップすることで、アクセス数を伸ばそうという下心も丸見えですね!

京都水族館は、京都の川・鴨川の展示をメインに、海水大水槽、海獣、イルカショーなどのいわゆる「水族館」を集約した、内陸型の大型総合水族館。

そんな京都水族館は企画当時、様々な反対運動を受けており、オープンには苦労した水族館でもあります。
・「京都の景観に水族館は似合わない」
・「寺院などがあるのに、水族館を目的にする観光客はいない」
・「成人式の晴れ着女子の首元のふわふわは可愛くないと思う」
などなど…。

しかしいざ営業開始するやいなや、オープンから2年経ってもなお連日の大賑わいに、京都にも水族館の癒しを持ち望んでいた人の多さに驚く結果となったそうです。「そうだ 京都、憩う」ってね。

反対派の方々には、あのAAを送ってあげたいところですが、下手なこと書くと炎上しかねないので辞めときます(汗
そして実際、反対意見を押し切れるほど立派で良い水族館であったことは間違いないと思います!



■京の川でオオサンショウウオ
DSC07963
京都水族館のメインは、入館最初に目にする「京の川ゾーン」

DSC07896
京都の川と言えば、特別天然記念物の「オオサンショウウオ」の生息地として有名であるため、ここではオオサンショウウオを展示しています。
オオサンショウウオは日本固有種で、山椒のような匂いを発することがあるからサンショウウオの名前が付いたとか。体長は、兵庫県の城崎マリンワールドで飼育されていた個体の1.5mが最長記録で、普通は60cm前後。
DSC07134
(兵庫県・城崎マリンワールドの1.5m個体(故))

京都の鴨川では、人が持ち込んで放流されてしまった「チュウゴクオオサンショウウオ」との交雑種が増えてしまって、純粋なオオサンショウウオが少なくなっていることが問題とされているそうです!

ちなみに上記情報は、wikipediaをサンショウしたわけですが、それは置いといて。

しかし何がスゴイって、この水槽の環境作りがヤバいのです。
DSC07237
水槽の陸部分のジオラマ作りを「テラリウム」と呼ぶのですが、そのテラリウムの再現力には「お金使ってんなぁ…」と感心するばかりの豊富な擬岩と水草たち。
ここに、京都らしくお寺のジオラマも作れば、これがホントの「寺リウム」とか呼ぶのかなと思ったわけですが、それは置いといて。

いやしかしそのテラリウム以上にスゴイのは、この…
オオサンショウウオ
特別天然記念物(笑)感。

いや、もうレア感ゼロ!100分くらい火を通しちゃった肉みたいなレア感の無さ!
何でこんなオオサンショウウオのミルフィーユみたいになっちゃってんの!代官山の有名スイーツ店でも取扱いにはお手上げだよ。
京都水族館に来てしまうと、オオサンショウウオの「オオ」が、「多」に変換されてしまいかねませんが、ホントにレアな生き物なんだって(汗



■噂のイルカショー

京都水族館と言えば、イルカショーの評判が有名ですね!完成度の低さで。

京都水族館はまだまだ歴史の浅い水族館ともあって、イルカたちがあまり芸を覚えてくれていないらしい。
オープン当時のイルカショーは、それはそれは凄かったらしく、何もしないイルカに焦るトレーナーを見るという前代未聞のハラハラパフォーマンスだったとか!

しかし、そこから2年経った今、京都水族館のイルカショーはどのような変貌を遂げたかと言うと…

DSC07786a
イルカLIVE きいて音(ネ)
イルカとトレーナーだけでなく、観客全員が楽器を使って参加できる新しいタイプのプログラムです!
特別な役割を持つパフォーマー「楽rakuu(ラクゥ)」がパーカッションで生演奏!みんなでセッションしよう!



…やっべー、マジ、やっべーわ…。地雷臭しかしねぇわ…マジ、っべーわ…。
芸ができないのを開き直って、観客巻き込んで時間稼ぎしてる感マジ、っべーわ。

かなりの、っべー気持ちを抑えつつ、開演30分前には席につき、っべー雰囲気を楽しみにしていたら…。

スタッフさん
「これよりショー中に使う笛を、皆さんにお配りします!」

DSC07768
っべーわ、マジなんか来た…、っべーわ。

写真じゃ伝わらないかもしれないけど、至極普通のストロー渡されて、「はいコレが笛です」って言われて、相当っべーわ。
2つに「びゃっ」と分かれた方を口に「パク」して息を「ぷー」すると、「ぴゅー」するらしい。
京都らしく、ギオンで書いてみましたが、そんな誰も気付かぬ小ネタを入れてると、周りから…

\ピュー♪/ \ピュー♪/ \ピュー♪/

けたたましく笛の音が!!
マジか!このストロー、ホントに音鳴るのかー!っべーな!マジ、っべーな!!

