UAE
「アラブ首長国連邦」と聞いて、個人的には「イスラム国」や「アルカイダ」を連想してしまいます。
いわゆる「やべー国」です。でもさ、でもさ、いくらやべー国って聞いてもさ、

水族館あったら行くじゃん?

じゃん?

ということで、アラブ首長国連邦にある水族館に行ってきました!今まで海外と言えば、東京から車で行ける未開の地“グンマー”しか行ったことないのですが、この度ついに海を越えた国の水族館にも手を出してしまいました。
もちろん、想像していたような危険は何一つなく、HIABURIにされることもありませんでした。というかそもそも危険国じゃないですしね、グンマーに比べれば。
kenashitougeup01_TP_V




■ドバイの水族館
DSC06528
アラブ首長国連邦、通称UAE。上記写真はUAEの中でも一大都市となっているドバイの街並みです。どうみても新宿にしか見えませんが、日本から11時間20分、砂漠の国アラブの首都です。これでも夏場には50度を超える酷暑になるらしいっすよ。

20180215_141839
酷暑すぎてスカイツリーも熱膨張して828mになったとか、なってないとか!スカイツリーってこんな円柱グラフの集合体みたいな形だったっけ?


そんな大都市ドバイには水族館が2つ(?)あります。

DSC05402
世界一大きい(と言われていた)大水槽(約10,000t)を保有する「Dubai Aquarium(ドバイ水族館)」

DSC05450
そしてもう一つが「The Lost Chambers Aquarium(ロストチェンバー水族館)」です。
アラビア語で書くと「حوض ذا لوست تشامبرز」です。

はい、声に出して読んでみましょう!先生のあとに続いて〜、せーの…
حوض ذا لوست تشامبرز!!

読めなかった子は居残りなんで。これテストに出ますからね。


さて。そんなحوض ذا لوست تشامبرزについて今回は書いていきたいのですが、そもそもドバイのどこにあるかというと…



ドバイ
突然ですがクイズです。
Q:ロストチェンバー水族館はどこにあるでしょうか?いや、逆に、どこにあったらイヤでしょうか?


大半の人は何となく「あー、そこっぽいなー」という場所が1つや2つは見つかるかもしれません。えぇ、多分そこです。









ドバイg












ドバイ2d


































ドバイ3z

なんだよそのカブトガニのお腹みたいな島は。








そうです、この意味不明な形の島にロストチェンバー水族館があります。

ロストチェンバー水族館
しかもその先端ど真ん中。

マップ上からでも分かるゲテモノ臭。中華料理屋さんで初めてピータン出された時と同じ感覚。



■パーム・ジュメイラ
パームジュメイラ
この島は「パーム・ジュメイラ」といい、世界のセレブの別荘地が広がる人口島。その先端ど真ん中には最高級ホテル「アトランティスザパーム」があり、その敷地内にこの「ロストチェンバーアクアリウム」が広がります。

…はい、復習しますよ。
「パームジュメイラ」にある「アトランティスザパーム」の中の「ロストチェンバーアクアリウム」です。横文字多すぎてマジ「エターナルフォースブリザード」状態。
覚えられませんよね、もう少し簡単に言いますと「نخلة جميرا」にある「أتلانتس النخلة」の中の「حوض ذا لوست تشامبرز」です。簡単ですね。

DSC05894
外観はこれです。外観の圧倒的荘厳さ…を差し置くほどのドン曇り…!



■ロストチェンバー水族館に潜入
DSC05494
さて早速、館内へ。そうしては目に入ってくる水槽たちの…

DSC05777
まぁ、なんといいますか…

DSC05479
悪趣味感すげくね?
日本の水族館ではありえない装飾の数々。聖剣エクスカリバーみたいなの展示しちゃってんじゃん。岩に刺さってて王たる資質のある勇者じゃないと抜けない設定どこいってしまったん?

DSC05789
このロストチェンバー水族館は水槽内のレイアウトがファンタジーRPG風という斬新な展示手法で、日本の水族館とは一線を画していました。
それもそのはず、水族館のテーマとしては「海に沈んだ古代都市」をイメージしたものなんだって。中二心をくすぐりおる。俺の右眼の疵が疼くぜ―・・・!


DSC05760
もちろん水槽外にもその独自の世界観が作り込まれており

DSC05810
言っちゃなんだけど、全体的に意味不明。

DSC05769
特にヤバいのはコレ。すっげーでっかいエイリアンのたまごみたいなのが、道のど真ん中にあるのです。「THE ABYSS」という名前が付けられていました。翻訳すると「奈落の底」。まぁ今のご時世、水族館でも奈落の底くらい展示してないと時代遅れですしね!

