つい先日「水族館の定義」というものを決めて、日本全国水族館巡りのゴールを定めるイベントを開催したものの、そんな矢先で気になるモノを見つけてしまったので駆けつけてみました。

それがこちら…
img00001496
「文字の水族館」

もうね、何というか「水族館」と名前が付いたら訪れないわけにはいかない職業病もいよいよもって末期感が出てきました。。。もはや哀れです。
客足が伸びなくて困っているお店がありましたら、看板に「水族館」と一言書いてみてください。
日本全国から水族館マニアが訪れるのでオススメです。写真だけ撮って帰りますが…。

20170325_144505
ということで池袋はサンシャインシティで開催された「文字の水族館」に、水族館巡り屋として訪れてみました!

展示概要はこうです。
サンシャイン水族館で展示している魚の名前をお習字し、それを壁に貼り付けることで大水槽を文字の魚で華やかにしよう!ついでに書道に触れる機会を増やしましょう!

「水族館」にあやかる書道業界もなかなかお目が高いですね。今後はチンアナゴを模した文鎮、いわゆる「ぶんちんあなご」とか販売しちゃったりして“業績”も“字の書き方”のように右肩上がりで黒字になるのでは!?習字だけに!!(あんまりうまくない

ということで早速大水槽をチェックしてみると…
20170325_144857
うっわ、すっげー本格的…。

結構ね、軽い気持ちで。それこそ書道だけに“衝動”的に訪れちゃったけど、ガチの方々が創造した海洋生物(クリーチャー)やん…。
もっとこう「するめぃか (ほわほわ〜)」みたいなイカを想定してたのに「kraken」の方が出てきちゃって焦る。

まぁせっかくですし、僕の「伝家の宝刀」の烏賊も出しちゃおっかなーと思いましたが、筆を持った瞬間
20170325_144642

いわし
「 ぃ ゎ し 」になりました。





ところで、こちらの「蜥蜴(とかげ)」なんですが。
20170325_144442
すごくお上手でカッコいい文字だなー、プロの方の文字かなと思ったんですけど、名前を見たところ…










































3才
いや、ぜったいバックにママおったやろ!!