カテゴリ: 水族館ランキング

東京近郊のオススメ水族館
当ブログの検索ワードの上位は、毎月決まって
「関東 水族館 オススメ」
なのです。

確かに関東は水族館たくさんあって、どこに行けばいいのか迷いますよね。迷いに迷って決められないなって思ったときは「千葉県浦安市舞浜1−1」にあるテーマパークなんかが無難でオススメです。ハハッ!

そんなわけで!
日本全国108 / 115か所の水族館を訪問してきた水族館ジャンキーの私が紹介する
「東京から近い水族館20選」
をお送りしたいと思います。

ちなみに「関東以外の水族館も気になる」って方はこちらの記事から気になる水族館を見つけてみてくださいね!(宣伝)
さらに、水族館のマニアたちが衆知を集めて日本で一番“いい”水族館を決めましたので、そちらもご参考にいただければと思います。


…ところで、検索ワードにまれに紛れ込む「チンアナゴ 下ネタ」なんですが、これで来た人はちょっと廊下立ってなさい。




■東京近郊の水族館マップ

さて、そもそも「関東に水族館が何か所あるか」ご存知ですか?そんなの林修先生か、水族館に明るい人でないと分かりませんよね。ということで、東京近郊の水族館をマップで示してみました。

それでは早速紹介していきましょう!



◇◆ 東京都 ◆◇

■葛西臨海水族園(東京都)
DSC03381
DSC03393
ホームページ
最寄駅 : 葛西臨海公園駅
入館料 : 700円
規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : クロマグロ、ペンギン、レアな魚たち

【オススメ】
カップル : ☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆☆

かの有名な、某夢の国の隣駅にあるこの水族館は、東日本で最も人気の水族館!
世界中の海の魚の展示をで行っており、水族館では滅多にお目にかかれないレア種の宝庫です。
また、水槽は環境再現のジオラマが秀逸で、見た目にも美しいです。
一番のメインはマグロの回遊大水槽。マグロがビュンビュン泳ぐ展示を見れるのは凄く珍しいのです。
そんなマグロたちが2015年初め頃に大量死してしまったニュースは記憶にも新しいですね。その約半年後、再度マグロたちが泳ぐ姿が見れるようになったそうですよ。

ただこの水族館、アシカやイルカなどの海獣類は一切登場せず、ひたすらに魚類展示が続きます。カップルどもがキャッキャするような水族館ではないかもしれません…。
ちなみに唯一のキャッキャポイントは屋外のペンギン展示場でしょうか。
規模からして、コストパフォーマンスの良さはおそらく日本一。そのためもあって館内は激混み必須です。
訪れるのであれば平日や、午前・閉館間際を狙いましょう。
<当ブログでの詳細記事>




■サンシャイン水族館(東京都)
DSC00520
DSC03974
ホームページ
最寄駅 : 池袋駅
入館料 : 2200円
規模 : ☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆☆
メイン生物 : ペンギン、カワウソ、マンボウ、トラフザメ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

池袋の一等地にあるビルの10階に位置するという最も水族館の似合わない場所にある最新型の水族館。
2011年にリニューアルされたばかりで、館内は綺麗で水槽内のレイアウトも美しい。
ビルの中にある水族館だけに、規模はさほど大きくはないのですが、展示種類数はなんと日本の水族館の中ではTOP5に入るほどの充実っぷり。
また2017年には「都会の空を飛ぶように泳ぐペンギン」という唯一無二の展示が追加され、やサN1!(やっぱりサンシャイン水族館さんはNo.1やで、の略)
サンシャイン60とかいうリア充の巣窟に立地していることから、とにかくデートに使いやすい!女の子に「サンシャイン水族館行こうよ」と誘って、断れたら間違いなく脈ゼロなので出直してこい!

筆者としてもオススメしたい「最The高」の水族館ですが、欠点は衰えぬ混雑っぷりと館内の狭さに尽きます!休日のお昼時は「地The獄」と化すので絶対に避けましょう。
<当ブログでの詳細記事>




■マクセルアクアパーク品川(東京都)
アクアパーク品川のナイトイルカショー

DSC02462
ホームページ
最寄駅 : 品川駅
入館料 : 2200円
規模 : ☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : イルカ、ナンヨウマンタ、ノコギリエイ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

品川駅から徒歩3分というアクセス抜群の場所に立地した都会派水族館。
日本一?巨大なトンネル水槽と、クソでかショープールをメインにし、そのほかにも鏡張りのクラゲのエリアなど目を引く展示が多いのが特徴です。インスタ映えかかってこい!
中でも一日に6回ほど行われるイルカショーのクオリティは随一!東日本唯一のマンタ展示や、超巨大なノコギリエイ(グリーンソーフィッシュ)は是が非でも見ていただきたいものです。
また、リニューアル前のEPSON品川アクアスタジアムは、水槽も少なく順路の短さにがっかりする方が多々いたかと思います。しかしリニューアル後のアクアパークは順路が長くなり、水族館の順路としては満足いくものになりました。
また、20時〜22時程度まで開館している非常に珍しい夜型の水族館でもあります。夜になるとかなり混雑が解消され、大人なムードに…!とにかくデートにもってこいな水族館かと思います。これは恋も捗りますな!(ギギギ…
<当ブログでの詳細記事(旧・EPSON品川アクアスタジアムの記事です。)>




■しながわ水族館(東京都)
DSC05924
DSC06069
ホームページ
最寄駅 : 大森海岸駅
入館料 : 1350円
規模 : ☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆
メイン生物 : アシカ、アザラシ、シロワニ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆☆
マニア : ☆☆

品川には上記アクアパーク品川の他にもう1つ水族館があるのですが、品川駅から “ まったく近くない ” のがこちらの「しながわ水族館」。
イルカとの距離が異様に近いイルカショー、大型のトンネル水槽、アザラシのチューブ水槽…。とにかく何でもそれなりに揃っている総合水族館で、「とりあえず生で」と同じ感覚の「とりあえず水族館」には最適な場所です。
何でも揃っているからか、突出したものの無い、クセの無いさっぱり塩味系水族館。個人的には、日本一の器用貧乏水族館だと思っています。
だからこそ、水族館デビューの方には、これ以上無いくらいにオススメできますよ!(褒めてるのか、けなしてるのか分からない
ちなみにNHKドラマ「水族館ガール」の舞台として有名になりました。C1ジャンプは見れませんが…(汗
<当ブログでの詳細記事>




■すみだ水族館(東京都)
DSC09926
DSC09926
ホームページ
最寄駅 : とうきょうスカイツリー駅・押上駅
入館料 : 2050円
規模 : ☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆☆
メイン生物 : マゼランペンギン、チンアナゴ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆
ファミリー : ☆☆
マニア : ☆☆☆

言わずと知れた東京スカイツリーのふもとに立地した最新型の水族館です。
観光名所の “ ついで系 ” 水族館かと思いきや、小笠原諸島の海をイメージした大水槽や、ADAのネイチャーアクアリウム(水草が生い茂る緑緑しい水槽)があったりと、一風変わった展示を取り揃えているのが面白い。
屋内最大級のペンギン展示プールは見応え十分です。プロジェクションマッピングを駆使してプールをカラフルにするなど、カップルやファミリーにはオススメです。
また、「チンアナゴ」を全面的に推しており、チンアナゴ特化型水族館として密かに人気を博しています。たまに「ゆらチンナイト」なる怪しげな猥褻イベントを開催しているから本気度がうかがい知れます。たまに「ゆらチンナイト」。略して「たまチ

小型水槽が並ぶエリアは何故か大変に狭く、観るのを諦めてしまうことが多々あります。
また、順路は非常に短いため、あっという間に全体を見終えてしまうのが難点。2050円という強気な入館料設定は割に合わないのが残念か。
<当ブログでの詳細記事>