それなら僕もこのフェスに参加してグルーヴを刻んでやるぜ!と、ストローを咥え、息を吹いてみました。


すぅー
ぷしゅー











すぅー






















ぷしゅー


























ふしゅー




















っべー

「ちょっ、ちょっと……吹き方わからないんだけど。。。」
















DSC07786a
楽rakuu(ラクゥ)
「それじゃあ皆さん一斉に吹きますよー!!せーの…!」

っべー
ぷしゅー
































ふしゅしゅー


























すっ














つー


イルカと五重塔
音楽隊から除名された僕は、遥かに霞む五重塔を眺めるほかなかった。
五重塔が見えにくいな、なんでだろう。それは遥か遠くに在るからか、それとも…?



■ペンギンスカイウォーク
DSC07279

京都水族館には立派なペンギン水槽があります。こちらが水中部分で…

DSC07401
こちらが陸上部分。
展示されているケープペンギンの生息地に合わせた岩肌ごつごつの展示場は、非常にのびのびとしていて、見ているだけでも気持ちもよく、またペンギンとの距離も近くて良い水槽だと思います。

これだけでもかなりケープペンギンを身近に感じられる良い展示なのですが、京都水族館は、更に新プログラムを用意し、ペンギンの可愛らしさを伝えようとしているようです。

その新プログラムというのが、2014年春から開始した「ペンギンスカイウォーク」というもの!
DSC07698
これは、高さ5mの壁の上に散歩道を増設し、ペタペタ歩く可愛い姿を見せるというプログラムのようです!
飛べないペンギンが空中散歩だなんて、とってもロマンチックで良いですね!

DSC07716
位置が高すぎて、ただ単に見づらくなっただけだなんてことは絶対に無いぞ!

写真手前に写るガールズたちは、もはやペンギンの存在に気付かずに素通り・・・してるわけじゃないし!
勘違いしないでよね!た、たまたま首の骨をやっちゃってるから上が向けないだけなんだからねっ!!



■大水槽
DSC07989
内陸型の京都水族館でも、水量500tもの海水大水槽があるんどすえ(突然の京都らしさ
この大水槽は、ビューポイントがいくつもあって、どこから見ても美しいので、あちこちから覗いとくれやす。

DSC07366
洞窟感ある雰囲気のこちらは、擬岩の使用量が半端なくて、ホントの海に潜ってるような光景にドキドキします。

DSC07450
サンゴ礁水槽とも大水槽がリンクしており、非常にはんなりしてます。ちなみに、はんなりの意味を分からずに使いました。なんか多分オサレって意味だと思う。



■その他

DSC07955
どの水槽見てもジオラマ作りが徹底されており、お金持ちの水族館という印象。

ボロカサゴ
ボロカサゴ

DSC07880
二ホンイトヨ

黄金オニオコゼ
黄金色のオニオコゼ



■まとめ

DSC07563
京都にも水族館があっていいじゃない!古都に映える美麗な水族館。

この水族館を一言でまとめれば、とにかく綺麗!
どの水槽にもばっちりな環境再現ジオラマが用意されており、見ているだけで癒されます。
更にオオサンショウウオの展示に力を入れるというマニア心をくすぐる展示が、都会のど真ん中で見れるのは嬉しい限りです。

交通の便の良さ、展示の綺麗さ、際立った特徴の展示、そして人気の海の生き物も多く展示しており、どの層のお客さんにも非常にオススメできる良い水族館だと思います。

ただし、問題となるのはイルカショーのクオリティと、混雑具合でしょうか!

イルカショーは、まだ芸をほとんど覚えられていないのか、技は初歩的なジャンプだけで、あとは「心拍数の話」と「ペンギンの話」が大半を占めるという謎の構成に!あとは笛吹いてたし(汗
出来の悪い子ほど愛おしい感じで、これからもショーの迷走っぷりに、個人的には期待しています!(失礼

そして混雑問題。
京都駅から徒歩15分という好立地であるため、連休中などは館内がまともに歩けないレベルになるかと思います。
館内には休憩用の椅子が豊富にあるので、休みながらまったり巡ってもらえればなと。

まだまだ歴史の浅い水族館だから色々と問題はあるかと思いますが、それでも上記で挙げた特徴は一見の価値ありです!