DSC05882
ちなみにその奈落の底には、†深淵より迷いし異界の魔物†…アルビノアリゲーターがいました。


DSC05883
そしてその奈落の底の近くには地獄の門番も仁王立ち。なんと張り詰めた緊迫感のある水族館なのだ…。



























DSC05883


















DSC05883b






















DSC05883c













































DSC05884
ちらっ




DSC05884ban
〜The Abyss〜







■すごいぞ大水槽
DSC05533
失礼いたしました、The Abyssにテンション上がって思わず “ 荒ぶ ” ってしまいましたねアラブだけに!
…さて、ロストチェンバー水族館一番の大水槽です。この大水槽は圧巻のカッコよさ!

DSC05556
大水槽と海に沈んだ古代都市というテーマは非常に相性が良く、見たことはないけど何となく海の中のイメージってこんな感じ?というものを上手く表現しています。

DSC05656
DSC05540
水族館の大水槽って水槽内に凝ったジオラマをあんまり置かないのです。それは生き物がぶつかって危ないとかっていう理由もあると思いますが、一番の理由は清掃性の悪化を恐れたものと思っています。しかしこの海に沈んだ古代都市というテーマは、清掃が行き届いて“いない”方が雰囲気が出るという、メンテナンス性の悪さ逆手にとった上手い手法だなと!


DSC05699
また、この大水槽は併設のホテル「アトランティスザパーム」側からも見れるのですが、その時は「アンバサダー・ラグーン」という名前の大水槽になります。見れるものは一緒ですが、水槽周りがゴージャスになります。

スーパーゲームボーイ
言わば「スーパーゲームボーイ」のピクチャーフレーム機能と一緒ですね!やべぇ、これもう今の若い世代には伝わらないんじゃ…。



■アクアベンチャー・ウォーターパーク
DSCN0394
「パームジュメイラ」の中の「アトランティスザパーム」には「ロストチェンバーアクアリウム」以外にも「アクアベンチャー・ウォーターパーク」という大型のプールが併設されています。こちらにも水族館要素があるので紹介していきましょう。

DSCN0395
アクアベンチャー・ウォーターパークにはこんな感じのサメたちが泳ぐ水槽があります。水槽の中を見てみると、どうも狭いチューブ型の水槽があるように見えますね。これは何かというと…

DSCN0472
ウォータースライダーになってるんですねぇ!ウォータースライダーで滑ってきてサメがうようよ泳ぐ水槽にドボーンってわけ!!はぇ^〜すっごい海外のノリ!

で、そのウォータースライダーってのがコレ!
DSCN0414









DSCN0414b




































DSCN0414c
いやいやいやww
何この急下降っぷり、SMAP解散後のキムタクの好感度くらい急こう配な下がり具合!
これ滑るって言わないからね、人はこれを“自殺”と呼ぶからね。





DSCN0485
「めっちゃ急こう配で滑るンゴww」「その後、サメの水槽に落ちたらどちゃくそ面白くね?」「ジワるなwチキりそー、まじ卍」「それな、草生えるわ」とかって会話しながら深夜27時くらいに酒飲みながら適当に考えたでしょ。クレイジーすぎるでしょ。

もちろん至って普通の発想を持つワタクシはそんなクレイジー体験はせず、その水槽を撮る“フリ”をしながら、パツキンチャンネーのおけつを写真に収めるという至極健全な作業に勤しんでおりました。クレイジーな人は嫌いだよ!(ぷんすか)



■まとめ
DSC05632
いやー、ぶっ飛んでるわ。大クセ水族館じゃ!(千鳥ノブ風
日本のぬるま湯な水族館になれてしまったせいで、パンチの効いた水族館には拒否反応が出てしまいそうでしたが、ここまでぶっ飛んでると逆に興味津々で面白かった!
とはいえ、見られる生き物には大きな違いはなかったように思います。ドバイならではって魚はいなかったように思いました多分。とりあえず、海外は妙にワニ・エイ・サメが好きなので、その辺の展示が多い気がします。

ちなみに入館料は「AED100」となります。えー、すごーい!安〜い!・・・ように思えますが、実際読み方も値段も検討つかないと思いますので解説します。「AED1(1ディルハム)=30円前後」となり、大体3000円くらいですね。
日本で一番値段が高い水族館:横浜八景島シーパラダイスが3000円(2018年4月現在)なので、やはりセレブの町ドバイといった印象です。



■その他
ドバイなんて滅多に行く機会もないでしょうから、以下写真を多めに載せておきます。
20180215_212842
DSC05487
DSC05570
DSC05754
DSC05513
DSC05521
DSC05548
DSC05609
DSC05844
DSC05562
DSC05837
DSC05710
DSC05764
DSC05784
DSC05878

以上です。それではまた。グッドバイ!(ドバイだけに