■東京タワー水族館(東京都)
DSC02950
DSC02941
ホームページ
最寄駅 : 浜松町駅・神谷町駅
入館料 : 1080円
規模 : ☆
綺麗 : ☆
メイン生物 : コイ、ジャウー、見たこともないような名前の魚

【オススメ】
カップル : ☆
ファミリー : ☆
マニア : ☆☆☆

スカイツリーのふもとだけでなく、実は東京タワーのふもとにも水族館があるのはご存知でしょうか?かの有名な東京タワーの下にあるのに、この知名度の低さは何故か、それは…。
もはや全体的にノーコメントとしたいタイプの水族館ではありますが、実は凄いことに展示種類数では日本一クラスの水族館でもあります。何が違うのか分からないけど名前の違う魚がたくさんいてお得!!
大型の熱帯魚ショップに、強気の1080円設定の入館料を払ってもよいという稀有なB級スポットマニアは一度訪れてみては!?カップルたちが「いわゆるな水族館」に夢を抱いたまま訪れて、その後険悪なムードになっても当ブログは一切保証しておりませんのでご了承くださいませ。
なお、2018年内に閉館との噂があり?訪れるなら今がチャンス!




■井の頭自然文化園 水生物館(東京都)
DSC01971
DSC01971
ホームページ
最寄駅 : 吉祥寺駅
入館料 : 400円
規模 : ☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : カイツブリ、ミズグモ

【オススメ】
カップル : ☆☆
ファミリー : ☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

井の頭公園にある動物園、その中にひっそりと設置された水生物館。
館内は淡水魚のみの展示ではありますが、水槽のレイアウトが異常なくらいに綺麗で、地味な淡水魚でも映えて見えます。
カイツブリという水鳥の展示が珍しい。しかも餌となるモツゴという魚と同居しているため、生きた魚が捕食される瞬間を見ることが出来る非常に珍しい水族館です!
動物園併設型の水族館なので、「一石二鳥三魚」感が凄いです!ごめん、適当な派生形四字熟語作った!とにかくお買い得だと言いたい!
<当ブログでの詳細記事>




■足立区生物園(東京都)
足立区生物園の金魚大水槽
足立区生物園の熱帯大水槽
ホームページ
最寄駅 : 竹ノ塚駅
入館料 : 300円
規模 : ☆
綺麗 : ☆☆☆
メイン生物 : ピラルクー

【オススメ】
カップル : ☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆

虫や爬虫類の展示がメインの生物園ですが、魚類の展示も豊富にある不思議な施設。
どの水槽もキレイな展示がなされており、水族館顔無しと言ったところ。
また蝶の放し飼い温室には世界最大の淡水魚ピラルクーが泳ぐ大水槽があるので、世界観がスゴイ。
猫ちゃんやシマリス、お馬ちゃんからワラビー、ゴキブリまで、とにかくいろんな生き物と触れ合いたい方にお勧めです!
<当ブログでの詳細記事>




■板橋区立熱帯環境植物館グリーンドームねったい館(東京都)
ねったい館
グリーンドームねったい館ミニ水族館
ホームページ
最寄駅 : 高島平駅
入館料 : 260円
規模 : ☆
綺麗 : ☆☆☆
メイン生物 : ヒマンチュラチャオプラヤ(淡水エイ)

【オススメ】
カップル : ☆
ファミリー : ☆☆
マニア : ☆☆☆

東京出身を言い張る人に「東京のどこ?」と聞くと返ってくる確立が高い「板橋区」。そんな、東京に憧れをもつ板橋に佇む植物園の中に水族館があります。
「ミニ水族館」を自称していて、その名の通り非常に小さな水族館が広がっています。しかし小さいと侮るなかれ!なんとも立派な大水槽が存在しています。その大水槽のメイン生物は「ヒマンチュラ・チャオプラヤ」という淡水エイ。難読さ以外に一体誰が興味を持つのだろうと思いますが「世界最大の淡水エイ」という肩書きを聞けば魅力的になりますでしょうか!ここの個体はそんなに大きくなくて1mも無いくらいだけど、日本の水族館では見かけない珍しいエイなので是非!
館内は東南アジア系の生物をメインとした水槽が立ち並ぶという激シブ水族館ですが、植物園も綺麗ですので併せてお楽しみいただければ幸いです。




◇◆ 神奈川県 ◆◇

■新・江の島水族館(神奈川県)
DSC05808
DSC04176
ホームページ
最寄駅 : 片瀬江ノ島駅
入館料 : 2400円
規模 : ☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆☆
メイン生物 : クラゲ、深海生物、カワウソ、イルカと言葉を交わせる妖精

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆☆

「クラゲ展示」と「深海展示」が面白い、江ノ島の名所的水族館です。
大水槽は「ホントに海に潜ってきたんじゃないか」と錯覚できる程の見事なジオラマで再現されていてスゴイです。
土日や祝日に開催される「ドルフェリア」というイルカショーは、イルカと会話ができる謎の種族“アクアン”達が戯れる一風変わったパフォーマンスで興味深いです。
また、何気にクラゲ展示種類数で日本一だったりするクラゲファンタジーホールや、日本唯一の深海環境再現水槽、「しんかい2000」という実物の潜水艦展示など、類を見ない特徴でマニアの心もしっかりキャッチするのがズルい。
素直にオススメできる良い水族館です。江の島とセットで訪れられてデートには最適ですね。ちなみに休日ともなると混雑は半端なくて。てめぇらシラスでも喰ってろと3兆回は思うことでしょう。水族館へは15:00以降に入館されるとストレス少ないかもしれません…。




■八景島シーパラダイス(神奈川県)
DSC00251
セイウチ美術館
ホームページ
最寄駅 : 金沢八景駅
入館料 : 3000円
規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : イルカ、ホッキョクグマ、セイウチ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆

遊園地とセットで楽しめる、ふれあい型超巨大水族館。
水族館は、大きく4つの施設に分かれており、様々な用途で楽しめます。

∇アクアミュージアム
いわゆるフツーの水槽展示を行う施設でありながら、セイウチやホッキョクグマなどの超大型生物がいるのが面白い。海獣ショーのクオリティも非常にハイレベル。

∇ふれあいラグーン
海獣達とのふれあいが出来る「キャッキャ」しちゃう施設。
ほとんどが予約制なので、事前に下調べしているかどうかで大きく印象が変わると思います。

∇ドルフィンファンタジー
イルカの泳ぐトンネル水槽施設。ここで結婚式が挙げられるほどオサレ感ハンパ無いって。

∇うみファーム
「海育」をテーマにした学習施設。釣った魚を食べられるお勉強に最適施設です。

これだけ色々取り揃えているからか、入館料は全水族館中最高額の3000円!そして、ふれあい体験は予約制でもちろん別料金など、気軽に行ける場所ではないのが注意ポイント。また、屋根の無い箇所が多くあるため、晴れの日に行きたいです。




■油壺マリンパーク(神奈川県)
DSC06746
DSC06857
ホームページ
最寄駅 : 三崎口駅
入館料 : 1700円
規模 : ☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆
メイン生物 : カワウソ、チョウザメ、イワトビペンギン、ノコギリエイ、オオメジロザメ…

【オススメ】
カップル : ☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆☆

歴史のある水族館だからこそ見応えのある展示が多い、古き良き水族館。
ド迫力の大型なオオメジロザメ、ノコギリエイが泳ぐドーナツ水槽、屋内型の演劇形式イルカ・アシカショー、キュートなカワウソとの握手会などとにかく特徴の多い “濃い” 水族館です。
そして「みさきまぐろきっぷ」という超格安チケットを利用した際のコストパフォーマンスの良さも特筆したい。
水槽自体はリニューアルがなされているのでそこまで気にならないけど、建物自体がだいぶくたびれてきていて、見た目的にはnotフォトジェニックなのが惜しいかも。
<当ブログでの詳細記事>




■箱根園水族館(神奈川県)
DSC08013<
DSC07985

ホームページ
最寄駅 : なし (小田原駅などからバスで1時間)
入館料 : 1500円
規模 : ☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : バイカルアザラシ、ピラルクー

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆

日本で一番標高の高いところ(海抜723m)にある海水大水槽が目玉の水族館。
箱根の山奥にある芦ノ湖という観光地の水族館です。そのため「水族館大好きー!」な人に向けた展示というよりも、見た目にも分かりやすいメジャーな生物を豊富に取り揃えています。いわゆるパンピー向けです。箱根観光のついでに寄っちゃえばいいじゃない。
しかし、「バイカルアザラシ」という淡水アザラシのショーが見れる唯一の水族館であり、わざわざ訪れて観る価値はあります。芸はほぼ出来ないのでドチャクソゆる〜〜〜いパフォーマンスですが、可愛くて癒されるので必見です。
ショーは、最前列でないと楽しみにくい立ち見席なので、席取りはお早めに。




■相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら(神奈川県)
DSC01258
DSC01352

ホームページ
入館料 : 390円
規模 : ☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆☆
メイン生物 : タナゴ、淡水魚

【オススメ】
カップル : ☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

2014年3月26日リニューアルオープンした、相模川水系の生物を中心に展示した科学館的水族館。
一番の目玉は横幅40mにも及ぶ大水槽で再現した相模川再現水槽で、上流から河口域まで、綺麗なジオラマとともに流れに沿って観れます。日本一長い水槽なのでは?
またCG映像による生物紹介コーナーや、色を塗った魚が映像に写るコーナーなど、体験系学習展示が豊富で、ファミリー向けなのが見て取れます。
しかし、ただの子ども向け展示に終わらないのがこの水族館の個人的お気に入りポイント。
それが「魚道」に関する展示と、「ダム湖」再現水槽です。他の水族館では見かけない特殊な展示がほんとすこ。水族館マニアとしてはマジ卍なわけです。
「相模川」という局所的なテーマに絞った展示が、良い個性を生み出した魅力的な水族館!

ただし、淡水生物の展示が中心で、メイン生物は地味小魚「タナゴ」というマニアックさ。カップルがデートに使うような華やかさは無いストイックさはある意味必見!?
当ブログでの詳細記事




■ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館(神奈川県)
DSC03152
DSC03455
ホームページ
入館料 : 1400円
規模 : ☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : オオグソクムシ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

「おもしろ」を自称してしまうアイタタな水族館。しかも中身はしょーもないクソ寒ダジャレ水槽のオンパレード。ふざけやがって、めっちゃ好きやで。
生き物自身を魅せることで生命の尊さや力強さ、生息する地域を再現することで分布域を学べるなどの「博物的な要素」を重視した従来の水族館とは大きく異なり、魚の持つ特性や名前の奇特性から水槽を着飾り、興味を沸かせる実験やクイズをちりばめることで惹きつける展示方法をとっていました。
コレは他の水族館ではまず見られない独特のコンセプトで「癒し」を度外視したその潔さには感心せざるを得ません!
メイン生物は人気の深海生物「オオグソクムシ」。彼らとのふれあいも充実してるし、たまに試食会してるよ。
当ブログでの詳細記事




◇◆ 茨城県 ◆◇

■アクアワールド大洗(茨城県)
DSC02625
DSC02299ia
ホームページ
最寄駅 : 大洗駅
入館料 : 1850円
規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆
メイン生物 : 各種サメ、マンボウ、ラッコ、イルカ

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆

サメの飼育種類数日本一のサメ水族館!エスカレーターを見上げるとそこには巨大サメの水槽が…っ!
もちろん普通の魚類展示も、海獣類もとても豊富!見たいなと思っている生物は大抵いると思います。エトピリカとかね!(マイナーキャラチョイス
また、日本一 “ 逆光の激しいショープール ” で行われる、ここでしか見られない「イルカに乗るアシカ」は必見!マンボウの展示も有名で、日本一大きいマンボウ水槽があります。
「ここにしかない」というものが多いので、水族館に少し明るい人には大変オススメしたいです。でも一人で訪れると「ガルパン(※)の聖地巡礼ですか?」と聞かれるので気を付けたい。
※ガールズ&パンツァーというアニメの舞台になっているらしい、困ったら「ガルパンはいいぞ」と挨拶しておこう(偏見)

ちなみに、日本一?種類豊富な水族館内フードコートもあるので、午前中から訪れてお昼を食べるのが吉。




■かすみがうら市水族館(茨城県)
DSC06349
オオウミウマ
ホームページ
最寄駅 : 神立駅・土浦駅
入館料 : 310円
規模 : ☆
綺麗 : ☆
メイン生物 : タツノオトシゴ

【オススメ】
カップル : ☆
ファミリー : ☆☆
マニア : ☆☆

日本で2番目に大きな湖「霞ヶ浦」の中心あたりにある小さな水族館。
霞ヶ浦の生態系を展示する学習施設かと思いきや、海外の生物が多く展示されており、メインの生物はなんとタツノオトシゴ!霞ヶ浦どこ行った!?
タツノオトシゴの可愛さにはハッとさせられるが、何より一番の問題はアクセスの悪さ!
最寄り駅からバスで1時間揺られた後、バス停から更に1時間歩かされる。
そこまでする価値があるかと言われると口をつぐむ他ない!どんまい!!
<当ブログでの詳細記事>





◇◆ 千葉県 ◆◇

■鴨川シーワールド(千葉県)
鴨川シーワールドシャチパフォーマンス
鴨川シーワールドトロピカルアイランド
ホームページ
最寄駅 : 安房鴨川駅
入館料 : 2800円
規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : シャチ、海獣各種

【オススメ】
カップル : ☆☆☆☆☆
ファミリー : ☆☆☆☆
マニア : ☆☆☆☆☆

日本唯一「シャチのショー」が見られる超巨大水族館。
シャチのためだけに来る価値があるかと言われたら、うるせぇ言いから来いよと言いたいくらいの圧倒的スター性がスゴイ。
ただ、シャチだけでなく、海獣類展示の豊富さも他の水族館とは比べ物になりません。
全ての海獣ショーを見ようとすると、それだけで2時間以上もかかるのはもはや嫌がらせかもしれません!(笑
また、サンゴ礁海域の展示だけで一施設作っちゃうあたりに規模の巨大さを感じます。

対して、一般的な魚類展示施設は非常に古くさく、綺麗とは呼べないあたりが非常にもったいない。
「でかすぎる水族館」と「見応えがありすぎる展示」が組み合わさり、導き出される答えは「とにかく疲れる水族館」!訪れるにはそれなりの覚悟をもっていきましょう。



■“渚の駅”たてやま 海辺の広場(千葉県)
渚の駅たてやま海辺の広場
ホームページ
最寄駅 : 館山駅
入館料 : 無料
規模 : ☆
綺麗 : ☆
メイン生物 : なし

【オススメ】
カップル : ☆
ファミリー : ☆☆
マニア : ☆

いや、まぁ道の駅ですからね。。。




◇◆ 埼玉県 ◆◇

■さいたま水族館(埼玉県)
DSC05898
ホームページ
最寄駅 : 羽生駅・加須駅
入館料 : 310円
規模 : ☆☆
綺麗 : ☆☆☆☆
メイン生物 : オオサンショウウオ、ソウギョ、アオウオ、チョウザメ

【オススメ】
カップル : ☆☆
ファミリー : ☆☆
マニア : ☆☆☆☆

名前や外観のポップなイメージとは裏腹に、淡々と淡水魚を展示するちょっとストイックな水族館。
どんな小さな水槽にも環境を再現したジオラマが作られておりキレイです。
しかし館内は異常なほどじめっとした暗さがあり、人気がなくなると「しん…」と静まり返るのはもはや恐怖。サイレントヒルとかバイオハザードの世界?
しかし展示種類数はかなりのもので、淡水魚好きなら一度は訪れておきたい。
また、リニューアルオープンされた館外のチョウザメ池では、巨大な淡水魚たちと触れ合えるのがウリです。
<当ブログでの詳細記事>






いかがでしたでしょうか。
今回の記事には載せきれませんでしたが、更に足をのばせば静岡県の伊豆半島にある6つ(?)の水族館や、
山梨県の「富士湧水の里水族館」、栃木県には「なかがわ水遊園」なんていう大変に趣きのある水族館もあります。

今回の記事を通して、気になる水族館が一か所でも見つかりましたら幸いです。

ただ一つ言えるのは他人の意見・評価は全て鵜呑みにするのではなく、参考程度にとどめて
少しでも気になったのなら、ご自身が実際に訪れてみることをオススメしたいということです。

もちろん “ハズレ” の水族館というのもありますが、それが話のタネになることは間違いありません。
水族館は楽しもうと思えば、いくらでも興味を持って面白くすることができます。

楽しみ方は人それぞれ。是非それぞれの「楽しみ方」を見つければいいじゃん。



えっ!?見つけ方が分からない!?

ばっかお前…






このブログがついてるだろ!

俺と一緒に、AQUARIUM!来週もまた見てくれよな!!

DSC00250

夏休みも終わり、虫取りあみ背負いボーイも「ナツヤスミノシュクダイガー!」とか言いながら、学校に行き始めた頃ですね。今どきそんなコテコテの昭和ボーイを見たことありませんが。

さて、「夏休み」と言うと水族館にとって、最も盛況する時期です。
当ブログもそんな水族館フィーバーにあやかって、ありがたいことに一日のアクセス数が1800を超えた日もあり、ついに人気ブロガーの仲間入りかと思い、こっそりサインの練習をしておりました。

sign
↑ こそ練 (こっそり練習する) の成果

ところが、夏休みを終え、アクセス数はなんと1/3程度に!これが一発屋芸人の末路・・・!!(芸人ではない

今となっては、めnちの「め」がサカナになってるなどという大変に凝ったサインがチョー恥ずかしーわけです。

ということで、今回は「平常運行の日」でもアクセス数の多いワード、「水族館」「オススメ」「ランキング」を取り上げて、ブログのアクセス数をのばs・・・、皆さんの笑顔が見たいなと思いまして!て!!


そこで話に出てくるのが、表題の通り!
8月の下旬に発表された、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」さんの

行ってよかった!動物園&水族館ランキング2013

です。この記事を丸々パク・・・見ながら、あれこれ言って、そのアクセス数にあやかr少しでも水族館観光の参考になれば良いなと、心から思ってこの記事を書きます。


心から!


では、早速見ていきましょう。


■10位 名古屋港水族館(愛知県)

DSC01192
□入館料:2000円 ホムペ

日本最大級のショープール(水量11400t)と、日本最大級の敷地面積を誇る名古屋港水族館がランクインです。
個人的には深海展示の模型の作りこみだったり、ペンギン水槽の微妙な四季の変化など、細かい点が素晴らしいと思っておりますが、何より、千葉県の鴨川シーワールドから「シャチの親子」を預かり、目玉展示が更にパワーアップ!
見所たくさんで大満足できる水族館なので、10位という順位はむしろ意外だったかも?



■9位 神戸市立須磨海浜水族園(兵庫県)

DSC06483
□入館料:1300円 ホムペ

会いたい生物はほとんど揃った超巨大水族館スマスイ!驚くべきはそのコストパフォーマンスの高さでしょうか!
大水槽や、ピラニアに囲まれる水槽、アマゾンチューブ水槽など目玉も多く、なんとなく水族館行きたいならココ行っておけば間違いないです。
個人的には、「こんなの誰も興味持たないだろ…」と心配になる「無脊椎動物」を堂々と1フロア使って扱うという、マニア向けなチャレンジング展示にグッと心を掴まれました。大変オススメです!


■8位 しものせき水族館 海響館(山口県)

DSC04937
□入館料:2000円 ホムペ

九州と中国地方の境目、フグで有名な下関にある、これまた巨大水族館です。
館内はとにかくフグにこだわっており、本館の半分はフグ展示というチャレンジングかつ地元愛に溢れた水族館。
大水槽では、下関らしく「渦」が発生する仕掛けがあり、これだけでもマニアは見に来る価値があります。
最近になって、超巨大なペンギン館が新設され、更に魅力は増大。
また、ストーリー仕立てのイルカショーは、クオリティが高いことでも有名で、どちらかというと、水族館に少し明るい人が心底楽しめるタイプの珍しい水族館かなと思っております。




■7位 越前松島水族館(福井県)

□入館料:1800円 ホムペ

これはナカナカ意外な水族館がランクインしましたね!思わぬダークホースな由緒ある水族館。
残念ながらまだ訪れたことが無いので、内容が書けないので申し訳ないのですが、ちょこちょこと施設を追加リニューアルしているようで、昔訪れた方も楽しめるかもしれません!
土足厳禁なガラス張りの水槽の上に寝転がることも出来るのが斬新で面白い。
近々訪れさせていただきたいと思っております。



■6位 大分マリーンパレス水族館うみたまご(大分県)

DSC04634
□入館料:1890円 ホムペ

進化系・最新型水族館の「うみたまご」。昨年は3位に輝き、そして私自身の一番オススメできる水族館がココだったりします。
お金をたっぷり注ぎ込んだであろう大水槽は、館内の中心となっており、そこをグルグルと巡り歩くことになるのだけど、その構造と魅せ方はもはや芸術の域。大水槽が一つに繋がっていることに気付いたときは鳥肌モノです。
また、息遣いが聞こえる距離まで近づく海獣ショーにハラハラドキドキしたり、上の画像のようなしっぽり展示もあるので、忌々しきリア充カポーどもの、おデートに大変オススメです。もれなく爆発しろ。



■5位 アクアワールド茨城県大洗水族館(茨城県)

DSC02625
□入館料:1800円 ホムペ

サメの展示種類数日本一!凶悪な生物がたくさんいる側面で、マンボウやカピバラなんていう癒し系も取り揃える個性派なアクアワールド大洗。
イルカの上にアシカが乗り、プールを周回する「愛のランデヴー」は、ここでしか見れない神業なので必見です。
そして日本の水族館イチ(?)、フードコートが充実してる(12店舗)のも必見かもしれません(笑


■4位 鳥羽水族館(三重県)

DSC07781
□入館料:2400円 ホムペ

太陽系最大級!?水槽全てが見所という最強の水族館です(個人の主観)。
順路は存在せず、12のゾーンを好きなように巡れるのが特徴で、全てを見ようとすると余裕で5時間をオーバーする広大さには驚きます(個人差があります)。
最近、世間のニュースを騒がせている「絶食を続けるダイオウグソクムシ」がいるのもここ。
また、日本では唯一「ジュゴン」が見れる施設でもあり、一生の内、一度は訪れておきたい水族館だと思います。
しかし逆に、このトバスイに行ってしまうと他の水族館が霞んで見えるのであまりオススメしたくないのが本音です(笑


■3位 世界淡水魚園水族館アクア・トト ぎふ(岐阜県)

DSC09028
□入館料:1400円 ホムペ

世界最大の淡水魚専門水族館!地味なイメージが持たれがちな「川魚」だけを展示する最新型水族館アクアトトぎふ。
高級感溢れる館内では、水槽の環境再現が抜群で、地味魚たちも日本人の心に響きます。
そして何より驚きなのが世界の淡水魚の展示数!他の水族館では滅多にお目にかかれないレアな海外の個性的なキャラたちに心奪われること間違いなし!
あと、実はアシカショーもやってるよ(ボソリ
個人的には最もお気に入りの水族館で、岐阜県なんて、遠すぎてそうそう行けるわけ無いのに年間パスを購入してしまったほどですw



■2位 環境水族館アクアマリンふくしま(福島県)

DSC02956
□入館料:1600円 ホムペ

震災による津波の悲劇から立ち直った不屈の水族館!津波で1階が浸水し、生物の9割が死滅するも、そこからわずか4か月で復帰したと聞くだけでも、この水族館の愛され方が分かります。
三角型のトンネル水槽を始め、館内の水槽はどれも芸術的な美しさ!イルカショーは無く、派手さこそ無いものの心が洗われる水族館です。
またシーラカンス水族館としても有名で、貴重な資料も多く展示されております。(さすがに生体展示は無いよ!)





ということで、行って良かった水族館ランキングの記事について、アレコレ言いながらトップ10をおさらいさせていただきました!

・・・えっ?一位がまだ紹介できてないじゃないかって?

いやぁ、だって紹介する必要なくないっすか?どうせあそこだし!!

…けっ、ハイハイ…。まだ行ってませんですよーだ!。。。(滝のような涙を流しながら



■所感

DSC04989

このランキングでは、関東の水族館が少ないことに驚きました。
11位に鴨川シーワールド(千葉県)、12位に葛西臨海水族園(東京都)と続いているものの、これだけ各地の水族館がランクインしているのはなんだか嬉しいですね。

他に、ランクインしていないけど個人的に「行って良かった水族館」は、、

姫路市立水族館(兵庫県)
富士湧水の里水族館(山梨県)
東海大学海洋科学博物館(静岡県)

などを挙げたいかなと。
完全に圏外そうで、どれも陽の目を見ることの少なそうな地味さはあるかもしれませんが、どれも上質!オススメです。



■おわりに

口コミだけでは判断しきれない良質な水族館が日本には沢山あります。
他人の感想だけに流されず、ご自身が「行ってみたいな」と思ったその水族館こそ、「行って良かった水族館」なのかもしれません。

・・・「それっぽい言葉」でかっこよくシメたつもりだったけど、思った以上に何言ってるかわからない文章になってた!
散々偉そうに語って、最後はコレである。クズである。

data

2013年3月23日放送のTBS「ランク王国
そこで、デートで行きたい水族館ランキングが発表されていたので、観てみました!

「渋谷の女性300人に聞いた、デートで行きたい水族館TOP10!」

渋谷女子という偏りのあるランキングではありますが、イマドキ女子はどう思ってるのか、参考・勉強するべく熱心に拝見させていただきました。

番組の順番どおり、10位から色々つっこんでみましょう。
ついでに「個人的デートにオススメ度」も“3段階”評価で入れておきました。
筆者は100回近く水族館に行っていますが、女の子と水族館に行ったことが2ビットで表現できるんじゃないかっていう程度しか経験ないので、参考になるかはちょっとアレですが!泣いてる!!


(2016年6月追記)
「関東のオススメ水族館2016(東京から近い水族館20選!)」という記事も書きました。
よろしければそちらも合わせてご参考にしていただければ幸いです。以下は2013年の時の情報となります。



■10位:『エプソン 品川アクアスタジアム』 東京都港区

DSC02462
DSC02534

ホームページ
入館料:1800円(増税後1850円)
個人的デートにオススメ度:☆☆☆

品川駅から徒歩3分というアクセス抜群の場所に立地した都会派水族館。
日本一?大きなトンネル水槽には、東日本唯一のナンヨウマンタ展示や、巨大なノコギリエイなど「キャッキャ」出来る魚が泳ぎます。
また、水槽展示よりもパフォーマンスをメインとした水族館なので、イルカショーとアシカショーのクオリティはとてもハイレベル!
行なわれる回数も多いので、見逃すことは少ないかも。ただ、アシカショーは定員いっぱいになるのが早いので、席取りはお早めに。
施設サイズは小さく、魚類展示数も少ないため、少し物足りないかもしれないけど、デートにおいては、だらけないちょうど良いサイズなのではないかなと思います。
また夜10時(時期による)まで開館しているので、時間の都合を合わせやすいかと!デートにはオススメです。
<当ブログでの詳細記事>



■9位:『しながわ水族館』 東京都品川区

DSC06069
DSC05924

ホームページ
入館料:1300円(増税後1350円)
個人的デートにオススメ度:☆☆

品川駅からまったく近くないのがこちらの「しながわ水族館」。
距離の近いイルカショー、大型のトンネル水槽、アシカのチューブ水槽と、とにかく何でもそれなりに揃っている総合水族館で、「とりあえず水族館」には最適な場所です。
何でも揃っているからか、突出したものの無い、クセの無いさっぱり系水族館。
だからこそ、初水族館〜5年ぶり水族館くらいの方には非常ににオススメできます。
ただ、水族館の周りにはほとんど何も無いため、計画は入念に。
<当ブログでの詳細記事>


■8位:『海遊館』 大阪府大阪市

ごめんね、行ったこと無いんだ・・・(汗

ホームページ
入館料:2300円(増税後変わらず)
個人的デートにオススメ度:???

都市にあるにも関わらず、最大級サイズを誇る海遊館。とにかく巨大水槽が多く、圧倒される(ハズ)
最近、体感型新施設がオープンしたようなので、是非!



■7位:『東京都葛西臨海水族園』 東京都江戸川区

DSC03393
DSC03210

ホームページ
入館料:700円(増税後変わらず)
個人的デートにオススメ度:☆

超巨大水族館にしてこのコストパフォーマンスの高さは、目を見張るものがあります。
上画像のような美しい水槽が多く、環境再現ジオラマが秀逸で個人的には大好きな水族館です。
しかしショーらしいショーはなく、海獣はペンギンだけ。マグロが最大のウリです!(ドヤッ
水槽と魚の展示が永遠と続くので、お互いに魚が大好きなカップルであればかなりオススメですが…。
まぁぶっちゃけ、デートだったら隣駅のディズニーランド行けよっていう(汗
ちなみに東日本で一番人気ということもあり、混雑がやばいです。出来るなら、平日か夕方以降に訪れましょう。
<当ブログでの詳細記事>


■6位:『鴨川シーワールド』 千葉県鴨川市

鴨川シーワールドシャチパフォーマンス
鴨川シーワールドトロピカルアイランド

ホームページ
入館料:2800円(増税後変わらず)
個人的デートにオススメ度:☆☆

日本唯一の「シャチ」のダイナミックなショーが見られる超巨大水族館。
シャチのためだけに来る価値があると言っても過言では無いほどの圧倒的存在感がスゴイ。
ただ、シャチだけでなく、海獣類展示の豊富さも他の水族館とは比べ物になりません。
全ての海獣ショーを見ようとすると、2時間以上もかかるのは、もはや嫌がらせかもしれません!(笑
また、サンゴ礁海域の展示だけで一施設作っちゃうあたりに規模の差を感じます。

対して、一般的な魚類展示施設は非常に古くさく、綺麗とは呼べないあたりが非常にもったいない。
水族館規模の大きさと、見応えがありすぎる展示に、とにかく疲れる水族館なため、訪れるにはそれなりの覚悟をもっていきましょう。
かなり高額な入館料や、水族館周りに何も無い点、広大なので疲れる点をクリアできるならデートにもオススメです!



■5位:『すみだ水族館』 東京都墨田区

DSC09926
DSC09916

ホームページ
入館料:2000円(増税後2050円)
個人的デートにオススメ度:☆

言わずと知れた東京スカイツリーのふもとに立地した最新型の水族館です。
観光名所の“ついで系”水族館かと思いきや、小笠原諸島近海をテーマに、結構マニアックな生物を取り揃えているのが面白い。
屋内最大級のペンギン展示プールは見応え十分です。
最近は「チンアナゴ」を推しており、チンアナゴ特化型水族館として人気を博しています。

小型水槽が並ぶエリアは何故か大変に狭く、観るのを諦めてしまうことが多々あります。
また、順路は非常に短いため、あっという間に全体を見終えてしまうのが難点。
2050円という強気な入館料設定は割に合わないのが残念。ただ、そのためか、意外に混雑はしていないです(汗

すみだ水族館をメインにしたデートはあまりオススメできませんが、「ついでに」くらいのスタンスであれば面白いと思います。
<当ブログでの詳細記事>



■4位:『サンシャイン水族館』 東京都豊島区

DSC00520
DSC03974

ホームページ
入館料:2000円(もとは1800円。2013年12月に値上げ。増税後は変わらず)
個人的デートにオススメ度:☆☆☆

池袋の中心的施設サンシャイン60の10階に位置する都市型水族館。
2011年にリニューアルされたばかりのため、館内は非常に綺麗で、そして何より水槽内のレイアウトも美しい。
また、見た目にもわかりやすい人気生物が多く展示されており、とてもキャッチーな水族館です。
それなのに、展示種類数では、なんと日本の水族館の中でTOP5に入るほどの充実っぷり。
柵の無い開放的な屋外アシカショーや、空中に浮かぶリングプールなど、屋上の利点を活用してるのも素晴らしいです。
夜遅くまで開館しており、お酒も飲める(時期による)ので大人なデートにオススメです。
池袋という土地柄、もちろん水族館周りにも施設がたくさんあるため、デートには困らない優良スポットかと思います。

ただしう、混雑が半端無いので、平日に行くか、夕方以降に訪れるのが得策です。
<当ブログでの詳細記事>


■3位:『新江ノ島水族館』 神奈川県藤沢市

DSC04176
DSC05808
DSC05965

ホームページ
入館料:2000円(増税後2100円)
個人的デートにオススメ度:☆☆☆

クラゲ展示と深海展示が面白い、江ノ島の名所的水族館。
相模湾大水槽は、本当に海に潜ってきたかのように錯覚できるジオラマで再現されています。
クラゲファンタジーホールは妙にロマンチックでありつつ、癒しもあり、何気にクラゲの展示種類数では日本一。
日本唯一の深海環境再現水槽、しんかい2000という実物の潜水艦も展示など、男心もがっちり掴むあたりが良い。
イルカショーは2種類用意されており、どちらも特徴的です。
「きずな」:アシカも登場するかなりまったりした、のほほん系パフォーマンス。
「ドルフェリア」:期間限定のショーですが、イルカと会話できる謎の種族“アクアン”達がイルカと戯れる一風変わったショーです。ご褒美のエサを使わない難易度の高いコミュニケーション能力がスゴイ。

「江ノ島」とセットで計画出来れば、とても良いデートスポットだと思います。



■2位:『横浜・八景島シーパラダイス』 神奈川県横浜市

DSC00251
DSC00558
DSC00436

ホームページ
入館料:2900円(増税後3000円)
個人的デートにオススメ度:☆☆

遊園地とセットで楽しめる、ふれあい型巨大水族館。入館料が日本の水族館で最高額です。
水族館は、大きく4つの施設に分かれており、色んな楽しみ方が出来ます。

1)「アクアミュージアム」
いわゆるフツーの水槽展示を行う施設でありながら、ジンベエザメやホッキョクグマなどの超大型生物がいるのが面白い。海獣ショーのクオリティも非常にハイレベル。

2)「ふれあいラグーン」
海獣達とのふれあいが出来る「キャッキャ」しちゃう施設。
ほとんどが予約制なので、事前に下調べしているかどうかで大きく印象が変わると思います。

3)「ドルフィンファンタジー」
イルカの泳ぐトンネル水槽施設。ここで結婚式が挙げられるほどオサレ感がハンパ無い。
画像ではおっさんの頭が大きく写っちゃってるけど(汗

4)「うみファーム」
「海育」をテーマにした学習施設。釣った魚を食べられる面白施設です。どちらかというと家族向けかな。

以上4箇所の水族館がある八景島は非常に広く、また屋根の無い箇所が多くあるため、晴れの日に行きたいところです。
デートに利用するには金銭面・計画性・天候全てを入念に調べる必要があるかと思いますので頑張ってください!



■1位:『沖縄美ら海水族館』 沖縄県国頭郡

ちゅらうみ
DSC04856
DSC05149

ごめんね、行ったこと無いんだ・・・(汗
1位なのに!!水族館ブログなのに!!泣いてる!!

⇒ 行きました!!

ホームページ
入館料:1800円(増税後1850円)
個人的デートにオススメ度:☆☆☆…?

言わずと知れたKing of 水族館。
水族館と言えばここを思い浮かべる人が99割(つっこみ待ち)なので、ここが1位なのは納得なんだけど、デートで沖縄まで行くのは大変そうですね…。
逆に言えば、沖縄まで来ちゃったら、美ら海水族館行かないでどうするのっていうレベルの観光スポットなので、オススメというよりは、「行くしかない」という場所かもしれません。

<当ブログでの詳細記事>




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ということで、個人的感想も交えながら、あれこれ言ってみました!
渋谷女子とは意見が結構違いそうなのがわかりましたw

しかしなんだかんだ言っても水族館と言うものは、デートスポットとしてかなり優秀であることは間違いありません!
興味を持たれやすい対象だし、健全な施設なのでデートが断られにくく、
展示を見てキャーキャー言ってれば会話に困ることは無いし、基本室内なので天候に大きく左右されません!

こんなにデートに向いた施設は他にあるだろうか、いや無い!

そんな施設に私は1人で行っております!!(キリッ

べべべ別に強がってなんか・・・。
水族館デートとか夢かよwww


とりあえず個人的には、4位のサンシャイン水族館と、
完全にランク外だけど、大分県の「うみたまご」がデートにはオススメかなと思ってます!

DSC04634
(大分県・「うみたまご」)

このブログが、これからの水族館デートの参考に少しでも役立てていれば幸いです。

それでは、最後にこの言葉を贈っとくね!






















リア充爆発しろ!

sei

年末に公開する予定だったんだけど、なんか色々あって、すっかり忘れてました☆

ということで今回日記は、特にネタもないので

私めnちが今までに訪れた水族館、全46館の中から、とくに個人的にお気に入りの水族館をランキング形式で発表してみたいと思います!そんなの興味ないんだけどwwwとか言わないであげてください。

ということで、いつも書いてる3つの評価(5段階+α)と、良かった点・そうでもない点を交えながら上から順にTOP12を紹介していきたいと思います。12て!



【お気に入り☆6】

■鳥羽水族館(三重県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC07781


水族館の完成系!?最強最大の順路の無い水族館。

□良い点:
とにかく広く、種類数が豊富で、更に展示水槽は綺麗で斬新な展示が多い。隙が無い…!

□気になる点:
この水族館に行ってしまうと、他の水族館が残念に感じてしまうので逆にオススメしたくない水族館。



■アクア・トトぎふ(岐阜県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC09028


世界中の淡水魚を巡る、日本最大の淡水専門水族館。

□良い点:
川の中はこうであってほしいという夢をそのまま実現したような美しい水槽と、見たことないマニアックな世界中の淡水魚が揃っています。個人的に一押しの水族館。

□気になる点:
バスでのアクセスの悪さはピカイチ!駅から遠く、バスの本数がびっくりするほど少ない。
更に閉館までまったりしているとバスを逃すかも!?自家用車でならスゴイ寄りやすい場所にあるらしい。



■おたる水族館(北海道)

お気に入り : ☆☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆

DSC01047


北海道の雄大な大地に佇む、最大級の総合水族館。

□良い点:
小樽の海の崖にある海獣公園はとても広く、迫力満点!海獣ショーの種類数は日本一かもしれない。
館内の水槽はとにかく凝っていて、巧みな光と色の活かし方はまるで絵画のようです。

□気になる点:
海獣公園と本館の道のりが想像以上に急斜面で険しく、疲れます…。



【お気に入り☆5】


■鴨川シーワールド(千葉県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆

DSC04989


日本一でかい海獣と、日本一高い入館料が魅力?の超広大水族館。

□良い点:
海のハンターこと「シャチ」の飼育で有名なカモシー、他にもシロイルカや海獣類が豊富!
そしてトロピカルアイランドという暖かい海の魚類展示施設はまったり空間を演出していて時間を忘れます。

□気になる点:
エコ・アクアロームという魚類展示の水族館本体が非常に古く、他の施設との落差が激しくてちょっとがっかりしちゃうかも。



■なかがわ水遊園(栃木県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC01818


アマゾンの巨大魚、ピラルクーの聖地!の淡水専門水族館。

□良い点:
あからさまなピラルク推しの展示にピラルク好きなら何がなんでも訪れたいサンクチュアリ。
他にも淡水の展示がひたすらに美しく、淡水魚好きなら開館から閉館までどっぷり浸れます。

□気になる点:
最寄り駅が遠いのに、バスでのアクセスが難しく、閉館までいると余裕でバスを逃す。近隣に何も無く、辺境の地感が凄まじい。



■新・江の島水族館(神奈川)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC00611


相模湾を巡りつつ、クラゲと深海展示に力を入れている総合水族館。

□良い点:
相模湾大水槽は擬岩を多用し、どこまでも深く海が続くように錯覚させられます。深海展示は小規模ながらも、化学合成生態系展示を再現した水槽は世界唯一!?

□気になる点:
イルカアシカショーの「きずな」は超まったり系なので、好みがはっきりわかれそう。テンポの良いショーを期待すると「ん?」となる。



■サンシャイン水族館(東京都)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆

DSC04292


総合商業施設最上階にある、ビルに囲まれた都会のオアシス水族館。

□良い点:
水槽一つ一つが綺麗で、大水槽は10階にあるとは思えないほど見応え充分。
夜まで開館しており、海獣ショーはお酒を飲みながら見れる。空に浮かぶリング水槽は最新の水族館を感じさせてくれます。

□気になる点:
休日のお昼時等はマジで混み過ぎて意味がわからないので、公式ツイッターを見て混雑状況を知るのが得策です。



■葛西臨海水族園(東京都)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆

DSC03208


最強のコストパフォーマンスとマニアック生物の多さがウリの巨大水族館。

□良い点:
とにかくマニアックな海域の魚を多く展示しており、クロマグロの生態展示は全国でもめちゃくちゃ珍しい。
東日本で最も人気の水族館。

□気になる点:
700円で入れる水族館のレベルを軽く超えているので、休日の混雑は半端ない。ショーらしいショーは無い。



■東海大学海洋科学博物館(静岡県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆

DSC02137


ファミリー、カップル、マニア・・・全ての人に向けられた欲張りな学習水族館。

□良い点:
キラキラ☆ラグーンなるゾーンでは魚の生態をポップに迫り、クマノミ水族館ゾーンでは可愛さに胸キュン!
一転、海洋水槽では渋いメンバーが大量に揃い、マニアのハートまでがっちりキャッチ。
更に、メクアリウムなるゾーンでは機械仕掛けの魚が泳ぎ、理系の心を揺さぶる大学関連施設らしさもあってズルい!

□気になる点:
とにかく人気が少なく、なんだか不安になってくる。(時期によると思いますが)



■京急油壺マリンパーク(神奈川県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆

DSC01423


演劇風海獣ショーが特徴の歴史ある水族館。

□良い点:
昔の水族館時代をリードしてきたドーナツ型水槽には巨大なシロワニとノコギリエイが泳ぐ。
海獣ショーはまさかの演劇スタイル。結構な頻度で演目を変えているようで、スタッフさんの頑張りが伝わります。

□気になる点:
水槽内の古さをとにかく感じてしまう。一番最初に目に入る水槽は特に古めかしく、中にはでっかいチョウザメがひしめきあってるのでちょっと恐怖すら感じる。



■富士湧水の里水族館(山梨県)

お気に入り : ☆☆☆☆☆
水族館規模 : ☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC04570


食物連鎖を無視したドーナツ大水槽と透明度の高い湧水が特徴の淡水水族館。

□良い点:
館内真ん中にあるドーナツ水槽は2重構造になっていて、大小さまざまな魚が混泳してるように見える。
また富士の湧水を利用しているからか、外池なのに透明度の高すぎる水槽など、水の美しさに見とれる水族館でした。

□気になる点:
館内規模が非常に小さいのに、見どころがギュッと濃縮されているので、何から、どれから、どこから見ていいのかわからなくなる。



■アクアマリンふくしま(福島県)

お気に入り : ☆☆☆☆(☆)
水族館規模 : ☆☆☆☆☆
綺麗な展示 : ☆☆☆☆☆

DSC02952


大震災の被害に会い、津波が襲ったものの大復活を遂げた奇跡の水族館。

震災前までは展示種類で日本一レベルを誇っていたものの、津波により9割の生物が死滅。
しかし様々な援助を受け復活。もう今では震災前とほとんど変わらぬ展示になっているのではないでしょうか?

□良い点:
黒潮・親潮がぶつかる潮目の海をテーマにした斬新な三角形トンネル水槽が特徴です。館内は非常に綺麗!

□気になる点:
ショーが無く、淡々と進めてしまうかも。



----------------------------------------------------------------

と、ここまでが実際に訪れた46園・館の内の、個人的お気に入りトップ12でしょうか!

いかがだったでしょうか、この12館はあくまで個人で気に入ってるだけであって、オススメ出来る水族館かと言われると、実はそうでもなかったりしますw
なかがわ水遊園、油壺マリンパークあたりはマニア向け感が…(汗

あとは、大本命の美ら海水族館(沖縄)、海遊館(大阪)にまだ訪れていないので、その辺がどこまでランキングに食い込んでくるか、見ものです!(個人のさじ加減

TOP13以降はまたいつか、そのうち機会があれば書くかもしれません。
見事最下位に輝くのは、どの多摩川ふれあい水族館かな!?結果がわからなくて、ドキドキしますねぇ!

DSC03393

この水族館ブログへの検索ワードで、常に人気なのは

「水族館 オススメ」

です。やはり水族館に行きたいけど、どこに行ったらいいかわかんなーい!という人も多いのかなと思います。
ということで、なんだかんだ日本全国 108 / 115 ヵ所の水族館に訪れている僕のオススメ水族館も、ひょっとすると興味を持たれているかもしれません。

ということで、今までに訪れた、個人的にお気に入りな水族館を10点満点でランキング形式で書いてみました。

あくまで「個人的なお気に入り」なので、「この水族館がオススメ!」とか「ここは良くないから行かないほうがいいよ・・・」とか、そういうわけではありません。参考程度に見てやってください。


■10点

▼鳥羽水族館(三重県)
DSC07781

▼大分マリーンパレス水族館うみたまご(大分県)
DSC04634

▼海遊館(大阪府)
大阪海遊館

▼沖縄美ら海水族館(沖縄県)
ちゅらうみ

▼アクア・トトぎふ(岐阜県)
DSC09028

▼おたる水族館(北海道)
DSC01093

▼串本海中水族館(和歌山県)
DSC09769


■9点

▼九十九島水族館「海きらら」(長崎県)
空中キャッチボール

▼しまね海洋館アクアス(島根県)
DSC09645

▼仙台うみの杜水族館(宮城県)
仙台うみの杜水族館

▼アクアマリンふくしま(福島県)
アクアマリンふくしま

▼鴨川シーワールド(千葉県)
鴨川シーワールドシャチパフォーマンス

▼須磨海浜水族園(兵庫県)
DSC06174

▼葛西臨海水族園(東京都)
DSC03381

▼名古屋港水族館(愛知県)
名古屋港水族館

▼加茂水族館(山形県)
加茂水族館

▼京都大学白浜水族館(和歌山県)
DSC06518

▼新・江ノ島水族館(神奈川県)
DSC05808

▼下関市立 しものせき水族館 海響館(山口県)
7bdd0b7f

▼東海大学海洋科学博物館(静岡県)
DSC03609

▼京急油壺マリンパーク(神奈川県)
DSC06746

▼サンシャイン水族館(東京都)
DSC00520

▼丹後魚っ知館(京都府)
DSC07595

▼姫路市立水族館(兵庫県)
DSC06870


■8点

▼なかがわ水遊園おもしろ魚館(栃木県)
DSC01818

▼マリンワールド海の中道(福岡県)
DSC03928

▼のとじま水族館(石川県)
のとじま水族館

▼アクアワールド大洗(茨城県)
DSC02625

▼京都水族館(京都府)
DSC07963

▼八景島シーパラダイス(神奈川県)
セイウチ美術館

▼サケのふるさと千歳水族館(北海道)
DSC00934

▼箱根園水族館(神奈川県)
DSC08013

▼いおワールドかごしま水族館(鹿児島県)
DSC04150

▼琵琶湖博物館(滋賀県)
琵琶湖博物館

▼EPSONアクアパーク品川(東京都)(旧:EPSON品川アクアスタジアム)
アクアパーク品川のナイトイルカショー

▼山梨県立富士湧水の里水族館(山梨県)
DSC04570

▼登別マリンパークニクス(北海道)
DSC01455

▼マリンピア日本海(新潟県)
DSC01777


■7点

▼城崎マリンワールド(兵庫県)
DSC07383

▼南知多ビーチランド(愛知県)
DSC09217

▼相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら(神奈川県)
DSC01258

▼男鹿水族館GAO(秋田県)
GAO

▼北の大地の水族館(山の水族館)(北海道)
北の大地の水族館_山の水族館

▼浅虫水族館(青森県)
浅虫水族館

▼しながわ水族館(東京都)
DSC05924

▼越前松島水族館(福井県)
DSC08160

▼伊豆・三津シーパラダイス(静岡県)
DSC03144

▼マリホ水族館(広島県)
マリホ水族館

▼くじらの博物館(和歌山県)
DSC09001

▼長崎ペンギン水族館(長崎県)
DSC01019

▼竹島水族館(愛知県)
DSC08772

▼あわしまマリンパーク(静岡県)
DSC09763


■6点

▼宮島水族館みやじマリン(広島県)
DSC00179

▼新屋島水族館(香川県)
DSC00793

▼ノシャップ寒流水族館(北海道)
DSC01673

▼すみだ水族館(東京都)
DSC09916

▼魚津水族館(富山県)
DSC07695

▼志摩マリンランド(三重県)
DSC07583

▼和歌山県立自然博物館(和歌山県)
自然博物館

▼標津サーモン科学館(北海道)
標津サーモン科学館

▼虹の森公園おさかな館(愛媛県)
虹の森おさかな館

▼桂浜水族館(高知県)
桂浜水族館

▼伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(三重県)
DSC08270

▼下田海中水族館(静岡県)
DSC05642

▼室蘭水族館(北海道)
室蘭水族館

▼沼津港深海水族館(静岡県)
20180518_163140

▼シーライフ名古屋(愛知県)
シーライフ名古屋

▼井の頭自然動物園水生物館(東京都)
DSC01971



■5点

▼サンピアザ水族館(北海道)
DSC01814

▼宍道湖自然館ゴビウス(島根県)
DSC09188

▼番匠おさかな館(大分県)
番匠おさかな館

▼さいたま水族館(埼玉県)
DSC05898

▼なぎさ水族館(山口県)
なぎさ水族館

▼足立区生物園(東京都)
足立区生物園の金魚大水槽

▼碧南海浜水族館(愛知県)
DSC08854

▼ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館(神奈川県)
DSC03296

▼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館(福島県)
アクアマリンいなわしろカワセミ水族館


■4点

▼久慈地下水族科学館 もぐらんぴあ(岩手県)
もぐらんぴあ

▼玉野海洋博物館・渋川マリン水族館(岡山県)
玉野海洋

▼むつごろう水族館(長崎県)
DSC07481

▼ニフレル(大阪府)
ニフレル

▼熱帯環境植物園グリーンドームねったいかん(東京都)
ねったい館

▼むろと廃校水族館(高知県)
むろと廃校水族館

▼赤塚山公園ぎょぎょランド(愛知県)
DSC09468


■3点

▼豊平川さけ科学館(北海道)
豊平川さけ科学館

▼かすみがうら市水族館(茨城県)
DSC06349

▼福井県海浜自然センター(福井県)
福井県海浜自然センター

▼海洋自然博物館マリンジャム(徳島県)
海洋自然博物館マリンジャム

▼東山動植物園・世界のメダカ館(愛知県)
DSC08326

▼賀露かにっこ館(鳥取県)
DSC05415a


■2点

▼東京タワー水族館(東京都)
DSC02950

▼足摺海洋館(高知県)
足摺海洋館

▼わくわく海中シードーナツ(熊本県)
DSC00295

▼やながわ有明海水族館(福岡県)
DSC07336

▼道の駅 みなかみ水紀行館 水産学習館(群馬県)
DSC04566

▼浜名湖体験学習施設ウォット(静岡県)
DSC09495

▼福山大学マリンバイオセンター水族館(広島県)
福山大学マリンバイオセンター

▼すみえファミリー水族館(宮崎県)
すみえファミリー水族館

▼まかどシーマリンパーク(神奈川県)
DSC09469

▼渚の駅たてやま海辺の広場(千葉県)
渚の駅たてやま海辺の広場


■1点

▼寺泊水族博物館(新潟県)
DSC01924

▼八戸市水産学習館マリエント(青森県)
八戸市水産学習館マリエント

▼四万十川学遊館あきついお(高知県)
あきついお

▼大分温泉 白池地獄 熱帯魚館(大分県)
DSC07881

▼アクアテラス錦ケ丘(宮城県)
アクアテラス錦ケ丘

▼若狭たかはまエルどらんど(福井県)
DSC07774

▼出の山淡水魚水族館(宮崎県)
出の山淡水魚水族館

▼山方淡水魚館(茨城県)
DSC02232

↑このページのトップヘ